人気ブログランキング |

りきの毎日

タグ:鉄道 ( 51 ) タグの人気記事

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その18 3日目スタート

<秋田旅行記 その18 2018年2月11日-1> 
 
朝5時半起床。眠い。
窓を開けたら目の前は学校。雪はうっすら。 
a0101905_22370727.jpg
 
6時過ぎに朝食。
a0101905_22372910.jpg
 
秋田のものがいろいろあってうれしい。
いぶりがっこ、ちょろぎ、だまこ汁、ジュンサイ、とんぶり、稲庭うどん。
お米はもちろんあきたこまち。
a0101905_22374203.jpg
 
7時過ぎにホテルを出発。
ホテルの向こうは千秋公園。行ってみたかった・・・。
a0101905_22375631.jpg
 
秋田市のマンホールは竿灯祭りがモチーフ。
a0101905_22381351.jpg
 
秋田駅。
昨日見た秋田杉のバスターミナル。
a0101905_22382774.jpg
 
見事。綺麗だなあ。
a0101905_22383879.jpg
 
秋田の美味しいものいろいろ、秋田杉、竿灯祭りときて
秋田最大の一押しはやっぱり「あきたびじん」。
秋田の「秋田美人」に対する自信は半端ない。
a0101905_22384715.jpg
 
タクシーの名前まで「こまち」。
a0101905_22385641.jpg
 
昨日も通った秋田杉の美しい通路を通り改札を抜けホームへ。
a0101905_22390767.jpg
a0101905_22392359.jpg
 
顔ハメ看板があったら顔を入れてみるのがお約束。
a0101905_22403190.jpg
a0101905_22403920.jpg
 
7時29分発、奥羽本線弘前行きに乗車。
a0101905_22400407.jpg
a0101905_22424047.jpg
 
昨日、湯沢から秋田まで連れてきてくれたキハがいた。
a0101905_22433404.jpg
 
今日もお仕事頑張ってね。
a0101905_22435612.jpg
 
今からお世話になるのはこちら。
a0101905_22405808.jpg
 
a0101905_22460236.jpg
 
7時29分発車。
a0101905_22441998.jpg
 
おお、八郎潟。
ばあやは地理が苦手で嫌いだったんだけど
湖を埋め立てたということにとても驚いたのを覚えている。
a0101905_22443100.jpg
 
なんとなく昭和チックな。
a0101905_22444057.jpg
「さくらと八郎」なんちって^^;
 
雪景色が続く。
a0101905_22445188.jpg
a0101905_22450164.jpg
 
北金岡駅で
a0101905_22450964.jpg
 
たらこキハ。
a0101905_22451755.jpg
 
高校通学に乗っていた汽車は確かこの色。
a0101905_22452587.jpg
もちろん28歳だけど。
 
昔は変な色だと思っていたけど、いい色だな。
雪の中でも緑の中でも映える。

a0101905_22453392.jpg
 
東能代駅でもキハ。
a0101905_22472759.jpg
a0101905_22481180.jpg
a0101905_22482452.jpg
東能代からは内陸部へ入っていく。 
 
鶴形駅。
a0101905_22483815.jpg
 
 

 
 
同じ日本海側で米どころだからか、新潟の景色と雰囲気が似てる。 
a0101905_22490829.jpg
a0101905_22493990.jpg
a0101905_22495213.jpg
a0101905_22500151.jpg
a0101905_22503087.jpg
a0101905_22504297.jpg
 
前山駅。
駅名の下の「JR」の部分、蕗の葉っぱだ。
秋田美人も押しだけど、秋田蕗も押しなんだ。
秋田駅に蕗のヴィーナスいたもんな。
a0101905_22505400.jpg
 
 

 
 
鷹ノ巣駅。
の向こうに秋田内陸縦貫鉄道の鷹ノ巣駅が。 
a0101905_22512484.jpg
 
秋田内陸縦貫鉄道って初めて聞いた。
鷹ノ巣から内陸部を通って角館まで運行している。
a0101905_22514206.jpg
サイトを見たらとても楽しそう。
小さな可愛い列車が秋田の山の中をガタゴトと走っていくんだ。
秋田内陸縦貫鉄道のサイトはこちら
 

a0101905_22521530.jpg
a0101905_22522528.jpg
a0101905_22523568.jpg
a0101905_22524573.jpg
a0101905_22525536.jpg
a0101905_22531518.jpg
 
下川沿駅まできた。
あと一駅。
a0101905_22532534.jpg
a0101905_22533557.jpg
 
そして
a0101905_22534645.jpg
 
乗車時間1時間43分
ハチ公のふるさと、大館駅到着。
a0101905_22535603.jpg
 
これから大館で秋田犬三昧。

  
  

 
180211
 
やっと8月。
.    
.
.













by rikiaru | 2018-08-01 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その17 犬っこまつり号で秋田

<秋田旅行記 その17 2018年2月10日-10> 
 
湯沢には名残惜しいけれど出発しないと。
湯沢駅構内へ。
 
東北各県の観光ゆるキャラ勢ぞろい。
上の段の青森、岩手、宮城のキャラは知ってるけど
秋田、山形、福島のキャラは知らなかった。
まだまだいろいろ行くところがあるな。
a0101905_10350503.jpg
 
湯沢駅から鳥海山が見えたのか。
見る暇がなかった、残念。
a0101905_10383173.jpg
 
ポケモントレイン!
これは気仙沼から一ノ関間で運行してるんだ。
最近、東北太平洋岸にも行ってないから乗りに行かないと。
a0101905_10390132.jpg
 
今から「犬っこまつり」号に乗車。
a0101905_10390995.jpg
 
奥羽線で秋田方面へ。
a0101905_10395076.jpg
 
車庫?にいるのは除雪車かな。
豪雪地帯だもんね。
a0101905_10400300.jpg
a0101905_10403789.jpg
 
駅には秋田新幹線利用者のための無料駐車場有り。
地方に出かけるとこういう列車利用者様の無料駐車場をよく見かける。
車がないと生活できないけれど、鉄道も利用してもらいたいものね。
便宜を図らないとね。
a0101905_10404886.jpg
 
これは横手行き。秋田までは行かない。
a0101905_10443317.jpg
 
あ、来たかな?
a0101905_10444563.jpg
a0101905_10445427.jpg
a0101905_10450337.jpg
a0101905_10451296.jpg
 
臨時列車「犬っこまつり号」到着。
a0101905_10452006.jpg
a0101905_10452909.jpg
 
キハ40系も48系もいずれも寒冷地仕様車。
1980年前後に製造された。
この車両は普段は男鹿線を走っているけど臨時列車で駆り出されたらしい。
a0101905_10460234.jpg
a0101905_10461257.jpg
a0101905_10462064.jpg
a0101905_10462988.jpg
a0101905_10463985.jpg
a0101905_10465122.jpg
a0101905_10470094.jpg
a0101905_10471070.jpg
a0101905_10475368.jpg
 
20時38分湯沢駅出発。
 

 
 
いいよねーキハ。乗ってて落ち着く。
 
ディーゼル列車の音を聞きながら外を眺めて気分はメーテル。
たとえ前に座ってるのが年をとった鉄郎でも。
 
22時13分、秋田駅到着。
a0101905_10483048.jpg
a0101905_10484070.jpg
乗車時間1時間半は短い。
もっと乗っていたかった。
 
向こうのホームに秋田新幹線こまちが。
a0101905_10484811.jpg
a0101905_10490033.jpg
こまちは在来線と同じところを走る。
新幹線が在来線ホームと同じ高さに見えるのが新鮮。
 
乗せてきてくれたキハ。
お疲れ様。
a0101905_10491000.jpg
わかりにくいけれど、秋田はびしゃびしゃの雪。内陸の湯沢と海沿いの秋田では天候が全然違う。
  
明日も犬っこまつり号として秋田ー湯沢間を1往復するんだよね。
頑張ってね。
a0101905_10492053.jpg
a0101905_10493136.jpg
  
秋田駅からはリゾートしらかみ、という列車が出てる。
a0101905_10495781.jpg
 
秋田から海沿いを走って青森・弘前間を走る。
これに乗ってわさおくんがいる鯵ヶ沢にまた行きたいなあ。
a0101905_10500931.jpg
 
快速リゾートなまはげ号だって!
「リゾート」と「なまはげ」の合体がそぐわない気がするけど・・・。
a0101905_10502209.jpg
 
こちらは男鹿の「なまはげ紫灯まつり」に合わせて運行されるリゾート列車らしい。
秋田といえばやっぱりなまはげだよね。
a0101905_10503553.jpg
最近は「子供が泣くから来ないでください」となまはげを断る家もあるとか。
時代が違うといえばそれまでだけど寂しいね。

 
大館アメッコ市の飴飾り可愛い。
a0101905_10504975.jpg
 
JR秋田支社では各地のお祭りに合わせて
湯沢の「犬っこまつり」号、男鹿の「リゾートなまはげ号」
大館の「大館アメッコ号」、横手の「かまくらまつり」号を運行。
a0101905_10510094.jpg
この時期、秋田はお祭りだらけなんだなあ。
宿が取りにくい訳だ。
 
この動物園も前から行ってみたいと思ってるところ。
自治体経営の動物園は資金がない分いろいろ工夫して頑張ってて楽しいんだよね。
次に秋田に来る時は男鹿水族館とここだな。
a0101905_10511328.jpg
 
湯沢に行く前にもちらっとみたけれど改めて秋田駅。
秋田杉美しい。
a0101905_10512357.jpg
a0101905_10520190.jpg
 
秋田竿灯まつりのイメージの照明も美しい。
a0101905_10521178.jpg
a0101905_10522593.jpg
 
こちらの優美なラインの女の子の像は
a0101905_10524669.jpg
 
蕗のヴィーナス。
a0101905_10523989.jpg
秋田蕗、美味しいものね。
 
外に出るとバスターミナルも秋田杉。
a0101905_10530400.jpg
 
今夜のお宿へ。
駅から徒歩5分。
a0101905_10531563.jpg
 
ドーミーイン秋田。
ビジネスホテルだけど天然温泉付き^^
a0101905_10533158.jpg
 
部屋はちょっと狭いけど(シングルルーム)
ベッドが広いからまあいいかな。
a0101905_10534462.jpg
ここで23時。
たかだか二泊三日の旅の二日目、ようやく終了。
おやすみなさい。
 
  
  

 
180210
 
昨日の夜、セミに混じってコオロギ鳴いてた。
.    
.
.









by rikiaru | 2018-07-30 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その5 湯沢到着!

<秋田旅行記 その5 2018年2月9日-5>
 
駅のエスカレーターを上がっていくと木のオブジェ。
秋田といえば秋田杉だね。  
a0101905_12523987.jpg
 
そして秋田といえばこまち。
a0101905_12525003.jpg
 
さらに秋田といえば竿灯祭り
a0101905_12525874.jpg
 
秋田といえばトンボ学生服、なのか?
a0101905_12530491.jpg
 
壁一面が秋田杉。
シンプルモダン。美しい。
a0101905_12531244.jpg
 
乗車券が秋田までだったので、この先の乗車券を購入。
秋田から湯沢までは88.3km、16駅、1時間49分の乗車、1490円也。
a0101905_12531983.jpg
 
16時44分の新庄行きに乗車。
奥羽本線は初めてだ。
a0101905_12532851.jpg
 
改札を通ってホームに降りたらかっこいい車両が。
ヘッドマークが男鹿半島のゴジラ岩。
a0101905_12533731.jpg
 
男鹿なまはげラインとな。
秋田と男鹿を結ぶ単線。
a0101905_12534552.jpg
a0101905_12535108.jpg
a0101905_12535782.jpg
a0101905_12540518.jpg
こちらのヘッドマークはまさになまはげ。
男鹿半島は遠い昔に男鹿水族館に行ったことがある。
そのころの水族館は年季の入ったレトロな水族館だったけど
今はモダンな水族館に生まれ変わっているらしい。
名称も「男鹿水族館GAO」だって。
近いうちに行きたいなあ。
 
などと男鹿半島に思いを馳せている場合じゃない。
最終目的地湯沢に向かって出発。
地方の在来線で空いているかと思いきや結構な混み具合。
時刻は16時半、通勤通学の帰宅時間にぶつかったのだった。
のんびりしようとおもったのがアテがはずれたけれど
乗客が多いのは嬉しいことだ。
 
それでも少しずつ少しずつ乗客は減ってきて
1時間乗ったら大曲到着。
全国花火競技大会で有名ね。
奥羽本線と田沢湖線が乗り入れている。
a0101905_12541383.jpg
 
秋田新幹線こまちも止まる。
a0101905_12541980.jpg
つまり東京から大曲までこまちに乗ってここで乗り換えれば
早かったんだけどね。
ちょっとそれはつまんないなあ、っていう鉄子心。
 
18時5分、横手到着。
横手と言えばかまくら、そして横手焼きそば。
a0101905_12542968.jpg
横手焼きそば、目玉焼きがのってて美味しいよね。
 
停車時間が長いのでホームに降りてみた。
a0101905_12545252.jpg
a0101905_12550998.jpg
a0101905_12551899.jpg
a0101905_12552676.jpg
a0101905_12553575.jpg
a0101905_12554520.jpg
a0101905_12560647.jpg
秋田駅付近では感じなかったけれど気がつくと、とんでもなく雪深い。
横手は秋田内陸部だもんね。
 
山形酒田近辺から青森までの日本海側の路線図
東京都内路線図とくらべたら随分と駅の数が少ない。
a0101905_12561488.jpg
 
などと考えてるうちに湯沢到着。
降りる時はドア横のボタンを押してドアを開ける。
a0101905_12562573.jpg
a0101905_12563425.jpg
 
18時32分、家を出てから10時間半か。
a0101905_12564132.jpg
 
元祖秋田美人の小野小町のふるさととは知らなかった。
a0101905_12565046.jpg
 
高校生がけっこう降りた。
もしかしたら毎日片道2時間近くかけて通学してるのかも。
a0101905_12565994.jpg
 
こちらの列車はまだまだ先が長い。
山形の新庄駅まであと1時間、60km。
a0101905_12571009.jpg
a0101905_12572044.jpg
 
外からもボタンを押してドアを開ける。
北国仕様だよ。
a0101905_12572718.jpg
a0101905_12573515.jpg
a0101905_12574723.jpg
 
特急が止まらない駅なので1日の列車の本数はこのぐらい。
昼間は2時間に1本。
私が住んでいた新潟もそうだった。
a0101905_12575636.jpg
 
列車は新庄に向かって出発。
a0101905_12580797.jpg
 
しんしんと雪が降る。
a0101905_12581855.jpg
a0101905_12582462.jpg
a0101905_12583316.jpg
a0101905_12584360.jpg
 
列車を見送ったら駅を出ましょう。
改札口に向かう階段の途中に
東北各所の冬のお祭りのポスターがたくさん。
a0101905_12585169.jpg
a0101905_12590150.jpg
a0101905_12590899.jpg
札幌の雪祭りは意識していたけれど
この時期、東北も雪祭りシーズンなんだなあ。
全然気がついてなかった。
どおりで宿が取れないわけだ(出遅れて予約に結構苦労した)
 
快速犬っこまつり号運行。
なんて可愛い名称なんだろう。
a0101905_12591656.jpg
 
そしてこのポスター。
卑怯だ。あざとい。
可愛すぎる・・・。
a0101905_12592441.jpg
 
駅を出るとそこはメルヘンの世界、なんて自分で言っちゃう!?
a0101905_12593753.jpg
 
ゆざわはジオパークでもある。
なんか楽しそうだなあ。
a0101905_12594920.jpg
 
旅に出たら、必ず地元観光案内所へ行く。
a0101905_12595982.jpg
 
観光案内所では、他にお客さんがいなかったこともあって
いろいろ湯沢の説明をしてくれた。
秋田の佐竹のお殿様のこととかね。
湯沢もお殿様は佐竹様、秋田県知事もお殿様の血筋の佐竹氏なんだけど
秋田県知事は角館の方の佐竹様で違うんだって。
へええ。
(佐竹氏は東西南北にわかれてそれぞれ秋田、大館、湯沢、角館を治めていたらしい)
 
観光案内所にあった犬っこ(となぜかエルモ)
a0101905_13000749.jpg
 
さあ、ようやく次回は駅の外へ。 
 
  
  

 
180209
 
結局鉄ちゃん旅行じゃないの。
.
.
.
.
      








by rikiaru | 2018-05-18 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その4 山形

<秋田旅行記 その4 2018年2月9日-4> 
 
鼠ヶ関付近、山形に入った。
a0101905_22223741.jpg
 
相変わらず白と灰色。
a0101905_22225467.jpg
 
鶴岡駅。
a0101905_22231697.jpg
 
上りの特急いなほがいた。
a0101905_22232548.jpg
a0101905_22235629.jpg
a0101905_22240445.jpg
 
余目駅
羽越本線と陸羽西線の接続駅。
陸羽西線は奥の細道最上川ラインという愛称がついている。
最上川沿いを走るらしい。
季節のいい時に乗ったら気持ちいいだろうなあ。
a0101905_22242613.jpg
a0101905_22244208.jpg
 
酒田駅。
特急いなほはここが終点のものが多い。
今回の旅行まで秋田まで運行されるいなほがあるって知らなかった。
 
酒田は随分前に一度来たことがある。
土門拳記念館が気持ちよかった。
a0101905_22250793.jpg
a0101905_22251453.jpg
この青い列車もいなほ。
 
いつの間にか晴れてる。
灰色の空と白い雪のほうがそれらしいけど
青い空と白い雪はやっぱりきれい。
a0101905_22260253.jpg
a0101905_22262123.jpg
a0101905_22263066.jpg
a0101905_22265491.jpg
 
ちょうどいいタイミングで車内販売。
こしひかりジェラート^^
つぶつぶのこしひかりが入ってる。おいしい。
a0101905_22270397.jpg
a0101905_22273632.jpg

鳥海山!(たぶん)
a0101905_22274876.jpg
a0101905_22280073.jpg
a0101905_22282500.jpg
a0101905_22285654.jpg
 
象潟駅。
秋田県に入った^^
a0101905_22290722.jpg
a0101905_22291956.jpg
a0101905_22293099.jpg
a0101905_22293880.jpg
 
そろそろ日本海に日が沈む。
a0101905_22295014.jpg
a0101905_22295660.jpg
a0101905_22300318.jpg
 
なにしてるの?どこへ行くの?
a0101905_22301404.jpg
 
秋田の川といえば雄物川。雄大。
a0101905_22302411.jpg
 
いなほ車内。
a0101905_22305404.jpg
a0101905_22310047.jpg
 
平成10年製ということはもう20年走っているのか。
a0101905_22310942.jpg
 
としみじみしたところで秋田到着。
a0101905_22311508.jpg
東京駅から7時間かかって秋田駅到着。
しかし目的地はまだ先。
 
   

 
180209
 
秋田はずーっと前に男鹿水族館に行ったことがある。
角館も行った。桜の時期じゃなかったけれど。
.
.
.
.

by rikiaru | 2018-05-17 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その3 新潟3

<秋田旅行記 その3 2018年2月9日-3>
 
新潟駅から在来線に乗り換え。
a0101905_16410415.jpg
 
乗車するのは白新線経由で羽越本線。
小学校4年生から一浪の19歳までこの沿線に住んでいた。
だからこの路線にのると嬉しく懐かしい。
a0101905_16411768.jpg
28歳女子には懐かしいポスターだ。
 
特急いなほで秋田まで3時間半の旅。
東京駅から秋田新幹線でいけば3時間50分。
絶賛遠回り中。
a0101905_16412416.jpg
 
特急いなほ5号。
なんだか「たまご」っぽい。レトロかわいい。
a0101905_16413832.jpg
 
新潟駅を定刻に発車。
 
お、除雪車。
最近は新潟も雪が降らないらしいけどこの冬は多いもんねー。
a0101905_16414637.jpg
 
貨物ー!
a0101905_16415523.jpg
貨物を引く電気機関車。
調べたら手前の青い機関車は、以前、北斗星やカシオペアを牽引していた!
今はJR貨物で頑張ってるんだね。
a0101905_16420836.jpg
 
新潟の川といえば信濃川が思い出されるけど
こちらは阿賀野川。
こっちも大きい!
a0101905_16470147.jpg
 
無事に特急「いなほ」に乗れたことだし
鉄道旅のお楽しみ、駅弁でお昼ご飯。
(立ち食いそばはほんのつなぎね)。
 
村上名物鮭の焼き漬け弁当。
a0101905_16462000.jpg
 
こちらは新潟黒毛和牛の焼肉弁当。
きざみわさびで食べるのがさっぱり美味しい。
もちろんどちらもお米はコシヒカリ。
a0101905_16462702.jpg
 
そして忘れちゃいけない越後ビール。
a0101905_16463251.jpg
 
真っ白い雪を見ながら、白くて美味しいコシヒカリのお弁当を食べて越後満喫。
a0101905_16473362.jpg
a0101905_16474028.jpg
a0101905_16474742.jpg
 
こんなところにイオンモールができてた。
昔は駅前に「ジャスコ」があって、学校帰りに立ち読みしてたんだけどな。
a0101905_16475669.jpg
 
新発田駅到着。
ばあやはこの駅で降りて高校に通ってたのだ。
前はマンションなんてなかったよ。
a0101905_16481331.jpg
 
学校が終わると帰宅部だったばあやはジャスコで立ち読みして時間をつぶした。
なんせ列車の本数が少ないからね。
そしてこの1番線ホームから帰りの列車に乗ったのだった。
a0101905_16482444.jpg
a0101905_16483331.jpg
a0101905_16484245.jpg
a0101905_16485236.jpg
周りはずいぶんきれいになってるけど
このホームは変わってないんだろうなあ。
(この新発田駅、テレビドラマ「3年B組金八先生ファイナル」の舞台になっています。
28歳女子にはちょっとぐっとくる。)

 
新発田は小さいけれど城下町で桜もきれいでいいところなんだよ。
でも、暮らしている時は気がつかなくて、あんまり興味もなかった。
いやいやもったいない。
a0101905_16490098.jpg
いなほ車内で掲示されていた新発田城のポスター
 
新発田駅を出てから渡る川は加治川。
昔は桜で有名だったけれど水害が起き、
河川改修のために伐採されてしまった。(昭和42年、1967年の話)
平成元年(1989年)から再び桜が植栽されて今では2000本の桜があるとか。
ばあやがいた頃はなかったので、見てみたいなあ。
a0101905_16491320.jpg
a0101905_16492448.jpg
 
羽越本線と並行して走る国道7号線。
a0101905_16493438.jpg
 
その向こうに見えるのは大峰山。
冬の水墨画のような姿が好き。
a0101905_16494411.jpg
  
そして雪に埋もれた駅ホームが見えてきた。
a0101905_16495310.jpg
 
金塚駅。
中学2年生から浪人までここから5分のところに住んでいた。
駅まで5分は人生で一番便利な場所だったかも。
2時間に1本しか列車は来なかったけど^^;
前は加治川村だったけど、今は合併して新発田市になった。
a0101905_16500237.jpg
 
冬は水墨画みたいだけど、春は山桜でピンクに染まる。
大峰山橡平桜樹林といって、国天然記念物。
a0101905_16501363.jpg
 
金塚駅の隣は中条駅。
a0101905_16502398.jpg
 
小学校4年生から中学2年生まではこの駅が最寄駅の場所に住んでいた。
最寄りといっても駅まで10km。
駅までのバスは1日4本。
子供だったのであんまり関係なかったけど。
通った木造校舎の小学校は廃校になって、今はもうない。
(卒業した中学校も廃校でもうない。ばあやは最後の卒業生だった)
a0101905_16503146.jpg
 
除雪中かな。お疲れ様です。
a0101905_16504037.jpg
 
懐かしい駅を通り抜けて
窓の外の景色はやっぱり灰色。
これが北国。
a0101905_16505509.jpg
a0101905_16510584.jpg
a0101905_16511501.jpg
a0101905_16512389.jpg
 
村上駅を過ぎたら、日本海に出た。
太陽が出るとキラキラと輝く。
a0101905_16513353.jpg
 
けれどすぐに曇って冬の日本海。
a0101905_16514275.jpg
a0101905_16514951.jpg
a0101905_16520450.jpg
a0101905_16521399.jpg
a0101905_16522192.jpg
a0101905_16523014.jpg
これだー。
これが見たかったんだよ。
冬の日本海、最高。
 
そろそろ県境、山形へ。
 
   

 
180209
 
雪原と海だけなんだど全然飽きない。
.
.
.






by rikiaru | 2018-05-15 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その2 新潟2

<秋田旅行記 その2 2018年2月9日-2>
 
新潟駅まで運んでくれたとき、お疲れ様。
a0101905_00355521.jpg
 
隣にはMaxとき。
二階建てのずんぐりむっくりがなんか可愛いよね。
a0101905_00361234.jpg
 
この朱鷺がきれいで好き。
もうすぐなくなっちゃうらしい。
a0101905_00361921.jpg
 
上越新幹線35周年か。
開業した頃は大宮までしか開通してなかったことを知る28歳。
a0101905_00430830.jpg
 
ご当地アイドルNGT48
世界はどこまで青空なのか、っていうけど
冬の新潟に青空はない。
a0101905_00363599.jpg
a0101905_00380017.jpg
 
新潟駅での撮影を楽しんでいたけど小腹が空いた。
朝早かったし、寒いし。
で、駅そば。
a0101905_00383309.jpg
a0101905_00412306.jpg
a0101905_00413796.jpg
 
体が温まったところで進まねば。
秋田はまだ遠い。
a0101905_22510866.jpg
a0101905_22512587.jpg
 
新潟のゆるキャラに挨拶して在来線へ。
a0101905_22500794.jpg
 
在来線にはレトロな可愛い車両が。
a0101905_22522940.jpg
a0101905_22534526.jpg
a0101905_22551959.jpg
 
中もいい感じ。
こんな感じの列車で高校や予備校へ通ってた。
a0101905_22542578.jpg
 
今の列車は窓開かないもんね。
a0101905_22580601.jpg
 
この辺は北国仕様。
a0101905_22545455.jpg
a0101905_22550347.jpg
a0101905_22554430.jpg
 
雪が降っても寒くても
列車は今日も頑張る。
a0101905_22560100.jpg
a0101905_22562866.jpg
a0101905_22573466.jpg
a0101905_22583446.jpg
a0101905_22584572.jpg

レトロ列車を眺めていたいけど
そろそろ乗る予定の列車ホームに行かないとねー。
 
 
 
  
  

 
180209
 
新潟駅までですでに2回。
.
.
.
.
      






by rikiaru | 2018-05-13 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

あ、きた。「いぬ年」。 冬の秋田もふもふツアー その1 まずは新潟

<秋田旅行記 その1 2018年2月9日-1>

関東地方は寒い寒い冬
あっという間に駆け抜けた春
爽やかな5月はほんの一瞬
暑さともわもわの湿気で早くも梅雨の気配か・・・。
 
そんなあなたに涼しい風を。
今日から2月に入った秋田旅行記の始まり。
(季節感を無視した言い訳が長い)
 
実は数年前から冬の秋田に行きたかった。
秋田といえば新潟に負けない豪雪地帯。
真っ白い雪の中で開かれる「いぬっこまつり」という
とんでもなく可愛い名前のお祭りがあると知った。
そこではとても可愛い犬の置物?が販売されるのだ。
これは欲しい!
 
しかし気がつくとお祭りは終わっていたり
他の旅を先に計画してしまっていたりとなかなかタイミングが合わなかった。
この2月、ようやくタイミングがあって冬の秋田へ!
 
秋田といえば秋田新幹線に乗ると思うでしょう。
しかし「いぬっこまつり」が開催される秋田県湯沢市は秋田内陸部。
(かまくらや横手やきそばで有名な横手市のお隣。
普通に「湯沢」と検索するとしばしば「越後湯沢」が出てきてしまう。)
秋田新幹線一本で到着、というわけにはいかないところ。
東北新幹線で北上に行き、そこから在来線で内陸にはいるパターン。
秋田新幹線で大曲(花火で有名ね)についてそこから在来線。
山形新幹線で新庄まで行き、そこから在来線で湯沢へ。
秋田新幹線も山形新幹線も乗ったことがないからどちらかで、と思ったけれど
新幹線を途中下車するのがいやだ・・・。
始点から終点まで乗りたい。
 
ということで東京駅から上越新幹線に乗車。
a0101905_16594324.jpg
 
遠くに高崎大仏。
いい天気!
a0101905_16595571.jpg
 
大清水トンネルを抜けて越後湯沢も快晴。
真っ青な空と真っ白な雪。最高だ。
a0101905_17000455.jpg
 
山を抜けて越後平野にさしかかってきた。
真っ白な絨毯。
a0101905_17001404.jpg
 
屋根に真っ白な雪帽子。
a0101905_17002182.jpg
 
太郎の屋根に雪ふりつむ。」を思い出す。
a0101905_17002964.jpg
あれは夜だとは思うけど。
 
雪原って真っ白なのに見ていて飽きない。
a0101905_17003664.jpg
a0101905_17004652.jpg
a0101905_17005394.jpg
 
雲が多くなってきた。
a0101905_17005954.jpg
 
鉄塔を見るとバイコヌールを思い出す。
a0101905_17010541.jpg
 
ああ、完全に曇りだ・・・。
a0101905_17011776.jpg
 
地平線が空の灰色に溶け込んでどこにあるかわからなくなった頃
a0101905_17012455.jpg
 
新潟駅到着。
a0101905_17013010.jpg
やっぱりこういう天気が冬の新潟らしい。
 
 
  
  

 
180209
 
暑くて辛い。2月に戻りたい。
.
.
.
.
      








by rikiaru | 2018-05-12 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

鉄子と宙ガールの聖地!? 北九州の旅 その11 さらば北九州

<北九州旅行記 その11 2017年11月18日-6>
  
スペースワールドを後にして駅に向かう。
そういえば乗り物はほとんど乗ってない。
a0101905_17412980.jpg
a0101905_17413739.jpg
でも楽しかったな。
 
マーケティングが完璧なねずみ国や魔法使いやサメが出るテーマパークもいいけど
私はこんなゆるい感じが好き。
きっとそういう人たくさんいると思う。
a0101905_17415222.jpg
a0101905_17420108.jpg
a0101905_17421006.jpg
ゆるいけど手は抜いてないよね。
 
午後も遅い時間でも入園する人がいた。
観覧車から夜景を見たら綺麗だろうね。
a0101905_17433756.jpg
 
これ、なくなっちゃったら寂しいよ。
a0101905_17435184.jpg
 
駅の名前はどうなるんだろう。
跡地は巨大某モールらしい。
某モール駅はちょっとなあ・・・。
a0101905_17435922.jpg
 
駅の裏手にあるこれは?行きは気がつかなかった。
a0101905_17441011.jpg
 
これがあの新日鐡住金八幡製鉄所。
a0101905_17442121.jpg
 
日本の近代産業開始の頃に想いを馳せつつ
ホームから反対側を眺めると 

a0101905_17443320.jpg
「リビオ鉄王」
マンションの名前が「鉄王」
さすが北九州。
なんだかものすごく丈夫そう。
ドアを開けると鉄骨だらけとか^^;
 
さて、帰りもしばらくスペースワールド駅で鉄分補給。
いいカーブだよねえ。
a0101905_17444273.jpg
 
特急にちりん!
a0101905_17445126.jpg

電気機関車ED76 1021
1979年製だって。頑張ってるね。
a0101905_17450591.jpg
機関車も九州も頑張る。
 
a0101905_17451219.jpg
a0101905_17452086.jpg
 
特急ソニック
a0101905_17453106.jpg
 
鉄道と宇宙のコラボ画像。
この景色残しておきたい。
このスペースシャトル像を残そうとする署名活動も行われている。
a0101905_17453894.jpg
この鹿児島本線普通列車は「羽犬塚駅」行き。
「羽犬塚駅」近隣には羽の生えた犬の像があるんだよ。いつか見に行きたい。
 
名残惜しいけれどそろそろスペースワールド駅とお別れしないと。
a0101905_17455212.jpg
 
さよなら「スペワ」。
a0101905_17460375.jpg
 
さて、スタイリッシュな813系は車内もスタイリッシュ。
a0101905_17461841.jpg
 
明治以来の産業地域をモダンな列車が走る。
a0101905_17462859.jpg
 
いろんな感傷にに浸りながら小倉駅に到着。
a0101905_17463746.jpg
 
立ち食い駅かしわうどん。
a0101905_17464665.jpg
 
次に来たら絶対食べる!
a0101905_17465597.jpg
 
今回は駅ホームで食べられなかったからお土産で購入。
a0101905_17470404.jpg
ぬかみそ炊きはサバの煮物。ホテルの朝ご飯で食べたら美味しかったから。
 
さあ、それでは出発。
a0101905_17471509.jpg
a0101905_17472139.jpg
また来るね、北九州。
 
さて小倉駅からは新幹線。
なぜか新大阪駅行き。
a0101905_17483375.jpg
 
九州新幹線にも乗りたいだろうというじいやの配慮らしい。
a0101905_17484035.jpg
車内がブラウンでちょっと高級感が漂いますのよ。
 
さよなら北九州工業地帯。
a0101905_17485364.jpg
 
そろそろ日が沈む。
a0101905_17490703.jpg
 
このタイミングで徳山駅近辺。
a0101905_17491677.jpg
a0101905_17492540.jpg
a0101905_17493824.jpg
a0101905_17494729.jpg
a0101905_17495711.jpg
a0101905_17500629.jpg
夕暮れの工場群、萌える。
 
広島駅到着。
a0101905_17502491.jpg
 
九州新幹線にも乗せてやろうと思った優しいじいやが取ったチケットは
なぜか小倉ー広島間。
a0101905_17501457.jpg
広島駅の駅弁はあなご飯とかき飯。いいなあ。
 
広島には降りたことがないから嬉しい気がしなくもないが。
どうせなら新大阪までみずほに乗りたかった。
じいやの優しさはいつもわからん。
 
広島からのぞみに乗り換え。
a0101905_17505989.jpg
だったら新大阪までみずほでいいじゃん。
 
広島駅からはもうやることがない、
小倉駅で買ったお弁当で夜ご飯。
a0101905_17510797.jpg
 
16時過ぎに小倉を出て21時すぎに自宅到着。
a0101905_17511537.jpg
行きは自宅から小倉まで9時間かかったけど、帰りは5時間。
 
ただいま。
 
結局、鉄の街で鉄分補給の旅だった^^
 
これで北九州旅行記は終わりです。
お付き合いありがとうございました。
 
 
   

 
171118
 
これで北九州の旅行記「は」終わった。

.
.

<おまけ>
スペースワールドの閉園の理由はいろいろあるらしいけれど
土地賃貸問題が大きいとか。
 
7月頃にはこんなCMを流していたのに
a0101905_18092758.jpg
a0101905_18093408.jpg
 
12月になったらこんな文言に
a0101905_18093906.jpg
a0101905_18094657.jpg
 
そして今はこんなページが。
a0101905_18100112.jpg
a0101905_18100884.jpg
a0101905_18102509.jpg
a0101905_18103206.jpg
「またいつか、別の星で会いましょう」
 
そうだね。


by rikiaru | 2018-03-15 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

鉄子と宙ガールの聖地!? 北九州の旅 その7 目的地はどこだよ

<北九州旅行記 その7 2017年11月18日-2> 
  
ちくてつ黒崎駅前駅からJR黒崎駅へ。
a0101905_23125066.jpg
 
ホームで待ってたら貨物!
a0101905_23125804.jpg
 
貨物と一緒に列車もやってきた。
a0101905_23130592.jpg
a0101905_23131157.jpg
a0101905_23142073.jpg
クハのクは「くっついて走る」だそうで。
 
黒崎から乗車して降りた駅は
a0101905_23142619.jpg
「スペースワールド」駅。
 
ここもまだ北九州工業地帯の中。
目の前にプラントがどーん。
a0101905_23143816.jpg
 
なかなか絵になるホーム。
a0101905_23145181.jpg
 
反対方向はかなりのカーブ。
こちらも良い感じ。
a0101905_23150177.jpg
 
いいねえ、なんて思っていたら
いきなり特急「ゆふいんの森号」がやってきた。
a0101905_23150769.jpg
 
特急にちりん。
a0101905_23151270.jpg
a0101905_23151999.jpg
 
これは門司港行きの普通列車。
a0101905_23152589.jpg
 
なんだかやけにスタイリッシュ。
調べたら人気豪華列車の「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治さんのデザイン。
「ゆふいんの森」も水戸岡さんデザイン。
a0101905_23153094.jpg
JR九州は列車が楽しくて撮影がやめられない。
 
しかしはるばる北九州へ来たのは列車の撮影のためじゃない。
今回の旅の本当のメインイベントはこれ。
a0101905_23153744.jpg
a0101905_23154185.jpg
a0101905_23155362.jpg
改札を通ってさあ、スペースワールドへ!
 
 
 

人気ブログランキング 
    


 
171118
 
ここまで来るのが長かった。

.
.






by rikiaru | 2018-03-04 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

鉄子と宙ガールの聖地!? 北九州の旅 その6 ちくてつ

<北九州旅行記 その6 2017年11月18日-1> 
 
朝が来た。
窓の外には工場群。 
a0101905_18155895.jpg
a0101905_18161051.jpg
a0101905_18161730.jpg
a0101905_18162421.jpg
a0101905_18163025.jpg
この工場がきれいな夜景を作り出していたんだ。
 
テレビのニュースをつけたら、
昨日鑑賞した竹宮恵子氏の個展の話が特集されてた。 
a0101905_18170238.jpg
 
さて朝ご飯。今回は控えめ。
a0101905_18165403.jpg
 
朝食が済んだら出発。
お世話になった部屋はこんな部屋。
a0101905_18171791.jpg
なんか学生寮みたい。
 
ホテルの目の前は国道3号線。
ということはここをずーっと東に行くと東京日本橋まで行けるわけだ。
a0101905_18175890.jpg
そういうことをつらつら考えているのが好き。
  
ホテルを出てJR黒崎駅に行こうと思ったんだけどね。
a0101905_18173677.jpg
 
JR黒崎駅じゃなくて昨日ちらりと見た筑豊電鉄黒崎駅前駅に来てしまった。
やっぱり少しは乗ってみたいじゃない?
a0101905_18181667.jpg
 
レトロで可愛い。
バスみたい。
a0101905_18182803.jpg
 
この日はたまたま「ちくてつ電車まつり」。
でもここで降りてしまうと大幅に予定が狂うのでがまんがまん。
a0101905_18183777.jpg
 
本当は終点の「筑豊直方」まで乗りたかったけれど片道30分もあるのでそれも我慢。
適当に降りてみた。
黒崎駅前から3つ目の萩原駅。
a0101905_18211054.jpg
a0101905_18185212.jpg
a0101905_18190404.jpg
a0101905_18191353.jpg
a0101905_18192002.jpg
a0101905_18193588.jpg
 
なんとなく降りたんだけれどなかなか良い風情。
古い商店、昭和な団地、大きく弧を描く線路。
a0101905_18194352.jpg
 
もちろんおもちゃみたいな踏切も。
a0101905_18215693.jpg
 
木でできた正しい枕木。
a0101905_18220600.jpg
 
そこにやってきたレトロな車両。
a0101905_18195220.jpg
 
低い位置のツインテールと真っ白なくつをはいた
セーラー服の女子中学生。
もはや絶滅危惧種。
昭和にタイムスリップだ。
a0101905_18195858.jpg
 
夢中になって撮影してたら、地元のおばさんに声をかけられた。
この線路のカーブが絶妙なせいか、撮り鉄さんがよく来るらしい。
「綾瀬はるかの映画をこの辺で撮ったんだよ。」と教えてくれた。
a0101905_18200643.jpg
 
映画のロケ地になるぐらい雰囲気のあるところで楽しいけれど
そろそろ戻らないとなあ。
 
帰りの電車を待つ間、掲示板を眺める。
a0101905_18202675.jpg
a0101905_18203540.jpg
a0101905_18205007.jpg
小さな鉄道会社もこつこつ営業努力。
 
これで黒崎駅前駅へ戻る。

a0101905_18222629.jpg
 
外側は綺麗に塗装されていて最新型に見えたけれど
中はレトロ。
a0101905_18223708.jpg
a0101905_18231037.jpg
 
駅もね。
時間が止まってるみたい。
a0101905_18231953.jpg
 
黒崎駅前駅到着。
a0101905_18233145.jpg
a0101905_18290932.jpg
a0101905_18291986.jpg
 
この車止めから
a0101905_18293861.jpg
a0101905_18294810.jpg
 
筑豊直方まで16km
a0101905_18272537.jpg
a0101905_18245733.jpg
この先もちくてつが元気に走り続けますように。
 
レトロ可愛い車両の横を特急ソニックが走り抜けていった。
a0101905_18301398.jpg
 
ということで戻ってきたJR黒崎駅前。
a0101905_18302193.jpg
パチンコ屋さんの可愛いカエルに見送られてさあ、出発。

 
 

人気ブログランキング 
    

 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
171118
 
今日も寒暖差についていけない28歳女子

.
.




by rikiaru | 2018-03-01 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)



お星様24匹+現役31匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
検索
ブログジャンル
画像一覧