人気ブログランキング |

りきの毎日

タグ:生き物 ( 22 ) タグの人気記事

さよならは言わない 真冬の北海道旅 馬!編

<2016 北海道の旅 その5>

1月31日
ホテルビュッフェの朝食を食べたら、出発。
最高気温が-4度。
a0101905_184572.jpg

私には十分寒いはずなんだけれど、なんか物足りない気も。

札幌駅前。雪が少ない。
a0101905_1835992.jpg

今回は札幌は宿泊しただけだった。
すすきのも時計台も大倉山シャンツェも行ったことがないのに。

札幌駅からエアポートに乗車。
新千歳空港駅に向かう。

列車から見える雪原に穴ぼこ点々。
何かの足跡っぽいな。
a0101905_185513.jpg


美しい雪山。
a0101905_1852353.jpg
札幌岳と恵庭岳じゃないかと。どうかな。

新千歳空港駅に到着。
a0101905_185322.jpg
a0101905_1854044.jpg

もうすぐ北海道新幹線の開業だけど
北海道はあまり盛り上がってない感じ。
ちょっとポスターが貼ってあるぐらい。
新函館北斗までだから、札幌はあまり関係ない感じなのかな。

空港前からタクシーに乗車。
これはそこにあった排水溝のふた。
a0101905_1854955.jpg

札幌の名所いろいろ。
ああ、クラーク像も見てないし、豊平館も見てないわ。
私、札幌で何してるんだろう?

北海道のタクシーの運転手さん、みんな個性的で楽しいんだけど
今回の運転手さんは「ブラタモリ」的な解説付き。
なんでも開拓民の子孫だそうで
地質の話なんかをしてくれる。
面白い。
帰りも迎えに来てくれるようにお願いする。

20分ほど走った目的地は「ノーザンホークパーク」
競走馬の生産で有名な社台グループが経営している馬のテーマパーク。
今回はそこでお馬さんたちと戯れることに。

敷地内のあちらこちらに馬の姿が見える。
でもそちらに行きたい気持ちを抑えて、まずはひき馬。
a0101905_1855690.jpg
お尻が大きいわあ、馬の。

グスタフ君が乗せてくれました。
a0101905_186489.jpg


じいやを乗せてくれたのはジョン。
a0101905_1861381.jpg
じいやもタテガミヘアにしてジョンとお揃いにしてみた。

小さな馬場をぐるりと一周するだけなので
数分で終わってしまう。
もっとぐるぐると乗っていたかった。

お次は馬そり。
a0101905_186214.jpg


このそりを引いている馬はばんえい競馬で使われる馬。
名前は水宝くん。
体重は900kgを超えるそう。


 
立派なお尻から目が離せない。
a0101905_1863033.jpg
私はお尻フェチだったのか?

とにかく最高の天気。
a0101905_1865050.jpg


気温は氷点下1度。全然寒くない。気持ちいい。
a0101905_187099.jpg


引き馬、馬そり、ときて、次はポニーショー。
今回の出演者?はチョコくん。
a0101905_1872420.jpg


お客様にごあいさつ。
a0101905_1873235.jpg


小さい台に乗ってドヤ顔。
a0101905_1874272.jpg


輪投げもできる。
a0101905_188432.jpg
投げる方じゃないけど。
 

 
チョコくん、のんびりマイペースみたいで
少しぼーっとしてたり失敗したりするんだけど
顔はドヤ顔。
ものすごく可愛い。

お昼ご飯はガーデンレストランで。
と言ってもこの季節は一面の雪景色、ガーデンは休業中。

お肉となぜか手打ち蕎麦が売りらしいので
こんな取り合わせに。
a0101905_188204.jpg

美味しくいただきました。

さあ、次は厩舎を見学。
引退した競走馬がたくさんいるらしい。楽しみ。
a0101905_1895029.jpg


おお、早速。
a0101905_181056.jpg

この馬はマックロウ。GⅡの京都記念優勝。

ブランディス、中山大障害優勝。
a0101905_18101842.jpg


馬具の紹介。
a0101905_18102836.jpg


あ、さっき馬そりに乗せてくれた水宝君。
a0101905_18103687.jpg

午前中で勤務終了なんだ。お疲れ様。
午後はゆっくりしてね。

そして
a0101905_18112778.jpg

猫!
牧場や厩舎には猫がいるという話を聞くけれど、本当にいるんだ。

黒猫の後ろに回り込もうと外に出たら、こっちはキジトラ。
a0101905_18113657.jpg


寒くてかわいそうだなあ、と思ったけれど
立派な脂肪の肉布団を着ていて一安心。
a0101905_18114656.jpg
それでももちろん寒いと思うけど。

そして黒猫もずんずんこちらにやってきた。
a0101905_18115573.jpg
a0101905_18134732.jpg


にゃんこと戯れていたら、事務所からスタッフの女性が出てきた。
パーク内にはかなりの数の猫たちがいるそうで
ご飯をもらっているそう。
夜は厩舎で暖を取っているらしい。
そのお礼にネズミを捕ってくれるとか。

黒猫のすずくんは事務所に入れる。
a0101905_18135548.jpg


相手をしてくれたスタッフの女性。
関東出身で北海道に来て1年目。
出身地を聞いたら、私の住んでいるところから7つ目の駅だった。
自然に憧れてやってきたんだって。
私もそういう職業に就けばよかったなあ・・・
(体力ないから役立たないんだけど)

にゃんこと戯れてしまって忘れてたけど
厩舎巡りの続き。
a0101905_1814463.jpg


ここから先は超有名馬がいるらしい。

春の天皇賞馬、アドマイヤジュピタ
a0101905_18142565.jpg


ダービー2着のインティライミ。お父さんはスペシャルウィーク。
a0101905_18145259.jpg
a0101905_1815116.jpg


他の馬を撮っていたら「おれをさつえいしろよ。ブヒヒヒヒーン。」
といなないたトウカイポイント。お父さんはトウカイテイオー。
a0101905_18151074.jpg
目力でアピールがすごい。

a0101905_18152096.jpg


一番手前がアドマイヤジュピタ。
a0101905_18153045.jpg


手前からウインドインハーヘア、トウカイポイント、フォゲッタブル。
a0101905_18154039.jpg
ウインドインハーヘアはディープインパクトのお母さんで、北島サブちゃんの持ち馬である菊花賞馬キタサンブラックのお祖母ちゃん。
フォゲッタブルのお父さんはダンスインザダーク、お母さんはエアグルーブ、超エリート!

またまたトウカイポイント。
a0101905_18154969.jpg


手前から菊花賞馬デルタブルース、
お父さんはフサイチコンコルドのバランスオブゲーム、
ジャパンカップ優勝アロンダイト
a0101905_18155789.jpg


普通、動物はカメラ向けると嫌がるのに
ここにいるサラブレッドはどの馬も撮影してくれ、と言わんばかり。
大観衆の中でいい成績を出して、写真もたくさん撮られて
注目されて当たり前の馬たちだもんね。
オーラに圧倒された。

もっと見ていたかったけれど、そろそろ移動しなくては。

午後になって引き馬の馬も交代。
a0101905_1816686.jpg
杏(黒)
とティモテ(茶)


この馬は何の種類なんだろう。童話に出てきそうな馬たち。
a0101905_18161924.jpg
 


 
ポニーも放牧されてる。
a0101905_18163078.jpg
くるみちゃん16才と金太郎くん5才

連れて帰りたい!
a0101905_18164148.jpg
サラブレットやばん馬に比べたら全然小さいんだから飼えるはず。

旅行前にパークに問い合わせたら見学時間は1時間もあれば、って言われた。
馬見てるだけで1日終わっちゃいます。
時間足りないよ。

タクシーの中で今度はお金の話。
ノーザンホースパークは馬と触れ合いたい人と
競馬ファンと、馬主さんが来るらしい。
そして馬主さんにはなんとなくお金の匂いがするとか。
そういえばレストランにそれっぽいグループがいたなあ。
お金の匂い(あんまり嗅いだことがないけど)した。
運転手さんも何回もそういう人を乗せてるそうで
色々面白くてちょっと怖い話が聞けるんだって。
へええええ。
聞いてみたい。

いよいよ次は今回の旅の最後の目的地へ。

続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

寒かったねえ。

北海道旅行記 その1 カシオペア前編
北海道旅行記 その2 カシオペア後編
北海道旅行記 その3 増毛編
北海道旅行記 その4 はまなす編
北海道旅行記 その5 ノーザンホースパーク編
北海道旅行記 その6 ウトナイ湖編
北海道旅行記 その7 またね編
by rikiaru | 2016-03-14 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(6)

さよならブルートレイン北斗星 またまた札幌への旅 円山原始林編

<札幌旅行記続き 前回ホッキョクグマ4編はこちら

円山動物園を出て、右側にある階段を降りていく。
a0101905_22561317.jpg


ここは円山原始林、天然記念物指定の天然林。
樹木医の先生から「ここはいいよ」と聞いてぜひ来てみたかった。

森の中は気持ちいい。
a0101905_22562254.jpg


少し終わりかけだけれど春の花の季節に間に合ったみたい。
コンロンカ
a0101905_22563084.jpg


オドリコソウ
a0101905_2256381.jpg


エンレイソウ
a0101905_225645100.jpg


ニリンソウ
a0101905_22565437.jpg


カツラの巨木。
a0101905_2257639.jpg


大迫力のカツラの幹
a0101905_22571657.jpg
a0101905_22572786.jpg


 
a0101905_22573787.jpg


ホウチャクソウ
a0101905_22574790.jpg


その時、じいやが叫んだ。
a0101905_22583120.jpg

リス!
これはエゾシマリス?

 
 
a0101905_22583953.jpg

すごく可愛いし会えたのはうれしいけれど
足下にひまわりの種が置いてあるよ。
これはどうなんだろう・・・。

クルマバソウ
a0101905_22584773.jpg


再びコンロンソウ
a0101905_2259975.jpg



a0101905_22591794.jpg



a0101905_22592788.jpg


あ、せせらぎの中に何かいる。
a0101905_22593646.jpg


カルガモ?
a0101905_22594870.jpg


マムシグサ
a0101905_22595961.jpg


オオハナウド
a0101905_2301083.jpg


スニーカーで1時間半ぐらいでまわれるけれど、とっても充実してます。
おすすめ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


by rikiaru | 2015-08-29 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

こんなこともあろうかと はやぶさ2お見送りの旅 種子島4日目 やぎ編

旅行記前回の続き>

<種子島旅行4日目 12月2日 その2>

島間神社を後にして再び南種子中心地へ。

途中道の脇に何か動く白い固まりが。
a0101905_22532286.jpg


草刈り隊のやぎ3頭♪
a0101905_22532995.jpg
a0101905_22533844.jpg
a0101905_22534690.jpg


人慣れしてる。
a0101905_22535545.jpg




思いもかけずやぎさんと触れ合えてラッキー。
虹、やぎ、と気持ちもすっかり満足したところでお腹も満足させましょう。

再びのソウルキッチン。
a0101905_22541932.jpg


前回はランチプレートだったけれど
今日はがっつり本格焼き肉。
夜の機体移動に備えて体力つけなくちゃ。
a0101905_2254381.jpg


ユッケ♪
a0101905_22541236.jpg
ちゃんと基準をみたしたユッケ。

焼き肉とユッケでパワー全開!

種子島4日目 海岸編に続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

やぎを見るとバラ友のMさんを思い出す(←Mさんと出かけるとやぎに出会う確率が高い)
by rikiaru | 2014-12-20 23:53 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(4)

見守る

どうやって入ったのかわからないけど、網戸の内側(部屋側)にヤモリちゃん。
a0101905_23472787.jpg


前の晩から入っていたのでガラス戸を閉めて
網戸の方は少し隙間を開けて寝たんだけど
a0101905_23473586.jpg


朝起きたらまだいた訳よ。
a0101905_23474424.jpg


ふきっちも気になるよね。
a0101905_23475282.jpg


一方のヤモリちゃんは何も気にしてないらしい。
a0101905_23485457.jpg
網戸の目が猫のせいで広がっとる(泣)

ばあやも早く外に出してあげたいけれど
日中にこんなに近づけるチャンスはなかなかないので
至近距離で記念撮影。
a0101905_2349334.jpg
きれいな目だね。

a0101905_2348058.jpg
「あのこ、きのうのよるからいるけれど」

a0101905_2348896.jpg
「だいじょうぶかな?」

a0101905_23481981.jpg
「あそこにずうっといたら」

a0101905_23482763.jpg
「ごはんもたべられない。」

a0101905_23483593.jpg
「そんなのわたしにはたえられない・・・。」

a0101905_23484772.jpg
「はやくそとにでるようにめぢからこうせんをおくってあげる。」

強烈なふきっちの目力光線だったけれど、ヤモリちゃんには通じず。
いつまでたっても外側にでないので
(出てくれないと網戸にできないので)
強制退去していただくことに。

空箱を上からかぶせてつかまえようとしたら
何故かいきなりばあやの腕に飛んできた!
ひえええ、びっくりした。
爬虫類は好きだけど、前置きなしはびっくりするよう。
あせったけど慌てずに空箱をかぶせてつかまえて
無事に庭へと帰っていただきました。
めでたしめでたし。

ヤモリみたいに壁にはりついて、高い所に登ってみたいかも、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

ここ数日オナガの鳴き声がやたらにぎやか。なんで?
by rikiaru | 2014-07-18 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)

ひゅるりひゅるりらら 哀しみ本線日本海の旅 その5

<一昨日の続き>

お待たせしました。
今日は加茂水族館クラゲ祭り。

これはギネスの「クラゲ飼育数世界一」の認定証。
a0101905_2355015.jpg


最初にクラゲの給餌解説コーナーへ。

まずはラビアータというミズクラゲの一種。
とても優雅。
a0101905_2355820.jpg
a0101905_236572.jpg
a0101905_2361553.jpg
a0101905_2362342.jpg


プランクトンを食べる。
(左側の細かい点々がプランクトン)
a0101905_2363257.jpg




こちらはサムクラゲ。
クラゲを食べちゃうクラゲ。
a0101905_2365827.jpg


小さなミズクラゲが投入されると
a0101905_237688.jpg


触手でつかまえる。
a0101905_2371669.jpg




こちらはクラゲにタッチ、のコーナー。
a0101905_2372549.jpg

エチゼンクラゲとミズクラゲにさわってみた。
あれ、どんな感触だったかな?

ミズクラゲを飼育して増やしているコーナー。
a0101905_2373633.jpg
a0101905_2374422.jpg


海の底のような暗くてぼーっと光って・・・。
ここで寝袋もって泊まりたい。
a0101905_2381352.jpg


不死のクラゲとして有名なベニクラゲ。
ものすごくちっちゃい。
a0101905_2382411.jpg


ゴールデンマスティギアス。
a0101905_23985.jpg




カブトクラゲ。
ダースベーダーみたい。
a0101905_2393217.jpg




アリアケビゼンクラゲ。
最高級食用クラゲ、だそうだ。
a0101905_2310231.jpg


アンドンクラゲ。
a0101905_23102028.jpg


キタユウレイクラゲ。
a0101905_23103669.jpg


ヤナギクラゲ。
a0101905_2311480.jpg
a0101905_23111950.jpg


サビキウリクラゲ。
a0101905_23113849.jpg


ニチリンヤナギクラゲ。
a0101905_23115961.jpg


アカクラゲ。
このクラゲを乾燥して粉末にしたものを吸い込むとくしゃみがでる。
a0101905_23123149.jpg


パシフィックシーネットル
a0101905_23124427.jpg


ミズクラゲ。
a0101905_23132076.jpg
a0101905_2313291.jpg




a0101905_23133762.jpg
a0101905_23134595.jpg
a0101905_23135279.jpg






a0101905_2313594.jpg


もうずーっとずーっと眺めていたい。

クラゲっていろんな形があるね!と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

クラゲの写真、500枚ぐらい撮った。
by rikiaru | 2014-01-20 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

ひゅるりひゅるりらら 哀しみ本線日本海の旅 その4

<昨日の続き>

新発田でレンタカーを借りて
ずんずん北上してやってきたのはここだ。
a0101905_23334952.jpg


なんともほのぼのした雰囲気。
手作り感いっぱいの加茂水族館。
でも「クラゲ展示数世界一」の記録を持ってるすごい水族館。
a0101905_23335544.jpg


水族館好き、クラゲ好きのばあやとしては一度来てみたかった。
なかなか来る機会のないままはや何年。
そうするうちに水族館建て替えのニュースが!
これは建て替えの前にぜひ行ってみなければと重い腰を上げた次第。
ギリギリ間に合ったけれど、この日がなんと最終日。
閉館の日なのだ。
どんなに混むのかしら?と思ったけれど
可愛らしい混み方。

入館するとちょうどアシカショーの時間。

見事なジャンプ。
a0101905_2334310.jpg


アザラシとアシカの違いを説明してくれる。
これはアザラシの歩き方。
a0101905_2334105.jpg
a0101905_23341846.jpg


オルガンも弾ける。


整理券をもらってアシカにタッチ。
a0101905_23342610.jpg
あかりちゃん、はなちゃん、ゆきちゃんの3匹

この後クラゲを2時間近く見て見まくって
すっかり堪能。

お腹がすいたのでお昼ご飯。
水族館の食堂でクラゲご飯を食べる。
a0101905_23343671.jpg


手前がクラゲ定食、奥がクラゲラーメン。
a0101905_23344480.jpg


はっきり言って興味本位で食べたのだけど
おいしかったのよ、これが。
クラゲ定食は生春巻き?とお刺身と和え物とアイスクリームがクラゲ入り。
あっさりしてて28才にはちょうどいい感じ。
ラーメンも基本のあっさり醤油味。
クラゲの傘?の部分だけでなく足?の部分のひらひらしたところも入っていて
食感が違って面白い。
麺にもクラゲが入ってたかな?しこしこ麺だった。

この日は閉館日ということでテレビ局の取材がいくつか入っていた。
食事しているときもいたけれど、
隣の家族連れに取材していたので安心してたらきちゃった!
それもラーメン食べてる時に。
食べにくいし恥ずかしいし、と思いつつしっかりインタビューに答えたばあや。
某公共放送局だそうで加茂水族館のドキュメンタリーを制作しているらしい。
まだ放送されてないと思うけれど。
もしも放送されてラーメンを食べてる28才がいたらそれはばあやだよ。

食事が終わったら再び水族館を見学。
加茂水族館には身近な(おいしそうな) 魚がいっぱい。
あまり予算がないので目の前で採れる魚がメインらしい。
a0101905_23345220.jpg
a0101905_2335175.jpg
a0101905_23351617.jpg
a0101905_23352387.jpg




手書きの説明書。
a0101905_23353616.jpg

a0101905_23354273.jpg


この目の前の日本海からいろいろ集めてきたんだねえ。
a0101905_23355162.jpg


子供の頃は熱帯魚みたいなきらきらした魚ばかり見てたけれど
身近な魚も改めて見ると面白いね。

クラゲ水族館なのにクラゲの写真はどこよ、と思ったらぽちぽちっとな♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

明日はクラゲ祭り♪
by rikiaru | 2014-01-18 23:58 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

キップとヤモリ

タイトルの通り、本日の記事はヤモリの画像が出てまいります。苦手な方、ごめんなさい。m(_ _)m

暑くなって毎日ヤモリがやってくる。
夜になると「窓の外で」灯りに集まる虫を狙っている。

なのに、どうして?
今日は窓の外だけど「網戸の内側」にヤモリちゃん。
a0101905_23251563.jpg


どうやって入り込んだんだろう。
a0101905_23252263.jpg


いつもは窓に張り付くお腹側しか見えないけれど
今日は背中側がよく見えてうれしいけど
a0101905_23253058.jpg


ヤモリちゃん、困ってるよね。
外側に出たいよね。
a0101905_23253845.jpg


ヤモリは窓ガラスと網戸の間に閉じ込められている。ヘタに窓ガラスを開けると、部屋の中にヤモリが入っちゃうのでばあやも困ってるのだ。

キップも気にしてる。
a0101905_23254918.jpg


網戸に張り付いても、ガラス側に張り付いても外には出られない。
a0101905_23255864.jpg
白くもやもやしたものは、ヤモリをちょいちょいするキップの手。

早く外に出られるといいんだけど。
a0101905_2326580.jpg


気になるよね。
a0101905_23261312.jpg


心配・・・あれあれ、ヤモリちゃんはそこじゃないよ。
a0101905_23261952.jpg
 


 
 
入りこんだんだから、そのうち出るはず、とキップと眺めてたけれどラチがあかない。
a0101905_23263428.jpg


この時点で夜中の1時半。
キップとばあやの美容に悪いので
窓を閉めて網戸を少しずらして寝た。

次の日、確認したら無事にヤモリはどこかにいってた。

ヤモリとイモリって時々ごっちゃになるよね、と思ったらぽちぽちっとな♪

*ヤモリは爬虫類、イモリは両生類。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

Eテレ「2355」の「プカプカたこ」気が抜けるいい曲だ。
by rikiaru | 2013-06-06 23:55 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(9)

三度目の正直!? ケアンズ皆既日食ツアー 空飛ぶキツネ編

<昨日の続き>

目的は全部すんで、あとは夕ご飯を食べて寝るだけなんだから、
今日で旅行記も終わりでしょう、と思ったあなた。
すいません。
もうちょっと続きますのよ。

そして今日のネタはもしかしたら「苦手!」という人もいるかも。
ごめんなさいとさきにあやまっておきます。
気をつけてスクロールしてね。

さて、オーストラリアにはいろんな変わった生き物がいるけれど
こんなものにこんなところで出会うと思わなかったよ。

ケアンズの市街地に入って最初に見た生き物はこれだ。
バスの中から見えたの。
a0101905_23492571.jpg


アップにしてみた。
a0101905_23493388.jpg


コウモリ!
街の中でこんな昼間にあんなにたくさんコウモリ!

この大きなマンゴーの木にすんでいるフルーツバッドというコウモリ。
(オオコウモリの仲間らしい)
a0101905_23495131.jpg


すごい数。
a0101905_23511637.jpg


そして騒がしい。
 

 
白いのは顔?
a0101905_23512741.jpg


いえ、こちら側が顔。
白いのは後頭部らしい。
a0101905_23514994.jpg

キツネ顔なので英語名は「空飛ぶキツネ」なんだそうな。


ゆれてる。
気持ち悪くならないのかしらん?
 
 
木の下には食べられたマンゴーがいくつも。
コウモリのふんが栄養になって良く育つんだろうな。
(日本の園芸店で「バッドグアノ」の名前でコウモリのフンを肥料として売っている)
a0101905_23515837.jpg


翌日。
宿泊したホリデイインケアンズのすぐ近くにこの木がある。
今日も鈴なり。
a0101905_23521072.jpg


眺めていたら、飛んだ!
a0101905_23523354.jpg
a0101905_23525547.jpg
a0101905_2353596.jpg
 
 
 
 
飛んでる姿は一見鳥のよう。
はばたいているし。
うちの近所を飛ぶコウモリとはずいぶん違うのね。
 
コウモリが急に飛んだ理由はこのおじさんたち。
a0101905_2353145.jpg

樹木の手入れでもするらしく、
手をぱんぱんたたいて、音をだしてコウモリを追い払ってた。
でもものすごい数がいてとても全部いなくなりそうにないけれど。

コウモリだらけな上におじさんまでいる場所で巣作りするハト。
a0101905_23532436.jpg
a0101905_23533234.jpg

きっと神経の太い子が生まれるに違いないね。

星見て、日食みて
鳥みて、コアラ見て
植物見て、コウモリまで見た。

さあ、そろそろ帰らないとね。

いよいよ明日は旅行記最終回。
たぶん。

いやあ、そろそろにゃんずの写真も見たくなってきた、と思ったあなたはぽちぽちっとな♪
(↑久しぶり)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

あの日食から最初の満月。今日の満月きれいだな<。半影月食も肉眼でかろうじてわかるね。
by rikiaru | 2012-11-28 23:45 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(4)

うましうるわし旅行記 黒猫お迎え編

<奈良旅行続き>

奈良に行ったらやっぱりどこか寺院も見にいきたい。
高校の修学旅行で「大きいっ!」と思った「大仏様」もいいし、
(その時の奈良で覚えているのは「大仏様」だけだ。)
車での家族旅行で遠くに見えていたのに通り過ぎてしまった法隆寺も行きたい。
上野の博物館でお姿を見た鑑真和上像のある唐招提寺も見逃せない・・・。

でもばあやには時間がない(こればっか。)
春日大社の近くにあってとっても魅力的な仏様が大勢いらっしゃる所といえば
「興福寺」。
とにかく国宝と重要文化財だらけなの。

でもまずは入り口で鹿。
春日大社だけでなく興福寺にとっても鹿は大事な生き物らしい。
a0101905_2314076.jpg


国宝館で阿修羅像をはじめとするたくさんの仏様にご挨拶。
上野の博物館の人ごみの中でもお目にかかったけれど
やはり本拠地(?)でお姿を拝見するのはいいものね。

五重塔と東金堂。
a0101905_23142541.jpg


東金堂にはご本尊薬師如来像、日光・月光菩薩像、その他お付きの方々の像が。
a0101905_23145549.jpg


東金堂の入り口?ののれん(のような布)にも鹿♪
a0101905_2315276.jpg


仏様にも奈良を訪れる事ができたお礼を申し上げられてすっきり。

さあ、ここからは身も心も清めたばあやはどこへやら。
本能で行動するぞ。

興福寺を後にして、今日の本当の目的地へ。
てくてくひたすら歩く。

途中で見えた、ランチをした「レストラン菊水」と興福寺五重塔。
a0101905_23161332.jpg


15分ほど歩いて到着。
「満月アンティーク」
a0101905_23162286.jpg

普段からよくこちらのブログをのぞいていて楽しませてもらっているばあや。
青山のアンティークマーケットに出店されたこともあったので、その時はお買い物もした。
(その時の戦利品はこちら

今回はせっかく奈良に行くのでぜひお店に立ち寄ってみたかったのだ。
それにどうしても会いたい子がいたのよ。
この黒猫ちゃん
ブログにアップされた時から欲しかった。
でもアンティークにしてはお手頃な価格とはいえ、ぬいぐるみにそれなりのお値段を使うのはちょっと勇気がいる。
いつか直接会えたら、会って欲しかったら連れて帰ろうと思った訳。
でもいつになるかわからないので、
「売れませんように。」
と毎日のようにのぞいては念を送ってたんだけどね。
今回、無事に売れずにばあやを待っていてくれたのだ。
信じれば夢は叶う、のね♪(ちょっと違う)

素敵なお店と品物を眺めながら、店主の方と楽しくお話してたらあっという間に時間がたってしまった。
宿には18時にチェックインする約束。
急がなきゃ。

今回の宿は「奈良ロイヤルホテル」
フリープランのパックツアーで選んだ宿だけれど、お値段が手頃でホテルの方も感じよい。
そして天然温泉大浴場付き。
日本人だもん。
やっぱりお風呂は大事よね。
a0101905_231717.jpg
奈良のゆるキャラがお出迎え。

さあ、チェックインもすませたし、奈良の夜を楽しみに行きましょう!
と出かけたばあや達をまっていたものは・・・。

明日に続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

<おまけ>

これが連れ帰った黒猫ちゃん(左)
右は日本のアンティーク(?)の黒猫(?)。
ふたりはともだち。きっと。
a0101905_23231376.jpg


黒猫ちゃんと一緒に連れ帰ったガラスの豚。
「豚に真珠」を着けている。
ガラスはウラニウムガラスらしい。
a0101905_23233338.jpg


こちらは最初に買った大黒天。
a0101905_2324195.jpg

by rikiaru | 2012-04-19 23:12 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

うましうるわし旅行記 鹿がいっぱい編

<昨日の続き>

お腹も心も満たされた所で奈良観光に出発!

最初はどこに行こう?

奈良は素敵なところがいっぱいだけれど
(↑ガイドブックの一夜漬け)
いつものように時間はあまりないのよ。

カフェ巡りやら仏像巡り、いろいろ悩んだけれど、春日大社に行く事にした。
だって「鹿」に会いたいんだもん。
それに奈良に来たからには、奈良を代表する神様に挨拶しておかなくては。

これが春日大社「一之鳥居」。
「日本三大鳥居」の一つ。
a0101905_0392851.jpg


鳥居をくぐると満開のヤマザクラがお出迎え。
a0101905_0393596.jpg


まずは「鹿せんべい」を購入。150円也。
この代金は鹿保護の為に使われるんだって。
a0101905_0394558.jpg


鹿せんべいさえあれば、じいやにも鹿はわらわらとやってくる。
a0101905_0395428.jpg
a0101905_040169.jpg
a0101905_040864.jpg


今の時期、鹿は換毛期で毛はぼさぼさ。
さらに角切りされる為オスの角もない。

でも中には袋角が生えてきている鹿も。
a0101905_0402355.jpg


角が生える途中でむずむずするのかな。
a0101905_0404478.jpg


この鹿はまだ若いみたい。
細い角がかわいらしい。
a0101905_041661.jpg


鹿とたわむれてばかりいても仕方がない。
なんせ一之鳥居から春日大社本殿までは1km以上あるんだから。

途中みかける石灯籠にも鹿。
a0101905_0412011.jpg
a0101905_0413019.jpg


鹿、愛されてるなあ。
だって鹿は神様のお使いだもんね。

やっと「二之鳥居」。
a0101905_0413962.jpg


本殿に入る前に手水所で手と口を清める。
春日大社では清めの水が出てくるのは竜ではなくて鹿なのね。
a0101905_0414758.jpg


「あと少し、頑張って」とバンビちゃん。
a0101905_0415694.jpg

春日大社の入り口には「年配」の鹿が多くて、奥に行く方が若い鹿がたくさんいる気がする。
入り口近くの方が観光客におせんべいをたくさんもらえるから?

ようやく本殿への入り口、南門到着。
a0101905_0423185.jpg


巫女さんの頭には藤の飾りが。
砂擦りの藤という花房の長い藤が有名なんだそう。
蕾をたくさんつけていた。
a0101905_0424019.jpg


回廊の吊り灯籠にも鹿。
a0101905_0424963.jpg


おみくじも鹿。
a0101905_043627.jpg
鹿ほしさにおみくじひいたら中吉だった。

西回廊と直会殿。
絵になる所なのでみなさん写真をぱちり。
a0101905_0431734.jpg


無事にお参りが終わって、再び子鹿ちゃん。
a0101905_0432564.jpg
a0101905_0433431.jpg
「鹿せんべい、うまっ。」

身を清めて、正しい人になったはずなのに、鹿せんべいがあるふりをして鹿をおびきよせる悪いおじさん。
a0101905_0434519.jpg


神の使いをだますとはゆるしておけん、と集結する鹿たち、ではないけれど、鹿の団体様。
a0101905_0435914.jpg


春日大社はとっても広くて、萬葉植物園とか若宮十五社めぐりとか鹿苑とか行ってみたい所がたくさん。
今回は本殿まで行って戻ってくるだけだったけれど、鹿にはたくさん会えたし、何よりも空気がすがすがしくて、本当に気持ちよかった。
ちょっと清らかな人になれたような気がする(←思い込みが激しい人)。
次は一日かけて、散策したいと思ういい所だった。

明日も続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

ほとんど最後まで書き終わった記事が消えて書き直した。人生まだまだ修行だ。
by rikiaru | 2012-04-18 23:38 | おでかけ | Trackback | Comments(6)



お星様24匹+現役31匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
検索
ブログジャンル
画像一覧