人気ブログランキング |

りきの毎日

タグ:水族館 ( 9 ) タグの人気記事

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その7 ノシャップ寒流水族館

<北海道旅行記 その7 2017年2月25日>

では日本最北端、ノシャップ寒流水族館へ。
1968年開館。
a0101905_10374977.jpg

入り口横のプールでゴマフアザラシがお出迎え。
ひやぁ、プールの水がシャーベット状だよ。
a0101905_10380141.jpg
人懐くてこっちに寄ってきてくれる。
でも寒くて写真を撮っていられない。
可愛い顔してくれてるのに、残念。

館内入り口。
こちらの水族館はゴマフアザラシとペンギンのショーと(冬期は休み)
フウセンウオが見所。
a0101905_10381239.jpg
a0101905_10383539.jpg
そして忘れちゃいけないクリオネ。
北海道の海のお約束。
a0101905_10382523.jpg

水族館の中は手作り感いっぱいでほのぼの。
a0101905_10390551.jpg
a0101905_10392250.jpg

と、突然壁に犬ぞり大会のポスターが!
a0101905_10393446.jpg
さすが北の大地。
犬ぞり大会があるんだ。
いつか見てみたい、とポスターをよく読むと
今年の開催日は2月25日、26日。
今日明日だ。
えー、今この瞬間に生「おれはやるぜ」なんだ。
見たかった。

「おれはやるぜ」は「動物のお医者さん」という漫画の中のせりふ。
わからない方は検索してみてね。

ノシャップ寒流水族館はその名の通り
寒い北の海に住む生き物を展示。
a0101905_10395587.jpg

毛ガニ。これはまだ稚ガニ。
a0101905_10400507.jpg

ムラサキウニ。
a0101905_10514281.jpg
食べたい。

のんびりした雰囲気の螺旋階段を降りたら
a0101905_10515537.jpg
a0101905_10520612.jpg
a0101905_10521885.jpg

水量90トンの回遊水槽。
a0101905_10524039.jpg
a0101905_10524954.jpg
巨大な魚はイトウ。
a0101905_10530814.jpg
以前は青森、岩手にもいたけれど
現在は北海道のみに生息。
日本最大の淡水魚で体長は1〜1.5m。
2mを超えるものが捕獲されたこともある。
漫画「釣りキチ三平」で
幻の巨大イトウを釣る話があったっけ。
イトウは淡水魚だけど
ここのイトウは海水で生きている。
一緒に泳いでるお友達はヒラメやホッケ^^

他にもこんな魚が。
a0101905_10531778.jpg
美味しそうだ。

別の水槽にウマヅラハギ。
a0101905_10533434.jpg

ニシン
a0101905_10534437.jpg
泳いでるのを初めてみたかも。

ミズダコ
a0101905_13114698.jpg

エゾメバル
a0101905_13115534.jpg

ケムシカジカ
a0101905_13120646.jpg
美味しそうだ。こればっかり。

こちらは可愛いフウセンウオ。
やたらとくっついてる。
a0101905_13121773.jpg
a0101905_13122936.jpg
a0101905_13124259.jpg
a0101905_13125360.jpg

可愛いけど、裏から見ると結構エグい(^^;
a0101905_13130206.jpg

ひと通り見終わって外にでると
再びゴマフアザラシさん。
a0101905_13131582.jpg
ゴマフアザラシの餌やり体験は
ダイナミックで楽しいらしい。
(アザラシがジャンプするんだって)
次はぜひ水が凍ってない時期に来たい。

さて、水族館に来て初めて気が付いたんだけど
お隣が稚内市青少年科学館だった。
a0101905_13132403.jpg

JAXAロケットがお出迎え。
a0101905_13291656.jpg

レトロなプラネタリウムがあったので
星空鑑賞。
a0101905_13293775.jpg

投影機は1974年の開館時から活躍する
道内最古のお宝投影機。
a0101905_13292902.jpg
これからも現役で頑張ってね。

館内に貼ってあったポスター。
a0101905_13295114.jpg
星空綺麗なんだろうね。

横を見ると各種ポスター。
a0101905_13295964.jpg
大西宇宙飛行士と犬ぞり大会のポスターが並ぶなんて
稚内市青少年科学館ならではだね(笑)

ここまでで残念ながら閉館時間。
a0101905_13300885.jpg
南極や、タロジロについての展示もあったらしい。
見られなくて残念。

外に出るてまたまたゴマフアザラシちゃん。
a0101905_13301788.jpg
また来るよ。

動物園や植物園、水族館はこういう出口多いよね。
a0101905_13302699.jpg

水族館の横を抜けると
a0101905_13304537.jpg
a0101905_13305427.jpg

そこはノシャップ岬。
a0101905_13353653.jpg
a0101905_13354845.jpg
a0101905_13355750.jpg
寒い。
口を閉じてるのに歯が凍りそう。

そんな寒さの中カモメ(セグロカモメ?)が
イカをつついてた。
a0101905_13360587.jpg
どこから取ってきたんだ?




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
スマホから旅行記アップ。どうにか出来たけどひどく面倒くさい。動画が貼れないし(泣)
2017.4.16追記、動画が貼れるようになった!やった!
 
170225
 

by rikiaru | 2017-04-12 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

上野もいいけど和歌山もね♪ 南紀白浜の旅 やっぱり猫編

<南紀白浜旅行記 その2 その1はこちら

伊勢エビ&クエの宴が終わったら次は京都大学白浜水族館。
a0101905_23331851.jpg


あら?前に来た時と雰囲気が違う。
なんだか綺麗に今風な感じになってる。
でも前の方がアカデミックな感じで好きだけどなあ。

と思ったらどうも外装、内装の塗り替えをしただけらしい。
でもこぎれいだ。
前の方が学校の理科室みたいで好きだわ、やっぱり。
a0101905_23333324.jpg


チゴガニはやっぱり元気に手をあげてる。
a0101905_23334787.jpg


コバンザメにくっつくコバンザメ。
a0101905_2334342.jpg
上のコバンザメは逆さまになってる?

今回の衝撃。
ミカドウミウシだって。
a0101905_23341080.jpg

今年の2月に入った新入りさん。

のんびりゆっくり水族館でぼーっとしようと思っていたのだが
水族館にというポスターが貼ってあった。
南方熊楠先生はとっても猫好きだったとか。
熊楠先生と猫の関わりを示す企画展らしい。
これは行かないと!

よく見ると水族館の隣にある南方熊楠記念館ではなく
ちょっと離れた南方熊楠顕彰館というところでの展示。
ここから車で30分もあればつくみたい。
入場は4時半まで。
もう3時半近いけれど、少しでも見学できればね。

んがっ。
あと5分ほどで着く、というところで急にものすごい渋滞。
夕方だから?
迂回したいけれど、知らない場所だからナビの通りに進むしかない。
渋滞を待って待って
ようやくここを曲がれば着く、というその道がなんと通行止め。
すぐそこで火事らしく、消防車やらパトカーやら。
えええ、どうすればいいの?
こういうときはナビは全く役立たない。
交通整理をしているおまわりさんに聞いても要領を得ない。
(南方熊楠顕彰館は大通りではなく路地にあって
ものすごく迂回するとものすごくわかりにくいらしい)
もうすぐ4時半。
4時前には着くはずだったのに・・・。

しかしぐるぐる回っているうちに
奇跡的に南方熊楠顕彰館のある路地に出た。
ぎりぎり4時半前。
やっぱり縁があったのね。

「熊楠と猫」展では熊楠先生自筆の猫の絵をたくさん見る事ができた。
するするさらさらと書きなれていてとても生き生きとしている。
いいもの見たなあ。

南方熊楠顕彰館の隣は南方熊楠邸。
晩年の25年間を過ごした所。

熊楠先生の名前にちなんだ楠と熊楠邸。
a0101905_23354331.jpg


庭に植えてある樹木の説明。
a0101905_2336129.jpg


さくらんぼの原種?だそう。
a0101905_23361122.jpg


ここで資料を広げて研究していたのかも。
a0101905_23363831.jpg


南方熊楠顕彰館の入り口に猫。
a0101905_23364566.jpg


閉館の5時までの30分しか見学できなかったけれど
それでも見られてよかった。
熊楠先生筆の猫の絵の扇子と粘菌類の絵のTシャツ買っちゃった。

あちこちで武蔵坊弁慶を見かけるけれど
田辺市は出生の地(ということになっている)らしい。
a0101905_233718100.jpg
この弁慶はゆるキャラ系だね。

帰り道、火事で通行止めになっていた道路はやっぱりまだ通行止めで通れない。
仕方ないので前の車にくっついて走ってたら路地に入っちゃった。
そのうち前に走っている車もいなくなりあれれ、と思っていたら

猫みっけ(じいやが)
a0101905_23374086.jpg


ごみ置き場にいるみたいだけれど
怒られたりしないのかな。
気になる気になる。

ということで車から降りて近づいたら
家と家の隙間に逃げちゃった。

のぞいてみたらたくさんいる!
a0101905_23375199.jpg


全部で5匹。
a0101905_2338124.jpg


顔つきが似てるから家族だね。
a0101905_2338141.jpg
a0101905_23382322.jpg


猫達を見たらみんなきれいな顔しているし
置いてあるゴミは猫缶の空き缶だった。
空き缶もきれいに処理されていたし
その家の人がきちんとお世話しているみたいで少し安心した。

にゃんこを見た後、すんなり大通りに出られた。
これも猫神様のおかげかも。

その後は渋滞もなく本日のお宿、「ホテルハーヴェスト 南紀田辺」へ。

ちょうど夕日が沈むところ。
a0101905_2338314.jpg
「ほら、セイシェルの夕日が♪」
a0101905_2338418.jpg
「海に沈んでくわ♪」

ホテルは全室オーシャンビュー。
なんだか贅沢。
春休み前の平日で航空券とセットでとってもお得だったのよ♡

夕飯は前々回にも利用した「幸鮨」

入り口にはおひな様が。
a0101905_2338509.jpg

この地方では月遅れでひな祭りをするんだって。

昼も伊勢エビ&クエ祭りだったのに
夜も大暴走してしまった。

またまたクエ(しかも天然!)食べちゃったし
なんでもおいしかったけれど。
一番おいしかったのはクツエビ。
(正式名称はたぶんセミエビ)
炙りと刺身でいただきましたが泣きました。
思い出しただけで、あああ。

次回へ続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

「セイシェルの夕日」が歌えたらきっと28才。
by rikiaru | 2015-04-13 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

鉄砲からロケットまで 種子島かっとび旅行 その8

<昨日の続き>

マンボウ、イルカ、ジンベイザメを満喫したら時間がない。
あとは急いで見ないと。

南西諸島の海にいるお魚達。

ハリセンボン?
a0101905_22182924.jpg


最近何故か人気のチンアナゴ。
a0101905_22184632.jpg


エラブウミヘビ。
ウミヘビってコブラ科なのね。
つまり毒蛇。怖い(←人に危害を加えることはまずないらしいけど)
a0101905_2218546.jpg


タマカイ。
クエと同じハタ科。おいしいらしい。
a0101905_2219250.jpg


鹿児島の海のお魚たち。

コウイカ。
a0101905_22191387.jpg


クエ。鍋何人分だろう。
a0101905_2219242.jpg


ノコギリザメ。
a0101905_222034.jpg


タイヘイヨウアカボウモドキの全身骨格標本。
世界で最初の全身骨格標本。
(2002年に薩摩川内市の海岸に打ち上がった。)
a0101905_22201151.jpg


特別展示の透明標本。
a0101905_22203243.jpg
お土産に体長4cmぐらいのクエの透明標本買ってしまった。

オオウナギ。
南西諸島や屋久島には普通にいるんだって。
食べられるらしいけど・・・。
a0101905_22204762.jpg


さささーっと回ったらそろそろ時間。
外でイルカの説明があるからそれを見たら行かなくちゃ。
a0101905_22205841.jpg


ここでじいやと合流。
ラーメンを食べた後、館内も一周したらしい。

鹿児島水族館、なかなか楽しかった。
説明をゆっくり読むヒマがなくて残念だった。
やっぱり一日いないとなあ。
a0101905_22212392.jpg
水族館の隣は桜島へのフェリー乗り場。

水族館から再びタクシーに乗る。

運転手さんがいい感じの人で桜島の火山灰についていろいろ教えてくれた。
風向きの関係で冬はあまり灰が落ちないけれど
夏になるとものすごいんだそうだ。
鹿児島市からは灰を入れるごみ袋(克灰袋)というのが配られて
通常のごみ袋より分厚いそうだ。
なぜなら灰はとんがってるから。
灰というより細かい石って感じ。
薄い袋だと破けてしまうんだと。
だから車の上に降ると車はすぐに傷だらけ。
木材を燃やしてできる細かくて軽い灰とは違うのね。
降りる時に飴もくれた。
名古屋でタクシーに乗った時ももらったけれど
西の方は飴ちゃん文化があるのか?

タクシーを降りた所は天文館というところ。
鹿児島市の繁華街。
天文館というから天文施設があるのかと思ったけれど違うらしい。
(江戸時代にはあった。)

天文館に行ったのは空港までのバスに乗るためなんだけれど
じいやの目的はこっちだった。
a0101905_22214014.jpg

クレープの自動販売機。
天文館名物と書いてある。
行きに見かけてどうしても食べたかったんだって。
だけど全部売り切れ、残念でした。

天文館は交通の要所らしくバスと路面電車がひっきりなし。
路面電車の車体とデザインがいろいろで、というかバラバラで面白い。
a0101905_2221545.jpg
黄色いのは最新式?

a0101905_2222179.jpg
パトカータイプの路面電車よくできてるなあ。それにしても「永田シロアリ」のインパクト・・・(笑)

天文館から空港までの高速バスに乗る。

クスノキの街路樹が素敵な通り。
名前は何故か「ナポリ通り」。
a0101905_22221539.jpg
鹿児島市とナポリ市が姉妹都市だからなんです。

途中高速道路に乗り鹿児島空港に到着。
鹿児島空港は雨。
a0101905_22222364.jpg
くまもん、こんなところでもお仕事中。

鹿児島ってたくさん島が有るのね。
種子島、屋久島、喜界島、与論島、奄美大島、徳之島、沖永良部島・・・。
a0101905_22224488.jpg

島は楽しいもんね。全部行ってみたい。

楽しかったなあ。
さよなら鹿児島。
a0101905_22225828.jpg
さよならくまもん(違)

飛行機の上から見る夕暮れ。
a0101905_2223816.jpg


羽田に19時半ごろ到着。
空港ターミナルで軽く夕飯を食べて
(結局完全にお昼抜きだった)21時ごろ家に到着。

ただいまスミレちゃん。
a0101905_2223307.jpg


帰ってきたよ。
a0101905_22233729.jpg

わはは、やっぱりこれか。
これを見ると帰ってきた感じがするなあ。
またばあや業にせいをださねば。

ということで二泊三日のかっとび旅行記はこれでおしまい、
ながながのお付き合いありがとうございました。

書く方も読む方も体力勝負だったなあ、と思ったあなたはぽちぽちっとな♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

天文館には有名な「猫おじさん」(猫9匹を連れて散歩するおじさん)がいたらしい。会いたかったなあ。
by rikiaru | 2014-03-15 23:50 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

鉄砲からロケットまで 種子島かっとび旅行 その7

<昨日の続き>

高速船トッピーは揺れることもなく穏やかに鹿児島港に入港。
途中、船内のテレビで吉本新喜劇をやっていたのが懐かしかった。

鹿児島は曇り。
今回は全く桜島を拝めず。

現在13時。
飛行機は17時55分発。
前回も鹿児島は通過しただけなのでちょっと鹿児島市内をふらふらしようかな。

タクシーに乗ってふらふらする先へ。
a0101905_22212266.jpg


着いた所は鹿児島水族館。
a0101905_22212943.jpg
タクシーに乗る必要なかった。鹿児島港の隣だった。

ふらふらって結局水族館だよ。

館内に入ってすぐに「きびなごわくわく塾」がお出迎え。
なんなんだ、きびなごわくわく塾って。
a0101905_22213555.jpg


順路に従いまずは2階へ。
a0101905_22214394.jpg
ちょっとミズクラゲの帽子をかぶせてみた。

2階の黒潮大水槽に「おおっ」となったとたんに館内放送で
「マンボウの食事時間がまもなく始まります。」だって。
これは見に行かないと。

水族館のお姉さんに場所を訪ねると外だという。
外でマンボウを飼育してるの?
水槽が外にあるのか?
再入場のためのスタンプを手に押してもらって言われた方向へ。

こんなお堀のような水路があった。
すごく立派。
この辺にマンボウがいるらしいけど、水槽はないなあ。
a0101905_22215769.jpg


マンボウの水槽はないけど水路の奥の方を眺めたらこんなものが。
a0101905_2222368.jpg

イルカ?イルカだ!
そういえばテレビで水路にいるイルカを見たことがある。
あれはここの水族館だったのね。

再びマンボウの捜索。
水路に沿って歩いて行くと水の中で泳ぐものが。
a0101905_22221144.jpg

鯉?
コイじゃないよ。
マンボウだ!
a0101905_22222066.jpg




この水路がマンボウの飼育場所だったとは。
a0101905_22222737.jpg
a0101905_22223499.jpg

後で調べた所、このお堀の石垣のようなのは
「新波止砲台跡」という国の重要文化財だった。
重要文化財で飼育されるイルカとマンボウ。

飼育係のお兄さんがフロート?に乗ってえさをあげるとマンボウが集まってくる。
a0101905_22224232.jpg
a0101905_22224917.jpg
a0101905_22225666.jpg




ここでマンボウが展示されるのは初冬から初夏まで。
初夏になり水温があがるとえさを食べなくなるそうで
そうなると海に戻す。
そして冬になるとまた新しいマンボウを入れるんだそうだ。
夏に来てたらこんなちょっと面白い光景見られなかったんだね。

ここでじいやが空腹に耐えきれずにお昼ご飯を食べにいった。
私は時間がもったいないのでがまんがまん。
というか集中してれば食べなくても平気なのだ。

マンボウのお食事タイムが終わって隣の水路をのぞいたら
イルカがショーの訓練中。
a0101905_2223540.jpg
a0101905_22232747.jpg
a0101905_22233747.jpg

石垣とイルカ。
やっぱり不思議。

さあ残り時間は1時間。
ダッシュで水族館を回らねば。

黒潮大水槽
a0101905_22234494.jpg




a0101905_2223536.jpg
a0101905_2224220.jpg




a0101905_2225243.jpg
a0101905_22251237.jpg
a0101905_22252277.jpg
a0101905_22301297.jpg
a0101905_22305671.jpg
a0101905_223144.jpg


ジンベイザメ初めて見た♪
この水槽はジンベイザメの飼育には少し小さいので(すごく大きいけどね)
ジンベイザメの体長が5.8mを超えると海に返すんだって。
現在は6代目のジンベイザメで名前はユウユウ。
初代からずーっとユウユウなんだけどね。

ジンベイザメやマダラトビエイとかずーっと見ていたい。
気持ちいいなあ。
こういうのって飽きないよねえ(私だけ?)

ジンベイザメみたいにゆったりとすごせたらいいよねえ、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

ああ、今日も旅行記が終わらなかった。orz.
by rikiaru | 2014-03-14 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

何をいまさら いわき旅行記 その2

<昨日の続き>

アクアマリンふくしまといえば
a0101905_23101496.jpg


「生きた化石」と呼ばれる「シーラカンス」。
a0101905_23102122.jpg


数年前、葛西臨海水族園に来てたのを見に行ったんだよね。
a0101905_2312720.jpg


福島で再会できてうれしいよ。
a0101905_23122025.jpg


さて、再会といえばきみにも会えてうれしい。
鴨川シーワールドで会ったよね。
a0101905_23124650.jpg


クララが避難先のシーワールドで生んだゴマフアザラシの赤ちゃん。
こんなに大きくなっちゃった。
a0101905_23125241.jpg


「きぼう」っていう素敵な名前もつけてもらったね。
a0101905_23123493.jpg
 
 


 
 
アクアマリンふくしまでは震災で何があったか記録し記憶するための展示もある。

津波の為に止まったと思われる時計。
a0101905_23131539.jpg


水槽の水を循環させる為のポンプ。
津波により浸水し使用不可能になった。
a0101905_23132478.jpg


浸水と停電の為に20万匹の海洋生物が死亡。
生き残った生き物達は他の水族館、動物園などに避難した。

その後、復興に向けて努力した結果、7月15日に営業再開。

しかし、震災の影響は今でもある。
放射線量を量る為のモニター。
この時は0.10 μSv/hを示していた。
a0101905_23133374.jpg
震災前のいわき市の年間平均放射線量は0.06 μSv/h。

いつものように閉館時間まで楽しんで外にでたらきれいな夕闇。
a0101905_23134339.jpg
金星も写ってるよ。

そろそろ夕飯時、せっかく小名浜港にいるんだからやっぱりお魚。
いわき・ら・ら・ミュウという観光物産いわき市観光物産センターにお店へ。

海鮮丼!
a0101905_23135022.jpg


かすべとどんこの煮付け。
a0101905_23135656.jpg


結局食べまくって終わりじゃない?と思ったら反省をうながすためのぽちぽちっとね♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

今日で震災から11ヶ月。
上の方の人たちは相も変わらず勢力争いやら利権争いであきれるばかりだけれど、地元の人は頑張っている。
何か少しでも力になればと、思っているけれど(少しは行動もしているんだけど)、誰にでもできることは、震災のことをいつも忘れずにいることかな、と思っている。
被災した人たちも忘れて欲しくないから、震災にあったものを展示しているのだと思う。


ということでアクアマリンふくしまの被害状況と復興の様子を綴ったブログをぜひ読んでみて下さい。
復興ブログはこちら → 

More
by rikiaru | 2012-02-11 23:55 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

何をいまさら いわき旅行記 その1

日本のグラフィックデザインの第一人者、
福田繁雄氏の回顧展が川崎で催されていたけれど行き損なった。

だから行ってきました。
スカイツリーの横を通って
a0101905_23302897.jpg


常磐道を走り抜け
a0101905_23303740.jpg


いわき市へ、去年の12月11日に(^^;)
a0101905_23304331.jpg


着いたらちょうどお昼時。
いつものように腹ごしらえ。
a0101905_23314793.jpg
海が近いんだもん、やっぱりお刺身定食。

いわき市立美術館で大回顧展。
a0101905_23315554.jpg
2月21日からは広島県立美術館、その後高崎、札幌と巡回。

福田繁雄氏の作品はいろんな仕掛けがあって親しみやすい。
近づいてみたり、斜めからみたり。
見方を変えると見える物が変わってくる。
楽しくって、でもいろいろ考えるのだ。

美術館を見終わってもまだ時間がある。
せっかくいわきまで来たからには、どこかに行きたいな。
いわき最大の観光施設といえばスパリゾートハワイアンズ だけれど、温泉でゆっくりしたりショーを見る時間はない。

それならばやっぱり「アクアマリンふくしま」だわね。
水族館、大好き。
a0101905_23381589.jpg


3月11日の震災で被災。
7月15日に営業を再開。

水族館から見る小名浜港。
手前は津波で被害にあって工事中。
a0101905_2338265.jpg


園の入り口には震災のがれきで山が築かれていた。
a0101905_2332798.jpg
a0101905_23375725.jpg


アクアマリンふくしまの正式名称は
「ふくしま海洋科学館」。
「環境水族館」をうたっているだけあって
自然のことがたくさん学べそう。
a0101905_2338265.jpg


こちらは「ふくしまの川と沿岸」のコーナー。
根付いた植物がいい雰囲気。
a0101905_2339449.jpg


鮭の稚魚。
a0101905_2339124.jpg


鰯の大群。
a0101905_23393479.jpg


潮目の水槽。
左が親潮、右が黒潮(だったかな?)
↑の破片はこの水槽が割れたもの。
a0101905_23394136.jpg


ズワイガニ!
タカアシガニは水族館でよく見るけれど
ズワイガニは珍しい気がする。
a0101905_23394712.jpg


こんな風にアクアマリンふくしまには
地味だけど、身近な、
そしておいしそうな魚がいっぱい。
図鑑が大好きな私にはとっても面白いのだ。

鰯も鮭も蟹も大好きよ、と思ったらぽちぽちっと。

明日へ続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

太刀魚もいたのよ。
by rikiaru | 2012-02-10 23:28 | おでかけ | Trackback | Comments(3)

何をいまさら 鴨川旅行記 その3

<昨日の続き>

いろんな海獣を見たけれど、
やっぱり鴨川シーワールドといえばこれでしょう。
a0101905_072949.jpg

a0101905_074940.jpg


かっこいいね〜、シャチ。
現在、日本でシャチが見られるのはたぶんここだけ。
(名古屋港水族館にシーワールドのシャチが貸し出されているはずだけれど展示はしていないらしい)
シャチのショーはとにかく大迫力。
a0101905_0808.jpg


鴨川シーワールドではシャチの繁殖に何度も成功して大家族になっている。
a0101905_081633.jpg
ビンゴ、ララ、ランが名古屋港水族館に貸し出し中。

お母さんのラビーにくっついているアース2才半。
まだ赤ちゃんだね。
a0101905_083575.jpg

このラビーが生まれてすぐの時にも見に来たんだよね。
いつの間にかお母さんになってるなんて感激だな。

そして今回の本当の本当の目的。
ゴマフアザラシの赤ちゃん。
a0101905_09070.jpg


東日本大震災で被災した「アクアマリンふくしま」からきた
ゴマフアザラシのクララが、
避難先の鴨川シーワールドで出産したのだ。
真っ白ゴマちゃんの時期はもうすぎちゃったけれど
それでもちっちゃいね。
a0101905_092876.jpg


慣れない環境で頑張って赤ちゃんを産んだクララ。
a0101905_0112885.jpg


こちらはかわいいおぼっちゃま。
a0101905_0114536.jpg


えさやり体験♪
a0101905_0115350.jpg

ではなくて、飼育員さんからごはんをもらっているのだ。

無事に生まれて本当によかったね。
a0101905_0124019.jpg


ということで今回はクララと赤ちゃんに会いに行ってきたのだ、去年のゴールデンウィークに(^^;)
その後、2匹は6月26日に「アクアマリンふくしま」へ無事に里帰り。
今は福島で暮らしている。

クララ、えらかったね、と思ったアナタはぽちぽちっとね♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

クララたち、元気かな?
by rikiaru | 2012-02-06 22:54 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

何をいまさら 鴨川旅行記 その2

<昨日の続き>

鴨川でどこにいったか?と質問するまでもありませぬ。
もちろんここ。
a0101905_2323073.jpg


鴨川シーワールドといえば怪獣、いえ海獣のショーが有名。

ベルーガ(シロイルカ)のショー。
バブルリングを出せる。
a0101905_2323818.jpg


お話だってできちゃう。
 

 

イルカがジャンプ!

a0101905_23233075.jpg


こちらは外の小さいプールで練習中。
a0101905_23244572.jpg


ジャンプの自主練。
 
 
こちらは歌のお稽古か?
a0101905_23245390.jpg
 
 


 
芸達者なアシカたち。
a0101905_23233990.jpg


いないない
a0101905_23234625.jpg


ばあーっ!
a0101905_23235364.jpg


こちらは芸をしない組。
ワモンアザラシ。
a0101905_2324329.jpg
太ってた頃のジョーおじさんみたいだ。

アゴヒゲアザラシ。
a0101905_23241228.jpg


寝てるだけなのにいつみてもキュートなラッコ。
a0101905_23243793.jpg


モモイロペリカンのお散歩。
a0101905_23231928.jpg


芸をしても芸をしなくてもみーんな元気で良い子。
かわいいよ。

たくさん動物を見て満足したけれど
今回の目的はまだまだ果たしていないのだった・・・。

アゴヒゲアザラシって本当はただのおっさんなんじゃないの?と思ったあなたはぽちぽちっとね♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


by rikiaru | 2012-02-05 23:22 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

南紀白浜旅行 その2 魚!

昨日の続き。

白浜の海岸をぐるっとまわってたどり着いた最初の目的地はレストラン 珊瑚礁
ネットで調べておいたのだ。
店構えは昔のドライブインみたいなのだが(私はそんなのも好きだけど)おいしいらしい。
待望のお昼ご飯!

伊勢エビの塩焼きとクエ(白浜名物)のお刺身。ふえ〜贅沢・・・。
a0101905_21443020.jpg


なんておいしいんだ。
生きててよかった。
お世話係ごめん。

クエといえば幻の魚だったのが、近畿大学が養殖に成功。
安定供給できるようになったそうな。
近畿大学といえばマグロの養殖でも有名だよね。

お昼ご飯も目的地だったんだけど、本当の今日の目的地
京都大学白浜水族館へ。
a0101905_21491274.jpg


「京都大学」なんていい響き(アカデミックに弱い人)。

ここはイソギンチャクやカニ、ヒトデのコレクションで有名なんだそうだ。

     なんだっけ。アジの仲間。
a0101905_21492510.jpg


     ユウモンガニ。
a0101905_21542647.jpg


     トラフカラッパ。カラッパって何?カニ?
a0101905_2201118.jpg


    ヒトデいろいろ。赤いのはヤマトナンカイヒトデ。稀。
a0101905_2202319.jpg


    オオカワリイソギンチャク。稀。
a0101905_221122.jpg





     サカサクラゲの触手部分。レースみたい。
a0101905_2211424.jpg


     忘れたけどきれいだ。気持ち良さそう。
a0101905_2212533.jpg


     ナヌカザメの卵。まるで現代美術のオブジェ。
a0101905_2224035.jpg


     アカテヅルモヅルとセノテヅルモヅル。ドグラマグラっぽい。
a0101905_2225198.jpg




チゴガニの甲羅は1cmぐらい。ちっちゃくて可愛い。

春休みは職員さんのガイドでバックヤードツアーがあるんだって。いいなあ。

水族館の後、すぐ近くにある「南方熊楠記念館」に行こうと思ったのだが休館日。残念。

水族館の目の前の浜にはグラスボート乗り場が。
じいやは船に弱いので一人で乗り込む。

a0101905_223477.jpg

目の前の岩は円月島。

残念ながら、視界不良。それでもフグや縞々の魚(なんじゃろ)など少し見える。
グラスボートから降りたら、お決まりの貝殻拾い。
珊瑚のカケラが落ちてて感激。育った日本海とは違うな。

その後は宿の白浜シーサイドホテルへ。
古い観光ホテル。清潔。そして温泉のお風呂がある。合格。

チェックインして一休みの後、今度は夕ご飯に。
その前に再びの千畳敷。夕陽がきれいなんだって。

a0101905_2232238.jpg

a0101905_2233391.jpg


夕陽と言えば日本海に沈むものとばかり思ってたけれど、
ここは太平洋に夕陽が沈むのね。

白浜温泉には外湯がたくさんある。そのうちの一つ、牟婁の湯(むろのゆ)へ。
300円で入浴できる。
おまけに駅で手に入れたクーポンを持っていたので50円引きだっ。

a0101905_223441.jpg



女湯は近所のおばちゃん達でめちゃこみ。
おばちゃん達は座る場所を確保できずにうろうろする私に声をかけてくれて
優しいのだった。


夕ご飯はなんとお寿司。
一生分の贅沢だ。
昼は飲まなかったアルコールも一緒にね。

a0101905_2235494.jpg

地ビールの渚ビール(コクのある味)と今年初のタケノコ。

お寿司は夢中で食べたので画像はないのん。

そんなこんなで魚三昧の一日が終わったのだった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


明日はいよいよアドベンチャーワールド!

by rikiaru | 2010-03-16 23:58 | おでかけ | Trackback | Comments(10)



お星様24匹+現役31匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
検索
ブログジャンル
画像一覧