人気ブログランキング |

りきの毎日

タグ:歩 ( 12 ) タグの人気記事

はんこLOVE♡

この間のシルバーウィーク中に、銀座松屋で催されていた
「ユキ・パリスコレクション」に行って来た。
ヨーロッパの手仕事は素敵。
うちの家にはギャングがいるから、レースも刺繍も飾れないけど見てると幸せ。

満足して会場を出るとそこには「銀座和のモノづくり展」が。
ヨーロッパも好きだけど、和物も好きだ。
と見ているとそこにはんこやさん。

聞けば安曇野のリンゴの剪定枝を使ってはんこを彫ってくれるという。
見本を見ると、字だけでなく絵も彫ってくれるようだ。
似顔絵ハンコなんていうのもあったし、動物の絵が彫ってあるものもあった。

その時、私の頭のすみっこに「きらっ」と光る何かが。

「うちのわんにゃんを彫ってもらいたいなあ。」

でも全員はもちろん無理。
なので代表として力(リキ)と歩(アル)を彫ってもらうことにした。
写真をメールで送ったら、それを見て彫ってくれるという。

この写真を送った。
a0101905_17475548.jpg
a0101905_1748731.jpg

リキの写真はこの本から。ちょこっと写真を載せてもらっているのだ。
めっさ可愛いね。

そして昨日、ハンコが届いた。
a0101905_1752913.jpg
a0101905_17521944.jpg


とっても気に入っちゃった。
マルチーズって彫りにくいのではないかと思ってたんだけれど、
リキはとってもcute。
アルは根性の座った目をしてる。

ハンコ入れの箱の言葉は頼んだ言葉を書いてくれるのだが
私はおまかせにした。
「みんな友だち」
いい言葉じゃないの。わんにゃんみんな仲良くね。

今回作っていただいたハンコやさんはコチラ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

♪ありがとうございます♪
by rikiaru | 2009-10-06 18:08 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(6)

花火

アルが逝って、もう2週間。
早いね。

庭でころころとしたミョウガを収穫。
a0101905_21245726.jpg

虹の橋 猫が渡りて 茗荷咲く

先週の土曜日、神奈川新聞花火大会を見に行った。
(去年は行けなかったけど)毎年恒例。

夕方から出かけて場所取り。
そのあと中華街でおかゆの夕ご飯。
お店でビールと枝豆を買って、花火見学の場所、山下公園へ。

花火の打ち上げはみなとみらい地区が近いけれど混んでいる。
それに山下公園は横浜のシンボルが一望できるいいポイントなのだ。
a0101905_21585182.jpg

左側の写ってない所にランドマークタワー、観覧車、その後ろはクイーンズスクエア、インターコンチネンタルホテル、そして豪華客船飛鳥Ⅱ

ばあやはビールを飲みながら打ち上げを待つ。
(じいやは運転があるのでお茶を飲む)

7時15分、打ち上げ!
a0101905_225169.jpg


開始の後、観覧車と飛鳥Ⅱの電気は消灯。
a0101905_226253.jpg






元気な声は隣の団体のお兄ちゃんとおこちゃま達。
じいやとばあやはだまって見てた。

毎年、花火を見ると精霊流しの様な気分になる。
空からはよく見えるんだろうな。

とはいっても中華街でおいしい物食べて、肉まんをお土産に買って
ビール飲んで、花火見てるだけなんだけどね。

a0101905_2264250.jpg

花火が終わるとまた華やかな横浜の夜景。

******

遠くアメリカから(いえ届けてくれたのは日本のお花やさん+宅配便だけど)
アルにお花が届いたよ。ありがとね。

a0101905_227155.jpg

いつものことだけれど、アルの近くには飾れない。
ちびにゃん怪獣に破壊されちゃうからね。
アルに見せた後、安全できれいに飾れる場所へ(玄関)。
華ちゃんが替わりに眺めてる。

そしてお花が送られて来た箱をのぞくと化け猫黒猫ちんが。
a0101905_2271227.jpg

化け猫じゃないでちっ!
by rikiaru | 2009-08-08 22:33 | おでかけ | Trackback | Comments(16)

14年と1ヶ月と17日 その2

アルが亡くなった夜があけた。

ちびにゃんたちが様子を見に来た。
a0101905_22145463.jpg

a0101905_22155555.jpg

アルおばちゃん、どうしたでちか?


アルおばちゃんはね、
ちびにゃんが会った事がないおじちゃんやおばちゃんの所にいったんだよ。
ばあやはまだ、行った事がないけれど、楽しくてきれいで気持ちのいいところらしいよ。

電話で火葬の予約を入れる。
翌日(26日)の一番遅い時間(3時)にしてもらう。
あとアルの身体と一緒にいられるのも1日とちょっと。
落ち着かない。

いつものように、その落ち着かない時間を埋めるように
アルを送る準備をする。
身体をきれいにふいて、きれいにとかす。
爪を切ってその切った爪をとっておく。
ひげも1本だげもらう。
耳の後ろの柔らかい毛を少しだけ切り取る。
ガリガリになってしまった(2.1kg)のに毛並みはつやつやふわふわ。
まるで子猫にもどったみたい。

そしていつものようにアルの最後の姿を描いてみる。
a0101905_22173297.jpg


またしてもメジャーを持ち出して、身体のサイズを測りまくり、
右前足の肉球ハンコを押す。
アルごめんね。でもアルのすべてを覚えておきたいのさ。許せ。

翌日はアルの為の花を庭から摘む。
夏のバラのいくつかが咲いていた。
ペルル・ドール、イレーネ・ワッツ、四季咲きの野バラ。
それからチェリーセージ、三尺バーベナ、サルビア・グラニチカ、ゲラニウム、
アベリア、シモツケ。
そして、百合のカサブランカ。

a0101905_22511526.jpg


家を出る前に、すべての部屋をアルを連れて回り
最後に家族と記念撮影。
a0101905_22531757.jpg



斎場に着いて最後のお別れ。
家の花達で飾り、
カリカリ3種類(腎臓サポートとシニアと大好きなキトン)ささみ、猫缶をあげた。

何度体験してもつらい。

この日は夏ではないような真っ青な空。
アルはどこまでも高く登って行けるだろう。
a0101905_2256114.jpg


いつも心を和ませてくれる、霊園の猫たち。
a0101905_22593379.jpga0101905_2259586.jpg
a0101905_2301029.jpg


アルの骨はとてもとても立派だった。
長い間、薬を飲んでいたし、食欲にも波があったので
骨がきれいに残らないのでは、と心配していたけれど。
ほれぼれするほどきれいで、思わず写真を撮りまくってしまった(←変な人)
変な人でもいいよ、私のアルだもん。

a0101905_11996.jpg

家にやって来た日(3ヶ月)

a0101905_112437.jpg

リキと。

a0101905_113531.jpg

これもリキと。

a0101905_114651.jpg

リンと一緒に。どちらもまだ子猫。

アルにはただただ感謝の言葉しかない。
リキがいなければペットを飼う事はなかったけれど
あの日、アルがあんな姿で(後ろ足2本麻痺)現れなければ
にゃんこを飼う事はなかっただろうね。今のこのわんにゃんまみれ生活もなかった。
楽しい事がたくさん増えたよ。
アルはとても美人でちょっと神経質で
でもあとからあとから増える子たちをなんとなく迎えてくれてとてもいい子だった。
あ、でもマーキング女王様だったので私もずいぶんキレたっけ。
おかげで私も我慢強くなったのだよ。


また虹の橋の麓で会おうね。
a0101905_1133048.jpg

by rikiaru | 2009-08-05 23:01 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(15)

14年と1ヶ月と17日 その1

屋久島に行っている間、心配だったのはわんにゃんたち。
お世話係に頼んだし、信用もしているけれど
なんせ学校と予備校2つ掛け持ち。
おまけにアルは腎不全。

とりあえずアルによくお願いしておいた。
「いい子でいてね」
a0101905_14513211.jpg

あんた、夏休みとるんだって?

a0101905_14514272.jpg

羽伸ばしてくれば?

出発当日7月21日の朝。
「ちゃんと待っててね」
a0101905_14515166.jpg

「天気悪くても行くんだ。」

うん、行くのだよ。長年の夢だからさ。頼んだよ。

******

屋久島から帰ってお世話係に帰宅の報告(7月23日)。
すると「パンちゃん、倒れた。」
水を飲んでいてむせてひっくり返ったらしい。
動物病院に連絡をして、処置法を聞き復活した。
(先生時間外の夜遅い対応ありがとうございます)

それからわんにゃんの元へ。
パンちゃんはすやすや。
リビングにわらわらといるにゃんこ達、そっけない。
「あんた、誰?」という空気がいっぱい。ごめんよ。留守にして。

アルを探すとキッチンの床のすみっこにいた。
2週間ほど前から高い所に登れずに床で寝ている事が多かったのだ。
「ただいま」と抱き上げるとお腹がぐっしょりと濡れている。
床にすわったまま失禁したのだった。
ショック。
その辺でしてしまうことはあったけれど(爆)
こんなのは初めてだ。
具合悪いのか?

旅行の片付けやら何やらしているうちに
アルの様子がおかしくなってきた。
自分で身体を支える事ができず横たわってしまう。
もう真夜中。
とりあえず予定していた皮下輸液と注射(増血剤)をする。
アル、どうしちゃったんだよ。

心配なので、寝室に連れていき一緒に休んだ。
だめなのか?
そんな思いが頭をかすめながらうとうとする。

ふと気がつくと何か動く物が。
アルがのそのそと動いて私の腕枕で寝ようとしていた。
あー、よかった。皮下輸液と注射が効いたんだ。
朝起きたら、布団にちっちゃい地図をアルが作ってた。
あらら。雨なのに。
でもいいや。出すもの出しとかないとね。

その日一日(7月24日)は普通の一日。
旅行の洗濯物やアルが地図をかいたシーツやら雨なのに何回も洗濯機をまわし
3日ぶりに掃除機をかけ、午後は疲れ果ててちょっと昼寝。
よたよた歩き回っていたアルがまたお腹にのってくる。
旅行も楽しかったけれど、こんな一瞬がわんにゃん生活の喜び。

その後、ハナの散歩に行き、わんにゃんにご飯をあげ、人間の夕ご飯をすませ・・・
一日の最後に皮下輸液及び投薬中にゃんこ(アル、ジョー、パク)にそれぞれ処置して
おやすみ・・・。
アルは籠の中ですやすや、と思ったとたん

さけぶような声で何度もぎゃうぎゃうと鳴き出した。
アルの名前を呼んでみても、反応がない。
灯りをつけてアルの顔を見ると、瞳孔が開いている。

きたんだ。アルの最後の時だ。
とにかく最後まで見届けなければ。
泣きたくなったが、アルに最後に不安にさせてはいけない。
とにかくなるべく明るい声で「アル、大丈夫だよ。」「いい子だね」と話しかける。

その後のアルは、しばらく呼吸が荒くなったあと、また静かになり、を繰り返す。
そのうちかなり呼吸が落ち着いて来た。
もしかしたらこのまま落ち着くのでは?と希望を持つ。

旅行の疲れあり前日の睡眠不足もあり、アルが落ち着いてくるとうとうとしてしまう。
緊張感のない飼い主。ごめん。

しかし、3時過ぎ、再びアルの呼吸が荒くなってきた。
今までとは違う、はぁーっ、はぁーっと吐き出すような呼吸。
そのうちそれがとても静かになっていった。
はっと気がつくとアルの気配がなかった。
逝ってしまった。
目を見ると瞳孔が完全に開いていた。まん丸でなんだか可愛い。
時計をみたら7月25日4時5分だった。
a0101905_1732565.jpg


14年と1ヶ月と17日一緒にすごしたアルの最後。

外をみたら明けの明星が輝いていた。
a0101905_1733598.jpg

by rikiaru | 2009-08-04 16:38 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(6)

集まり散じて

何故かみんな好きな作業机の窓辺

今日も眺める猫達。
あら、でも今日のメンツはなんか変わった集まりだわ。

a0101905_18152060.jpg

左から、なっちゃん(ナズナ)歩(アル)恵(ケイ)

何を見てるのかな。
a0101905_18154553.jpg


熱心だね。
a0101905_18155452.jpg


あ、終わりなんだ。飽きちゃった?
なっちゃんはまだ見てるね。

a0101905_1816492.jpg


なんだか某W大の校歌「集まり散じて〜人は変われど〜♪」(3番中盤の歌詞です)
を思い出してしまった。
集まり散じて猫は変われど、なんちって。

a0101905_18161382.jpg


で、何見てるの。なっちゃん。
a0101905_18163865.jpg


あ、ヤモリ。
a0101905_18165179.jpg


あー、行っちゃった。
a0101905_1817151.jpg


お友達になれなかったね。残念。
きっとまた来るよ、なっちゃん。
by rikiaru | 2009-06-19 18:36 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(10)

14才

今日で日本全国(東北地方まで)が梅雨入りした。
5月の薔薇の季節が終わり、ちょっとうっとうしい季節。
そしてちょっとどきどきする季節。
6月は子猫をひろいやすい。
うちには6月にやってきた猫が3匹。

歩(アル)と光(ピカ)と福(フク)。

なんてことを考えていたら気がついた。
6月8日はアルがうちにやって来た日なのだった。
すっかり忘れていた・・・。
6月なのはわかっていたんだけど。ごめん。

うちに来た時は生後3ヶ月ぐらいだったのでもうとっくに誕生日は過ぎているけれど。
とりあえず来た日が誕生日ということで

歩、14才おめでとう♪

うちで一番の長老。そしてうちのペットの最長不倒記録更新中。
a0101905_22115166.jpg

あんた、忘れてたわね。

ここのところ腎不全と口内炎で闘病中。
1日2回、50mlずつの皮下輸液、ネフガードとホルモン剤、
てんかんの傾向があるので、フェノバール、さらに抗生物質の投薬。
食事は腎不全用の食事に全部切り替えられればいいのだけれど
食が細いので食べるものを少しずつ。

なんて書くと深刻そうだけれど本猫いたってマイペース。
年を取って神経質なところが少しいい加減になっていい感じである。

最近は冷蔵庫の上がお気に入り。
こんな風に寝ている。
a0101905_22195680.jpg

毛割れしてる。ちょっと哀しい。

こんな風に上から世間を見下ろしている。
a0101905_22201565.jpg


日中はここで寝て、目が覚めるとご飯とトイレ。で、また寝る。
腎不全は多飲多尿。
水を良く飲む。


そしてしたくなるとどこでもおトイレ(滝涙)。
アルの目が覚めたらすぐにトイレに連れて行かないと悲惨な事に。
まるでトイレトレーニングの最中の子供をかかえているみたい。
でも、出ないよりいいよねえ、と自分をなぐさめる。

なんかちょっと情けない事ばかりのようだけれど。



こんなに華麗なジャンプもできるよ。
これからも一緒に楽しくゆったりすごそうね。
by rikiaru | 2009-06-11 22:31 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)

元祖カンガルーにゃんこ

Wうざうざ?カンガルーにゃんこと今までに2回カンガルーにゃんこ記事を載せたが、その元祖はこちら。

a0101905_236557.jpg

歩(アル)です。

歩はとても甘えたなのだが、素直な甘えたではなく、
自分からはなかなか甘えたができない。
さらに神経質。
時々ちょっと不安定になる。

a0101905_2361525.jpg

こんな風にすると安心。

入ってるとさすが元祖、熟女の風格?
a0101905_2362754.jpg

臨月のお腹みたいだっ!誓って自腹ではないっ!たぶん!

気持ち良さそうでしょ?
a0101905_2363684.jpg

すみれ「アルおばちゃん、気持ちいいの?」

結構長時間はいったまんま。
a0101905_2364546.jpg

アル「おねえちゃまと呼ばないと返事はしません」

そんな歩お気に入りのカンガルーにゃんこだけれど
いい加減暑い。
また寒くなったらあっためてあげるね。

*****

最近はペット用スリング(抱っこひも?)っていうものもある。
これだと両手も使えるなぁ。
それに少し暑くなさそう。
ちょっといい値段なのだよね・・・。
by rikiaru | 2009-05-13 23:27 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)

犬猫物語 1 力(リキ)と歩(アル)

今日でブログ開設2年。
ここまで続いたのもここに来てくれる皆様のおかげ。
ありがとうございます。

ブログを始めた2年前は犬4匹+猫8匹=12匹&お星様組8匹だった。
それが今では犬2匹+猫18匹=20匹&お星様組10匹の大所帯に。
(2年前も十分大所帯だが)
もちろん最初からこんなわんにゃんまみれの生活を送っていた訳ではなく
最初は小さな白い犬1匹から始まったのだった。
ということで満開の桜とともに我が家の犬猫物語を。
文章ばかりで長いですがよかったらおつきあい下さい。

1990年1月
親類が子犬(マルチーズ、生後2ヶ月、オス)の新しい飼い主を探しているという。
事情があって飼い始めたばかりの子犬を手放すという。
できれば近しい人が飼ってくれれば、手放す悲しみも少し減るのでは、ということだった。
そういうことならば「うちで飼おう♪」とあっさり決定。
夫も私も犬は(猫も)飼った事がなかったのに、なんともいい加減なものである。

そんな我が家にその子犬はやってきた。
その子はあまりにも白くてちっちゃくて甘えっ子だった。
そしてその愛らしさには少し似合わない
「力(リキ)」という男らしい名前をもらっていた。
名前は変えてもいいと言われたけれど
せっかくつけてもらった名前、そのまま呼ぶ事にした。
それに私はその名前がとても気に入った。
洋犬の愛玩犬らしくないちょっと古い感じと
一文字の漢字というところが。
私の名前も漢字で一文字でちょっといかめしい漢字なのだ。
これ以降、我が家のペットは漢字一文字で、という決まりに従い、名付けられる事になる。
(もちろんこの時は力(リキ)以外のペットを飼うつもりはなかった)

この後5年間はリキ1匹だけの普通で平和なペットライフを送るのだった。

1995年6月8日
息子(現お世話係)と散歩にでて子猫を見つけた。
車の下でみゃーみゃーと鳴いている。
普段は野良猫に食べ物をあげたりしないのだが
たまたまお昼ご飯用のパンを持っていた。
あまりに激しく鳴くのでパンをちぎってあげたら近寄って来た。
その時、子猫の後ろ足が2本とも動いていないのに気付いた。
前足2本ではって歩いていた。
そのままにはしておけず(すぐにも梅雨入りしそうだったし)保護。
病院に相談、さらに猫の飼い方もわからないため預かってもらう。
先生曰く「後ろ足の麻痺の理由はすぐにはわからない。
     腰の怪我などで手術の場合、手術代はかなり高額になる。
     脊髄の損傷などの場合、下半身麻痺で排尿のケアが一生必要。
     いずれにしても里親が見つかる可能性はかなり低いので
     貴方が飼うか、安楽死という選択になるだろう。」
あー、可哀想なだけでは命は救えないのだ、と痛感。
いくつかつてをたどって里親をお願いしてみたがやはり全滅。
1週間考えた後、我が家で引き取ることに。

名前は歩(アル)にした。もちろんいつか歩けるように。
動物病院に引き取りにいくと、子猫は足が動くようになっていた。
かなり普通に歩けるようになっていたのだ。
先生が毎日低周波治療やマッサージをしてくれたおかげで足の麻痺がほぼとれていた。
排尿にも問題なく、普通の生活が送れるだろうと。
ああ、先生、ありがとう。
さらに1週間も預けて治療もしてもらったのに、治療費をかなり割り引いていただいて・・・
だけど、うちが引き取らないといったら先生はどうするつもりだったのかな。

ということで歩ける様になった子猫は歩(アル)としてうちの子になったのだった。

まだ、最初の2匹だ。この後、また続きます。

後ろ姿だけれどアルとリキ
a0101905_18322918.jpg


「犬猫物語 2 凛(リン)」へ続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

by rikiaru | 2009-04-03 18:32 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(12)

定員オーバー

最近はニュースを見ても不況の話ばかり。
不動産景気が悪いらしく
街を歩いていても、テナント募集や入居者募集の看板が目につく。

けれどここに常に満室の好物件が!
メゾンばあや&じいや。
今時珍しい3食まかないつき。

3階と2階が居室。
a0101905_18443130.jpg

満室でございます。


こちらが建物の全体の様子。1階はトイレとお食事。
a0101905_18444843.jpg

あら、1階にだれかいる。


こちらが3階のお客様。
a0101905_18451766.jpg

けっこう快適だよ。ちょっとせまいけど。


そしてこちら2階のお客様。
a0101905_18452851.jpg

こっちもなかなかいいよ。


1階は入居者はいないはずなのに・・・。
a0101905_18454161.jpg

俺、メシ食ってんの。ここのはジューシーだからいいね。


こちらのお食事はカリカリヤング(古!)タイプですからね。



a0101905_18465594.jpg

おばちゃん、定員オーバーじゃない?


こんなに人気の物件なら、
オーナーのばあやとしてはもう1棟増やしたらにゃんこは喜ぶかな、と思うけど
そうするとここもにゃんこ部屋になっちゃうし。
物件は増やさない!と固く心に誓わないとね。
by rikiaru | 2009-02-04 21:27 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)

アンチエイジング

子猫の朝ご飯風景。
なんか1匹多い・・・。歩?


a0101905_23181970.jpg

「若い子とご飯を食べるといいわね〜♪若返るわ〜♪」


え〜!?そういうことなの?
a0101905_232040100.jpg

「横顔にも自信あります」


ご飯のあとはお昼寝。
やっぱり美容には睡眠が一番。
a0101905_23244632.jpg

「このクッションで寝れば若い子のエキスが私に・・・。ククク。」


そんな「黒衣の伯爵夫人」(「ベルサイユのバラ」)の「モンテクレール伯爵夫人」みたいなことを。


そして夜には、
a0101905_23322457.jpg

「美の為のサプリメント♪」


ちがうよ。それはネフガードとパセドシン。
それから、
a0101905_233464.jpg

「特別にあつらえさせた美容液注入♪」


それはね、脱水しやすいあなたの為の皮下輸液。
毎晩じいやとばあや2人がかり。

毎日、あなたの為につくしてるからね。いつまでもピチピチでね。


a0101905_23415790.jpg

「しっかりつくすように!」
by rikiaru | 2009-01-24 23:42 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)



お星様24匹+現役31匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
検索
ブログジャンル
画像一覧