人気ブログランキング |

りきの毎日

タグ:東北 ( 25 ) タグの人気記事

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その8

<昨日の続き>

陸奥湊の朝市でご飯を食べて、
蕪島にいってウミネコとたわむれて
八戸にTさんを迎えに行って
奥入瀬を走り抜けて

今日の目的地。
緑がわさわさの素敵な場所。
Tさんに便乗して来てしまった。
a0101905_2221424.jpg


写真ではわかりにくいけどばっさばさの雨。
八戸では晴れてたのに。
傘にかっぱに折りたたみ携帯長靴(by日本野鳥の会)
a0101905_2222994.jpg

それでも草むらを歩き回るもんだからもうびしゃびしゃ。

でも、楽しかった。
雨の中って緑がきれいだからね。
a0101905_2223651.jpg


2時間半以上も雨の中を歩き回り、撮影しまくり
やはりわざわざ雨の森と草むらを身にやってきたKさんにTさんを託して
(ひとりだったら熊の昼ご飯になってしまうかもしれないもんね)
この素敵な森にさよなら。

時刻は13時半。
今まで平気だったのに集中が途切れた。
お腹がすいた。
ジーンズが濡れてるのが気持ち悪い。

十和田湖畔まで車を走らせて遅いお昼ご飯。

じゃーん、十和田バラ焼き&ヒメマスのお刺身。
a0101905_2224735.jpg


そしてじいやはきりたんぽ鍋。
a0101905_222557.jpg
そして忘れちゃ行けない奥入瀬ビール。運転手のじいやは眺めるだけ。

動いた後はご飯がおいしい。あっという間にごちそうさま。
十和田湖は雨だし、そろそろ帰りの時間が気になる。
さあ、出発!
a0101905_223542.jpg


レンタカー返却の都合で二戸駅に向かう。
(同一県なら乗り捨てられる。盛岡で借りたので岩手県内で返却)
63kmの道のり。

風車がいっぱい。
a0101905_2231469.jpg

ここでビールを1本飲んで、お腹がいっぱいになって
濡れた服が乾いてきて・・・。
当然眠い。で、寝た。

じいやが頑張ったのでちゃんと着きました二戸駅。
レンタカーを返して16時半。
新幹線は16時55分。楽勝だったな。
a0101905_2232452.jpg


二戸からはやぶさにのったら
なんと盛岡駅で秋田新幹線スーパーこまちと接続だった♪
a0101905_223343.jpg


当然接続を見学。



あれ、この接続では車掌さん「やわやわ」って言わないのね。
ちょっとつまらん。

a0101905_2234610.jpg


当然お見送り。
(チケットの都合で盛岡駅で1時間待ち。)



かっこいいねえ。
だってデザインは「フェラーリ・エンツォフェラーリ」をデザインした奥山清行氏だもんね。

盛岡駅で1時間ほどうろうろした後
(冷麺食べようと思ったけれどお昼ご飯が遅くてお腹がすいてなかった)
再びはやぶさに乗車。

ここんところお天気には恵まれてきたけれど
今回は雨ばっかりだった。残念。
帰りになって日が射してきたよ。
a0101905_2235236.jpg
明日はきっと天気ね。

グルメも物欲も観光もドライブもなんでも有りでもりだくさんだった。
楽しかったなあ。

ということで一泊二日なのに長過ぎる旅行記は終わり。
おつきあいいただきありがとうございました。

*おまけ 回し者ではないけれど日本野鳥の会の長靴の口コミはこちら
野外フェスなんかでも人気らしい。

盛り沢山なのになんか物足りないと思ったら
新幹線に飛び乗るシーンがないじゃないの!
と思ったらぽちぽちっとな♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


やっぱり旅にはスリルが必要ってこと?
by rikiaru | 2013-07-24 23:30 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その7

<昨日の続き>

昨日は朝ご飯を食べた後、八戸駅に向かったと書いたが
実はその前に立ち寄ったところがある。

陸奥湊から海岸に向かって向かい少しだけ南下。
鮫漁港の脇を通過。
a0101905_2312583.jpg




ウミネコがてんこもりだ。
だって鮫漁港のすぐそばには
a0101905_2313641.jpg

蕪島があるのだ。

20年ほど前に立ち寄って以来。
もう一度来たかったんだよね。

蕪島は国指定の天然記念物でウミネコの繁殖地である。
人のそばで繁殖するのは珍しいそうだ。
ちなみに蕪島神社にまつられている弁財天の使いなんだと。

手書きのウミネコ情報。
蕪島にはウミネコ監視員さんたちが常駐してウミネコを守っている。
a0101905_23131356.jpg

監視員さんが出勤してきたところに出会いいろいろ教えてもらった。

蕪島の頂上?を登って見下ろしたところ。
ウミネコだらけ。
a0101905_23132088.jpg

左側に見える大きな岩は七幅の岩。

繁殖期なので島にはひなヒナがいっぱい。
ちっちゃいのや
a0101905_23132959.jpg




中ぐらいの
a0101905_2313429.jpg

a0101905_23135062.jpg


巣立ち間近。
a0101905_2314046.jpg


この時期(7月初旬)にまだ小さい子は離島せず
蕪島で越冬するそうだ。
a0101905_23141191.jpg




a0101905_23142061.jpg


えさをねだるヒナ。双子ちゃん?


巣立ち間近かもね。

蕪島はとにかくウミネコだらけでいたるところにウミネコが並んでいる。



そのウミネコと鳴き声を競うおじさん。
a0101905_23144326.jpg


いやがられてますよ。
a0101905_23145265.jpg


蕪島の上は蕪島神社でその周囲がぐるりと回れる。
三回まわって参拝すると心身が清められて運がつくということで
必至に回るおじさんの図。
実際には運といっても別な「ウン」がつくわけですが。
a0101905_2315338.jpg


神社のお社だろうがどこだろうがかまわずウミネコ。
a0101905_23152492.jpg
a0101905_23153273.jpg
a0101905_23154497.jpg


フンだらけにされてもウミネコはえらいのだ。
a0101905_2316090.jpg


無事に「ウン」がついて蕪島を立ち去るおじさん。
a0101905_23161537.jpg
フンを落とされると「会運証明書」というのが発行してもらえるのだが、朝早くて神社がしまってた。残念。

たまたま出会ったウミネコ監視員のおじさん、
私が関東からの観光客と知ると震災のことをいろいろ教えてくれた。

震災当日、ここ蕪島も津波に襲われたそうだ。
監視員の仕事は4月からなので、おじさんはここにはいなかったそうだが
島の周囲の下の柵は軒並みこわれてしまった。
蕪島の駐車場がとてもきれいになっていたのだが
これも津波で壊れたからだそうだ。

a0101905_23162738.jpg


沖に見える堤防も半分以上破壊されたとか。
漁港も津波に襲われたけれど
コンクリート製の建物は無事だった。
しかし、中に入れている機械は海水につかり全滅状態。
被害も数十億規模らしい。
(人的被害は死者1名行方不明1名)

けれども県外のマスコミはほとんど報道してくれない。
もちろん岩手、宮城、福島の被害が甚大だったせいもあるが
取材しても絵にならないから。
ぱっとみたら被害が小さそうだものね?

でも実際には青森でも津波被害はあったし
南の茨城、千葉でも被害があった。
私の住んでいる地域の近くでは液状化現象があったのよ。
それに3月11日の翌日に起きた長野県栄村だっていまだに大変だしね。

とにかくいろいろいろいろ忘れては行けないんだよね。
a0101905_23164552.jpg
a0101905_23165759.jpg
a0101905_2317538.jpg


ちなみにウミネコは繁殖期ではなくてヒナもいなかったので無事だったって。
よかったね。

これからも蕪島に守られてウミネコが幸せに暮らせますように、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

久しぶりの土砂降り雷。ハナが怖がって可愛そうだった・・・。
by rikiaru | 2013-07-23 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その6

<昨日の続き>

明けて翌6日。
朝5時起床のつもりだったけれど、5時半起床。
着替えて顔洗って6時にホテルをチェックアウト。

外に出ると空が明るい。
今日は晴れ?
さすが日頃の行いがいいばあや。
a0101905_23123258.jpg


明るくなったらまた見つけた。
八戸といえばウミネコ。
a0101905_23124110.jpg


七夕祭りも盛大なんだね。
知らなかった。
a0101905_23125072.jpg
今年は7月19日〜7月22日。ちょうど終わっちゃった。

さて早起きして向かったのはこちら。
陸奥湊の朝市。
a0101905_2313884.jpg


各地で開かれる朝市は八戸名物。
そしてそこで食べられる海鮮も名物。
今回の朝食はそれにしようと頑張って早起きした次第。

朝市は観光客もスーパーやお店のバイヤーも来る。
こんな風にトロ箱がいっぱいのところは卸専門らしい。
a0101905_23131629.jpg


朝市の朝ご飯と言えば「かって丼」
ご飯を買って、お刺身をいろいろ買って
かってに乗っけて食べるのがかって丼。

しかし時間がない私たち。
市場でお刺身を選んでたらきっとテンションあがってしまって時間切れ。
もう少し簡単に食べたいな。

ということでこちらのお店、調べておきました。
陸奥湊駅前、みなと食堂。
a0101905_23132736.jpg


うふふ、朝ご飯♪
a0101905_23133682.jpg

ヒラメの漬け丼、生ウニ丼、せんべい汁。
ヒラメ漬け丼にはエンガワまで入ってるのよ、おほほ。

味はね、もう笑うしかない。
なんせ隣が市場だから、新鮮そのもの。
おいしい!

と泣きながら食べながらももう一つ気になって仕方がない。
昔東北旅行したときに食べ損なったんだよねえ。
ここで食べずにいつ食べる?

ということで頼んでしまった、いちご煮。
a0101905_23134481.jpg

あわびとウニの入ったお吸い物。
もうおいしくないわけがないです。

さて、おいしい朝ご飯の後は八戸駅に向かう。
ここで東京から来るTさんと待ち合わせしてるのだ。

八戸って町の中心部にあるのは「本八戸駅」で
新幹線がメインの駅は八戸駅なのね。
初めて知った。

八戸駅も「あまちゃん」。
盛岡駅より力が入っている気がする。
久慈にいくなら八戸からだもんね。
盛岡が海沿いではなく内陸、ということもあるかな。
a0101905_2314060.jpg
a0101905_2314928.jpg
a0101905_23141924.jpg
a0101905_23143025.jpg


Tさんと一緒に十和田湖方面へ。
雲は多いけど晴れてるよ。
a0101905_23144299.jpg


奥入瀬に入ると緑が濃い。
a0101905_23145658.jpg


前日の雨で水量が多いなあ。水も濁ってるし。
a0101905_2315197.jpg


緑の中をずんずんずんずん。
a0101905_23152679.jpg


朝からおいしいものたくさん食べて身体も動かさずドライブしてるなんて太るよ、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

今回の選挙結果を受けて、まずやれることからやろう!ということで喜んでる誰かさんが載ってる新聞1面、猫のトイレにしてやった。ということでこれからのことを思案しつつ、Kちゃんお誕生日おめでとう♪
by rikiaru | 2013-07-22 23:55 | おでかけ | Trackback | Comments(10)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その5

<昨日の続き>

土砂降りの雨の中、
腹ぺこのお腹を抱えて八戸の宿に向かっている最中に
猛烈に肩と頭が痛くなってきた。
げげ、こんな時に。

ばあやは肩こり持ちの頭痛持ち。
一度痛みだすとかなり辛い。
愛用の湿布薬、持ってくるのを忘れた。
お腹がすいたけど、さきにドラッグストアに寄らなくては。

と思ったが、地方では首都圏と同じようには買い物できない。
現在すでに8時すぎ。
八戸の幹線道路沿いにいくつかお店はあるけれど
ドラッグストアは見つからない。
普通の薬局はとっくにしまってるだろうし。
ううっ、肩がきしむ。

結局自力で見つけられずに
今夜の宿(八戸ワシントンホテル)のフロントのお兄さんに聞いたのでした。
(もちろん親切に教えてくれました。)
せっかくの旅行中に湿布を買って、
こっそり肩貼って夕ご飯を食べにいく28才乙女ってどうよ。

途中見かけた古い建物。
「山勝商店」というらしい。
こんな立派な建物があるということは八戸もずいぶん栄えたんだろう。
a0101905_23127.jpg


見つけた飲み屋さん、いくつか。
a0101905_2311648.jpg
a0101905_2312433.jpg


ここは地元で有名な居酒屋らしい。
入ってみたかったけれど、ちょっと勇気がなかった。
a0101905_2313284.jpg


八戸には横丁が八つもある。
昭和20年代からあるレトロな横丁から最近できた新しいものまで。
こちらみろく横丁は東北新幹線八戸駅開業をきっかけにできた
新しい横丁。
去年の夏に八戸に旅行したお世話係にすすめられた。
a0101905_231415.jpg


いろいろ迷ってサバ料理のお店に。

20時50分。ようやく夕ご飯。
まずは突き出し。
a0101905_2324879.jpg


八戸といえばせんべい汁。ただしサバだし。
a0101905_2325728.jpg


もうお腹がすいてるのよ、なんでももってきて〜状態。
a0101905_233630.jpg
サバ漬け丼、八戸ばくだん丼、サラダ、冷や奴、南部美人の梅酒。

あ、写ってない。

サバの串焼き。
a0101905_2331573.jpg


30分後。
a0101905_2332450.jpg

お店の人にきれいに食べたとほめられた。
(ひそかにちょっと注文が多すぎると思ってたらしい)

満足したウニのせ海女さん。
a0101905_2333311.jpg


「サバの駅」さん、ごちそうさまでした。
a0101905_2334330.jpg


よくわからないけど可愛かったから。
たぶん青森の私鉄の萌えキャラちゃんかな。
a0101905_2335367.jpg


食べ終わって外に出たら運転代行の車がずらり。
八戸の人、飲みそうだもんね。
飲み屋さんはどこもおいしそうで繁盛してた。
a0101905_23418.jpg


ホテルまでの帰り道で見つけたいろいろ。
a0101905_234950.jpg
a0101905_2341937.jpg
a0101905_2342845.jpg
a0101905_2343526.jpg


本当はお風呂屋さんに行く予定だったのに
(八戸にはよさそうな銭湯がたくさんあるんだよ)
時間がなくてあきらめた。
だって、明日は早起きだよ。

八戸の飲み屋しか写ってないじゃん、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

今日の選挙。やっぱりそうなのか、という感じ。わかっていたけどがっかり。でも部分的に希望もある。まだまだ戦いはこれから。こんなときこそ「あきらめはおろか者の結論だ」 という言葉を胸に刻まねば。
by rikiaru | 2013-07-21 23:46 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その4

<昨日の続き>

時間がないにもかかわらず、雨の中突っ走ってやってきたのはここ。
JR東日本久慈駅。
a0101905_22494541.jpg


&三陸鉄道久慈駅。
a0101905_22495910.jpg


NHK朝ドラ「あまちゃん」のロケ地、である。
朝ドラはめったに見ないけれど、
今期は28才ロック系サブカル好き舞台好き乙女のツボにはまりまくり。
大変楽しみに見てるんである。
せっかく北東北に行くならドラマの舞台になってる久慈に行ってみたかったのよ。

「あまちゃん」を見てない人には「へ?」というところもあるけど見てね。

三陸鉄道久慈駅待合室。
控えめにドラマの宣伝。
a0101905_22501476.jpg


ドラマでは観光協会が入居しているビル。
かなり歴史を感じるビル。
a0101905_22502215.jpg


駅には電車を待つ高校生がちらほら。
数少ないポスターやのぼりがなければのどかな田舎の駅。
なんか自分の高校時代を思い出す(ほんの十数年前だわ)。

駅周りを見学したあとは海沿いを走る。
a0101905_2250481.jpg


リアス式海岸で複雑な海岸線が美しい。
道路は車2台がぎりぎり離合できるぐらいの細い道。
a0101905_22505854.jpg


道路途中あちこちにある案内表示。
新しいので震災後にたてられたものだと思う。
a0101905_2251134.jpg


久慈駅から車で15分ほど走ったら見えてきた。
a0101905_22513036.jpg


あの灯台だよ。
a0101905_22514073.jpg
ドラマを見てない人ごめんなさい。

ウミネコがのんびり休憩中。
a0101905_225259100.jpg


ここ小袖漁港もドラマのロケ地である。
現在、土日はマイカー規制がかかるほど混むそうだ。
しかし、この日は金曜日、雨、さらに夕方6時半すぎということで
誰もいない。

当然観光客相手のお店も閉店である。
a0101905_2253116.jpg
ゆでだこ(泣)

こちらは海女小屋。
a0101905_22532187.jpg
うに(泣)

アキちゃん(ドラマのヒロイン)が潜る練習をしたところ。
a0101905_22533572.jpg

海きれいだ。
ここの海の底にはウニが山ほど・・・(よだれ)。

素潜りで伝統的に海女漁をしているのは日本と韓国だけだそうで。
a0101905_22535763.jpg


ドラマロケの様子を撮影した写真の下に津波襲来時の避難マップがある。
ここも被災地なんだよね。
a0101905_22541098.jpg


山に貼り付くようにある漁港。
穏やかな海だけど津波が来たらどこに逃げればいいんだろう。
[#IMAGmE|a0101905_22543691.jpg|201307/20/05/|mid|500|332#]

漁港から集落に向かう坂道を少しのぼってみる。
手前左側の石垣の上は更地。
津波がここまできてる。
a0101905_225506.jpg
青と白のシマシマは海女カフェ。

↑の写真でじいやの右奥に見える赤い壁の家。
近づいて見ると矢印の位置に跡がある。
津波はここまできて止まったんだな。
a0101905_22551077.jpg

a0101905_22552318.jpg


ドラマのロケ地というだけでなく
北東北まで来たからには沿岸部を見ておきたかった。
報道されるのはどうしても被害がより大きかったところになる。
けれど今回の地震では本当に広い範囲で被害があったのだ。
忘れないようにしなければ。

雨が強まって時間も7時にせまったので
小袖漁港を出発。
八戸まで70km近くあるのよ。

海沿いの国道45号線を北上。
雨、土砂降り。

途中、何度もこんな標識を見た。
もしも夜の雨の中、津波が来たらどうしたらいいのか。
せめて危機意識だけは持っておかなくては。
a0101905_225639100.jpg


しかしこの時点では私の腹ぺこなお腹が危険状態。
果たして八戸には何時に着くのか・・・。

あら、まだ一日目が終わらないわっ、と思ったらぽちぽちっとな♪

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

明日は選挙。
by rikiaru | 2013-07-20 23:55 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その3

<昨日の続き>

盛岡城跡公園を後にして一目散に向かった場所はここ。
a0101905_23165624.jpg

銀河鉄道ステーション。
ここから銀河鉄道に乗ってカムパネルラに会いに行くの。

・・・。

間違った。
メーテルに会って機械の身体をもらって
にゃんこを300匹ぐらい面倒見てもへこたれないようにしてもらうんだった。
でもひーちゃんに「アレ」をひっかけられたら錆びちゃうな。
防さび加工をしっかりしなくっちゃ。

閑話休題。

ここは盛岡市材木町。
↑の写真は駐車場のタワー。
柄は銀河鉄道と宮沢賢治です。

なんで宮沢賢治かというと
こちら「光原社」があるから。
a0101905_2317457.jpg

こちら「光原社」は宮沢賢治の生前唯一の童話集
(注文の多い料理店)を発刊した出版社。
「光原社」の名前も宮沢賢治が命名。
現在は出版の仕事から美しい手仕事、民芸などを紹介し販売するお店へ。
もう魅力的なものがたくさんあるところなのだ。

こちら材木町には5店舗があって佇まいもいい感じ。
a0101905_23173541.jpg


可否館はレトロ感漂う喫茶店。
a0101905_2318214.jpg


時間がないのに素通りできない。
a0101905_23175710.jpg
あまさんじいや、ウニを食べるの図。嘘、本当はくるみクッキー食べてるの図。

お土産に人気のくるみクッキー、持ち帰り分は売り切れていたけれど
こちらでいただけました。
さくさくおいしい♪

そのクルミクッキーがのっていたお皿が欲しかった。
メキシコのものだそうでもちろん売ってはくれませんでした。
a0101905_2318458.jpg


お店で頑張ってたレトロ扇風機(お店の方に許可をとって撮影してます)
a0101905_23183046.jpg

そして後ろに並ぶ美しく危険な品々。
油断したらあっという間にお財布が軽くなっちゃうよ。

後ろ髪を引かれる思いで光原社を後にする。
今夜の宿は八戸。
盛岡から八戸までは130km。
本当は3時には出発予定だったのにもう4時すぎ。
おまけに雨がすごい。
a0101905_2322116.jpg


そしてナビは相変わらずのほぼ1本道。
a0101905_23221748.jpg


ナビの時計はもう5時6分。
それにナビに出ている住所久慈市山形町戸呂町って全然八戸に向かってないけど。
さて、いったいどこにいくんでしょう?

このひとたち時間がないのに寄り道しようとして懲りない奴ら、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

うちで食べている牛肉は久慈市山形町のいわて単角牛。
by rikiaru | 2013-07-19 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(5)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その2

<昨日の続き>

お腹がいっぱいになったらほんのちょっとだけ付近を散策。

以前から見たいと思っていた石割桜。
樹齢360年。
a0101905_2241077.jpg

いつか花が咲いているときに見てみたい。

盛岡都心循環バス「でんでんむし号」。
a0101905_2241871.jpg

なんと1乗車100円。
これに乗って盛岡市内を探検すると便利なんだって。

岩手県公会堂。
1927年開館。国の登録有形文化財。
日比谷公会堂や大隈講堂を設計した佐藤功一氏。
a0101905_2244246.jpg
a0101905_2245060.jpg


アールデコの香り。
a0101905_2245781.jpg
a0101905_22568.jpg


その公会堂がある県庁前の通り。
トチノキの街路樹。
a0101905_2252664.jpg

a0101905_2251661.jpg

岩手県か盛岡市の木なのかと思ったらそうでもないらしい。
でも見事な街路樹。

再び「白龍」の店の近くに戻ってきた。
ここは神社の参道なのだ。
a0101905_2253453.jpg
矢印部分が白龍。

a0101905_2254355.jpg


参道にあった素敵なお店。
ステンドグラス屋さん?
a0101905_2255235.jpg


そして参道の先にあるのが桜山神社。
南部藩の藩主の方々が祀ってあるそうな。
a0101905_226013.jpg

その土地にいったらなるべくそこの神様にお参りする。
無宗教だけど有神論なばあや。

その南部藩藩主のゆるキャラ?「なんぶくん」
お殿様もゆるキャラになる時代。
a0101905_22685.jpg


ここを登って行けば盛岡城跡公園。
桜山神社はこの公園のはしっこにあるのだ。
a0101905_2261641.jpg


左は公園のお堀(?)。右は盛岡市の商店街。
落ち着いたいい街並み。
a0101905_2262579.jpg


ということでざっと盛岡のご紹介。
地方の城下町って好きさ。

あらあら、ずいぶん穏やかな普通の旅行記じゃないの、と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


これひどい。いったいどういう世の中を作る気なのだ、彼らは。
by rikiaru | 2013-07-18 23:50 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

じぇじぇじぇ♪北東北旅行は盛り沢山 その1

7月5日、6日、スミレちゃんをほっといて出かけてた。

行き先はここ。
a0101905_222229.jpg
「いわてぬまくない」って音が面白い。

小岩井農場は行ったことがあるけれど、盛岡は初めて。
んふふ、楽しみ。

朝ドラ「あまちゃん」でどんなに盛り上がっているかと思ったけれど
以外に地味ね、盛岡駅。
a0101905_2223040.jpg
今回のじいやは「海女さん」で。

盛岡駅近くのイオンモールグランドオープンの看板の方がずっと大きかった。
地元の人にはその方が大事かもね。

岩手といえばわんこそば。
岩手国体のマスコットキャラクター「わんこきょうだい」
先頭にいるのは「そばっち」。
a0101905_222384.jpg


*なんと「わんこきょうだい」のうたがある。
 なかなかノリのいいうただわ。
 「わんこきょうだいのうた」はこちら

さて、今回の最初の目的はここ。
a0101905_2224827.jpg

岩手県立美術館。
こちらに「若冲が来てくれました」展を見に来たのだ。

この美術展は、プライスコレクションの持ち主であるプライス夫妻が
震災で傷ついた人々、特に子供達を少しでも力づけられればと企画されたもの。
以前、上野と名古屋でプライスコレクションを見たけれど
もう1回見られるのならばぜひに、と出かけた次第。
仙台、盛岡と巡回してこの後は福島で展示される。
美術展の情報はこちら

美術館の中は光があふれて気持ちのいい空間。
外から見たらあっさりだったけど素敵な建物なのね。
a0101905_2225694.jpg


プライスコレクションは以前に見て印象深かったものが
再びいくつも見られて感激した。
特に屏風類のいくつかはブライスご夫妻のご好意でガラスなし!
間になにも隔てるものがなく、
すぐそこに伊藤若冲や長沢芦雪や鈴木其一がある贅沢。
来てよかった。
会場には老若男女、子供たちもたくさんきていて熱心に鑑賞してた。

こちらの美術館には岩手出身の作家の所蔵作品がたくさん。
萬鐵五郎、松本竣介、舟越保武などたくさんあって見応えあり。

美術館でゆっくりのんびりしたかったけれど
ばあやの旅行には「のんびり」の4文字ない。
次の目的地に向かってGO!

レンタカーで駅の反対側へ。
横を流れるのはたぶん雫石川。
冬には白鳥が飛来するそうだ。
a0101905_223873.jpg


国の重要文化財、岩手銀行旧本店本館。
現在も中ノ橋支店として現役。
a0101905_2231732.jpg

ゆっくりみたいけれど、車の中から「あ〜素敵だ〜。」と叫ぶのみ。

そんなにいそいでいった先はこのお店。
盛岡名物「じゃじゃ麺」の有名店「白龍(ぱいろん)」。
a0101905_2232876.jpg


撮影する前に混ぜちゃった。
本当は肉みそが上にきちんとのってたんだよ〜。
a0101905_2233555.jpg


麺をあらかた食べ終わったら、
机の上の生卵を皿に割り入れて、
お店の人にスープをそそいでもらって「ちーたんたん」にする。
a0101905_2234822.jpg
要するに玉子スープだと思う。

じゃじゃ麺(中)500円+ちーたんたん50円×2=1100円。
なんてリーズナブル。
麺がもちもちしているのでこれでお腹いっぱいよ。

お店をでたらにゃんこ。
a0101905_2235542.jpg


なかなかの美人さん。
a0101905_22413.jpg


猫バカの撮影にもつき合ってくれたいい子。
でも最後に近づいたら「いい加減にしろっ」ておこられた。
へへ、すまん。

三毛にゃんに会えたなんてなかなか幸先いい感じ♪

とここまでで力尽きた。
明日に続く。

一日目のお昼で終わりなんて今回の旅行記は何日続くの?と思ったらぽちぽちっとな♪


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

盛岡冷麺も食べたかったのに・・・。
by rikiaru | 2013-07-17 23:50 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

やっぱり行ってみないとね 宮城1泊2日の旅 その5

<昨日の続き>

ちょっと見にくいけれど今回の旅の地図。
a0101905_10592687.jpg

レ点は蕪栗沼の場所。
ピンクの点は南三陸中心部。
これから国道398号線を海沿いに南へ下る。

海沿いの道は穏やかで気持ちよかったが
突然被災した学校が。
a0101905_23255518.jpg

手を合わせた後、撮影させていただく。
学校名を示すものがなかったが調べた所石巻市立相川小学校のようだ。
後ろの山を見ると校舎の3階部分まで津波がきたことが想像される。
今月末で閉校とのこと。
やはり震災によるものなのだろう。

追波湾(だと思う)。
a0101905_23311241.jpg
a0101905_23325932.jpg


新北上大橋(上地図の黄緑の点)。
a0101905_2333779.jpg

下を流れるのは北上川。
河口からは5km。
この北上川を津波は15kmさかのぼった。
このすぐ上流に大川小学校がある。

石巻市立雄勝小学校。
a0101905_23331659.jpg


同じく雄勝中学校。
a0101905_23332512.jpg


確かに海沿いなのだが入り組んだ湾の奥にある学校で
津波が襲うとは想像できない。

雄勝の復興商店街。
a0101905_23333354.jpg

時間がなくて寄れなかったが
鮮魚店、食堂、寿司屋などがあるらしい。

その近くには被災した建物がそのままmに。
a0101905_23334270.jpg


女川町に入ると建物の被害がいっそうひどく思えた。
横転しているコンクリート製の建物。
a0101905_233484.jpg

a0101905_23342042.jpg


この向こうには女川原子力発電所がある。
(上の地図の青い点)
そこから来るたくさんの高圧線。
a0101905_23343057.jpg

そしてすぐ近くには猫の島「田代島」。
(地図の肉球印)
もしも原発事故があっても猫達は避難させてはもらえないだろう。

石巻市内に入る。
海に近いところ、ちょっと内陸というだけで被害の差がものすごい。

市内で見つけた津波の印。
a0101905_23344041.jpg

歩道橋の階段の一番上近くにあった。
何mぐらいなのだろう。

石巻といえば石ノ森萬画館。
こちらも建物1階天井近くまで浸水。
チリ地震津波の教訓により2、3階で原画の展示保存を行っていたので
それらの被害は免れた。
a0101905_23345075.jpg
a0101905_2335088.jpg

津波の被害をうけたあと一度再オープンしたが
現在リニューアル工事中(3月23日オープン予定)
見学できなくて残念。

石巻で焼きそばが食べたかったけれど
石巻やきそば、いわゆる地元B級グルメ)
例によって時間がない。
この時点で13時半。
新幹線は16時44分。
とりあえず仙台駅到着目標時刻16時。

国道45号線を仙台に向かって走る。

東松島市には航空自衛隊松島基地がある。
その象徴ブルーインパルス。
a0101905_23353077.jpg

松島基地も壊滅的な被害を受けた。
震災から2年経ち、ブルーインパルスが3月31日に松島基地に帰還する予定となっている。

45号線は途中から内陸に向かってしまうので
松島に向かうために吉田川沿いに海に向かう。

芦が広がる川岸。
とても気持ちがいいところなのに
ここも津波につかったのだろうか、と思う。
a0101905_23353985.jpg


途中現れた仙石線野蒜駅。
a0101905_23365033.jpg

a0101905_23362688.jpg
a0101905_23363676.jpg


a0101905_233725.jpg


なつかしい本当の木の枕木だったが線路とともに砂に埋まっていた。
そして砂の中にはたくさんの貝殻とガラス破片。
野蒜駅は内陸部に移動して再開予定。

そして松島。
a0101905_233822.jpg

松島は津波の被害が「他と比べると」少なかったそうだ。
お店も営業していて人も多くてにぎやか。
時間がなかったけれど、私はどうしても「焼き牡蠣」が食べたかった。
せっかく冬の松島だもの。
しかし、牡蠣が好きじゃないじいやは乗り気ではない。
1軒目のお店は素通りされた。
それ以降のお店は車を止めて待つ場所がない。
車内険悪。
車は無情にも松島を通り抜けてしまった。

じいやここに至り、ようやく事の重大さを知る。
あせりまくるじいや。
しかし松島町となりの利府町で焼き牡蠣屋さん発見。

そのお店は並んでいた。
おまけに食べ放題の店。
時間がないばあやには無理。

どんよりとした空気の中16時10分、仙台駅到着。
じいや、最後の最後にレンタカー返却場所がわからなくなり
(↑地図もナビもダメな人)
またしてもばあやから冷たい視線を浴びまくる。

駅ビルで宮城の地酒を買い
(今回の旅にふさわしい「ふゆみずたんぼ一の蔵」と「大吟醸浦霞」)
さらに牡蠣の薫製を購入。

そしてやっぱり仙台駅にきたらあのあの立ち食い寿司を食べたいのだ。

新幹線発車まであと20分。
ここは大人になって止めとくべきか?
いやいやそんな人生つまらん(爆)

日本酒かかえて店までダッシュ。
運良くすぐに入店。
おすすめメニューを見て
「のどぐろ炙り、白子、南三陸リアス軍艦(あわびイクラうに)、カワハギ肝のせ、いわし」の一気食い。
よかった。
生きてて。お寿司食べられて。
ここでなんとなく焼き牡蠣の不満解消。

残り5分、ビール買ってじいやの駅弁買って新幹線ホームに駆け上がる。
わはは、今回は発車のベルが鳴る前に列車に乗れた。
(当たり前だってそんなこと)。
a0101905_23382257.jpg



その後、じいやったら「焼き牡蠣」の記事やらニュースやらが
目について耳について仕方がない。
これはまた行くしかないね、
そしてまた見て聞いて食べて感じてこよう!というところで
今回の長い長い旅の話はおしまい。
長々お読みいただいてありがとうございました。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

じいや、「焼きぐり」にまで反応してた。良心の呵責だな。

おまけ
by rikiaru | 2013-03-10 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

やっぱり行ってみないとね 宮城1泊2日の旅 その4

<昨日の続き>

今日も大量写真ですがじっくり見てください。m(_ _)m

マガンを見た後に待望の朝ご飯。うふふ笹カマ。
でも次が待ってるのでご飯のおかわりはガマン。
a0101905_2357155.jpg


今回泊まったのは小牛田(こごた)駅前の旭館。
これは大正時代(いや昭和の始めだったか)に作られたもの。
なんだかモダン。
a0101905_2357960.jpg


こちらは昭和5年創業。昭和27年に増築。
(年はちょっと間違ってるかも)
この素敵な玄関部分は昭和5年のまま。
a0101905_23571662.jpg


太平洋戦争も何回もの地震も耐え抜いた。
とはいっても壁や屋根は耐震補強をしているそうで
今回の東日本大震災では周りの建物は軒並み壊れたそうだ。
(この場所の震度は震度6強)

ばあやが古くてかっこいい建物にひどく喜んだので
他の部屋や女将さんの控えの部屋なども見せてもらっちゃった。
何年もの歴史をくぐり抜けた柱や床、
細工の細かい欄間など見所たくさんだった。

a0101905_23572250.jpg


小さな駅前旅館という風情だけれど
古い歴史のあるものが好きな人ならおすすめ。
女将さん、明るくて素敵な人だった。

旭館を後にして
小牛田を東に向かって1時間半ほど走る。

田舎の山の中ののんきなドライブだが
突然あらわな山肌が現れる。
a0101905_23573382.jpg


ここは南三陸町。
一定の高さから下の樹木がない。
ここまで津波が来たのか。
a0101905_23574328.jpg


さらに少し進むと目の前に海。
何もない。
遠くにコンクリート製の建物が傾いているのが見える。
a0101905_23575243.jpg


南三陸町の中心部と思われる方へ走る。
a0101905_2358198.jpg


中心部らしき所。
ある高さから下にはなにもない。
a0101905_23581327.jpg


左奥は建物の残骸の山のようだ。
a0101905_23582386.jpg


曲がった鉄骨が水の力のすごさを表している。
a0101905_2358334.jpg


地面にはまだ人々の生活の後が残っている。
a0101905_23584171.jpg


この場所は南三陸の被害の象徴のような場所。
果たしてそのような場所を部外者が訪れるのはどうなのか、と思ったが
(ボランティアをするわけでも、なんの手伝いをする訳でもないし)
地元のホテルが震災を風化させないためのガイドツアーを行っているのを知って
見て確認するのは被災地に失礼にあたらないのだ、と思った次第。
ガイドツアーについてはこちら
「南三陸ホテル観洋」「語り部バス」をご覧ください。

南三陸ではこちらも見たかった。
南三陸さんさん商店街
a0101905_2359290.jpg
工事現場動物シリーズ「イルカ」♪

観光客向けの食べる所やお土産物から
町の人のための雑貨やさん、クリーニングやさんなどいろいろある。
a0101905_23591760.jpg


これは「切子」というもの。
本来はお正月に神社からいただけるものらしい。
美しいね。
a0101905_23592855.jpg


さてさて、今回のお楽しみ「三陸キラキラ丼」
a0101905_23594263.jpg

なんでも南三陸では鮭がたくさんとれるのだそうで
いくらがもうきらきら。
去年、今年と震災の影響で鮭が減っているそうだ。

じいやは海鮮丼。
a0101905_23595459.jpg

あわびやらホタテやら海老やらそりゃあもう。

いくらの時期はもう終わったので今は「キラキラ春告げ丼」になっている。
内容はこちらのサイトでチェック→
めちゃめちゃおいしそうだ。

キラキラ丼は南三陸のいろんなお店で提供されてるのだが
今回いただいたお店はこちら。
a0101905_00614.jpg

どうもごちそうさまでした。

商店街にあるBRT(bus rapid transit)の駅
a0101905_002146.jpg

早く鉄道が再開されるといいのに。

南三陸町を出発。

ここは鉄道があったのか。
a0101905_003726.jpg


電信柱だけが目立つ。
a0101905_005184.jpg


道ばたに使えなくなった農耕機具や車がまとめられていた。
a0101905_01395.jpg


太平洋。きれい。
a0101905_011757.jpg


南三陸町の前の志津川湾。
こんなに静かなのに。
a0101905_012719.jpg


モアイ像を見つけた。
南三陸とモアイは縁が深いらしい。
a0101905_014841.jpg


山を走っているつもりなのに突然すぐそこに海。
突然海が見えたり
がれき置き場があったり
そして仮設住宅があったり。
これがリアス海岸。
震災当日はこの道にも海があがってきたのだろう。
a0101905_02626.jpg


きれいなままで何も被害のない建物があるかと思えば
少し低い所では完全に津波にのまれた建物。
ちょっとの高さの違いで天と地ほども違う。
a0101905_163030.jpg


海の美しさと被害の大きさとがどうしても噛み合なくて理解しきれないまま車を走らせた。

続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

岩合さんの世界ネコ歩き、見た?
by rikiaru | 2013-03-09 23:55 | おでかけ | Trackback(2) | Comments(6)



お星様24匹+現役31匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
検索
ブログジャンル
画像一覧