りきの毎日

タグ:斑 ( 16 ) タグの人気記事

強いもの、弱いもの

ちょっとブログを休んでしまった。
連休中にジャングルになった庭の手入れを頑張ったら
疲れてうたた寝。そして熱。さらに寝込む。
気は強いが身体の弱い私である(じいやがいつも泣きを見る)。

さて、ここから得た教訓。
*庭仕事はこまめに。
*うたた寝はしない。

そんな手弱女なわたくしにお見舞いのお花が届きましたわ。
a0101905_19264826.jpg


いえいえ、そんなわけはない。
これはパンに届いたお花。アメリカから届いたよ。
いつもありがとね。
いつものようにパンに見せた後はギャングにゃんずに襲われない様に玄関に。
百合の香りを私と華で楽しんでいる。

昨日の午後まで寝込んでいて、夜になってリビングに降りた。
といっても疲れるので座椅子でうとうと。
すかさずやってくるにゃんず。
a0101905_1927158.jpg


こんなだったら可愛いけれど。
そのうちこんなになってきて、
a0101905_19271136.jpg


こんなになり、
a0101905_19273292.jpg


こんなになっていってしまった。
a0101905_19274392.jpg


おかげさまでとても休まった(泣)。
でもにゃんずに愛されてるじゃないの、と思うでしょうが、それは違う。

私がいなくなると、すぐ占領される布団。
a0101905_19275320.jpg


布団LOVE♪
a0101905_1928279.jpg


という訳で今日当たりからそろそろと復活。
また、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

♪ありがとうございます♪
by rikiaru | 2009-09-25 19:55 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(8)

秋色の花束

秋が少しずつ深まって来た。
庭に、秋の花々が咲く。
a0101905_1946396.jpga0101905_19465176.jpga0101905_1947078.jpga0101905_19471288.jpg

















上段左からルリマツリ、キバナツリフネソウ、ヤブラン、白いアゲラタム

集めたら秋色の花束。
a0101905_19535687.jpg


マルチーズのパンが9月3日に亡くなった。
寝たきりになってから一度は起き上がれる様になったのだが(8月11日)、
その2週間後、8月25日に再び寝たきりとなった。

酸素室には入ってくれなかったので、チューブで高濃度の酸素を顔まわりに送る。
a0101905_2045876.jpg


寂しいと吠えて呼びつけられるので、ネットをするときもこんな感じで。
a0101905_2051588.jpg


寝たきりになってしまった以外は、元気でよく食べるし、ちゃんと眠る。
ばあやをあごで使うし、私はあまり心配していなかった。
もしかしたら、また立てるかもしれないし、立てなくてもこの調子なら元気よくやっていけるじゃないの、と。
私の外出がかなり制限されるけれど、じいややお世話係がいるときに息抜きすればいいのだし。

しかし、寝たきりになってから1週間たち、食欲が落ちてきた気がした。
立ち上がれなくても脚には反応があったのだが、その反応もにぶくなってきた。

9月2日、この日は朝から落ち着かないようで、しょっちゅう吠える。
マッサージをしたり、身体の向きを変えたりしてもだめ。
眠れないようだ。
昼ご飯をあげたら、とてもよく食べた。これでよく眠れるか。
と思っていたのだが、何かのスイッチが入ったように吠え続ける。
少しの間も止まない。息は大丈夫なのか?心配だ。
と同時に聞いてるのが辛い。
どうしたものか?
惚けの症状がでたのか、と病院に電話して吠えてる声を聞いてもらうが
惚けの吠え方とは違うという。
もう少し様子を見るしかない。
結局、夜中まで止まず。
これはとにかく付き合うしかない、と覚悟して休む。

吠え続けるパンをさすりながらうとうとする。
ずっと吠えていたら喉が渇いたろう、身体の向きも変えてあげようと抱き起こすと
おかしい。
身体がぐにゃぐにゃだ。
息の様子も変だ。慌てて寝かせる。
パンはもう、吠えてない。
大きな息がだんだん小さくなってそのうち静かになった。
9月3日2時2分。
a0101905_22836.jpg


パンを送り出すまではなるべく普段通り過ごす。
家事をして、わんにゃんの世話をする。
空いている時間でパンの旅立ちの準備。
毛をとかし、トリミングをして整える。爪や毛を少し切り取っておく。
絵を描いて、身体のサイズを計り、パンの姿を記憶する。

a0101905_22164959.jpg


翌日の金曜日。パンを送り出す日だ。
また同じ様に家事をすませる。
庭に出て、花を摘む。バラが咲いてないのが哀しい。
でも秋の花がいっぱいだね。

それからパンの為のごはん。
キャベツとささみと大好きなにゃんこの(!)カリカリと卵ボーロ。
a0101905_22182760.jpg


にゃんこたちが最後の挨拶。
a0101905_22171697.jpg
a0101905_22172791.jpg


わんこは華だけになった。
a0101905_22181569.jpg


パンはリキの家族の最後の子だった。
一匹になって寂しかっただろうに、頑張ったね。
向こうにいったらみんなによろしく伝えて。
そして必ず虹の橋のたもとで待ってるんだよ。
たくさんいるから先に行くね、とか言わない様にね。


a0101905_2218366.jpg



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

♪ありがとうございます♪
by rikiaru | 2009-09-18 22:48 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(11)

お盆休み

肺炎+四肢の麻痺が起こったパン。
おかげさまでそこそこ元気になった。

おやつを使って歩く練習。


こんなことはしなくても、朝晩のご飯の時間とお昼のおやつの時間には
動きだして私のまわりをうろうろとして
おいしいものの催促をする。

やっとこれで私も日常生活に戻れる。
屋久島旅行から3週間。怒濤だった。
とりあえず、お盆休み。
元気になったパンちゃん筆頭に19匹のわんにゃんと
きっとその辺に帰って来ている11匹のお星様組わんにゃんとともに
ゆったりまったりお盆休みなのだった。
by rikiaru | 2009-08-15 16:17 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(8)

さらに、休む間もなく

好酸球性肺炎の診断をうけたパン。
治療で回復に向かっていると思ってた矢先、再び倒れる。
8月3日の朝、自力で起き上がれない。
支えてあげても立っていられない。
四肢と首までも硬直。
とりあえず朝一番で病院へ。

血液検査の結果、白血球は減少している。
熱も下がっているので肺炎は快方に向かっているようだ。
しかし、血がどろどろ。
先生曰く、
血がひどく固まりやすくなっている。
四肢の硬直は血栓のせいかもしれない。
血栓を溶かす薬もあるが、それを使う事で別なリスクが高まるのであまりすすめない。
とのこと。
ただ、内蔵の状態を示す数値はどれもよく、内臓疾患はないようなのが幸い。

肺炎の治療との兼ね合いもあるので、あまりいろいろなことはしない方が、
ということになった。
血流が悪くなるので、マッサージと低周波治療器をすすめられる。

a0101905_22185754.jpg

パンおばちゃんどうしまちたか?

a0101905_2219752.jpg

なんで身体が動かないんだろう?

でも食欲はある。
かぼちゃを食べる。


ヨーグルトを食べる。



水分も飲める(飲んでいるのはイオン飲料)


酸素室の外に出す必要があるときは酸素マスク。
a0101905_22191884.jpg



低周波治療器で身体の循環をよくする。
a0101905_22193312.jpg



がんばれ。
a0101905_22194392.jpg

頑張ってみる。

しかし、それまで大人しく入っていてくれた酸素室を嫌がる様になってしまった。
すぐにひゅんひゅん鳴く。
私はずっと横で付き添ってなでなで。

空気の読めない猫2匹。
a0101905_22201138.jpg

僕も入りたいです。

いいの。君は入らなくて。

結局3日3晩ずっと付き添い。2時間おきぐらいに水を飲ませ身体の向きを変え
身体のマッサージ。
1日に3回ほど食事をさせて低周波治療。
パンが寝ている間に家事をざっとすませる。
夜も横に付き添っているのでうとうととしか眠れず。

ちょっとつらい。これでは私もひっくり返るよ。

いろいろ考えた結果、パンを酸素室から出す事にした。
その代わりに酸素のチューブを鼻の近くに置いておくことに。
(酸素マスクもいやがったので)
酸素室やマスクほどではないけれど、
少し濃いめの酸素が吸えるだけでもいいことにした。

a0101905_22202248.jpg

マイマイクみたい。

酸素室から出す事でパンも落ち着いた。
私も少しまとめて眠れる様になり、ほっと一息。
でも1時に寝て4時に起こされるのだけど。
合間をみて昼寝をして乗り切る。

数日して、マッサージをすると足に反応が見られる様に。
さらに、8月8日には食べ物を見て頭を自分でもちあげようとする。

8月10日には自分で上半身を持ち上げて起き上がる事ができた。
ためしに支えて立たせてみると数歩歩いた。

8月11日、午前中は頭を持ち上げるだけだったのが、午後には上半身を起こした。
夕方には立ち上がり、夜には歩き出した。
一週間以上出てなかったう◯ちも自力で出した。

あー、よかった。
なんだかわからないけど、麻痺はとれたらしい。
肺炎はまだ、治っていないのだから安心は出来ないのだけれど。
でも、自分で動けるパンはとても満足そうだ。
これから少しずつ普通の生活にもどっていこうね。
by rikiaru | 2009-08-13 22:56 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(7)

休む間もなく

屋久島から帰って間もなくアルが亡くなったのだけれど、
そのときに具合がよくなかったのはアルだけではなかった。
パンも私たちの旅行中に倒れたのだった(7月22日)。
そして屋久島から帰った次の日の朝(アルが亡くなる前日)
またしてもパン、倒れる。
四肢を硬直させて起き上がれない。
顔つきは悪くないのでひきつけや心臓ではないようだ。
しばらくして硬直はとれたのだけれど、病院へ連れて行く。
以前から咳が多くなっていたのも気になっていたし。
食欲大魔王なのに食欲もなく、熱もあるようだ。

血液検査の結果、白血球が多く、どこかで炎症を起こしている事。
レントゲンの結果、肺に白いもやのような影がある事。
が、わかる。
先生の見立てでは「好酸球性肺炎」の疑い。
原因はよくわからないらしいが、
「肺局所への好酸球浸潤のみられる疾患群の総称」だそうだ(わからん)。
ステロイドの投与でそこそこまでよくなるらしい。

四肢の硬直についてはすぐにはわからない、と言われた。
脳から来ているかも知れないが、調べるのはとても大変だし
わかってもどうすることもできないことも多い、と言われた。
とりあえず、今回は肺炎の治療のみ。

酸素室を再びレンタル。
実は先月返したばっかりなのになあ。
返すとこういうことになるんだよね。

酸素室にパンを入れて(嫌がらずに入ってくれた)
朝晩、ステロイドと抗生物質の投与、さらに皮下輸液。

数日立つと熱も下がり、食欲も少し戻って来て一安心。
足のもつれもあるけれど、倒れる事もないし・・・。

以下、続く。
by rikiaru | 2009-08-13 17:15 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(0)

ちびにゃん便り 23 犬ばあや 猫ばあや

我が家にはわんにゃん様につかえる人間のじいや、ばあや(+お世話係)がいるけれど
どうしても手が足りない。
手が足りない時に使うのは「猫の手」に決まっている。

というわけではないのだけれど、恵ちゃん、ちびにゃんばあやになった。

a0101905_0535299.jpg


ちびにゃんを熱心に毛づくろい。




あんなに熱心に前足をなめられても、ちびにゃん起きないんだ。かわいい。

そんなに忙しいなら私も、と思ったのかわんこのばあや再び登場。

a0101905_0562115.jpg

このおばちゃんはあたちたちとちょっと違うけど。

a0101905_0564672.jpg

でもやさしい人(?)みたいでち。

a0101905_0563478.jpg

うちの子たち(!?)になんか用?

証拠写真はないけど、ぺろぺろなめてあげてた。
やっぱり可愛いのかしら?
他のにゃんこが近づくとうなってたし。

こちらは白(パク)によりそう黒ちびにゃん(どっちかわからん)。
a0101905_057182.jpg


白はどちらかというと迷惑顔。黒ちびがくっつきたいだけみたい。
a0101905_0572871.jpg


ちびにゃんたら、人間のじいや、ばあやの顔は見ると逃げる(涙)のに
わんにゃんばあやは大好きなのね。
一緒にくっついてるのを見るのはうれしいけれど、なんか複雑。
by rikiaru | 2009-05-16 23:37 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)

ちびにゃん便り 5 ライバル登場!?

ちびにゃん生後17日。
今日もおに、いえ桜ちゃんの居ぬ間にちびにゃんとふれあい。

こたつハウスのカーテン(コタツ布団ともいう)を開けると
a0101905_17125450.jpg

ママ〜、誰か恐い人が来たよう〜。


なんだか目つきが疑いの目。
それに私がのぞくと奥の方へ逃げるのだ。
桜ちゃんが「信じちゃいけませんよ」と教育しているのだ、きっと。
でも、ばあや、負けない。



せっかくちびにゃんと遊ぼうと思ったのに
パンがちびにゃんに張り付いて離れない。





近づくにゃんずは吠えて撃退。

a0101905_17232683.jpg

ちびにゃんから離れない。


パンちゃん、ちびにゃん可愛いの?
わんこのばあや、登場!?
私のライバルは桜とパンなんだね。

ちょっと付録
ご近所に人気ブログ犬、富士丸くんがやってきたので見に行ってしまった。

a0101905_1745172.jpg


大きかったけれどけっこうスリム。カメラを向けられても周りが騒がしくてもどこ吹く風。
身も心も大物なのであった。



by rikiaru | 2009-03-17 17:28 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(0)

酸素室が好き その2

昨日の続き。

とうとう雷はパンちゃんと一緒に酸素室に入った。

a0101905_23262465.jpg


一緒ならふたをしめてもいいらしい。
by rikiaru | 2009-02-13 23:25 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)

酸素室が好き

しんちゃんやお嬢ちゃんがお世話になった酸素室
今は誰も使っていないのでリースを終了しようと思っていた。
が、パンちゃんの肺がちょっと機能が落ちている事がわかって
いまだにリース中。
といっても今は必要ないんだけれど、緊急時のために置いてある。
パンちゃんもいざという時のために、入る練習中。
朝ご飯はこの中で食べる。

a0101905_22391243.jpg

酸素室はあんまり好きじゃないです。


パンちゃんが酸素室に入ると何故か雷が寄ってくる。
入りたいらしい。

a0101905_22405921.jpg

いいなぁ。


パンちゃんが出るのと入れ替わりに中に入る雷。

a0101905_22424071.jpg

うほほーい!


a0101905_2242508.jpg

うひゃひゃー!


a0101905_2243124.jpg

よいです。


なにがいいのかな。
せまい感じがいいのか?
じゃあもっとせまくしてあげようと扉をしめた。

a0101905_2246389.jpg

出られないっ。


閉じ込められるのはいやらしい。
出してあげた。

相変わらず子猫みたい。
わけわかんないな、雷は。
by rikiaru | 2009-02-12 22:51 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)

チョコパイ

静かな昼下がり。
おやつにチョコパイを食べようと食卓の上に。
その時に玄関チャイムが。
宅配便だ。
玄関に出て荷物を受け取って。
あ、洗濯物の様子も見てこなくちゃ・・・。


なんだかんだと用事をすませて戻ったのは30分後。
最初は気がつかなかった。
さらに30分以上過ぎて。
「あ、チョコパイ食べよ。」
と食卓の上を見ると。

ない。姿形もない。
下を見る。落ちてない。
これは・・・!
わんにゃん部屋を慌ててのぞく。
そこには満足そうにチョコパイの袋を舐めるパンの姿が。
中身は何も残ってない!
あ〜、私のチョコパイ!
ではなくてわんこにチョコレートはダメなのだ。
中毒を起こしてしまう。
慌てて袋をとりあげるけれど本当にきれいになくなっていた。
あ〜。
ネットでチョコレート中毒を検索しつつ病院に電話。

食べてから時間が経っているのなら、
・今、けいれん、嘔吐などがなければ様子を見て。
・ネフガード、皮下輸液で代謝、排出を促す。

ということで、またまた皮下輸液。
(息子がいてよかった。←捕定係)

一応すまなそうな顔なのかな?
a0101905_1748338.jpg

反省して下さい。


毛が少ないので針が刺しやすいけれど、見てるとちょと恐い。
a0101905_17502451.jpg

     翼状針は刺しやすいけれど、針がぶっとい。


常にスタンバイしている輸液。
a0101905_17521042.jpg

     大黒柱に下がってるものとしてこれは正しいのか?


幸い中毒症状も出ず、元気に吠えるパン(携帯動画で画像がいまいちです)。



パンがチョコレートを食べてしまったのは実は2度目。
気をつけていたのに一瞬の気のゆるみでこんなことに。
もっと気を引き締めないと。わんにゃんの命はばあやにかかってるんだから。
by rikiaru | 2009-01-26 18:05 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)



お星様22匹+現役27匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(406)
(235)
(232)
(221)
(208)
(207)
(203)
(193)
(185)
(163)
(144)
(143)
(131)
(126)
(122)
(122)
(121)
(111)
(108)
(108)
検索
ブログジャンル
画像一覧