りきの毎日

カテゴリ:おでかけ(宇宙)( 171 )

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その23 ソユーズ踏切通過

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その23 2017年12月15日-4>  
 
夜明け前の大平原に浮かぶ月と木星。
a0101905_07271466.jpg
a0101905_07272392.jpg
 
射点の明かりしか見えない。
広い。
暗い。
a0101905_07273160.jpg
a0101905_07275594.jpg
 
踏切到着。
暗くてよくわからないけど人はすでに集まってる。
a0101905_07281837.jpg
a0101905_07282749.jpg
冬の夜明け前のせいか、夏より人が少ない。
観光客がほとんどいないみたい。
 
a0101905_07283943.jpg
a0101905_07284888.jpg
 
遠くにガガーリン射点。
a0101905_07285727.jpg
1番射点。ガガーリンもここから打ち上げられた。
 
寒い。
待つしかない。
a0101905_07290802.jpg
a0101905_07291710.jpg
a0101905_07292694.jpg
 
警備の人も寒そう。
a0101905_07294362.jpg
 
夏に見た警備のわんこ
(ソユーズ通過の前に、警備の人と線路を点検する)もまだ来ないし
バックアップクルーの人もいないし
ソユーズはいつ来るんだろう。
スイッチバックはあの辺りだったっけ?と遠くをみていたら
a0101905_07295467.jpg
 
目の前に、来た!
a0101905_07300202.jpg
a0101905_07301161.jpg
a0101905_07301917.jpg
a0101905_07302713.jpg
a0101905_07303792.jpg
a0101905_07304629.jpg
a0101905_07305463.jpg
a0101905_07311914.jpg
a0101905_07312675.jpg
a0101905_07313667.jpg
a0101905_07314719.jpg
a0101905_07315553.jpg
a0101905_07320642.jpg
a0101905_07321571.jpg
a0101905_07322737.jpg
a0101905_07323669.jpg
a0101905_07324434.jpg
 
組み立て棟を出発して踏切に来るまで早かったなあ。
寒いからわんこの点検もバックアップクルーの見学も省略?
しかし、朝焼けに吸い込まれるソユーズはなんてかっこいいんだ。 
 
無事に通過してここでの警察のお仕事終了。
お疲れ様です。
a0101905_07325251.jpg
 
あ、ガガーリン宇宙飛行士訓練センターのバスだ。
バックアップクルーの人来てたかも。
a0101905_07330506.jpg
 
バスに乗り込んでいよいよ射点に向かう。
朝焼けにパラボラのシルエット。
a0101905_07331329.jpg
 
ソユーズが射点に向かっているのが見える。
a0101905_07332203.jpg
a0101905_07333505.jpg
a0101905_07334938.jpg

 
バスも射点に近づいてきた。
a0101905_07335850.jpg
 
いつの間にかソユーズと並走。
a0101905_07342090.jpg
 
そろそろバスは射点に到着。
a0101905_07343017.jpg
 
ソユーズも到着。
a0101905_07345019.jpg
いよいよソユーズが射点に立つ。
 
 
 

 
171215
 
ふたご座流星群が14日の21時に極大
.
.









by rikiaru | 2018-12-13 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(1)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その22 トイレ休憩

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その22 2017年12月15日-3> 
 
ソユーズが組み立て棟から出発するのを見た後にトイレ休憩。
宇宙基地の中にあるホテルで借りる。
夏にはトイレ休憩はなかったけれど、冷えるもんね。
 
ЦЭНКИのホテル。
a0101905_00012228.jpg
ЦЭНКИというのは
CENTER FOR OPERATION OF SPACE GROUND BASED INFRASTRUCTURE
地上宇宙インフラ施設の運営センターだそうで。
私たちがバイコヌールで見学する時の窓口になってくれるところ。
そこが運営するホテルらしい。
 
入り口にロスコスモスのロゴマークがどーん。
a0101905_00013800.jpg
a0101905_00014704.jpg
 
もこもこした日本人がたくさん入ってきても微笑んでくれる受付のお姉さん。
a0101905_00015760.jpg
 
そしてその受付のクリスマス飾り、なんて可愛いんだろう。
a0101905_00021193.jpg
 
ロケットとバレリーナ。
a0101905_00023146.jpg
a0101905_00030218.jpg
a0101905_00031047.jpg
a0101905_00031954.jpg
なんの違和感もなくロケットとバレリーナが並ぶのがロシア。
 
ホテルなのでお土産も売っている。
上段の右側のカップ、去年買ったな。
a0101905_00033609.jpg
 
こちらは豪華な絵皿。
a0101905_00034503.jpg
 
宇宙飛行士のマトリョーシカだ。欲しい。
a0101905_00040554.jpg
 
あちこち眺めているうちに休憩時間終了。
外は-15度。
出たくない。
時刻は7時52分。まだ真っ暗だよ。
a0101905_00042492.jpg
 
ドアにもこんな可愛い飾り付け。
a0101905_00043724.jpg
このホテルは打ち上げ等の取材をするマスコミの人たちなどが泊まる。
基地の中に泊まれるなんていいなあ、と思うけれど
ほぼ宇宙基地に缶詰になって、なかなか街にも出られないので大変らしい。
  

a0101905_00045088.jpg
гостиницаホテル
 
すっきりしたところでバスに乗って出発。
a0101905_00045921.jpg
まだまだ寒さの中見学が続くのであった。
 
 

 
171215
 
ボイジャー2号が41年かかって太陽圏の外へ出た。
それもすごいけどいまだに通信できるのがすごい。
.
.









by rikiaru | 2018-12-12 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その21 ロールアウト! 

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その21 2017年12月15日-2>
 
6時50分、ソユーズロケット組み立て棟前到着。
a0101905_23143619.jpg
 
ここからソユーズロケットが14km離れた射点まで
横倒しのまま機関車に引かれて運ばれていく。
その出発をみんな待っている。
みんなもこもこしている。
寒い。
この日は最低気温が-24度最高気温が-16度。
この時は夜明け前だから-20度以下にはなってるはず。
a0101905_23145272.jpg
a0101905_23150192.jpg
a0101905_23150958.jpg
a0101905_23151986.jpg
 
5分後、扉が開いた。
a0101905_23153130.jpg
お、おじさん、どいて・・・。
 
ソユーズのクラスタエンジン!
奥にも見える!
a0101905_23154113.jpg
お、おじさん・・・。
 
出てきた!
a0101905_23155627.jpg
お、おじさーんっ!
 
a0101905_23160583.jpg
a0101905_23162010.jpg
a0101905_23163212.jpg
a0101905_23164043.jpg
 
かっこいい!
ソユーズといえばクラスタエンジンだよね。
a0101905_23165170.jpg
それをひっぱってる機関車も運転手さんもかっこいい!
 
a0101905_23165981.jpg
a0101905_23170865.jpg
a0101905_23171691.jpg
a0101905_23172355.jpg
 
写真の感じでわかるかな。
ロケットはが本当に目の前を通り過ぎていく。
手を伸ばしても触れないけど
石を投げたら簡単に当たる距離。
 
ロケットを組み立てた作業員の人?たちがソユーズに付き添って歩く。
a0101905_23173261.jpg
a0101905_23175098.jpg
a0101905_23175860.jpg
 
この部分に宇宙飛行士が乗り込む。
a0101905_23200442.jpg
この時点では外から見えないけれど、宇宙飛行士が乗るお団子みたいなカプセルが2つ(軌道船と帰還船)が入ってる。
 
この先端部分は緊急時脱出用のエンジン。
a0101905_23210781.jpg
 
ロケットの後ろの貨車が組み立て棟から出てきた。
これが最後の部分。
a0101905_23491274.jpg
これは何につかうんだろう。
 
ソユーズはお尻?の方を先頭にして運ばれていく。
a0101905_23495012.jpg
途中スイッチバックをして向きを変えるけど、最終的にはお尻が先頭になる。
 
a0101905_23500228.jpg
 
作業員の人の見送り終了。
a0101905_23501211.jpg
 
このお見送りがひどくあっさりしていてそれがまたかっこいいんだよ。
a0101905_23503205.jpg
 
ソユーズ、また後で会いましょう。
a0101905_23510628.jpg
a0101905_23511204.jpg
 
最後にくっついている貨車がなんともレトロで可愛い。
絵本に出てきそう。
a0101905_00000133.jpg
Ракетно-космическая корпорация "Энергия"
ロケット&スペースコーポレーション エネルギア社のロゴマーク
 
たぶん何十年もデザインが変わってないと思う。
ソユーズロケットを始め工業製品?も可愛いロシアである。
a0101905_00001654.jpg

a0101905_00002709.jpg
 
見学者もそろそろ撤収。
a0101905_00004272.jpg
 
組み立て棟の扉も閉まった。
a0101905_00005348.jpg
 
もう見えなくなっちゃった。
20分のお見送り。
a0101905_00034297.jpg
2016年の夏に見た時は日中だったので
かなり遠くに行くまでずーっと見送っていたけど
こんなに真っ暗では何もみえない。
バスに戻って移動。
 
 
 
 

 
171215
 
今日は外出。寒いというからダウンを着て出かけたら、列車の中やお店の中が暑い。
.
.



by rikiaru | 2018-12-06 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(1)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その20 朝食&宇宙基地へ

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その20 2017年12月15日-1>
 
打ち上げツアー4日目
 
スプートニクホテルの素敵な朝食。
a0101905_00273982.jpg
a0101905_00281721.jpg
a0101905_00282579.jpg
a0101905_00284138.jpg
 
ヨーグルト、ブリヌィ(ロシアのクレープ)、サワークリーム、干しあんず、紅茶。
a0101905_00284993.jpg
でもまだ朝5時。軽めにね。
 
6時出発。
この日は打上げツアーのメインイベントの一つ
ソユーズのロールアウトの見学。
a0101905_00291254.jpg
 
真っ暗。
a0101905_00292914.jpg
 
10分ほど走ってバイコヌール宇宙基地のゲートを通過。
a0101905_00294092.jpg
 
西の空には沈みかけた細い月と木星(?)。
a0101905_00314001.jpg
朝早いし暗いから車内は静か。
ずーっと月を見ていたら流れ星を2つ見た。
この日はふたご座流星群の極大日だったからね。
こんな真っ暗な大平原で一晩中空を眺めてたらたくさん見えただろうな。
寒くて死んじゃうって。
 
a0101905_00325104.jpg
 
遠くにエネルギア社が見える。
a0101905_00335139.jpg
a0101905_00340671.jpg
a0101905_00342336.jpg
a0101905_00345747.jpg
そろそろ到着かな。
 
 
 
 

 
171215
 
あったかかったけど、夜は冷えてきたので
今シーズン初の薪ストーブ本格点火。

.
.




by rikiaru | 2018-12-05 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その19 モニュメント見学4+お土産夕食

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その19 2017年12月14日-7>
 
わんにゃんとお別れした後、またまたバスで移動。
 
途中、バイコヌールを走るバス?を発見。
レトロな感じで可愛い。
a0101905_23482343.jpg
 
10分ほど走って到着。
ソ連の宇宙開発指導者セルゲイ・コロリョフさんの像。
ツアーのみなさんでご挨拶。
a0101905_23483465.jpg
a0101905_23484349.jpg
 
コロリョフさんに挨拶した後は街の中心の広場へ。
おお、ここにも大きなクリスマスツリーが。
a0101905_23490368.jpg
a0101905_23495319.jpg
 
レーニンさんお久しぶり。
a0101905_23491812.jpg
a0101905_23494401.jpg
このポーズだと「おお、同志よ。」といいたくなるな。
 
この後ろの建物にあるカフェでトイレ休憩。
 
すっきりしたところで再び移動。
 
次はロシア正教会。
a0101905_23502027.jpg
 
ロシア正教会の十字架である八端十字架。
a0101905_23500601.jpg
この十字架はロシア正教会以外でも使われるし
逆にロシア正教会で別の十字架を使う事もあるそう。
 

a0101905_23511705.jpg
a0101905_23512697.jpg
a0101905_23513502.jpg
 
本当は中が見られるはずだったんだけど
時間がないということで外観のみ。
ロシアのイコン、見たかった(泣)
a0101905_23514616.jpg
 
いろいろ見学した後は物欲へ走る。
ロスコスモスグッズ店!
去年までの古いアパートの一角じゃなくなって
移動して新しくなってる!
なんかやる気だした?
a0101905_23520274.jpg
 
たっぷり1時間、お買い物。
今回のツアーメンバーは宇宙クラスタが集まってるから
お買い物熱がすごかった。
a0101905_23521481.jpg
 
すっかり暗くなった街を歩いて
a0101905_23522352.jpg
a0101905_23523843.jpg
a0101905_23525195.jpg
 
夕食をいただくお店に到着。
a0101905_23530769.jpg
 
ВЕЗДНОЕ НЕБОは「星空」。
a0101905_23531815.jpg
a0101905_23532819.jpg
 
なんかホームパーティみたいな雰囲気。
星空カフェ、みたいな感じかな。
a0101905_23534661.jpg
 
夕食メニューは
サラダと
a0101905_23540032.jpg
 
ナスなどの野菜と肉(羊?)のあっさりした煮込み。
a0101905_23540536.jpg
 
紅茶。
a0101905_23541410.jpg
シンプルなお味で美味しかった。
 
さあ、ホテルに戻ろう。
a0101905_23543903.jpg
a0101905_23544872.jpg
a0101905_23550339.jpg
 
ホテル到着。
a0101905_23553051.jpg
 
今日も長い一日だった。
a0101905_23554270.jpg
おやすみなさい。
 
ではなく、お土産撮影大会!
(といってもロビーデひとりで撮影してるんだけど)
 
何を買ったかというと
a0101905_23555306.jpg
 
右のわんこクッションとロスコスモス毛布!
a0101905_23560270.jpg
ロスコスモス毛布は前回も見てたんだけどなぜか買わなかった。
夏だったし、毛布って気分じゃなかったから。
でも家に帰ってから欲しくて欲しくて。
宇宙飛行士が宇宙から帰ってきて、帰還船から出てきた後
この毛布にくるまれるんだよね。
(もしかしたら公式のものはちょっと違うかもしれないけど)
わんこクッションはソ連の宇宙開発に貢献したわんこの写真が印刷されていて
まわりのファスナーをはずすと絵本のようになっている。
可愛い。
a0101905_23561507.jpg
a0101905_23562122.jpg
a0101905_23563770.jpg
a0101905_23565277.jpg
a0101905_23570086.jpg
a0101905_23570741.jpg
a0101905_23571433.jpg
でもここに載っているのはきっと無事に帰れたわんこだけなんだろうなあ。
ちょっと複雑な気分ではある。
可愛いけど。
 
 

 

 
171214
 
せっかく買ったクッションと毛布、ねこ様に台無しにされるのでしまいこんだまま。
.
.













by rikiaru | 2018-11-28 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(3)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その18 モニュメント見学3

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その18 2017年12月14日-6>
 
輸送機Li-2を見た後また移動。
 
なんだか古そうな風情あるアパート。
a0101905_23193630.jpg
 
1967って1967年に建てられたの?
微妙に不規則なレンガが時代を物語るな。
a0101905_23194563.jpg
 
ゴロツカヤ駅到着。
この駅からバイコヌール基地内へ労働者を運ぶために列車が1日1往復する。
(基地内の駅は4つあり、それぞれに対応したプラットホームがある)
この機関車は1955年から2005年まで実際に使用されていた機関車。
a0101905_23200535.jpg
a0101905_23201468.jpg
前回も見たけどね。
絵本に出てきそうな機関車だよね。
なんか夜中だったら喋りそう。
バイコヌールの宇宙開発の歴史の生き証人だもの。
喋ったら面白い事たくさん聞けるだろうなあ。 
 
と宇宙開発の歴史に思いをはせるばあやの意識が一変した。
 
あ。
a0101905_23203112.jpg
 
わんこだ。
a0101905_23220361.jpg
 
何匹もいる。
夏には見かけなかったけれど、ここに住み着いているのかな。
a0101905_23221019.jpg
スズメもいるな。
a0101905_23250263.jpg
 
なんて思いつつ、少しずつ近づいて写真を撮っていたら。
a0101905_23265863.jpg
突然この黒白わんこがおいかけてきた。
歯をむき出してものすごい勢いで吠えまくりこちらに走ってくる。
どうも私は縄張りに侵入してしまったらしい。
ある一線を超えたとたん追いかけてきたから。

わんこというかいわゆる野犬だ。
噛まれたら終わり。
ツアーも終わってしまうかもしれないし
狂犬病になるかもしれないし。
しかしある一線を越えるまでは来なかったんだから
ここは冷静に縄張りを出るべし。
と吠えられてからこの結論に至るまでほんの数秒。
私はくるりと向きを変えて一歩ずつゆっくりとわんこから遠ざかった。
 
予想通りある程度までしかわんこは追いかけてこなかった。
少し離れたところでツアーのメンバーが凍りついてる。
ひええ、ごめんなさい。
またやらかしてしまいました。
 
安全を確保してからわんこの方をみると 
a0101905_23270737.jpg
近づいても平気な人もいるんだな。
まあ私はよそ者。
警戒されても仕方がない。
あのわんこたちはそうやって生きてきたんだもんね。
 
さて、ゴロツカヤ駅の見学に来たんだった。
まっすぐに伸びる線路もいいんだけど
a0101905_23282262.jpg
 
火力発電所!
青空に煙突が映える。
a0101905_23312227.jpg
a0101905_23314143.jpg
a0101905_23322347.jpg
ここから毎日定刻に出かけて定刻に帰ってくる。
列車は一往復だから残業もないね。
遅刻したらあきらめるしかないけど
早退したい時はどうするんだろう・・・。
 
と駅からわんこのいた広場方面を見たら子犬発見。
a0101905_23323683.jpg
 
きゃわわ。
a0101905_23324578.jpg
 
このコンクリートの台の隙間に穴があって、そこが巣みたい。
a0101905_23331088.jpg
このぐらいの大きさの時に保護できれば
人馴れするんだろうになあ。
 
ちょっとせつないな、なんて思ってたらこんどはにゃんこ。
a0101905_23332810.jpg
 
もふもふ茶トラ。
a0101905_23333651.jpg
 
ずんずん来るのでピントが合わない。
a0101905_23334333.jpg
 
もこもこ。
a0101905_23335249.jpg
 
顔がまんまる、鼻がピンク。
肉球寒いだろうねえ。
a0101905_23340113.jpg
 
ずんずん来て、また行ってしまった。
a0101905_23341036.jpg
a0101905_23342073.jpg
 
バイコヌールの世界ネコ歩きだったら、絶対メインのネコになれると思う。
a0101905_23350525.jpg
a0101905_23352627.jpg
a0101905_23353473.jpg
a0101905_23354863.jpg
a0101905_23355518.jpg
もふもふもこもこで寒い冬を乗り切ってね。
 
子犬ちゃん、きみも厳しい冬に負けないでね。
a0101905_23361193.jpg
 
あ、お母さん来てくれたね。
a0101905_23362312.jpg
 
と撮影してたら吠えられた。
ばあや懲りない。
a0101905_23363227.jpg
 
なんだか世界犬猫歩きになっちゃった(←うれしい)けど
最後にもう一度機関車と貨車。
a0101905_23364730.jpg
a0101905_23365443.jpg
 
前回(2016年)に行った時のゴロツカヤ駅の記事には
もう少し詳しく駅について書いているのでご興味ある方はこちらをどうぞ。
 

 

 
171214
 
今思えばこの茶トラくんとの出会いはこの後の茶トラ祭り、ブラウニーズ祭りを予言していたのかもしれぬ。
 
NASAの火星探査機インサイト、火星着陸おめでとう!
.
.












by rikiaru | 2018-11-27 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(1)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その17 モニュメント見学2

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その17 2017年12月14日-5>
 
ソユーズのモニュメントを見た後、またバスで移動。
 
大好きなかっこいい火力発電所。  
a0101905_23035343.jpg
 
の向かいに大陸間弾道ミサイルSS-17のモニュメントと設計したヤンゲリさん。
a0101905_23042419.jpg
 
そしてわらわらと集まるツアー参加者たち。
a0101905_23043196.jpg
 
ミサイルにつらら。
さぶい。
a0101905_23061860.jpg
 
ヤンゲリさんは毎日火力発電所を眺めているのだな。
a0101905_23064854.jpg
憩いの場にミサイルのモニュメントがあるなんて日本では考えられないけど
ここでは普通のこと。たぶん。
 
この公園で見つけた可愛いつる植物。
a0101905_23071014.jpg
 
ひっつき虫も発見。
a0101905_23072190.jpg
a0101905_23073220.jpg
 
唐辛子かりんごの皮みたいに見える赤い葉っぱ。
フリーズドライになっちゃったんだ。
a0101905_23074282.jpg
 
バスでまた移動。
道の脇にワンコ発見。
a0101905_23102797.jpg
 
次に来たのは団地の前の広場。
子供達はこの寒さの中サッカー。
この日の気温は最低気温が-25℃、最高気温が-17℃。
a0101905_23142894.jpg
a0101905_23143760.jpg
 
暑いらしい。上着脱いでた。
a0101905_23144577.jpg
 
そんな寒さをものともせず遊ぶこどもたちのいる広場にどーん。
Li-2という航空機(輸送機)のモニュメント。
矢印部分で子供がサッカーしてます。
a0101905_23162493.jpg
a0101905_23181674.jpg
 
こちらにいるのは子供ではなくツアー参加者。
とにかく見る。
そして写真を撮る。
a0101905_23163340.jpg
 
ばあやは冬枯れの植物も気になる。
a0101905_23184288.jpg
a0101905_23185191.jpg
この豆、夏に来た時赤い花が咲いてた植物だ。
 
 
   

 
171214
 
ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ主演の有名な映画「ひまわり」にこんな形の火力発電所が出てくる。
こういうものの形やしくみがほとんど変わらないのがロシア。

.
.











by rikiaru | 2018-11-19 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(3)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その16 モニュメント見学1

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その16 2017年12月14日-4> 
 
モスクワ-アスタナ-クズロルダ-バイコヌール
2800km+1000km+250km=3850kmの長旅の後
昼食を食べて一休みしたら早速観光にお出かけ。
今日はモニュメント見学。
 
ホテルの前のスプートニクのモニュメントに挨拶したらバスに乗って出発。
a0101905_22583173.jpg
 
空青い!道凍ってる!
a0101905_22593665.jpg
そして窓ガラスが汚い^^;
 
雪の上に動物の足跡。
なんだろう?きつね?
a0101905_22590267.jpg
 
最初のモニュメント。
a0101905_23001217.jpg
a0101905_23002335.jpg
a0101905_23003870.jpg
a0101905_23004820.jpg
 
この壁?にバイコヌールの変遷が記されてる。
a0101905_23010582.jpg
 
1955年6月2日宇宙基地建設開始。
まだ小さな集落だったこの町の夜明け。
поселок集落、村 заря夜明け
a0101905_23020957.jpg
 
1958年1月29日
検索してみたけどよくわからず。
この日からレニンスキーと呼ばれたのかな。
ленинскииレニンスキー
a0101905_23022217.jpg
 
1966年6月21日に町から市に昇格しレニンスクと命名された。
ленинскレニンスク
a0101905_23022946.jpg
 
そして1995年12月20日に正式にバイコヌールになった。
a0101905_23031031.jpg
a0101905_23033135.jpg
 
壁のモニュメント?の裏側も怠りなく宇宙模様。
a0101905_23034943.jpg
 
また少しバスに乗って移動。
次は
a0101905_23040377.jpg
 
ロシアの宇宙飛行士といえばこの人。
a0101905_23041265.jpg
 
ガガーリン像。
a0101905_23042170.jpg
ツアー参加者はこぞって同じポーズで写真を撮ってた。
花も恥らう28歳女子はそれはなし。
それよりも周りが気になる。
 
Байконур связь информ
バイコヌールコミュニケーション情報とはなんぞや?
電話局?
a0101905_23050069.jpg
 
周りの木々はみんな落葉しているけど、なにか葉っぱ状のものが。
a0101905_23051622.jpg
 
これはカエデの仲間らしい。
a0101905_23052318.jpg
 
またちょこっとバスに乗って次のモニュメントへ。
 
ソユーズ!
a0101905_23055886.jpg
a0101905_23060529.jpg
a0101905_23061382.jpg
a0101905_23062097.jpg
a0101905_23062610.jpg
a0101905_23063283.jpg
a0101905_23063991.jpg
どこから見てもかっこいいけど
やっぱりソユーズといえばクラスターロケットだよね。
ちなみに実物大。
技術者の訓練用に使用されていたものらしい。
 
そんなソユーズロケットモニュメントがあるのは
a0101905_23085808.jpg
a0101905_23093411.jpg
団地の前の広場。
 
日常生活にロケットが溶け込んでいる、それがバイコヌール。
 

 
   

 
171214
 
前記事、ルイルイやっちゃんとマリー様が親子、というのはネタです。
話すと長いのですが、ケイがマリーアントワネットでヤナギがその息子のルイ王子という妄想話なんです。
やっちゃんのお母さんは桜(オウ)ちゃんで今は空から見守ってくれてます。
マリー様の初記事?はこちら
ヤナギ・ルイ王子初登場はこちら
さらにマリー様がマリー様である理由はこちら
(コメント欄をお読みくださいませ)
マリーアントワネットといえばプチトリアノンということでこんな記事も
 
夜中に自分の記事を検索して笑ってしまった。バカすぎる。
.
.







by rikiaru | 2018-11-18 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その15 再びのスプートニクホテル!

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その15 2017年12月14日-3> 
 
クズロルダからバスで三時間半
a0101905_23350645.jpg
 
ようやくバイコヌールに到着!
a0101905_23351616.jpg
これは市の紋章
 
スプートニクのモニュメントをまた見られるとは。
a0101905_23352654.jpg
 
街灯には雪模様のイルミネーションが飾り付け。
クリスマスだもんね。
a0101905_23353851.jpg
 
このクリーム色に会いたかった。
a0101905_23355178.jpg
a0101905_23360149.jpg
 
スプートニクホテル!
もう1回来られた!
a0101905_23361444.jpg
гостиницаホテル спутникスプートニク
 
この部屋に泊まれるだけで
私としては旅の目的を半分果たしたようなもの。
a0101905_23362559.jpg
 
うれしい。
a0101905_23363746.jpg
a0101905_23364743.jpg
 
スプートニクホテルもクリスマスの飾り付け。
どこのクリスマス飾りもほのぼのしてて心温まる。
a0101905_23365832.jpg
 
時刻は14時半、ようやくお昼ご飯。
前日の夜ご飯は空港でハチャブリとヒンカリだったし
朝は機内食のスナック。
ほぼ一日ぶりにきちんとしたご飯だ^^

a0101905_23371827.jpg
 
前菜はビュッフェスタイルでいろいろ選べる。
野菜が美味しいんだよ。
a0101905_23372752.jpg
 
かぼちゃのスープ。
a0101905_23373401.jpg
 
羊?のトマト煮込み風なもの。
a0101905_23374603.jpg
スプートニクホテルは(も)食事が美味しい。
また食べられて嬉しいな。
 


 

 
171214
 
街がクリスマスになってきた。
.
.






by rikiaru | 2018-11-08 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(1)

まさかの二度目! バイコヌール打ち上げツアー その14 クズロルダ

<モスクワ・バイコヌール・アスタナ旅行記 その14 2017年12月14日-2> 
 
7時半、エアアスタナに搭乗。 
a0101905_23045238.jpg
 
8時、そろそろ夜明けらしい。
a0101905_23050460.jpg
 
夜明けとともに朝ごはん。
クラッカーとパンとみかん。
みかんは日本の温州みかんに似てる。ちょっと小さめ。
a0101905_23051460.jpg
a0101905_23052445.jpg
 
夜明けだ。
窓の外が凍ってキラキラしてる。
a0101905_23053104.jpg
 
外の大地も凍ってるみたい。
a0101905_23054160.jpg
 
ひええええ、寒そう。
a0101905_23054938.jpg
a0101905_23055827.jpg
 
などと思っているうちに着陸態勢。
a0101905_23060589.jpg

a0101905_23061659.jpg
 
この可愛い建物、もしかしたら管制塔なんだろうか。
おとぎ話にでてきそうだ。
a0101905_23062358.jpg
 
そしてクズロルダ空港に到着。
a0101905_23063075.jpg
 
クズロルダも空が広いね。
a0101905_23063921.jpg
 
ありがとう。
帰りも乗るのでよろしく。
a0101905_23064601.jpg
 
空港入り口
a0101905_23070430.jpg
 
空港建物内に入ると、天井がキラキラだ。
エキゾチック〜。
a0101905_23072038.jpg
 
レストランの看板イラストもなんともいえず濃い。
ちょっとインドっぽいというのか中央アジアというのか、濃い。
a0101905_23074057.jpg
 
建物の中で待っているとトラックでスーツケースを持ってきてくれて
a0101905_23075043.jpg
 
直接受け取る。
ターンテーブルなんてないのだ。
a0101905_23080084.jpg
 
クズロルダ空港建物全景。
a0101905_23080960.jpg
 
空港の駐車場で懐かしいものを見つけた。
スケキヨの木だ。
(スケキヨの木って何さ、と思った方はこの記事(2016年10月12日)のコメント欄を読んでくださいまし。)
a0101905_23083232.jpg
a0101905_23084191.jpg
まさかクズロルダで見るとはね、と感慨にふける。
 
さてクズロルダからはバス。ロシア人観光客と混載満員バス。
窓際には座れなかったので隙間から写真撮りまくる。
10時に出発。
 
何て書いてあるのか不明。
ロシア語じゃなくてカザフ語だと思う。
a0101905_23085231.jpg
 
カリスマ大統領の看板。
a0101905_23090560.jpg
a0101905_23091534.jpg
 
この何もない景色、懐かしい。
a0101905_23092455.jpg
 
そういえば2017年の夏にカザフスタンで万博があったんだよね。
a0101905_23093453.jpg
 
広いねー。
a0101905_23094491.jpg
a0101905_23100549.jpg
a0101905_23101958.jpg
 
ふと前を見るとフロントガラスが凍ってる。
外じゃなくて中が。
どんだけ寒いんだ。
a0101905_23103541.jpg
a0101905_23104792.jpg
 
ぼーっとしたり、うとうとしたりしながら3時間。
あれはバイコヌール宇宙基地のパラボラ軍団!
a0101905_23105611.jpg
 
おー鉄塔軍団も!
a0101905_23110916.jpg
 
見たことのあるモスク。
a0101905_23111835.jpg
 
見たことのある火力発電所の煙。
a0101905_23113806.jpg
 
見たことのある像のシルエットと高い塔!
a0101905_23113145.jpg
また来たよ、バイコヌールに!!!
 

*調べたらこの日のクズロルダの気温は-5℃/-15℃だった。


 

 
171214
 
61年前の11月3日はライカが生物として初めて地球周回軌道に打ち上げられた日。

.
.

by rikiaru | 2018-11-03 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(1)



お星様24匹+現役28匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(419)
(246)
(242)
(231)
(214)
(209)
(208)
(208)
(201)
(163)
(149)
(143)
(131)
(131)
(128)
(125)
(121)
(111)
(111)
(109)
検索
ブログジャンル
画像一覧