りきの毎日

クリスマスイブの悲劇

それはクリスマスイブの12月24日の夜のこと。
ばあやの目に飛び込んできたのは
a0101905_22453988.jpg
a0101905_22461471.jpg
a0101905_22462318.jpg
ち、ちぐらがっ。
 
すでにちぐらの屋根はないけど
ちぐらの底まで危ない。
 

 
 

 
ライとクヌギとヒノキが犯にゃんみたいだけど
猫ちぐらの中にも誰かいる。
a0101905_22470181.jpg
 

 
 
手、誰かの黒い手が底からぴょこぴよこ出てたね? 
a0101905_22472622.jpg
 
ちぐらの横面がぼろぼろなだけじゃなくて、すでに底に穴が開いているんだね?
a0101905_22473496.jpg
 
穴を開けたのはまっすぐの黒いしっぽの持ち主で「え」がつく子かな。
a0101905_22473952.jpg
このちぐらは由緒正しい新潟県関川村の猫ちぐらなんだからね。
わらだって関川村産のコシヒカリのわらなんだから。
今頼んでも届くのは2年後なんだよ・・・。
 
というわけであと数年は頑張ってもらいたい猫ちぐらにぽちぽちっとな♪
 
 
.

人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
171224
 
屋根がなくても底に穴が開いてもちぐらはちぐら。
.
.






by rikiaru | 2017-12-28 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://rikiaru.exblog.jp/tb/238125606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 板金小僧 at 2017-12-29 06:51 x
>二年待ち
製造元のリンク先に伺ってみると、3年半待ちになってました

お気に入りの物や気に食わない物はスプレーしてたちまち破壊してしまううちのデストロイニャー共の手にかかって3年半も保つのか甚だ疑わしいですが、少なくとも発注してモノが届いたらまた予約しておかなければならんのは間違いないでしょうね
Commented by May at 2017-12-30 09:23 x
床の藁はお庭に蒔けば植物の保温に役立つでしょうか?^^;
それにしても猫ちぐらとは美しいものですね。
うちにも欲しくなりました。
犬しかいないけど(笑
Commented by rikiaru at 2017-12-31 23:26
板金小僧さん、本当だ、三年半待ちですね。猫ちぐらは修復しましたが、さすがに三年半は持たないです。お正月休みが明けたらすぐに注文しなくては。
Commented by rikiaru at 2017-12-31 23:29
Mayさん、床の藁は薪ストーブで燃やして庭に撒いています。きれいな薔薇に生まれ変わってくれたら、少しは報われるかな?
「猫ちぐら」犬も入れますよ。Mayさんちのわんこさんなら猫ちぐらでも入れると思います。リンク先では犬ちぐらも扱っているようです(やっぱり三年半待ちですけどね^^;)
<< 猫ちぐら復活 N.Y.へは行かないよ アメリ... >>



お星様22匹+現役27匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(413)
(243)
(242)
(227)
(209)
(208)
(206)
(205)
(197)
(163)
(149)
(143)
(131)
(129)
(128)
(125)
(121)
(111)
(110)
(109)
検索
ブログジャンル
画像一覧