りきの毎日

N.Y.へは行かないよ アメリカ横断ウルトラ皆既日食ツアー その41 グランドティトンからジャクソンへ

<アメリカ皆既日食旅行記 その41 2017年8月22日-8> 
 
ジャクソンレイクロッジを出発した後も
左手にはグランドティトン山脈の絶景が続く。
a0101905_00501403.jpg
 
このお兄さんも日食を撮影した後、山の絶景撮影に移行したかな。
a0101905_00502848.jpg
a0101905_00504059.jpg
a0101905_00504755.jpg
 
ジャクソンレイクロッジでも堪能したけれど
バスの窓越しじゃなくてゆっくり眺めたい・・・と思ったところでバス停車。
ビューポイントらしい。
a0101905_00510375.jpg
a0101905_00511341.jpg
a0101905_00511968.jpg
a0101905_00512684.jpg
a0101905_00514413.jpg
険しい山と広い広い草原を堪能(10分だけど)。
バスに乗って出発。 
 
周りに何もないのでバスに乗ってからも楽しめる。
バスが移動していくにつれて、山のいめる姿が少しずつ違っていくのも楽しい。
a0101905_00515376.jpg
 
28歳女子ならギリギリ知ってる?
「Shane! Come back!」のセリフで有名な映画「Shane」はこの辺りが舞台。
男の子が「Shane! Come back!」と小屋の脇で叫ぶ時の背景は
こんな山の連なりだったな。
a0101905_00515836.jpg
いくらなんでもリアルタイムでは見てないけど。1953年公開。
 
そのうち山も見えなくなってしまった。
道路脇には花が咲き乱れる。
a0101905_00521477.jpg
a0101905_00522693.jpg
 
道路脇の斜面にはNATIONAL MUSEUM WILDLIFE ARTとある。
a0101905_00524377.jpg
a0101905_00530254.jpg
 
エルク
a0101905_00525375.jpg
 
バイソン
a0101905_00531933.jpg
 
クマ(ブラックベア?)と左上に猛禽類。
a0101905_00533416.jpg
 
ビッグホーン
a0101905_00534657.jpg
自然の中にリアルな動物の像がたくさん。
本物にお目にかかれなくてもここをお散歩しながら歩けば楽しそう。
私はバスの窓から眺めただけ。
 
a0101905_00535419.jpg
a0101905_00540949.jpg
 
ガソリンスタンドにもアメリカ国旗。
本当に国旗が大好きなんだ。
私にはわからない感覚だよ。
a0101905_00541620.jpg
 
地図を見るとこの辺りはエルク保護区になっている。
エルクの越冬地になっていて冬は馬ぞりツアーで観察できるんだって。
a0101905_00542556.jpg
a0101905_00544324.jpg
 
ワイオミング州ジャクソンに到着。
a0101905_00545143.jpg
a0101905_00545613.jpg
標高6209って単位がわからん、と思ったら単位はフィートらしい。
メートル法だと1892m。
 
宿泊施設の庭、先住民族の家を模したもの?
ワイオミング州のワイオミングは
「アルゴンキン族インディアンの言葉で大平原を表す(by wiki)」そう。
 
a0101905_00550289.jpg
*ナバホ族とかホピ族とかいわゆる昔「インディアン」と呼ばれた人たちをなんと呼称するかは難しい問題のようだ。「アメリカンインディアン」とか「ネイティブアメリカン」とかアメリカ先住民族とかいろいろあるけどこれが正しいというものはないらしい。人によって差別、と感じる言葉も違うらしい。難しいな。
 
街らしくなってきた。
もう紅葉が始まってるよ。
a0101905_00551196.jpg
 
ジャクソンはグランドティートン国立公園観光の玄関口。
ラフティングが楽しめるらしい。
a0101905_00552029.jpg
 
動物病院完備。ワンコ連れでも安心して観光できるね。
a0101905_00552865.jpg
 
崖の上で「KOMATSU」の重機が働いてた。
頑張れ。
a0101905_00553442.jpg
会社は違うけど「清水建設」の「昼間のパパ」のうたを歌いたくなる。
 
時刻は15時15分。
お昼はとっくに過ぎた。
お腹が空いたよ。 
ということで待望のお昼ご飯。
  
.

人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
170822
 
「Shane! Come back!」で思い出すのは映画の「Shane」よりも
第一製薬のカロヤンハイのCM 髪はながーい友達「シェーン カミ バーック!」。
探したらちゃんとあった。CMはこちら。
懐かしい。そしてじいやにとってはひしひしと胸にせまるCMである。

 
 
.









by rikiaru | 2017-12-17 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://rikiaru.exblog.jp/tb/238061052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 板金小僧 at 2017-12-18 13:59 x
カロヤン・・・
よくもまあ全く効果のないものを何十年と売り続けられるもんだと不思議に思います
使えばわかりますが、詐欺商品です
カムバーック、というよりカネバーック(金返せ!)という感じです
Commented by ブノワ。 at 2017-12-19 07:02 x
りきさんへ。
嘘ばっかり!何で文字が小さいの?(笑)
1953年、女学生の時にロードショーで観ているハズ!(笑)
しかしアメリカは広いですね……。
りきさんは色々なところに興味があるからいいですよね。
何を見ても興味津々ですもんね。
僕もこう言うツアーに参加してみたいな……。

ブノワ。
Commented by MMM at 2017-12-19 20:37 x
こんなサメの歯みたいなギザギザ、どうやったらできるんでしょうね。

「シェーン」は日曜洋画劇場で見ました。なんで覚えているかというと、放映は吹替だったんだけど、淀川さんの解説のときラストシーンだけ英語版で見せてくれたんです。懐かしいな淀川さん。
Commented by rikiaru at 2017-12-31 23:06
板金小僧さん、じいやもこれではないですがいくつか試したことがあり・・・。なくても困らないけどやっぱりあってほしいのが髪ですもんね。商品内容はともかく「髪は長〜い友達」というのはよくできたコピーだと思います。
Commented by rikiaru at 2017-12-31 23:09
ブノワ。さん、女学生って・・・(苦笑)セーラー服で三つ編みで見ましたよ、もちろん。あ、でも制服で映画館に行くのは校則違反だわ(笑)興味津々、いつまでも生まれたての赤ちゃんみたいな好奇心なんです。
Commented by rikiaru at 2017-12-31 23:12
MMMさん、日本ではこういう形の山は見ないですよね。日本の山とはでき方が違うんでしょうか。見ていて見飽きないです。
<< みんなにジャストサイズ その1 ある意味ジャストサイズ >>



お星様24匹+現役28匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(417)
(243)
(242)
(228)
(211)
(208)
(208)
(208)
(198)
(163)
(149)
(143)
(131)
(129)
(128)
(125)
(121)
(111)
(110)
(109)
検索
ブログジャンル
画像一覧