りきの毎日

タグ:飛行機 ( 17 ) タグの人気記事

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その12 さよなら十勝

<2017年6月17日 十勝帯広旅行記 その12>
 
糠平の山の中を抜けて再び十勝平野を走る。
a0101905_17404107.jpg
a0101905_17405122.jpg

よつ葉乳業の工場、大きい。
ここは十勝主管工場。
この工場で作った牛乳、きっと飲んでる。
a0101905_17405957.jpg
a0101905_17410402.jpg
 
帯広市まで戻ってきた。
a0101905_17411085.jpg
帯広市のカントリーサインの図柄はスピードスケートとグリーンパークと400mベンチ。
 
帯広駅到着。
28度、暑い。
a0101905_17411926.jpg
7月7日は帯広35度超えでこの駅前がニュースで放映されてたね。
 
でもこのまま帯広空港へは向かわずに
再び六花亭本店のある交差点へ。
a0101905_17412688.jpg
 
帯広の交差点名の名付け方は札幌方式。
角々で名前が違う。
a0101905_17413515.jpg
上と下の交差点は同じ交差点だけど上は西2南9で下は西2南8。
 
少し早いけれど夜ご飯。
やっぱり北海道にきたら一度はラーメンを食べないとね。
選んだのはらーめん「みすず」。
a0101905_17414660.jpg
 
オーソドックスな味噌ラーメンと
a0101905_17415258.jpg
 
みすずラーメン。
しょうゆ味でピリ辛。美味しい。
a0101905_17415892.jpg
a0101905_17420674.jpg
ラーメンも食べたしこれでやるべきことはすべてやった。
さあ、帯広空港へ。
 
麦畑の間を走る。
a0101905_17421456.jpg
 
中島みゆきの「麦の歌」を歌いたくなる。
a0101905_17421925.jpg
a0101905_17422520.jpg
a0101905_17423294.jpg
 
帯広空港でお土産買っていよいよ出発だ。
a0101905_17424266.jpg
 
ではベアドゥちゃん、またよろしくね。
a0101905_17424731.jpg
a0101905_17430158.jpg
a0101905_17432059.jpg

a0101905_21252363.jpg
a0101905_17433257.jpg
 
さよなら北の大地、また来るね。
a0101905_17435412.jpg
 
ベアドゥちゃんの安全ビデオを見て非常事態時に備える。
a0101905_17440836.jpg
 
帯広ー羽田間は1時間45分。あっという間に着いちゃった。
a0101905_17441409.jpg
ベアドゥが翼で見守ってくれたおかげで無事に羽田に着陸。
2日間だったけど我ながら盛り沢山の旅だった。
一度も鉄道に乗らなかったけれど、見事に鉄子の旅だった。

<おまけ> 
今回の旅で買ったもの。
六花亭本店でいっぱいグッズを買ってしまった。
素敵なクッションカバーとメモ帳とマスキングテープとシャープペンシル。
六花亭のあの柄には抗えない。
白地の手ぬぐいはひがし大雪自然感で。
青地の手ぬぐいは三股山荘でいただいたもの。
それから牛のブローチとピアス。
a0101905_23555231.jpg
a0101905_12145248.jpg
 
帯広の老舗菓子店柳月の三方六。
(タウシュベツのガイドさんが「地元民は六花亭より柳月だね」と力説した)
しっとりバウムクーヘン美味しい。
a0101905_12155967.jpg
 
幸福駅売店で買った小麦ぽんぽん菓子。
a0101905_12162628.jpg
食べちゃって画像がないけど六花亭のサクサクパイも空港で買えた。
ここのところ、どこへ出かけてもお酒とおつまみしか買わなかったのに。
小麦と乳製品と卵の産地だもんね。
美味しいからつい買っちゃった。
さすが十勝。
 
十勝地方って意識したことがなかったけれど
まさに北海道のイメージを背負ってる場所で
広い大地、酪農、じゃがいも、麦、とうもろこし等々
日本の農業を担っているんだね。
そして十勝地方の自治体の結びつきがものすごく強い気がする。
観光案内所に置いてあるパンフレットや地図に「十勝地方」が全面に出ている。
今まで行った所でそういうアピールしているところは少ないんじゃないかな。
ついでに十勝地方の自治体等の観光パンフレットやサイトは作り方が上手。
デザインもいいし、見やすい。
外から来た人が見た時の目線がわかっていると思う。
地方に行くと素晴らしい場所なのに
「外から来た人の目線」で案内、紹介されてなくて
たどり着けなかったり、行くまでその素敵さがわからないところが多いんだよね。
十勝地方、すごいよ。
 
ということで2日間なのに長い長い旅行記はこれでおしまいです。
お付き合いいただきありがとうございました。
  
        
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
次は釧路かな。秋のタウシュベツも行きたいし。
知床にも行きたいし、ガーデン街道もまわってみたいなあ。
もちろん北海道新幹線で函館!というのもあるし。
 
170617
.  
.

by rikiaru | 2017-08-14 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その1 帯広へ

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その1>
 
6月16日、朝6時半。
夏休みでもないのに羽田空港は混んでいた。
a0101905_22320743.jpg
 
またまた北海道へ。
なんと2年半で7回目。
実家に行くより多い^^;
今回は帯広へ。
乗るのは北海道の翼AIR DO。
a0101905_22341227.jpg
a0101905_22342017.jpg
a0101905_22343965.jpg
キャラクターのBEAR DOが可愛い。 
 
東京湾の上を飛んで
a0101905_22344983.jpg
 
雲からのぞくスカイツリーを見下ろして
a0101905_22345666.jpg
 
遠くに見える富士山に別れを告げて
a0101905_22350252.jpg
 
一路北の大地へ。
a0101905_22350782.jpg
 
AIR DOの機内はあちこちにBEAR DOちゃん。
a0101905_22353937.jpg
a0101905_22355006.jpg
飛行機が飛び立つ前の安全のためのご案内もBEAR DOがしてくれる。
 
雲の毛布に包まれてすやすや眠る翼のBEAR DO。
a0101905_22355764.jpg
 
頭上のモニターに大好きなフライトインフォメーションが投影。
うれしい。
これによると羽田からとかち帯広空港までは約900km。

a0101905_22360414.jpg
 
津軽海峡を渡って
a0101905_22361596.jpg
 
襟裳岬を横に見て
a0101905_22361986.jpg
これが、あの襟裳岬!
 
北の大地へ。
緑のモザイク模様だ。きれい。
a0101905_22362555.jpg
a0101905_22363178.jpg
 
森や林とは違う、一面の田んぼとも違う。
普段見る畑とも違う。
こんな風景は初めてかも。
a0101905_22363850.jpg
 
感激している間にとかち帯広空港に到着。
天気良さそう。
今回も晴れ女。
a0101905_22364499.jpg
 
到着ロビーに向かうまでに最初に迎えてくれたのはジャガイモ。
a0101905_22365519.jpg
去年の台風でこの地域が被害を受けたのを思い出した。
 
帯広といえば「ばんえい競馬」なんだ。
荷物受け取り場のベルトコンベアにも流れてきた。
a0101905_22370164.jpg
a0101905_22370990.jpg
 
ピンクの矢印部分は牛の形の棚でそこにいろいろな食べ物が展示されてる。
a0101905_22371633.jpg
 
到着ロビーには実物大の馬が。
a0101905_22372459.jpg
まだ空港の敷地から出てないのに
とかち帯広の押しは「食べ物とばんえい競馬」だとよくわかった。
空港カウンターでいろいろな場所の観光用パンフレットをもらう。
 
この地図を見ていて気がついたんだけど・・・。
十勝がピンポイントで指す場所は存在しないのね。
十勝は「十勝地方」なんだ。
帯広は十勝の中の「帯広」だ。
a0101905_22373138.jpg
 
そしてパンフレットや空港の看板を見て思ったけれど
「十勝地方」としての市町村の結束がとっても固そう。
自治体別、観光資源別だけじゃない十勝全体のパンフレットや地図があったし
コピーもまず「十勝」を全面に押し出している。
「ばんえい競馬」と「美味しい食材」そして「豊かな自然」が売りなんだな。
空港でちょっと過ごしただけで私にもしっかり十勝がインプットされたよ。
 
空港からはレンタカーで移動。
(少し離れているので迎えに来てくれる)

レンタカーの店内の注意書き。
a0101905_22374218.jpg
a0101905_22374738.jpg
a0101905_22375696.jpg
ものすごく分かりやすい。
北海道は広くて気持ちいいから
道外から来ると勝手が違って事故るんだろうね。
気をつけないと。
 
今回の相棒はトヨタヴィッツ。
なぜか札幌ナンバー。
a0101905_22380483.jpg
 
鹿笛だって。
特別な操作をしなくてもある一定の速度以上になると
動物にしか聞こえない音?が出るらしい。
a0101905_22381320.jpg
 
いざ目的地へ出発!
 
ということでまたまた旅行記です。
しばらくおつきあいのほどを。
   
     
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
エキサイト復活。よかったよかった。
 
170616
.  
.  







by rikiaru | 2017-07-17 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その15 旭川駅

<北海道旅行記 その15 2017年2月26日>

旭川駅はふんだんに木が使われた素敵な駅舎。
そういえば旭川駅沿線に木材をたくさん積んだ工場?をたくさん見かけたけれど
製材所が多いのか?
もしかして旭川って家具の名産地だったっけ?
a0101905_23430989.jpg
冬の間は常に薪を探してるので、木材があると目が吸い寄せられる^^;;
 
駅の案内の方がいたので旭川駅について聞いてみた。
a0101905_23431843.jpg
 
旭川は家具の町。
新しい駅舎を建てる時に旭川らしさをだすことを考えて
木材を多用しているのだそうだ。
a0101905_23432642.jpg
 
壁には細い木材がはめ込まれていて
そこには旭川の新駅舎に寄付してくれた人の名前が刻んである。
その数10000人分(一口2000円)。
a0101905_23433798.jpg
 
旭川駅に来るたびに「僕の駅、私の駅」って感じがするよね。 
a0101905_23434527.jpg
a0101905_23440236.jpg
  
ぱっと見たところ普通のコンクリートの柱に見えるけど
a0101905_23440743.jpg
 
木材で型押しをして、表面を木材に模している。
a0101905_23442015.jpg
木に見えるけどコンクリート。
 
少しだけ旭川の街を散策。
時間がないから旭山動物園には行けない。
a0101905_23442773.jpg
 
駅からタクシーで向かった先はラーメン屋さん!
a0101905_23443630.jpg
 
野菜味噌ラーメン!

a0101905_23444521.jpg
お供は山わさびご飯。
 
すごーく美味しかった。
今回の北海道グルメは完璧だっ。
 
行きはタクシー使ったけれど
帰りは駅まで歩いて戻ろう。
 
旭川の交差点名も札幌となんとなく似てる。
○条通り○丁目という記載。
でも四つ角全部が同じ名前(札幌は四つ角全部違うんだよ)。
a0101905_23445233.jpg
 
雪が多いから旭川の街路樹は雪吊りしてもらうんだね。
a0101905_23450303.jpg
 
歩道に可愛いタイル?がはめ込まれていた。
旭川市民の虫、カンタンだね。
a0101905_23451001.jpg
市民の虫が制定されているなんていいね。
 
信号機の機械についてたつらら。
横向き。
どんだけ寒いんだ。
a0101905_23451864.jpg
 
夕暮れ時。
a0101905_23452680.jpg
a0101905_23453882.jpg
きれいだけど、寒い。
風も吹いてないのに寒い。
歩いてるとしんしんと寒い。
この時の気温は氷点下10度ぐらい。
だけど女子高生は普通のコート1枚だ。
ううう。
28歳女子、それを見ているだけで寒いんですけど。

旭川駅到着。
a0101905_23454481.jpg
回送バスに「すみません。回送車です」と書いてあってなんだか謙虚^^
 
バスに乗って旭川空港へ。
旭川の滞在時間は1時間半(泣)
次はぜひゆっくりと滞在したい。
a0101905_23455320.jpg
 
保安検査場で貴重品なんかを入れる箱が
a0101905_23460294.jpg

木で出来てた。
こんなところでも旭川の木工をアピール。
a0101905_23461186.jpg
これ欲しい。 
 
最後に地ビールの大雪地ビールを飲んで
a0101905_23461877.jpg
a0101905_23462621.jpg
  
北の大地を後にしました。
a0101905_23463332.jpg
これで今回の北海道旅行はおしまい。
今回も長々のお付合いありがとうございました。
  
          
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
3日の旅行なのに旅行記が15回って自分でもあきれる。
 
170226
.
 


by rikiaru | 2017-05-04 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その1 AIR DOで札幌へ

<北海道旅行記 その1 2017年2月24日>

やっちゃんがばあやのことを察してくれて
カリカリを食べ始めた翌々日の2月24日

しらーっとしたねこ様の視線を浴びつつ
a0101905_2323450.jpg

ばあやは(じいやも)旅へ。

留守の間、冷え込まないといいなあ。
ねこ様心配だ。
a0101905_2325224.jpg
じゃあ、でかけるな、という話ですが。

羽田空港到着。
AIR DOのカウンターでチェックイン。
a0101905_233367.jpg

というわけで、今回の旅先は(も)北海道。
5回目?
でも北海道に行く時に飛行機に乗るのは初めて。
(今までは行きは鉄道で帰りが飛行機だった。
寝台車なくなっちゃったから・・・シクシク)

女満別と稚内は雪がすごそう。
a0101905_2331556.jpg
a0101905_2332453.jpg

だけど、今回の行き先は札幌。

AIR DOの飛行機、札幌までよろしく。
a0101905_2334347.jpg


予定通りに飛行機離陸。

お台場臨海地域
a0101905_233516.jpg


富士山と南アルプス
a0101905_234239.jpg
a0101905_2341061.jpg


中禅寺湖と男体山
a0101905_2342012.jpg


AIR DOのキャラクター、ベア・ドゥ。
a0101905_2344099.jpg


どこかわからないけど雪!
a0101905_2345020.jpg


そして
a0101905_2345996.jpg


北の大地北海道!
a0101905_235967.jpg


天気いいね。
a0101905_2352187.jpg
a0101905_2352960.jpg
広いね。バイコヌールを思い出す。

ROYCEのロゴを見ると北海道感が増す。
a0101905_235418.jpg


ちょうど冬のアジア大会開催時期だった。
アジア大会まで萌えキャラなんだ。
a0101905_23622.jpg


空港のフードコートで北海道最初の食事。
ジンギスカンと北海道でしか飲めない札幌クラシック♪
a0101905_2361591.jpg
a0101905_2364473.jpg


飛行機の離発着を見ながらお食事ができて気持ちいい。
a0101905_2365482.jpg
a0101905_237413.jpg


空港のショッピングエリアに初音ミク。
a0101905_2371496.jpg
冬の北海道を応援する「雪ミク」というのがいるらしい。

新千歳空港発札幌行きの快速エアポート号は
日ハムの大谷選手ラッピング。
a0101905_2373679.jpg
a0101905_2374734.jpg
a0101905_238238.jpg


この日の札幌の最高気温は0度ぐらい。
寒さに備えて着込んできたらなんだか暑い。
着込んできたせいだけじゃなくてあきらかに暑い。
北海道って屋内がめちゃめちゃあったかいもんね。

エアポートの車内も暑くて暑くて
ダウンを脱ごうともたもたしてたら

カメラ落とした。
レンズ床に激突。
旅行これからなのに。

確認したらカメラのレンズフードがレンズにめりこんだ。
フードがはずれなくなっちゃった。
げげげ。
a0101905_084241.jpg

おまけにレンズフードが斜めになって
広角側で撮るとフードが写ってしまう(号泣)

それでも写真は撮れるので不幸中の幸いと思うしかない。

札幌駅到着。
a0101905_2381731.jpg


駅のすぐ近くにヨドバシカメラがあるので
レンズフードがはずせないか聞いてみたけれど
修理にださないと無理らしいorz

北海道に来たのにテンションだだ下がりのままの旅のスタートなのだった。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ねほりんぱほりん(Eテレ)が終わってしまった(寂)
      
                                                                                                                                  
170224
by rikiaru | 2017-03-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその32 帰国

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その32 2016年7月8日、9日>

星の街からバスでモスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港へ。

広い広い空。
a0101905_203129100.jpg
a0101905_20314983.jpg


火力発電所の冷却塔
a0101905_203278.jpg


個性豊かな鉄塔。
a0101905_20321679.jpg
a0101905_20322429.jpg
a0101905_20323440.jpg


ガラスの碍子
a0101905_2033386.jpg
a0101905_20331164.jpg


高速道路脇の湿原やそこに咲く花々
a0101905_20324315.jpg
a0101905_20325220.jpg
a0101905_20332129.jpg
a0101905_20333030.jpg

みんなみんなお別れ。

ロシアの鳥、いろいろ観察したかったな。
a0101905_20334112.jpg


高速道路にもハンギングバスケットを飾るロシアの人が素敵。
a0101905_20334864.jpg
水やりどうするんだろう。

個性豊かな建物を眺めるのも本当に楽しかった。
a0101905_20335758.jpg
a0101905_2034673.jpg


あ、漢字!
a0101905_20341993.jpg
日本食レストラン「たぬき」。「金」は何?

次は鉄道の旅もいいな。
a0101905_20343634.jpg
ロシアにはシベリア鉄道もあるしね。

a0101905_20344747.jpg
a0101905_2035517.jpg
a0101905_20351431.jpg


1時間半走って、シェレメーチエヴォ国際空港到着。
色がアエロフロートオレンジ(←勝手に命名)だ。
a0101905_20354663.jpg
a0101905_20355590.jpg


東京行きは19時出発。
a0101905_2036593.jpg

搭乗手続きして荷物を預けようとして
念のためにトランクの重さを測ったらオーバーしてる!
何をそんなに買ったんだっけ?
三脚をトランクから出して対処したけど。

そのあと、保安検査場を通って出国手続き。
保安検査場のお姉さんが疲れて機嫌が悪くて怖かった。
その割には手荷物チェックは甘くて
水の入ったペットボトルは持込ちゃったよ。

a0101905_20361465.jpg


出発まで時間があるので
空港で最後のお買い物。
やっぱり何か買いたいのでちょこちょこと。

そして最後にもう一度食べたかった。
ロシアのアイス!
a0101905_20364714.jpg

これがチョコもアイスも濃厚で美味しい^^
お腹の調子も落ち着いてようやく美味しく食べられた。
ああ、満足。

「東京」だけはなんとなくわかる。
a0101905_20365853.jpg

旅行中にはちんぷんかんぷんだったキリル文字アルファベット
ブログを書いている間に少し読めるようになってきた。行き先だけならすらすらと。上からワルシャワ、ローマ、ハノイ、トウキョウ、ウランバートル、テルアビブ、ロンドン


東京行きは19時発の予定が19時45分に時刻変更。
帰りたいような、帰りたくないような。

でもちゃんと出発時間は来る。
a0101905_20371238.jpg
可愛いロシアのお兄さん。

こんな飛行機も日本の空港では見られないもんなあ。
a0101905_20372010.jpg
エア・バルティック、ラトビアの飛行機会社。ラトビアの首都、リガはバルト海の真珠と言われる場所。エロイカにも出てくるし、いつかいってみたい。

a0101905_20374025.jpg
モンゴルもいいよねえ。

さよならモスクワ。
a0101905_20373047.jpg


7月8日20時20分、テイクオフ!
a0101905_20374890.jpg

きっとまたいつか来るよ。

20時半、そろそろ夕暮れかな。
これからまた10時間半のフライト。
a0101905_20375721.jpg
a0101905_20384085.jpg


21時、日が沈む。
a0101905_20384981.jpg
a0101905_20385897.jpg


インドネシアの時みたいにきれいな星空見えるかな。楽しみ。

21時半、夕食。
今回の旅行で一番、アレだったかも^^;。
a0101905_20391117.jpg


そんな夕食を食べながら外を見ていると

あれ?
a0101905_20392142.jpg


夕日復活。
a0101905_20394740.jpg


モニターのフライトインフォメーションを見てて気がついた。
a0101905_20403573.jpg

今回のフライト、昼と夜の境目をしばらく飛んでいくんだ。

22時。
a0101905_20405227.jpg




この辺りはまさにシベリア?
a0101905_20415171.jpg
a0101905_2042419.jpg
a0101905_20421717.jpg
仔熊のミーシャがどこかで労働してたりして。

そろそろ23時近い。
a0101905_20423027.jpg

2時間近くずーっと夕焼け。
いつまで続くんだろう・・・。

目が覚めた。
モスクワ時間夜中の3時。
そろそろ日本時間に切り替え。
朝9時、朝食。
a0101905_20424345.jpg

a0101905_2043856.jpg


11時。ずいぶん高度が下がってきた。
田んぼに日本を感じる^^
a0101905_20433677.jpg


11時半、成田空港に到着。
結局9時間半のフライト。
a0101905_20434514.jpg
a0101905_20435797.jpg


ハードな旅の中でドキドキや喜びの時間を一緒に過ごした
ツアーの参加者さんたちとはなんだか別れ難かった。

空港で昼食を食べてリムジンバスに乗って帰宅。

ただいま。
みんな元気かな?

あ、ねぎっち♪
a0101905_20442316.jpg


やっちゃん!
a0101905_20443591.jpg


ガクはいい子にしてた?
a0101905_2045084.jpg

にゃんこは特別の感激もなさそうでシラっとしたもんで。
そりゃごもっとも。
またまた猫様に尽くさせていただきます。

長かったような短かったような
夢のような時間だったなあ。

ということで、これで長い長い長い長い旅行記はおしまい。
お付き合い本当に本当にありがとうございました。


*今回の旅行でお世話になった
大陸トラベル(ロシア・ウクライナ・中央アジア・コーカサスの旅行専門)では
来年11月に金井宇宙飛行士搭乗のソユーズ打ち上げツアー予定!
発表は来年5月頃、さあ、あなたもバイコヌールへ!
 
 
その31「宇宙飛行士訓練センター2」へ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
大西宇宙飛行士が地球に帰還する前に旅行記が書き終わった。よかった。
 
*おまけ
 
今回買った物。
 
ガガーリン宇宙飛行士訓練センターで買ったスキットルと
空港で買ったウォッカ、ウォッカグラス。
(お世話係用)
a0101905_0111023.jpg

 
ソユーズロケット、とロケットの形をした4色ペンとブランがついたボールペン。
(たぶんどちらも書けない^^;;)
a0101905_0112468.jpg

 
宇宙基地博物館で買ったマフラー(キリル文字が可愛い)と
ロスコスモスグッズのお店で買ったロスコスモスTシャツとシャツ、バンダナ
a0101905_0113361.jpg

 
コスモスホテルで琥珀のふくろうと猫、猫のマトリョーシカ
宇宙基地博物館ではラクダ2匹
バイコヌールの市場で大きなふくろうの置物と宇宙っぽい卵キッチンタイマー
a0101905_0114218.jpg

 
 
by rikiaru | 2016-10-29 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(4)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその24 さよならバイコヌール

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その24 2016年7月7日>

打ち上げが終わってホテルに戻る。
日差しが強くなった。
a0101905_22375124.jpg

なんども往復したこの道を通るのもこれでおしまい。

寂しい気持ちで窓の外を眺めていると列車通過。
a0101905_22375967.jpg

8時18分、通勤時間だね。

踏切の横に保守?のおじさん。
大きな仕事はこういう地道な仕事をする人に支えられている。
a0101905_22381289.jpg


また列車がやってきた!
a0101905_22382418.jpg
a0101905_22383331.jpg


ここ3つに分岐してる。
ゴロツカヤ駅からやってきてここから別れていくんだね。
a0101905_22384219.jpg


a0101905_22385180.jpg


検問所のゲートを通るのも最後。
a0101905_2239218.jpg
a0101905_2239278.jpg


不思議な鉄塔の林を見るのも最後。
a0101905_22393736.jpg
a0101905_22394628.jpg


うう、寂しい。

9時前、ホテル到着。
a0101905_22404025.jpg


ホテルでゆっくり打ち上げの余韻に浸ることもなく
荷物をまとめてすぐにロビーに集合。
a0101905_22405056.jpg


ホテルの前で記念撮影。
a0101905_22423757.jpg
スプートニクTシャツ(日本で購入)を着て記念撮影したかった。

お世話になったバス。空港まであともう1度乗せてね。
a0101905_22425188.jpg
フロントガラス、すごいね。

朝ごはんを食べる時間もないのでりんご。
a0101905_2243312.jpg


さよなら、スプートニクホテル。
a0101905_22431491.jpg

お食事もベッドもインテリアもホテルサービスも全部素敵でした。

そしてさよならスプートニク。
a0101905_22432419.jpg


ゴロツカヤ駅の脇を通過。
a0101905_22433556.jpg


バイコヌールの市街地を離れる。
a0101905_22434445.jpg
a0101905_22435260.jpg
a0101905_2244259.jpg
a0101905_22441146.jpg
a0101905_22441938.jpg


クライニー空港に到着。
a0101905_22444136.jpg


バスの運転手さんとはここでお別れ。
5日間ありがとうございました。
a0101905_22443268.jpg


この建物の中に入ったらもうおしまいなんだなあ、と。
a0101905_2244538.jpg
a0101905_22456100.jpg
a0101905_22452187.jpg
a0101905_22452931.jpg


空港の中は相変わらず厳しい雰囲気だったけれど
出国手続きのお兄さんはなぜかとてもフレンドリー。
「日本語でさよならはなんていうの?」なんて話しかけてきた。
ちょっと楽しい。

帰りもツボレフに乗り込み、11時出発。



シルダリヤ川だ。
a0101905_22453960.jpg

きっともう来れない、そう思うとちょっと泣けた。
さよならバイコヌール。

外は快晴。
a0101905_22462272.jpg


帰りの機内食(メインは二人分写ってます)。
a0101905_22464156.jpg

チキンのクリーム煮?がメイン。
残念ながら果物や野菜以外は食べられなかった。
うう。

機内食のアルミホイルの覆い。
メニューが手書き。中も外も手作り感がいっぱい。
a0101905_2247457.jpg


飛行機が上昇するにつれ、冷たくなる窓枠。
金属だから、温度変化がもろに伝わる。
a0101905_22471733.jpg


そして帰りも凍る窓の外。
a0101905_22472989.jpg


ツボレフに乗ることももうないんだわ(泣)
a0101905_22474031.jpg


その後飛行機でうとうと。
夜中から全然寝てないもの。

14時30分、モスクワの街が見えてきた。
a0101905_22475917.jpg
a0101905_22481594.jpg
a0101905_22485912.jpg


14時45分、モスクワ、ブヌコヴォ空港到着。
a0101905_22491716.jpg

バイコヌールとモスクワの時差は3時間、モスクワ時間で11時45分。

最後にツボレフをもう一度撮影しておかないとね。
a0101905_2249548.jpg
警備の人が思いっきりバッテンしてますが^^;;

荷物を受け取ってモスクワのホテルへ。
a0101905_22502342.jpg


通訳のアンナさんたちとはここでお別れ。
a0101905_22504420.jpg

ありがとうございました。

続く。
 
その25「モスクワ市内」へ。
その23「打ち上げ!」へ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
10月も半分過ぎた(汗)
 
by rikiaru | 2016-10-16 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその8 ロールアウト

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その8 2016年7月4日>

いよいよソユーズのロールアウト。

*ロールアウトとは飛行機の完成機が製造工場から出ること、だそうです。知らなかった。


バスを降りて工場の前まで行ったら、扉がもう開いてた。
ソユーズが見える!
a0101905_22101541.jpg


初めまして、ソユーズ。
きみに会いにここまできたよ。
a0101905_2211247.jpg


機関車とブロックみたいなクラスターロケット、なんだか絵本を見ているようだ。
a0101905_22124320.jpg


緑と黄色と赤と銀の配色も絶妙だし
a0101905_22141539.jpg


キリル文字も刺繍の模様みたい。
a0101905_22143472.jpg


横になったロケットが人が歩く速さぐらいで
ゆっくりと通り過ぎていく不思議。
なんだかお祭りの山車を見ているみたい。
a0101905_221509.jpg
a0101905_22151039.jpg
a0101905_22152498.jpg
a0101905_22161396.jpg


いよいよソユーズ本体が目の前に。
a0101905_22162578.jpg


責任者のおじさん?
おじさんもソユーズも最高にかっこいいよ。
a0101905_22163435.jpg


ソユーズを見送る工場のおじちゃん、おばちゃん。
a0101905_22165170.jpg
a0101905_2217791.jpg


この部分に宇宙飛行士が乗る。
そう思うとちょっと緊張する。
a0101905_22172228.jpg
ここに3人も乗るなんて、思ったよりも小さい。

こちらが先端。
ソユーズは後ろ向きに引っ張られているのだ。
a0101905_22173897.jpg
a0101905_22175010.jpg


これは何だかわからないけど
a0101905_2218886.jpg


このちょっとレトロな水色に赤と青のロゴ、さらに赤いマーク。
Kawaiiがいっぱい詰まりすぎ。
a0101905_22183216.jpg
エネルギアと書いてあります。
a0101905_22184894.jpg


我が子の旅立ちを見送り、業務に戻るおじちゃん、おばちゃん。
a0101905_22184128.jpg
a0101905_2219454.jpg
a0101905_22191429.jpg

淡々としていてこれが日常なんだなあ、と感じさせられる。
クールでかっこいいよ!

一方、ソユーズは遠ざかって行く。
a0101905_22192230.jpg
a0101905_22193779.jpg
a0101905_22194643.jpg
a0101905_22195648.jpg
a0101905_2220874.jpg
a0101905_2220174.jpg


後ろを振り返れば、製造工場もソユーズを見送ってた。
a0101905_22211588.jpg
a0101905_22213399.jpg
これはソ連版スペースシャトル「ブラン」の移動用クローラー。

目の前の線路。
a0101905_2222134.jpg


今まで何台のソユーズがこの上を通っていったんだろうね。
a0101905_2222118.jpg


と感慨にふけっていたら、遠くに見えるのはガガーリン発射台!
a0101905_2222285.jpg

これも見てみたかったんだよ。感激。

この後は、ソユーズが途中通過する地点へバスで先回りして
再び見学の予定。

もう、来れないだろうなあ。
a0101905_22231138.jpg


さよなら。
a0101905_22232383.jpg


さあ、バスに乗って次へ!

廃墟と現役の工場が普通に並んでる中を走りぬけていく。
a0101905_22233553.jpg


わんこ!
a0101905_22234827.jpg

穏やかで落ち着いてた。
工場の人に食べ物をもらってるのかな。

こちらもかなり古そうな建物。
現役なんだろうか。雰囲気あって素敵だけれど。
a0101905_22235961.jpg
a0101905_22242794.jpg


各工場にこうやって線路が繋がってる。
ロケットと鉄道が切り離せない関係なんて素敵だ。
a0101905_22243963.jpg


大好きな車止め!
まさかバイコヌールで車止めが見られるとは。
a0101905_22245057.jpg
a0101905_2225584.jpg


プログレス、と書いてあるのはわかる。
a0101905_22253368.jpg


続く。

その9「ロールアウト2」へ。
その7「虹!」へ。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
途中まで書いて文章消えた。シクシク。書き直した。
 
by rikiaru | 2016-09-14 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその4 ツポレフ!

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その4 2016年7月3日>

ホテル出発から30分弱。
モスクワ、ヴヌーコヴォ国際空港(Международный аэропорт "Внуково")に到着。
a0101905_22541476.jpg


ターミナルの一時駐車場に年代物の車。
a0101905_22542669.jpg

調べたらラーダという車らしい。
現在でも販売しているけれど、この古さはソ連時代のものね。

ヴヌーコヴォ国際空港は今年で開港75年。
a0101905_22544246.jpg
a0101905_225578.jpg
a0101905_22552010.jpg
a0101905_22553745.jpg


早速チェックインカウンターへ。
a0101905_22555653.jpg

ロシア語読めないけど、なんとなくバイコヌールと書いてあるのがわかる。
宇宙マーク?が可愛い!
宇宙開発の街へ行くんだ感が半端ない。

これが搭乗券。
モスクワ・ヴヌーコヴォ国際空港からバイコヌール・クライニー空港へ。
a0101905_22563329.jpg
a0101905_2256427.jpg


22Aゲートへ進む。
a0101905_22565225.jpg
右側の看板が前日に行ったカフェMyMy。
a0101905_2257174.jpg


22Aゲート到着。
a0101905_22571624.jpg

ここからバスに乗って飛行機へ。

かなり延々と空港内を走る。
a0101905_22573645.jpg

a0101905_22572829.jpg


いったいいつになったら着くのかと不安になってきた頃に到着。

今回乗るツポレフTu134A-3。
なんて可愛らしい飛行機!
a0101905_22574553.jpg

空港の人に撮影は禁止と注意されても(右側のお兄さん)

みんな無視。写真撮りまくり。
a0101905_22575526.jpg


もちろん私も!
a0101905_2258533.jpg


こそこそ写真を撮りまくり。
a0101905_22581396.jpg
丸いホタテみたいなマークは人工衛星とその軌道を模したマーク、だと思う。

a0101905_22582357.jpg
「KOCMOC→COSMOS」なのだ。
a0101905_22583375.jpg


写真を撮り終わって機内に入って思い出した。
この飛行機は「自由席」なのだった^^;
空いてる席はどこ?
a0101905_22584797.jpg
この写真は大陸トラベルさん提供

どうにか席を見つけて着席。
荷物入れが列車の網棚状態。飛行機なのに^^;

飛行機の中、どこを見渡してもレトロ。
a0101905_2321787.jpg


個人用のモニターなんてもちろんないし
a0101905_2323111.jpg


窓にはカーテン。
a0101905_2324575.jpg


丸い窓
a0101905_2325725.jpg
ゴムパッキンらしきものが取れかけてる^^;;

シートベルトもバックル?部分が金属。
a0101905_2333867.jpg

なんだか国鉄時代の特急に乗っているような気分。

「安全のしおり」もキッチュな可愛さ。
a0101905_2335773.jpg


とても美味しいと聞いて楽しみにしていた機内食。
a0101905_234945.jpg
ちょっと酸味のある黒パンでジェームズくん気分^^

スモークサーモンとスモークの何か。
a0101905_2342854.jpg

肉厚でおいし〜♪

お茶のサービスはきちんとポットで。
a0101905_2344057.jpg

前日、具合が悪かったことなんてどこへやら、美味しくいただきました。

気持ちいい青空。
a0101905_2352767.jpg


下には乾燥した大地。
a0101905_2353618.jpg


さて、途中トイレに行ってみたら

トイレの蓋と便座が木製!
a0101905_2354554.jpg


洗面が昭和な感じのステンレス!
a0101905_2355514.jpg


天井に丸い窓!
a0101905_236422.jpg


トイレットペーパーがわら半紙っぽい!
a0101905_236165.jpg
使用感はわら半紙ではなかったので一安心。

明るいいいトイレ!
a0101905_236281.jpg

そしてなぜかトイレの中に風がピューピュー吹いていて寒い。
窓が開いてるのか?と思ったくらい。
お尻が凍りそうだったわ^^

席に戻ったら、窓の外の水分が凍りついてる。
a0101905_2363834.jpg

とてもきれいだけど
今の飛行機ってこんなことないよね?

少し高度が下がってきたかな?
a0101905_2365183.jpg


飴のサービス。
a0101905_237355.jpg

飛行機に乗ったすぐ後にもいただいたけど
この飴がすごく美味しい。
包み紙も可愛いね。

おお、何か構造物が見える。
a0101905_2371572.jpg


もしかしたら何かロケット関係の建物かも。
a0101905_23729100.jpg


とドキドキわくわくするうちに、砂漠の中に建物がたくさん見えてきて
a0101905_237449.jpg


カザフスタン共和国、バイコヌール・クライニー空港に到着。
時差は日本時間-3時間。
モスクワと比べると+3時間。
モスクワを8時半に飛び立って4時間のフライトだったけど
到着は15時半。
今日の1日は21時間。

まさかの雨。
a0101905_237527.jpg
a0101905_238678.jpg


それにしても見渡す限り、ほぼ何もない。
a0101905_2383095.jpg
a0101905_2384091.jpg


タラップから降りて空港内へ。
入国審査は無事に通り抜け、ロビーへ。
(ロシアの租借地ではあるけれど、カザフスタンなので
ロシアを出国しカザフスタンに入国する)
モスクワと違って、空港の人の目が厳しい。
大きな一眼レフを持っているからか、刺さるような視線。
可愛いツポレフが見えたから、写真をもう一枚と思ったけれど
とてもそんな雰囲気ではなく。

空港の建物を出てほっと一息。
a0101905_2384953.jpg

青が基調の可愛い空港。
ロケットのオブジェがお出迎え、なんて種子島みたい。

ごみ箱もロケット。
a0101905_2392012.jpg


ここからなら写真を撮っても怒られない。
ツポレフ、また帰りにね。
a0101905_2394223.jpg


黒いシンプルなワンピースと紫のスカーフが素敵だったCAさん。
お世話様でした。
a0101905_231016.jpg

 
続く。
 
その5「スプートニクホテル」へ。
その3「長い1日」へ。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

 
by rikiaru | 2016-09-07 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその2 失神

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その2 2016年7月2日>

2度の延期を乗り越えて
お世話係に猫の世話やら花の水やりやら頼んで
猫にいたずらされないようになるべく部屋を片付けて
痛みそうな食材を全部食べて
ブログを書き溜めて、ようやく迎えた7月2日

3月のインドネシア旅行の時と同じ時間なのにずいぶん明るい。

5時20分、スミレちゃん、行ってくるね。
a0101905_1302547.jpg
「ままはまたうらぎったでち。」

思いっきりアジアな緑の梅雨の田んぼの中を抜けて
a0101905_0191676.jpg


成田空港到着。
またまた北ウィングへ。
a0101905_1305332.jpg
a0101905_131298.jpg


まず最初にWi-Fiをレンタル。
a0101905_131105.jpg

ロシア用とカザフスタン用。

ここでバイコヌール宇宙基地について少し説明。
バイコヌール宇宙基地はロシアの宇宙基地だけれど
カザフスタン共和国にある。
ソ連が崩壊して宇宙基地のあった場所がカザフスタンになってしまったのだ。
今はロシアが莫大なお金を払って(年間1億5千万ドル!)借りている。
バイコヌール宇宙基地内はほぼロシアなので
公用語はロシア語で通過もルーブルだけど
国としてははカザフスタン。
今回はモスクワに入って1泊
そこからチャーター機でバイコヌールへ。
(帰りも同じルート)
行き先は2カ国になるのだ。

今回Wi-Fiルーターをレンタルするのにのんびりしていたら
危うくカザフスタン用のルーターが空きがなくなる直前だった。
マスコミさんたちが一斉に借りたんだろうなあ。
数も準備してないだろうしね。

閑話休題。

まずは腹ごしらえ。
前回も食べたお茶漬け屋さんで朝ごはん。
a0101905_1311953.jpg
これは2人分。冷汁と鯛茶漬け。

食事が終わったら、ショッピングエリアをうろうろ。
a0101905_1312786.jpg

今回、スーツケースを新調したので、そこに貼るワッペンをいくつか購入。
真ん中のオレンジのワッペンは「はやぶさ2」だけど。

9時半、北ウィングの指定場所に集合。
モスクワに前日入りする人、さらにバイコヌールで合流する人ありで
成田に集合した参加者は10名。
どんなに濃い人が集まるかと思っていたけれど。
あら、なんだか普通。
まず女性の方が多い。4名。お子様も3名。
去年のツアーは宇宙クラスタ祭りだったように聞いてたけど
今年は違うのかな。
それとも実は「濃い」のかな。
私はといえばNIKON D750が目立ったようで・・・。

ツアー参加者以外に大陸トラベルの大森さん。
大森さんとはツアー参加を決めた時から何度も電話やメールでやりとりをしていて
初めて会ったけれど、ようやく会えた、感が。
出発までたどり着けただけで、旅行が半分終わった気分。

そしてもうお一人は菊地涼子さん。
今回のツアーのガイドをしていただく。
菊地さんは、私のこの度のきっかけになった
TBSの「日本人初!宇宙へ」で宇宙に行った秋山豊寛さんとともに
旧ソ連で宇宙飛行士の訓練を受けた方。
宇宙に行くことは叶わなかったけれど、宇宙飛行士の資格を持っている人なのだ!

菊地さんに会って、思わずこのツアーにかける意気込みを滔々と語ってしまった。
まだ、飛行機にも乗ってないのに、こんなに盛り上がっていて大丈夫か、私。

ここ最近3回の海外旅行は全てこの北ウィング出発。
a0101905_1313482.jpg

ケアンスの時はKOREAN AIR、インドネシアはGaruda Indonesia、
そして今回は「憧れの」AERO FLOT。

「エロイカより愛をこめて」(←少女漫画です)の大ファンな私
AERO FLOTは憧れ。
本当はジェームズくんにならって、ヘリンボーンのジャケットを着てきたかった。
(エロイカを知らない人はなんだかわかりませんがm(_ _)m)
どんな感じなのかしら、AERO FLOT。

そのAERO FLOTのチェックインカウンターへ。
a0101905_1314074.jpg
a0101905_1314856.jpg

あら、なんだかオサレ。
CAさん、美しい(もちろんモデルさんだろうけど)
さすが、芸術と文化の国ね。

セキュリティチェックを通って搭乗ゲート前の待合室で出発待ち。
a0101905_1315716.jpg


すると、なんとAERO FLOTのCAさんがやってきて同じく搭乗待ち。
a0101905_13261.jpg

おお、本物のCAさんも美しい!(思わず盗撮)
制服もレトロで可愛いなあ。
ちょっとサンダーバードみたい?
盗撮はできなかったけれど、男性パイロット?の方も前を通り過ぎて
ひっくり返りそうにきれいだったのよ。
眼福だわ〜。

そうこうしているうちに搭乗の時間。
a0101905_1321536.jpg

一生に一度の旅に出発!

機内でドリンクサービス。旅の出発を祝って白ワイン。
a0101905_1322884.jpg
オレンジがAERO FLOTのカラーなのね。

あっという間に(1時間経ったけど)日本海。
新潟上空を通過したのね。
a0101905_1325463.jpg
a0101905_1323667.jpg

新潟にいたころ、深夜放送を聞いていると
よく日本向けのモスクワ放送が混線した。
すごく生真面目な日本語がモスクワから聞こえてきたのが不思議な感じだった。
「日本の皆さん、こちらはモスクワ放送です。」
大陸の近さを実感したっけ。

といっても東京からモスクワまでは4700マイル(7500km)もあるんだけどね。
a0101905_1324744.jpg
a0101905_1332988.jpg


そしてユーラシア大陸の端っこにたどり着いたころ
a0101905_1333967.jpg


お昼ご飯^^
a0101905_1334717.jpg
a0101905_134596.jpg


食事はどんなだろうと思っていたけれど
けっこうおいしい。完食。
朝、軽めだったし。

その後しばらくうとうとする・・・。

目が覚めたら猛烈に気分が悪い。
しばらく目を閉じていたけれどどうにもならない。
とりあえずトイレにと思って席を立ったが、食後のせいか混んでる。
並ぶしかない。

・・・。

待ち行列が全然進まない。
立っているのが辛くなってきた。
申し訳ないけど、ちょっとシートの背につかまらせてもらって、しゃがんで待つ。

気がついたら、誰かに後ろから脇の下から腕を入れられて
後ろにずるずる引きずられようとしていた。
目の前にトイレがあるんだけどなんで?
というかなんで私は自分で歩かずに引きずられてる?
結局そのまま引きずられて後ろのギャレーで寝かされた。
どうもトイレを待っている間に気を失って
それと同時にリバースしてしまったらしい(汚くてすみません)。
戻したことで本人は割とすっきりしているけれど
周りの人(CAさんと助けてくれた乗客の人)

そのうちに「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」の放送が。
おおっ、これって本当にあることなのね?
初めて聞いた、それも自分のことで^^;
(ブロガー根性だして喜んでいる場合じゃないけど)

お客様の中にお医者様が2名もいてくれた。
一人は日本人の小児科の先生で、
もう一人は西欧系の、でも日本語ぺらぺらの先生。
二人に問診されて、血圧はかってもらった(正常値だった)
結局疲れと(前日あまり眠れなかった)
お酒(ワイン1/2杯だけど)で血圧急降下による失神でしょう、とのことだった。
まあ、失神?失神したなんて初めてだ。
何事も初めてって興味深い(←反省してない)

CAさんは大量にお手拭きをくれたり(服がどろどろだったorz)
甘い紅茶をいれてくれたり(おいしかった)
美人すぎてクールな感じだったけれど、本当に優しくしてもらった。
じいやに着替えをもってきてもらって完了。
(全部は着替えられなかったから、動くたびに微かにリバースの亡霊の匂いがorz)
みなさま、本当にご迷惑おかけしました。
そしてどうもありがとうございました。

席にもどってからしばらく寝て
アンドレイ・タルコフスキーの「惑星ソラリス」を見た。

出発して7時間、飛行機はひたすら東へ。
a0101905_1342374.jpg
a0101905_1343269.jpg
「♪GO WEST♪」

a0101905_1344436.jpg
a0101905_1345466.jpg


日本時間20時、夕食。
a0101905_135759.jpg
これは二人分。

ちょっと食べるのが怖かったけれど、思ったより食べられた。
美味しく感じたし。
復活、かな。

a0101905_1351739.jpg


出発してから9時間、飛行機の高度が下がって陸地が見えてきた。
a0101905_1353066.jpg


結局4850マイル(7800km)も飛んできたのか。
a0101905_1354170.jpg


川?
a0101905_1355271.jpg


ああ、緑が多い。
a0101905_136052.jpg


モスクワは水辺も多いの?
a0101905_136131.jpg


街並みが見える。初めましてモスクワ。
a0101905_1362332.jpg


搭乗時間約10時間、モスクワ、シェレメーチエヴォ国際空港に到着。
a0101905_136561.jpg


AERO FLOTのCAさん、ありがとうございました。
a0101905_137839.jpg
到着するとモニターに映し出されるのよ。

続く。
 
その3「長い1日」へ。
その1「プロローグ」へ。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
by rikiaru | 2016-09-03 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(4)

赤道直下でうろうろ インドネシア皆既日食の旅 その22 さよならパル 

<インドネシア旅行記 その22 2016年3月10日>

楽しかった旅行もそろそろ終わり。
なごり惜しいけれど、パルの街を眺めながらバスで空港へ。
a0101905_2222671.jpg
a0101905_22221388.jpg
a0101905_2222199.jpg
a0101905_22222768.jpg
a0101905_22223791.jpg
a0101905_2223611.jpg
a0101905_22231326.jpg
a0101905_22232174.jpg
a0101905_22232978.jpg


来る前はどんなところか想像もつかなくて少し怖かったけれど
いいところだったな、パル。

空港到着。
a0101905_22233892.jpg


お世話になったガイドのジョジョさん、ヤコブさん、運転手さん。
a0101905_222466.jpg


これから3日かけて、マカッサルの街まで帰るんだって。
a0101905_22241744.jpg

パルの街は観光地ではないので、
観光バスもガイドさんもマカッサルからわざわざ来てもらったそうな。
この数日間のツアーだけではなく
準備にもどんなに時間がかかっただろう。
本当にありがとうございました。

数日前に着いた時とは違う、落ち着いた雰囲気のパルの空港。
a0101905_22242558.jpg


日食の飾り付けにまだあの熱気の名残はある。
a0101905_22243244.jpg


空港の天気予報。
雲の画像は気象衛星ひまわり8号のもの。
日本だけじゃなく、世界で役立っていると思うとうれしい。
a0101905_22244720.jpg
黄色い点がパル。

この季節インドネシアは雨季から乾季へ変わる時期でここパルは数日前に乾季に入ったらしい。
ぎりぎり日食に間に合ったんだね。

そうそう、今回の旅行の直前
インドネシア沖で地震があって津波があったんだった。
a0101905_22245581.jpg

ひまわり8号とTSUNAMIと思わぬところで日本に出会った。

これから日本に帰る前にまずはジャカルタへ。
パルから日本への直行便はないからね。
a0101905_22254299.jpg


「SELAMAT JALAN」はいってらっしゃい。
a0101905_22255212.jpg
リクルートの「じゃらん」はインドネシア語からとってるのね。

外は晴天、フライト日和。
a0101905_2226081.jpg


さよならパル。
a0101905_222681.jpg
湾の奥がレストランのある辺りかな・・・。

また、来るね、とは言えない。
でもまた来たいな。
a0101905_2226186.jpg


飛行機に乗ったとたんに軽食。
a0101905_22262828.jpg
緑のシマシマはココナツ味のういろうみたいなもの。

ジャカルタに飛んでいると思ったのにまずはマカッサルに寄るらしい。
a0101905_22265620.jpg


マカッサルまで約600km。
a0101905_222753.jpg


1時間後
a0101905_2227133.jpg


マカッサルの空港に到着。
a0101905_22272233.jpg


まだ、先は長い。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
高校野球が終わって、明日でオリンピックも終わって、火曜日から「夏休み子ども科学電話相談」が帰ってくる^^
 
 
by rikiaru | 2016-08-21 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(375)
(221)
(207)
(207)
(207)
(199)
(195)
(165)
(164)
(163)
(143)
(131)
(127)
(124)
(116)
(116)
(111)
(111)
(104)
(103)
検索
ブログジャンル
画像一覧