りきの毎日

タグ:闘病記 ( 18 ) タグの人気記事

なっちゃんのしずしず闘病記 その6

10月5日
 
時計の針が12時をまわって10月5日になった。
 
なっちゃん輸液しようね。
a0101905_23413514.jpg
輸液しようと抱っこをしても、なんだかだらんとしてしまう。 
体が自力で支えられなくなってきた。
 
それでも頑張って輸液してもう真夜中。
a0101905_23414715.jpg
 
 

 
 
なっちゃん、おやすみ。
a0101905_23415887.jpg
 
また明日。
a0101905_23422433.jpg
 
 
 
けれど次の朝起きたら
なっちゃんはもう星組のねこ様になってた。
 
前の晩、一緒に寝ようかな、と思ったのに。
夜中に目が覚めて、なっちゃんの様子を見に行こうと思ったのに。
どうしてしなかったんだろう。
 
朝、レンが大きな声で鳴いていたのはきっとわかってたんだ。
 
レン、なっちゃんいっちゃったね。
a0101905_23423427.jpg
a0101905_23423957.jpg
a0101905_23424475.jpg
 
なっちゃんの肉球
黄疸で真っ黄色。
a0101905_23425077.jpg
今回は何にもできなかった。
調子が悪いのに気がつくのも遅かったし
治療らしい治療もできず
なっちゃんはこんなに肉球を黄色くして
ひとりで頑張った。
具合が悪くなって12日間
何も食べず何も飲まずよく頑張ったね。
 
そんななっちゃんをいたわるように寄り添うボンボン。
a0101905_23430268.jpg
a0101905_23431764.jpg
布の上に寝たかっただけかもしれないけど。
 
一方ライは酸素濃縮機とお別れするのが辛そう。
a0101905_23432317.jpg
 
なっちゃんの外側とお別れするのは7日に決まった。
a0101905_23433687.jpg
a0101905_23433053.jpg
それまで一緒にいよう。
 
マリー様は相変わらずのイタコ体質?で
ずーっとなっちゃんに寄り添っている。
a0101905_23434639.jpg
 
お世話係に最後の姿を描いてもらう。
a0101905_23435612.jpg
 
10月6日
 
レン、おはよう。 
a0101905_23443488.jpg
 
この日も寄り添うマリー様。
a0101905_23444260.jpg
a0101905_23445080.jpg
a0101905_23445774.jpg
  
ライはなっちゃんの絵を描くばあやにチャンスとばかりに寄り添う。
a0101905_23451891.jpg
 
同じ茶白なのに、マリー様とは違う。
ライらしくていいけれど。  
  
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  


171005
.  
. 
.

by rikiaru | 2017-07-06 23:59 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(6)

なっちゃんのしずしず闘病記 その5

10月3日
 
話が前後するけど。
前日10月2日の診察時に膵炎の検査もしたのだった。
a0101905_23223640.jpg
a0101905_23222590.jpg
結果は強陽性。
膵炎だ。
抗生剤と肝臓の薬、強めのステロイド剤を注射。
 
で翌日10月3日。
なっちゃんおはよう。 
a0101905_23220624.jpg
a0101905_23221329.jpg
a0101905_23221858.jpg
少し元気な気もするけれど、鳴かなくなった。
ステロイドが効いてる気配はない。
 
酸素室に飽きたのか扉を開けたら自分で出てきた。
a0101905_23224281.jpg
a0101905_23224861.jpg
a0101905_23225547.jpg
a0101905_23230789.jpg
すぐに戻ってもらったけれど。
 
夜のなっちゃん。
a0101905_23283797.jpg
a0101905_23284297.jpg
また明日ね。
  
10月4日
  
なっちゃんおはよう。
a0101905_23293175.jpg
a0101905_23294492.jpg
a0101905_23295348.jpg
a0101905_23300060.jpg
 
相変わらず人気の酸素濃縮機。
a0101905_23300908.jpg
 
幸せそう^^
a0101905_23301685.jpg
 
なっちゃんはあまり落ち着かないようで
a0101905_23302388.jpg
 
ちょっとしんどそうに寝ている。
a0101905_23302883.jpg
 
それでもおしっこをするとその上から体をよけてたけど。
a0101905_23303365.jpg
a0101905_23303809.jpg
a0101905_23304453.jpg
夜になったらそれもしなくなってしまった。
なでても反応がない。
辛いね、なっちゃん。
    
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  


171003
.  
. 
.





by rikiaru | 2017-07-05 23:59 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(0)

なっちゃんのしずしず闘病記 その4

10月1日
 
鳴いて甘えるようになった。
なでると頭を押し付けてくる。
気分がいいみたい。
相変わらず食べないけど。 
a0101905_22560461.jpg
 



 
今日も輸液はじいやの抱っこで。
a0101905_22561894.jpg
a0101905_22571696.jpg
a0101905_22573050.jpg
 
 

 
 
やっぱり嫌みたい。
でも食べない飲まないなんだから
輸液だけはしないとね。
 
輸液終了お疲れ様。
a0101905_22575780.jpg
 
この日の尿、ずいぶん色が薄くなった。 
a0101905_23143400.jpg
 
顔つきも少しはいいような。
a0101905_22583675.jpg
 
10月2日
 
一度診察したいということで病院へ。 


 
 

 
  
顔つきがわりとしっかりしてる。
瞬膜でてるけど。
a0101905_22592776.jpg
a0101905_22593565.jpg
 

 
 
目に軟膏を塗ったり(目が腫れた)、血を取られたりいろいろ大変です。
a0101905_22595824.jpg
 
血液検査の結果。
a0101905_23040964.jpg
なっちゃんの様子が少しよさそうだったので期待したけれど
肝臓の数値は悪くなっていた。
ほとんど治療はできてないもんね。 
 
すっかり疲れちゃったね。
家に帰ろう。
a0101905_23041978.jpg
 
 

 
 
a0101905_23044178.jpg
 
 
 
 
 
  
a0101905_23045774.jpg
a0101905_23051655.jpg
 
  
 
 
酸素室の生活になれてきて、それなりに居心地いいのかな。
このまま静かに穏やかに過ごしてほしい。 
  
.
人気ブログランキングへ
.  
. 
.

by rikiaru | 2017-07-03 23:59 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(0)

なっちゃんのしずしず闘病記 その3

2016年9月28日
 
借りてきた酸素室に入ったなっちゃん。 
a0101905_23473825.jpg
 
少しでも楽になるといいね。
a0101905_23475199.jpg
 
そして予想していたことだけれど
a0101905_23474523.jpg
この箱状のものは空気中の酸素を高濃度にする機械。
ここでつくった空気をホースで酸素室に送り込む。

 
適度な高さと心地よい?振動、ねこ様なら必ず乗りたくなるのはわかるけど。
a0101905_23475847.jpg
a0101905_23484835.jpg
a0101905_23485360.jpg
おいおいおいおい。
 
もう夜中だしみなさまには速やかに寝床に入っていただきました。
a0101905_23490055.jpg
 
落ち着けるように酸素室を半分紙で覆った。
a0101905_23490737.jpg
夜輸液100ml+抗生剤+ガスター10
  
9月29日
 
ガク、おはよう。
朝からそこ? 
a0101905_23494296.jpg
 
なっちゃん、おはよう。
a0101905_23495977.jpg

尿の色が随分薄くなった。
少しはいいかな。
a0101905_23503769.jpg
酸素室に入れた効果が出たのか
肉球が冷たくなくなった。
音に少し反応するようになった。
輸液を嫌がる。
嫌がる元気があるんだ。
a0101905_23504461.jpg
a0101905_23505213.jpg
それで食欲も出たかと思って猫缶をあげてみたけれど食べなかった。
そこまでは無理か。 
 
a0101905_23510752.jpg
  
9月30日

輸液を嫌がるのでじいやに抱っこしてもらって輸液。 
a0101905_23512995.jpg
  
朝、おはようのなでなでをしたらなっちゃんが鳴いた。
久しぶりだ。
それから酸素室の中で立ち上がって動くようになった。
ふらつくけどね。
a0101905_23513428.jpg
 
  
 
 
 
 
a0101905_23525124.jpg
a0101905_23525720.jpg
a0101905_23530327.jpg
a0101905_23531370.jpg
寝方も前よりは(少しは)楽そう?
 
ちゅーるなら食べるかな、と思ったけれど砂かけされた^^;;
   
朝晩とも輸液100ml+抗生剤+ガスター10 
   
.
人気ブログランキングへ
.  
. 
.



by rikiaru | 2017-07-02 23:59 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(0)

なっちゃんのしずしず闘病記 その2

2016年9月26日
 
前日の薬が効いてることを期待していたけれど。
朝起きたらなっちゃんはケージの一番下にいた。
(いつもは三段ケージの一番上の段にいる)
ケージの床の上がびしょびしょ。
そこでおしっこしてしまった?
(トイレの箱はすぐ横にあったんだけど)
でも掃除をしたら色がこんな茶色。
a0101905_19541985.jpg
血尿なんだろうか?
 
やっちゃんの尿検査用紙でもチェックしてみた。
こちらはそこまで変じゃない。
a0101905_19543610.jpg
 
トイレシートで吸っても茶色っぽい成分が。 
a0101905_19544362.jpg
 
これはビリルビン尿というもので
肝臓や胆道、膵臓などの病気が原因らしい。
未だになぜ具合が悪いのかははっきりしないけれど
よくない状態であることはわかる。 
 
薪ストーブの下で横になる。
a0101905_19545019.jpg
a0101905_19545759.jpg
a0101905_19551372.jpg
 
しつこく写真を撮っていたらお尻をむけられてしまった。
ごめん。
a0101905_19552021.jpg
とにかくずっとだるそうで
それでいて落ち着かない様子でしょっちゅう寝る場所を変える。
a0101905_19552868.jpg
  
トイレにも行けてないみたいなので下にトイレシートを敷いた。
a0101905_19555944.jpg
a0101905_19560726.jpg
 
この日もまったく食べないので
朝晩輸液100ml+抗生剤+ステロイド剤投与
水をスポイトで少しあげてみる→飲んだ。
便秘解消と栄養補給のために牛乳をであげる→飲んだ。
しかし便秘解消はならず。
夜は少しは栄養になるかと思って子猫用ミルクをあげてみた。
a0101905_19562354.jpg
a0101905_19564658.jpg
  
頑張ったね。
でも疲れちゃったね。
a0101905_19565698.jpg
a0101905_19570446.jpg
一日中こんな状態だった。
大きな音や触ったことにも反応が悪いし肉球は冷たい。
瞬膜も半分出たまま。
 
9月27日
 
朝輸液100ml+抗生剤+ステロイド剤。 
 
a0101905_19571591.jpg
この日の最初の尿の色は少し濃いめの黄色になっていた。
昨日よりは正常に近づいたかも。
 
子猫ミルクを強制給餌しようとしたけれど
ひどく嫌がって呼吸も荒くなってしまった。
仕方ない。
あきらめる。
 
a0101905_19581251.jpg
   
いつもと違うなっちゃん。
気になるよね。
a0101905_19585859.jpg
a0101905_19590736.jpg
 
病院に電話してこの日の様子を報告する。
もしかしたら膵炎ではないか、と言われる。
判定には検査キットを使って「猫膵特異的リパーゼ」の値を測定する。
膵炎だった場合、明確な治療法はない。
対処療法と食事療法のみ。
a0101905_19591432.jpg
a0101905_19592365.jpg
 
夜は輸液100ml+ガスター10。
(ステロイドは効果がでないので中止)
a0101905_19592944.jpg
 
輸液をしたら呼吸が荒くなって吐いてしまった。
(ただし吐くものは何もない)
a0101905_19593921.jpg

9月28日
 
尿の色はこんな感じ。
少し濃い。 
a0101905_20000739.jpg
 
この日は呼吸がかなり荒くてひゅーひゅーいってる。
辛そう。
a0101905_20001356.jpg
少しでも楽になればと思って
何回かお世話になった酸素ハウスのテルコムに電話した。
空きがあるのですぐに貸し出せるそう。
届けてもくれるのだが、一刻も早い方がいいので
じいやが帰宅するのを待って取りに行く。
久しぶりの酸素ハウスはバージョンアップしていた。
前回借りたのはやっちゃんのときだもんね。
幸いなっちゃんは酸素ハウスに嫌がらずに入ってくれた。
よかった。   
   
.
人気ブログランキングへ
.  
. 
.

by rikiaru | 2017-06-30 23:59 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(2)

なっちゃんのしずしず闘病記 その1

<今日から闘病記です>
 
最初にあれ?と思ったのは2016年の初め。
2015年8月に 4.00kgあった体重が徐々に減り
2016年1月には3,75kg、2月には3.60kgになった。
この2年間体重が3.80~3.95kgの間で安定していたので
これは何かあるんじゃないか、と病院で検査してもらった。
シニアにもなったことだしね。

結果は異常なし。
(その時の記事はこちら(ナズナの災難 その2))
ばあやの留守も多かったしストレスだろう、ということに。
その後、体重は3,60kg前後で推移。
体重が減り続けることもなくなったので、こんなもんなのかな、と。
 
9月にはいってレンと一緒にワクチン接種(9月10日)。
翌日からなっちゃん元気なし。
少し熱っぽく吐いた。
スミレとよっちゃんはワクチンに弱いので接種を数年前から取りやめていた。
オウちゃん一家はワクチンに弱いタイプなのかもしれない。
来年からはワクチンはやめることにする。
 
幸いなっちゃんは3日目には復活した。
一安心。
 
9月24日のこと。
この頃の夕食後のナズナの定位置はばあやのパソ横。
こんなふうにマウスを使うばあやの左手横でころんころん。
それなのにその日はなっちゃんが来なかった。
どこにいるかと探せば薪ストーブ前の床のすみ。
もちろんストーブはついていないし
この日は涼しかった(最高気温23度、最低気温21度)なのに
床の上にいるなんて変。
落ち着かないようでうろうろして場所を変える。
それにいつも誰かと一緒のなっちゃんがぽつねんとひとりはおかしい。
様子をみようと抱っこするととても軽い。
慌てて体重を測ったら3.05kg。
9月6日には3.60kgあったし、
10日にワクチンに連れて行った時に抱っこした時も体重が軽いとは思わなかった。
(病院で測っても3.62kgだった)
いつからこうなった?
その日(24日)と前日は外出していた。
13日にナズナがワクチンの副作用?から復活した後
17、19、23、24日が一日中外出。
13日から10日余りで600gも体重が減るなんて
明らかに何か兆候があったはずなのに見落とした。
食べてなかったのに、気づかなかった。
脱水しているので100ml輸液する。
 
翌9月25日
朝からだるそう。
a0101905_22284926.jpg
a0101905_22291773.jpg
 
病院へ連れていく。
キャリーに入れたら鳴いた。
鳴く元気はあるのか、とちょっとほっとする。
 
まずは血液検査。
血がどろどろで腕から採血できず、首から採血。
 
a0101905_22293601.jpg
 
腎臓は異常がないね、と言われて安心したのもほんの一瞬。
白血球が20000
黄疸がでている
肝臓の値が悪い
 
レントゲンも撮る。
a0101905_22294259.jpg
肝臓の腫れはない。
便秘。
 
輸液100mlと肝臓の薬とステロイドを入れる。
a0101905_22295219.jpg
この時にナズナがふらふらして手足をつっぱった。
これはあまり良くない兆候だそうだ。
さらに肉球が冷たくて顔つきがよくない。
もしかすると脳や神経からきているのかもしれない、と言われる。
なんだか呆然とする。
 
帰宅。
なっちゃん、がんばったね。
a0101905_22295887.jpg
a0101905_22300443.jpg
 
家に帰ったらレンがお出迎え。
いなくなって心配してたかな。
a0101905_22300934.jpg
a0101905_22302549.jpg
a0101905_22303158.jpg
 
疲れちゃったね。
a0101905_22304097.jpg
 
夜になったらますます顔つきがよくない。
目の瞬膜も出ている。
a0101905_22304709.jpg
a0101905_22305231.jpg
 
ごはんはもちろん水も飲まない。
(飲みたそうにはしていたけれど)
ぐだっとしているけれど落ち着かない様子でうろうろする。
夜輸液100mlと抗生剤を投薬。
薬が効くといいんだけど。
 
つづく 
      
.
人気ブログランキングへ
.  
. 




by rikiaru | 2017-06-29 23:59 | うちの犬猫物語 | Trackback | Comments(2)

やっちゃんだってわかってる

2月に入ってもやっちゃんが食べるのはささみだけ。

1月の頭にささみを食べだした頃は
ささみならなんでも食べる、という感じだったけれど
だんだん贅沢になってきた。
しっとりと茹でられていて、なおかつ暖かくないと食べが悪い。
茹でたささみは茹で汁につけたまま冷ましてしっとり仕上げ。
食べる時に冷たかったらその茹で汁であたためる。
火を加えすぎると固くなるので火加減に注意。
レンチンはぱさぱさになるからだめ。
裂いたささみに茹で汁を少しかけてやっちゃんに。
さらにやっちゃんは汁をさきに飲んでしまうので
適宜茹で汁をさじでかけて差し上げて
ささみは常にジューシーに。
やっちゃんがささみを召し上げっている間に
ささみを狙う他のにゃんこ様を
ちぎっては投げ、ちぎっては投げ・・・。
ばあやの1日のかなりの部分をささみに捧げる生活が続く。

そんな美味しく仕上がったささみをつけ狙うかきっち。
a0101905_2210835.jpg
a0101905_22101631.jpg
a0101905_22102334.jpg
a0101905_22103259.jpg
a0101905_22104097.jpg
a0101905_22104890.jpg

あまり邪魔をせずに大人しく待っていればちゃんと順番がまわってくる。

レンだって大人しく待っていれば
a0101905_22112051.jpg
a0101905_22113110.jpg
a0101905_2211395.jpg
a0101905_22115197.jpg
a0101905_2212049.jpg
a0101905_2212961.jpg

閉じ込められずにちゃんとおこぼれがまわってくる。


1日に3〜4回ささみを食べるやっちゃん。
ささみに支配された日々は大変だけれどすっかり慣れた。
ばあやがいない時はカリカリを食べているかと思ったけれど
ばあやが帰ってからささみを爆食いしているので
カリカリは食べてなさそう・・・。
ばあやが旅行に出かけたらどうなるんだろう・・・。
お世話係にこんな面倒なこと頼めないし
だいたいやっちゃんはお世話係にささみを要求しないと思う。

困ったな。

そんなばあやの気持ちを察したのか
2月22日、やっちゃんは突然カリカリを食べだした。



そしてささみを食べなくなった。

この2ヶ月、なんだったんだろう。
動物性たんぱく質を猛烈に欲してた、ってことなのか。
きっと体に十分な量のささみが行き渡ったんだな。
(なんだそれ^^;)

じいやが会社帰りにささみを買って帰る日々も終わった。
2日置きにスーツを着てスーパーの食肉売り場に直行して
脇目も振らずにささみを3パック買うおじさんが来なくなって
スーパーの人も寂しがってるかも^^;

とにかくやっちゃんの食事は通常営業に戻った。
ばあやがいなくてもやっちゃんのお腹が満たされるって大事。
やっちゃんのためにも、ばあやのためにも。
 
その後、やっちゃんの口の調子も良くてばあや安堵。
いやいややっちゃんの食事に振り回された2ヶ月でありました。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
そしてやっちゃんのささみから解放されたばあやは旅に出るのだった。
      
                                                                                                                                  
170205、170216、170217
by rikiaru | 2017-03-20 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(4)

ひとりじめはゆるさない

やっちゃんがささみを食べるときには
後ろで誰かがスタンバイ。
この日はスモモとレン。
a0101905_23471570.jpg
a0101905_23481939.jpg
a0101905_23482667.jpg
a0101905_23483422.jpg
a0101905_23484343.jpg
「しせんをかんじてたべにくいです。」

ゆでたてささみを食べてるんだから
それはしょうがないと思うよ。

お腹がいっぱいいなったらスモモとバトンタッチ。
やっちゃんの食べ残しが少し残ってるかも。
a0101905_2348538.jpg
a0101905_2349282.jpg


スモモの後ろにはさらにレン。
a0101905_23491012.jpg
a0101905_23491986.jpg
「ぼくがおにいちゃんなのに。」

a0101905_23493162.jpg
a0101905_23494261.jpg
a0101905_23495038.jpg
a0101905_23495881.jpg
「レンおにいちゃんがこぼしたささみ、おちてないかな。」

昼間はスモモだったけれど今度はコウメの番。
a0101905_2350789.jpg


待ち遠しいね。
a0101905_23501739.jpg


順番がまわってきた。
a0101905_23502874.jpg


その頃レンは
a0101905_2350354.jpg

あまりにうるさくて強制退場。
レンはカリカリもウエットも野菜もなんでも食べるから
ささみは食べなくていいよ。
 
1月7日にステロイド剤を打って後
1月15日、28日に抗生剤と点滴の処置。
口の痛みはあるようだけれど、どうにか乗り切ってくれている。
この1ヶ月ささみしか食べないけどね。
栄養は足りているようで
ものすごいふけと脱毛はおさまった。
これ以上は贅沢な望みなのかもしれないけれど
カリカリを食べてくれよ・・・。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
今日の日中はコートがいらなかったよ。
                                                                                                                                     
170205、170206
 
by rikiaru | 2017-03-19 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(0)

偏食王子

<昨日の続き>

10月24日に弱いステロイド注射を打った後は食欲は衰えず。
ただし口は痛がるので2週間おきに抗生剤+点滴。
体重は3.2kg。

家での尿検査の結果も良くなってきて

11月21日
a0101905_22244673.jpg


11月27日
a0101905_2225433.jpg


12月2日
a0101905_22251825.jpg


目で見る範囲では尿に糖は出ていないみたい。
一安心。

2017年のお正月を迎えたら調子が悪そう。
ふけの量が多くてまだ寒いのに抜け毛もすごい。
まだ換毛期ではないと思うけど。
食欲はあるみたいだけれど、どのカリカリをだしても
ウエットをだしても食べない。
いろいろ試して、ささみなら食べることが判明。
Ciaoのささみを裂いて食べさせる。

1月7日病院
a0101905_23273742.jpg
a0101905_23274877.jpg


抗生剤では効きそうにないのでステロイド注射+点滴。
ちょっと残念だけど、前回からは2ヶ月あいた。
去年の夏までは強めのステロイド注射を3週間に一度打っていたことを思うと
頑張れてると思う。
セラプトが効いているのかも。

ふけ、脱毛は体調が悪いときによくあることらしい。
新陳代謝をよくして、体の悪いものを出すんだそうだ。
ようするにデトックスということかしらん。

さて、やっちゃんは口の調子が悪くなると
好みがカリカリからウエットに移動する。
口の状態がよくなると、またカリカリが好きになるので
ささみ祭りも終了かと思ったのに。

ステロイドで口の痛みがなくなったのにもかかわらず
ささみしか食べない。
カリカリはもとよりウエットにも興味なし。
キッチンのカウンターで、ひたすらささみがでてくるのを待つ。
Ciaoのささみをあげていてはうちの財政が破綻するので
ささみを買ってきて茹でささみ。
それでも1日5本も食べるからお財布が・・・。
でもとにかく食べてくれるのが一番。

a0101905_23275741.jpg
a0101905_2328494.jpg




a0101905_23281459.jpg
a0101905_23282019.jpg


王子はお口が小さくていらっしゃるので
ささみもばあやが適度な大きさにさきさきして差し上げねば。



途中でいろいろ邪魔が入るのでばあやは見まもらねばならない。
他のことができない。
a0101905_23282862.jpg




a0101905_23283617.jpg
a0101905_23284349.jpg


食べるものが見つかって食欲も復活したのはいいけれど
ばあやがいないとささみ食べられない。

なぜなら
やっちゃんはささみの茹で方にうるさい
やっちゃんはささみの裂き方にもうるさい
やっちゃんはばあやにしかささみを要求しない。
orz


困ったな。
  
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
街中のハクモクレンが満開^^
                                                                                                                                       
170107、170121
 
by rikiaru | 2017-03-18 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(0)

おでぶなやっちゃん

ルイルイやっちゃん王子は体が弱い。
特にダメなのが口。
オウちゃんの口がダメなところが似てしまった。
3週に一度、ステロイド剤と輸液してもらってた。
(ステロイドの効き目は2週間だが
やっちゃんは薬の効きがいいので3週間〜1ヶ月持つ)

口が頻繁に痛くなるだけじゃなくて
超偏食王子。
基本カリカリが好き。
でも好き嫌いが激しい。
家でみんなにあげてる基本のカリカリ
(うちではサイエンスダイエット)はあまり食べたくなくて
シーバ、ニュートロナチュラルチョイス
ロイカナのPHコントロールやアロマエクシジェント
そしてなぜか銀のスプーンが好き。
でもこの好きな銘柄も日によってどれが好きになるかはわからない。
ばあやは今日の王子のお好みがどれか判別するために右往左往。
(その周りには、おこぼれの高級カリカリをもらおうとするにゃんこ様^^;)

そうやってご機嫌とって食べさせて、それでも体重は3kgちょい超え。
あーあ。

それでも少しずつ症状が落ち着いてきてよく食べるようになった。
体重もずいぶんと増えてきて2016年7月には体重も3.7kg超え。
過去最重量^^

7月18日のやっちゃん。
a0101905_21392615.jpg


なんか丸い?丸太?
a0101905_21393643.jpg


8月29日のやっちゃん。
a0101905_2139472.jpg


明らかに「でぶ」だ。
まさかやっちゃんに向かって「でぶ」と思う日が来るなんて・・・
ばあや、感涙。

9月に入ったら体重が3.4kg。
減ってしまった・・・。
おまけに水はよく飲むし、おしっこの色は薄いし、
これはまずい。
病院に行って血液検査。
a0101905_220385.jpg
a0101905_2201357.jpg
a0101905_2202397.jpg
「ぼくはどうなりましか?」

頻繁に病院に行っているのにいつもと違うのがわかるらしい。

血液検査は大変だった。
血管から血液がなかなかとれなくてやっちゃんごきげんななめ。

結果は・・・
a0101905_2203658.jpg

腎臓が悪いとばかり思っていたのに
腎臓肝臓の値は問題なし。
脱水あり(←点滴してもらった)
そしてGLUの値が高い。
糖尿病だ。

毎日インスリン注射なんだろうか。
やっちゃん、絶対にやらせてくれないよ。

ここで先生のお話。
この糖尿病はもしかしたら「いげんせい」のものかもしれない、と。
「いげんせい」?
やっちゃんは長年ステロイド注射を打ってきたのでそのせいかも、と。
ああ「医原性」か。

先生曰く
ステロイド注射をやめればよくなるかもしれない。
その場合、慌ててインスリンを打つと血糖値が下がりすぎるので危険である。
とにかくなるべくステロイドを打たずに抗生剤で口の炎症を抑えて
とりあえず様子をみましょう、と。

まだ本格的な糖尿病決定ではないらしい。
しかし、抗生剤だけで口の痛みを抑えられるんだろうか。
ステロイドを打たなかったらきっと食べなくなる。
うううう。
 
ここで思い出した。
一時期乳酸菌納豆菌のサプリをあげてて、ちょっと効果があったんだ。
ダメ元でまたあげてみよう。
a0101905_22434286.jpg


かなりいいお値段なんだけれど
微粉末だし、匂いや味にうるさいやっちゃんでも
カリカリにかけて一緒に食べてくれるすぐれもの。
毎日耳かき1杯分とればいいというのもありがたい。
ちなみにこれは大容量の70g入りで7.5g入りもあり。

それから時々尿検査をするようにとの指示。
人間用の検査試薬をわけてもらった。
(テルモのウリエースなど。薬局で買えます)

やっちゃんは朝一できれいなトイレシートにおしっこをするので
現場を見たら、いそいでそこに検査紙を押し付ける。

9月21日
a0101905_22355873.jpg

正常値なら色が変わらない(黄色)のまま。
濃い緑だorz
(右の四角が血糖値、左の四角はケトン体値を調べるもの)

9月26日
a0101905_22361479.jpg

少し色が薄くなったかな。
ちょっと希望の光。

10月に入ったらどろどろ目やに。
抵抗力が落ちてるのかな。
病院で目に軟膏をぬってもらってついでに点滴をしてもらう(10月2日)
(やっちゃんは家では点滴等や軟膏や投薬等の医療行為をさせてくれない)
10月8日は軟膏+点滴+抗生剤注射
10月22日も上に同じ。

乳酸菌サプリと抗生剤でだましだましやってきたけれど
どうにも食べなくなってしまった。
10月24日は軟膏+点滴+ステロイド注射。
ただしステロイド注射は以前に比べて弱い効き目のもの。
数日しか効果はないけれど
どうにかこれが引き金になって食べだしてくれたらラッキー。
血液検査もしたかったけれど、
どうやっても血液が取れなかった。

ステロイド注射はすぐ効いた。
(やっちゃんは薬の効きが異様にいい)
食欲が出て食べだした。

翌週も病院へ。
軟膏+点滴+抗生剤注射
数日で切れるはずのステロイド剤がまだ効いている。
今のうちに抗生剤を打って、どうにか体調を保つ作戦。
血液検査もできた。
(食事と点滴で少し血の状態が改善できたか?)
a0101905_23101844.jpg

少しだけどGLUの値が改善。
インスリンを打たなくても値が下がった。
よかった。

やたら病院へ連れてこられるやっちゃんは全然よくないと思うけどね。
a0101905_2311875.jpg

 
そんなこんなの去年の秋。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

闘病記ばっかりで本当にm(_ _)m。やっちゃん、ぴんぴんしてるのでご安心を。
    
                                                                                                                                   
160718、160829、160903、161024
by rikiaru | 2017-03-17 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(387)
(228)
(214)
(211)
(207)
(202)
(199)
(172)
(167)
(163)
(143)
(134)
(131)
(124)
(119)
(118)
(116)
(111)
(106)
(106)
検索
ブログジャンル
画像一覧