りきの毎日

タグ:鉄道 ( 24 ) タグの人気記事

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その12 稚内駅

<北海道旅行記 その12 2017年2月26日記事>
 
ホテルの部屋から海を見たらうっすらと影。
a0101905_22304782.jpg
利尻島か礼文島だ(どっちだろう)。
 
ホテルの前の通りは利札通り。
「利尻」「礼文」通りだ。
a0101905_22310785.jpg
いつか礼文島に高山植物を見に行きたい。
  
お世話になったホテルにさよならして出発。
a0101905_22312076.jpg
 
レンタカーには雪が積もっているけれど
パウダースノーなのでブラシで掃くだけで大丈夫。
新潟の雪とは大違いだ。
a0101905_22313422.jpg
 
帰りの列車まで少し時間があるので、稚内公園に行くことにした。
南極観測隊の樺太犬記念碑と供養塔がある。
  
稚内公園の入り口に着いたら
a0101905_22314616.jpg
冬季閉鎖中だった。
残念。
 
じゃあ、もう1回あそこへ行ってみようかな。
a0101905_22320015.jpg
雪嵐で前が見えない。怖。
  
再びのノシャップ岬。
a0101905_22321884.jpg
a0101905_22323308.jpg
a0101905_22324777.jpg
 
ノシャップ岬の隣は漁港。
a0101905_22331963.jpg
 
冬は漁が休み?
a0101905_22335537.jpg
a0101905_22340949.jpg
 
「力丸号」を見つけた。
うちの初代のわんこが「力(りき)」。
なんだかうれしい。
a0101905_22351318.jpg
 
 


ノシャップ岬、寒すぎる。
もう耐えられない。
 
おじさん、もう行くよ。
a0101905_22353480.jpg
 
車に戻ったら窓が凍りついてる。
a0101905_22360860.jpg
 
車内に落ちた雪が溶けてない。
a0101905_22361815.jpg
どんだけ寒いんだ。
 
駅に向う途中で前日お世話になったあきかわ屋さんが。
a0101905_22363196.jpg
こちらこそありがとうございました。
また来ます。
 
海の安全と豊漁を祈願する岬神社。
大綿津見神(おおわたつみのみこと)をお祀りしている。
a0101905_22364653.jpg
 
除雪車が駐車場で休憩中。
a0101905_22365724.jpg

そしてまたまた見かけた宗谷バス。
というか東急バス。
a0101905_22371308.jpg
ネットで調べたら、これは本当に東急バスの車両だったらしい。 
もしかしたらこの車両に乗ったことがあるかもしれないね。
 
交差点の名前が「ノシャップ2丁目」
ここの住所が稚内市ノシャプ2丁目。
かっこいい住所だ。
a0101905_22373037.jpg
 
また、前が見えないよ。怖い。
a0101905_22374253.jpg
 
前が見えにくい中、事故も起こさず稚内駅到着。
a0101905_22375309.jpg
 
駅の前には日本最北端線路のモニュメント。
a0101905_22380465.jpg
黄色い車止めは可愛いけれど、肝心の線路が雪に埋もれちゃってる^^;
 
こちらはモニュメントじゃなくて本物の線路だけど
やっぱり雪に埋もれてる。
a0101905_22381685.jpg
 
駅の売店でお土産や駅弁を購入。
a0101905_22382845.jpg
このお弁当の包み、稚内の名所がたくさん書いてあって稚内気分満載だけど
中身はわからないなあ。何入ってるんだろう。
(このお弁当は買わなかったのよ)

駅の中には映画館がある。
a0101905_22384192.jpg
他にお土産物やさん、昨日昼食をとった食堂、コンビニ、道の駅
地域交流センター、グループホームや高齢者住宅まで揃ってる。
車社会で鉄道から気持ちが離れがちだけど
こんな風に駅にいろいろ揃っていれば
駅が交流の場になるね。
 
犬ぞりポスターの展示があった。
第1回は1984年開催。 
映画「南極物語」に出演したタロとジロが稚内市に贈られたことがきっかけで開催。

最初の頃のポスターはシンプル。
ちょっと南極物語っぽいね。
a0101905_22384964.jpg
第6回(1989年)〜11回(1994年)
ちょっとダイナミックな感じに。
a0101905_22385960.jpg
 
第17回(2000年)〜20回(2003年)
おれはやるぜ感が満載。
a0101905_22390816.jpg
前日に会えた本物のおれはやるぜわんこたちは
短毛(たぶんユーロハウンドという種類)だったけれど
やっぱりポスター映えするのはチョビ(シベリアンハスキー)なんだなあ。
各年代でポスターの雰囲気が違って面白い。
  
「おれはやるぜ」も見たし、美味しいものも食べたし
水族館も凍える岬も体験したし、楽しかったな、稚内。
カネポッポという名のモニュメントに送られて
帰りましょう。
a0101905_22391992.jpg
 
 
.
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

名物わっかない弁当の中身が気になるので調べたら、海老、焼き鮭、ホタテなどが入った幕内弁当だった。
 
170226
.
 

by rikiaru | 2017-04-24 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その5 スーパー宗谷その3

<北海道旅行記 その5 2017年2月25日>

今回の記事も雪景色と鉄道ばっかりです。m(_ _)m

幌延駅を出発して再び雪の平原。
a0101905_2218401.jpg


雪が風で舞い上がってる。
雪嵐というんでしょうか?
a0101905_22184810.jpg
a0101905_22185772.jpg
a0101905_2219664.jpg
a0101905_22194367.jpg

青空見えてきた。
天候がクルクル変わるね。

12時13分、豊富駅到着。
a0101905_22195455.jpg
a0101905_22202729.jpg


豊富町は下エベコロベツ川で魚がとれ、
石炭や石油、天然ガス、温泉、泥炭など天然資源に恵まれた土地で
転じて、なんでも豊富(ほうふ)にある町、豊富(とよとみ)なんだそうな。
さらに最北の温泉郷でもあるし、
自然が豊かなサロベツ原野もあるし
下車してみたい。

a0101905_22203711.jpg
a0101905_22204752.jpg


スノーモービルで疾走する人たち発見。
a0101905_22205633.jpg


外はそんな凍える冬景色だけれど
じいやは車内で半袖。
a0101905_2221593.jpg

北海道の冬の室内は本当に暑い。

稚内駅到着まであと15分。
a0101905_22211576.jpg


なんとなく海沿いっぽい風景だな、と思っていたら
a0101905_22212334.jpg


海!
a0101905_22213279.jpg


うみ!
a0101905_22214766.jpg

日本海です。

海風吹き付ける小山のてっぺんに撮り鉄さん発見!
a0101905_22221198.jpg

スーパー宗谷の撮り納めかも。
3月4日のダイヤ改正でスーパー宗谷の名前が時刻表から消える。
札幌ー稚内間が1日3往復から1往復になる。
乗りに来るたびに「これでおしまい」ばっかりだ。
なんだかなあ。



可愛いスキー場発見。
a0101905_22221967.jpg

調べたらこれは「こまどりスキー場」というんだって。
なんで「こまどり」かといえば
スキー場の住所が「稚内市こまどり4丁目」
住所が「こまどり」なんて素敵すぎる。
(ちなみにこまどりは5丁目まで。はまなすっていう地名もある)

ラッセル車かっこいい。
a0101905_22223057.jpg

一度ラッセル車が動いているところを見てみたい。

12時8分、南稚内駅到着。
a0101905_22223777.jpg
a0101905_22232690.jpg




12時53分、札幌から396.2km、5時間5分で
「終着」稚内に到着。

ドアに雪が凍りついてるよ。
極寒の中、稚内までありがとう。
a0101905_22233960.jpg


ホームに降りるとそこは日本最北端の駅。
a0101905_22234991.jpg

来てみたかったんだ、はじっこに。

西大山駅はJR最南端の駅。
a0101905_22391183.jpg
今は沖縄にモノレールの駅があるので日本最南端ではない。

a0101905_22392384.jpg
a0101905_22394769.jpg
a0101905_223956100.jpg
a0101905_2240510.jpg


これが日本最北端の車止め。
a0101905_22401321.jpg

はじっこの中のはじっこ。
King of はじっこ^^
ちなみに最南端の西大山駅は最南端だけれど終点ではないので
車止めはない(と思う)

それにしても稚内駅がモダンで驚いた。
まさか最北端の車止めがガラス張りの駅舎をバックにしていようとは。
増毛の車止めも背景が新興住宅街のような家並みで驚いたけど。
ひなびた風景に溶け込む車止め、なんて勝手に思っていたけど
実際に見ないとわからないね。

a0101905_22402146.jpg
a0101905_22402979.jpg
a0101905_22403757.jpg
a0101905_22404527.jpg
a0101905_22405739.jpg




スーパー宗谷、いっちゃった。
a0101905_22411276.jpg

この線路をずーっと3000kmたどっていくと
鹿児島の端っこにたどり着くと思うとグッとくる。

最北端の駅を満喫したところで参りましょうか。
a0101905_22412065.jpg


時刻は13時過ぎ。お腹がすいた。
駅に食堂でお昼ご飯。

注文して食事が出てくるのを待っていたら
店に流れるラジオ?から「宗谷岬」が流れてきた!

わああ、なんてタイミングなんだ。
なんかいきなり旅情がクライマックス!
(ラジオだったのでいつも流れているわけではないと思う)

だけどばあやが慣れ親しんだ「宗谷岬」とちょっと違う。
歌っているのがダ・カーポじゃない。

調べてみたら「宗谷岬」はダ・カーポのオリジナルではないのだった。
なんと作曲は先日亡くなった巨匠「船村徹」先生。
(作詞は吉田弘さん)
オリジナルは黒木真理(まこと)さんという方が歌っている。
You Tubeに千葉紘子さん(!)が歌うバージョンがあるので聞いてみた。
悪くはないけれど、演歌のご当地ソングという感じかな。
アレンジが演歌だし(演歌は嫌いじゃないけど)
やっぱり「宗谷岬」はダ・カーポだよね。

と宗谷岬についていろいろ考えたところで
お昼ご飯登場。
a0101905_22412813.jpg

サッポロクラシックに稚内焼きそばにザンギ定食。
とーってもおいしかった。
普通なんだけど、きちんと丁寧に料理している感じ。
稚内駅内食堂、オススメです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ようやく稚内到着^^;
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-03 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その4 スーパー宗谷その2

<北海道旅行記 その4 2017年2月25日>

今日の旅行記はほぼ雪景色で真っ白です。ご興味がある方だけどうぞ。

旭川駅を出発して、スーパー宗谷はいよいよ宗谷本線へ。

コンテナいっぱい。
貨物専用の北旭川駅かな。
a0101905_22491936.jpg


旭川の市街地を離れると雪の平原、そして時々川。
a0101905_22493113.jpg
a0101905_22493859.jpg



 
三浦綾子さんの小説で有名な「塩狩峠」。
(読んだことはないけれど)
無人駅でとても静かだそう。
少し離れたところには温泉もあるんだって。
降りてみたい。

旭川の次の停車駅は「和寒駅」



9時45分、和寒駅到着。
a0101905_22503060.jpg
a0101905_22504123.jpg

駅のホームのあっちにも「わっさむ」こっちにも「わっさむ」。
「わっさむ」って音が面白くてなんだか楽しい。
そして心の中で「わ、さむ〜」とおやじギャグをつぶやいてしまう。

*駅の由来はアイヌ語の「アッ・サム」(ニレの木のそば)から。

9時56分、士別駅到着。
a0101905_22505163.jpg

羊のまちなんだね。
「羊と雲の丘」なんていうのがあるらしい。
もふもふしたい。
ラム肉ジンギスカンも美味しいらしい。
可愛くて美味しい羊さん・・・。

*「士別」はアイヌ語の「シペッ」(大いなる川)から

10時11分名寄駅到着。
駅員さん交代かな。まだ先は長いもんね。
a0101905_225116.jpg


*名寄の由来はアイヌ語の「ナイオロプト」(渓流に注ぐ口)。
 名寄川が天塩川に注ぐ様子をいったもの。
 2月の平均最低気温が-16.3度で全国の市で一番低い。ひえええ。

歴史のありそうなレンガの倉庫。
a0101905_2251968.jpg


雪が激しくなってきた。
a0101905_22511753.jpg


名寄からしばらくの間、スーパー宗谷は天塩川沿いに北上。



a0101905_2252984.jpg
a0101905_2252174.jpg
a0101905_22522669.jpg


10時32分、美深駅到着。
a0101905_22523558.jpg

ここはとっても立派な駅舎。
駅長さん?らしき方が団体客をお出迎えしてた。
調べたら温泉があるみたい。
それからチョウザメが特産品だとか。
1931年1月27日に-41.5℃を記録しているとか。
ひえええ。

*美深の由来はアイヌ語「ピウカ」(石の多い場所)。
 雪がたくさんふって美しいのかと思った。

ここにも倉庫。
a0101905_22525290.jpg

こんなレトロ倉庫、都会にもっていったら大人気だ、と思うけど
ここではきっと現役だよね。
きっと北の大地のおいしい野菜が入ってるんだろうな。

撮影ミスじゃないです。雪、激しい。
a0101905_2253177.jpg


脇を走る国道40号の標識に「稚内」の文字が見えた♪
a0101905_22531054.jpg


雪原にぽつんと建つ可愛い家。
煙突が4本もあって暖かそう。
a0101905_22531648.jpg
煙突が4つということは各部屋に薪ストーブや暖炉があるの?

a0101905_22563054.jpg
a0101905_2256386.jpg


10時58分、音威子府駅到着。
a0101905_22564624.jpg
a0101905_22565493.jpg

「おといねっぷ」っていう音がいいよね。
北海道感満載。
隣の「さっくる」っていう音も可愛い。
音威子府村は人口が1000人割っているそうで
人口密度が2.9人/km²。
ひろびろ〜。
駅そばが有名らしい。

*音威子府はアイヌ語の「オ・トイネ・プ」(河口・土で汚れている・もの)に由来。
 音威子府川が天塩川に合流する地点が泥で濁っていたことから命名。

a0101905_2257410.jpg
a0101905_22571345.jpg
a0101905_22572247.jpg


11時27分、天塩中川駅到着。
a0101905_22573211.jpg

雰囲気のある駅舎。
健さんがでてきそう。

*旧駅名は誉平(ぽんぴら)駅(アイヌ語の「ポン・ピラ」(子・崖))

a0101905_22574058.jpg
a0101905_2258377.jpg


雪雲と雪原と雪でほぼ真っ白だったのに
いつの間にか青空が。
a0101905_2258134.jpg


窓ガラスの外に氷がこおりついているよ。
a0101905_22582271.jpg
a0101905_22583012.jpg
a0101905_22583936.jpg
a0101905_22585179.jpg
a0101905_2259113.jpg
a0101905_2301224.jpg
a0101905_2302520.jpg


11時59分、幌延駅到着。
a0101905_2303439.jpg

幌延町は北緯45度線が通る町。
そのほかトナカイの飼育(トナカイ牧場がある)やヒマラヤの青いケシの栽培など。
(町のゆるキャラがトナカイのホロベー青いケシのブルピー。なかなか可愛い^^)

*アイヌ語の「ポロ・ヌプ」(大きい・野原=大平原)が「ほろのぶ」と転訛し
 これに「幌延」の漢字が当てられ、さらに「ほろのべ」と転訛。

こうやって地名を見てると川に関する名前が多い。
アイヌの人にとって川がとても大事だったんだろうと想像する。

この先天塩川は西に向かって日本海に注ぐ。
宗谷本線はまだまだ北上して稚内に向かうのだ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
地名の由来、名所特産品等はwiki、各自治体のサイトより。
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-01 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その3 スーパー宗谷その1

<北海道旅行記 その3 2017年2月25日>

今日の旅行記は本当に鉄道しか出てきません。見てやってもいいよ、という方だけどうぞ。

翌朝はホテルを6時半出発、朝ごはん抜き。
a0101905_22434586.jpg
札幌市のマンホールは時計台と鮭。

朝日の中島公園。
a0101905_22435516.jpg


かなり広そう。歩いてみたい。
a0101905_2244555.jpg
向こうの山は藻岩山と思われ。

札幌市営地下鉄に乗って札幌駅到着。
7時ジャスト。
a0101905_2244141.jpg
a0101905_22442345.jpg
デジタルサイネージカッコイイ。

JR札幌駅の改札を通ったら7,8番線ホームへ。
a0101905_22443667.jpg


8番線で去年乗った懐かしの特急オホーツクに再会。
網走に向かって出発していった。
a0101905_2246876.jpg
JR北海道の駅員さんの冬のコート姿はめちゃめちゃかっこいい^^

そして7番線ホームには
a0101905_22461850.jpg




稚内行きスーパー宗谷到着。



これに乗って北の大地のそのまた最北の地、稚内へ向かうのだ。

ヘッドマークは道北の形。
a0101905_22462862.jpg
a0101905_22463799.jpg
a0101905_22464783.jpg
a0101905_22465522.jpg
a0101905_224732.jpg


朝ご飯抜きだったので前回もお世話になった札幌駅のドトールでサンドイッチ。
a0101905_22473332.jpg
お腹が空いてたから出発前に食べちゃった。

7時48分出発、さよなら札幌駅、またね。
a0101905_22475582.jpg
おいしいお寿司をありがとう。

何度聞いてもうっとりしてしまうJR北海道の車内放送。
(声の主は大橋俊夫さんこちらでいろんな大橋俊夫さんの声が聞けます)



札幌近郊は雪が少ないけれど
a0101905_22481283.jpg


内陸に向かうに従ってどんどん積雪の量が増える。
a0101905_22482172.jpg


岩見沢駅到着。
あれ、ラッセル車なんだろうか?
a0101905_22482983.jpg


かっこいい倉庫。
a0101905_22483967.jpg


8時14分、岩見沢出発。
a0101905_22484949.jpg
a0101905_2249954.jpg
動物の足跡が点々と。

8時23分、美唄駅到着。
a0101905_22491856.jpg
駅前のレトロホテル、泊まってみたい。

駅のホームで見かけた。
a0101905_22492882.jpg
石狩の美国といへる停車場の 柵に乾してありし 赤き布片かな 

石川啄木の一握の砂に治められている歌だそうで
この美国というのが実は「美唄」だとされている(諸説あり)

a0101905_22493958.jpg


8時35分、砂川駅到着。
a0101905_22495081.jpg


空知川
a0101905_22503070.jpg




この「停車時間はわずかです。」というのがツボ。
うまく説明できないけれどとてもいい。

8時41分、滝川駅到着。
あれは根室方面へ行く列車だろうか?
a0101905_22504044.jpg

根室、釧路方面はまだ行ったことがない。
釧網線に乗って、タンチョウを見てみたい。

青空だけど雪煙。
線路の上に積もった雪を吹き飛ばして進むスーパー宗谷。
a0101905_22505066.jpg




a0101905_2251050.jpg
a0101905_2251116.jpg
a0101905_22514051.jpg


8時55分、深川駅到着。
ホームが雪に埋もれている。
a0101905_2253491.jpg


あれは留萌本線。
去年乗った留萌ー増毛間は廃線になってしまった・・・。
a0101905_22531692.jpg


9時16分、旭川到着。
a0101905_2253477.jpg


ここまでは去年の網走旅行と一緒。
ここからは未踏の地(←大げさ)
いざ、最北の地へ!
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ラッセル車のラッセルって人の名前なんだって。アメリカのラッセルさんが作った除雪車がラッセル車。
      
                                                                                                                                  
170225
by rikiaru | 2017-03-28 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その1 AIR DOで札幌へ

<北海道旅行記 その1 2017年2月24日>

やっちゃんがばあやのことを察してくれて
カリカリを食べ始めた翌々日の2月24日

しらーっとしたねこ様の視線を浴びつつ
a0101905_2323450.jpg

ばあやは(じいやも)旅へ。

留守の間、冷え込まないといいなあ。
ねこ様心配だ。
a0101905_2325224.jpg
じゃあ、でかけるな、という話ですが。

羽田空港到着。
AIR DOのカウンターでチェックイン。
a0101905_233367.jpg

というわけで、今回の旅先は(も)北海道。
5回目?
でも北海道に行く時に飛行機に乗るのは初めて。
(今までは行きは鉄道で帰りが飛行機だった。
寝台車なくなっちゃったから・・・シクシク)

女満別と稚内は雪がすごそう。
a0101905_2331556.jpg
a0101905_2332453.jpg

だけど、今回の行き先は札幌。

AIR DOの飛行機、札幌までよろしく。
a0101905_2334347.jpg


予定通りに飛行機離陸。

お台場臨海地域
a0101905_233516.jpg


富士山と南アルプス
a0101905_234239.jpg
a0101905_2341061.jpg


中禅寺湖と男体山
a0101905_2342012.jpg


AIR DOのキャラクター、ベア・ドゥ。
a0101905_2344099.jpg


どこかわからないけど雪!
a0101905_2345020.jpg


そして
a0101905_2345996.jpg


北の大地北海道!
a0101905_235967.jpg


天気いいね。
a0101905_2352187.jpg
a0101905_2352960.jpg
広いね。バイコヌールを思い出す。

ROYCEのロゴを見ると北海道感が増す。
a0101905_235418.jpg


ちょうど冬のアジア大会開催時期だった。
アジア大会まで萌えキャラなんだ。
a0101905_23622.jpg


空港のフードコートで北海道最初の食事。
ジンギスカンと北海道でしか飲めない札幌クラシック♪
a0101905_2361591.jpg
a0101905_2364473.jpg


飛行機の離発着を見ながらお食事ができて気持ちいい。
a0101905_2365482.jpg
a0101905_237413.jpg


空港のショッピングエリアに初音ミク。
a0101905_2371496.jpg
冬の北海道を応援する「雪ミク」というのがいるらしい。

新千歳空港発札幌行きの快速エアポート号は
日ハムの大谷選手ラッピング。
a0101905_2373679.jpg
a0101905_2374734.jpg
a0101905_238238.jpg


この日の札幌の最高気温は0度ぐらい。
寒さに備えて着込んできたらなんだか暑い。
着込んできたせいだけじゃなくてあきらかに暑い。
北海道って屋内がめちゃめちゃあったかいもんね。

エアポートの車内も暑くて暑くて
ダウンを脱ごうともたもたしてたら

カメラ落とした。
レンズ床に激突。
旅行これからなのに。

確認したらカメラのレンズフードがレンズにめりこんだ。
フードがはずれなくなっちゃった。
げげげ。
a0101905_084241.jpg

おまけにレンズフードが斜めになって
広角側で撮るとフードが写ってしまう(号泣)

それでも写真は撮れるので不幸中の幸いと思うしかない。

札幌駅到着。
a0101905_2381731.jpg


駅のすぐ近くにヨドバシカメラがあるので
レンズフードがはずせないか聞いてみたけれど
修理にださないと無理らしいorz

北海道に来たのにテンションだだ下がりのままの旅のスタートなのだった。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ねほりんぱほりん(Eテレ)が終わってしまった(寂)
      
                                                                                                                                  
170224
by rikiaru | 2017-03-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその27 モスクワの地下鉄

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その27 2016年7月7日>

犬のライカ像に別れをつげて、帰りは地下鉄で。
ディナモ(Динамо)駅へ向かう。
a0101905_2252827.jpg
ピンクの点がライカの像があったところ。水色の矢印がディナモ(Динамо)駅。

ペトロフ スキー公園 (Петровский парк)の中を抜けていく。
緑がきれい。
a0101905_22514692.jpg


シモツケ?
a0101905_22515799.jpg


こちらはデイリリー。
a0101905_22521814.jpg


モスクワと日本ではかなり気候が違うと思うんだけれど
見かける園芸植物はあまり変わらない。

駅に向かってたはずが何か壮麗な建造物が目の前に。
a0101905_22522870.jpg

ペトロフスキー公園にあるペトロフスキー宮殿(こちらはたぶん裏側)
エカテリーナ2世がサンクトペテルブルグから
モスクワ訪れる時に一休みするための宮殿とか。

ペトロフスキー公園の受胎告知教会はこちら、の看板。
ペトロフスキー宮殿の表側にある。
a0101905_22524957.jpg


ヨーロッパの庭に憧れる日本のガーデナーなら
1度は欲しいと思ったはずの銅葉のブナかしらん。
うらやましい。
a0101905_22523797.jpg


公園の砂地で砂浴び。
ヨーロッパによくいるイエスズメかな。
人が近づいても逃げない。
a0101905_2253261.jpg


巨大な工事中の建物。
これがディナモスタジアム。
a0101905_2253064.jpg


ここで思い出した。
そういえば来年2017年のサッカーW杯はロシア開催だったはず。
どうりであちらこちらでやたら工事をしてると思った。
このスタジアムもきっとW杯に合わせて全面改修中だね。
a0101905_22533578.jpg


そのクレーンだらけを背景にギリシャ様式の建物が。
a0101905_22534644.jpg


これがディナモ(Динамо)駅。
ザモスクヴォレーツカヤ線 (地下鉄2号線 Замоскворецкая линия 色は緑)
a0101905_22535472.jpg

まるでギリシャの神殿。
行ったことないけど。

「вход в метро」で地下鉄への入り口。
a0101905_2254491.jpg


自動改札が並ぶ。
ピンクの矢印は案内係の人。
a0101905_22541358.jpg


モスクワの地下鉄料金は1回につきいくら、という定額制。
自動販売機で1回券、2回券を買う。
a0101905_22544061.jpg


他に回数券もあるようだ。
自販機以外におばちゃんがいる窓口も有り。

切符を買って自動改札を通り抜け・・・。
a0101905_22545592.jpg


上見て!
a0101905_2255593.jpg
a0101905_22551322.jpg
a0101905_22553057.jpg

信じられない。
なんてきれいなんでしょう。
ここ、地下鉄の入り口だよ。

そしてエスカレーター。
a0101905_22553852.jpg




深く深く潜る。

主要駅が書いてあるので、それでどちらに行くか判断。
a0101905_22555760.jpg


地下通路もきれいで神秘的。
何かドラマが起こりそう。
a0101905_2256755.jpg
a0101905_22561850.jpg
a0101905_22562844.jpg


どうにかホームにたどり着き目的の列車に乗る。

ベラルースカヤ(Белорусская)駅到着。
1952年開業。
ここで環状線(地下鉄5号線 Кольцевая линияカリツェヴァーヤ・リーニヤ 色は茶色)に乗り換え。
a0101905_22565380.jpg
レトロな車両、いいでしょ。ドアがものすごい勢いで開いたり、閉まったりするのが怖かったけど。

ベラルースカヤという駅名にちなんで
駅の装飾はベラルーシ風。
a0101905_22573055.jpg
a0101905_22574319.jpg
a0101905_22575438.jpg
a0101905_2258937.jpg
a0101905_22582012.jpg
a0101905_22583260.jpg
a0101905_22584091.jpg
a0101905_23533140.jpg
a0101905_23534110.jpg
a0101905_23534971.jpg
a0101905_23535980.jpg


新型車両がやってきた。
a0101905_2354964.jpg


今、どこを走ってるか。
各駅で何線に乗り換えられるかが表示されてる。
なかなかわかりやすい。
a0101905_23542171.jpg

これなら自力で乗れるかも。
駅名が読めれば^^;;

ベラルースカヤ駅の隣のノヴォスラツカヤ(Новослободская)駅
a0101905_23543164.jpg
a0101905_23544334.jpg

ドアが開いた一瞬だけ見えたけど、ステンドグラスが美しい!
天井の照明も!

プロスペクトミーラ(Проспект Мира)駅到着。
元々は「植物園駅」という名前だったので、植物モチーフの装飾で飾られている。
a0101905_23545339.jpg
a0101905_2356965.jpg
a0101905_23561996.jpg
a0101905_23562965.jpg
a0101905_23563842.jpg
a0101905_23564684.jpg

a0101905_23565671.jpg


ラッシュの時間にぶつかったので(18時半)とにかく人が多い。
a0101905_2357104.jpg

大きなロシア人に混ざってたら、どこかへ行ってしまいそう。

ここで環状線からカルーシュスコ=リーシュスカヤ線 (地下鉄6号線 Калужско-Рижская линия 色はオレンジ)に乗り換え。

ヴェーデンハー(ВДНХ)駅到着。
1958年開業。
a0101905_23572091.jpg
a0101905_23573361.jpg
a0101905_23574263.jpg
a0101905_23575295.jpg
a0101905_235816.jpg
a0101905_23581182.jpg
a0101905_23583875.jpg




モスクワの地下鉄、けっこう飛ばします。

1958年開業。
a0101905_23585072.jpg


照明がきれい。
a0101905_2359293.jpg


ここが降車駅(コスモスホテル最寄駅)なので出口へ向かう。
「выход в город」で街への出口。
定額制で入り口でチェックしているので、出口のチェックはなし。
a0101905_23591317.jpg


とても立派なタイル絵。
a0101905_23592312.jpg


モスクワの地下鉄に酔いしれてしまった。
毎日、あんな美しいものを見るのが当たり前なんてうらやましい。
ロシアの底力を見せつけられた感じ。


おまけ
モスクワ地下鉄路線図はこんな感じ。
a0101905_23582335.png

シンプルで判りやすいと思う。
駅名さえ読めれば。
 
 
続く。
 
 
その28「宇宙飛行士記念博物館」へ。
その26「ライカ犬の像」へ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
モスクワの地下鉄、全部乗り降りしてみたい。
 
 
by rikiaru | 2016-10-21 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(8)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその20 バイコヌールで鉄子

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その20 2016年7月6日>

歴史博物館の見学の後はバスに乗って市内モニュメント巡り。

最初に着いたところはマンション
a0101905_2223729.jpg


の横の
a0101905_22231692.jpg


公園。
a0101905_22235836.jpg

プール、気持ちよさそう。

そんなのどかな公園にどーん。
a0101905_22234250.jpg


アントノフ12という軍事輸送機。
軍用でもなんでも、昔のものはシルエットが可愛いな。
a0101905_22234939.jpg


通訳のアンナさんの説明を聞く私たちにしれっとまざる子供たち。
a0101905_22233481.jpg


無邪気で可愛い。
a0101905_22232628.jpg


a0101905_2224654.jpg


日本で引退したあとに、バイコヌールでご活躍なのね。
a0101905_22241420.jpg


情報の石碑「バイコヌール」
a0101905_22243969.jpg
a0101905_22244674.jpg


軍用機の次は機関車!?
a0101905_22242237.jpg
a0101905_22243031.jpg
後ろに傾いていて全然前に進まなそうな青信号のひと。

昨日、ちらりと見えた機関車これだったんだ。
a0101905_22245427.jpg
a0101905_2225221.jpg
a0101905_22251015.jpg
a0101905_22251889.jpg

バイコヌールの鉄道員たちに捧げる記念碑。
1955年から2005年まで実際に使用されていた機関車。

この機関車があるのははゴロツカヤ駅。
バイコヌール基地内へ労働者を運ぶために列車が1日1往復する。
(基地内の駅は4つあり、それぞれに対応したプラットホームがある)
朝、乗った列車に乗って、帰りに帰ってくるってことね。
a0101905_22252829.jpg


車止め!車止め!
a0101905_2225369.jpg
a0101905_22254482.jpg


このホームはゴロツカヤ駅とプログレス駅を結ぶ路線。
512号の列車が6時26分に出て、511号が18時ちょうどに戻ってくる、とある。
a0101905_22255395.jpg
поеэдは列車。

サビサビの貨車。いい。
a0101905_2226044.jpg
a0101905_22261043.jpg
a0101905_22262058.jpg
a0101905_2226286.jpg
a0101905_22263935.jpg
a0101905_22264934.jpg
a0101905_22271269.jpg
a0101905_22272219.jpg
a0101905_22273127.jpg

ああ、バイコヌールまで来て、こんなに鉄子できると思わなかった。
充実。

a0101905_22275244.jpg


ミサイル設計者のミハエル・ヤンゲリさんと大陸間弾道ミサイルSS-17。
a0101905_2228171.jpg
a0101905_22281124.jpg


ソユーズのモニュメント。
技術者の訓練用に使われていたもの。
ここも周りは団地で、子供達が遊ぶ普通の広場。
わたしは会えなかったけれど、にゃんこも何匹もいるらしい。
a0101905_22283373.jpg
a0101905_22285275.jpg
a0101905_2229476.jpg

日常生活にロケットが溶け込んでる街バイコヌールを実感した。

ホテルに戻って、今日も夕食はパス。
レストランから、果物やヨーグルトを調達して軽くエネルギー補給。

ツアーのみなさんは政府高官が来るホテルのレストランでお食事だったらしい。
い、行きたかった。

さらにそこへサプライズゲストとして
宇宙飛行士のセルゲイ・クリカリョフさん登場!
a0101905_22291520.jpg
大陸トラベルさん提供写真。

クリカリョフさんは、菊地涼子さんとともに訓練を受けた人。
ソ連の宇宙ステーションミールでの長期滞在、スペースシャトルでの飛行など
豊富な宇宙滞在経験を持ち、宇宙滞在期間はなんと803日9時間39分!

日本ではカップヌードルのCMで有名。

ああ、お目にかかりたかった。
自分の胃腸の弱さを恨むわ(-_- ...

しかしわたしも恩恵に与れたサプライズも!
a0101905_23524935.jpg

今回の大西さんのミッションのステッカー!

大西さんが私たちツアー参加者のことを知って
(知っていただいてる、というだけでテンションMAX!)
「応援、見送りありがとうございます。」ということで
元同僚の方たちに託してくださったのだそう。
ああ、うれしい!

そして、いよいよ明日は打ち上げ!
精一杯お見送りするのだ。

続く。
 
 
その21「宣誓式」へ。
その19「歴史博物館」へ。

 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
「H-IIB 6号機 こうのとり6号」の打ち上げが12月9日に決定。
 
by rikiaru | 2016-10-08 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその10 ソユーズ射点に立つ!

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その10 2016年7月4日>

ソユーズの通過を見学した踏切からバスに乗って10分弱
ガガーリン射点に到着。

ソユーズは一足先に到着している。
a0101905_2310066.jpg

いよいよ射点だ。
人類で初めて宇宙を飛んだガガーリンが飛び立った
その同じ射点。

あのギザギザの恐竜みたいな
(ロケットを支えるもの?なんて言うんだろう)
あれが近くで見られる!

バスを降りて射点へ。
なんだか貨物列車のターミナル駅みたいね。
a0101905_23104474.jpg
a0101905_2311622.jpg


構内にはスグリ?が植えられてたり
a0101905_23111521.jpg


こんな可愛い花が咲いていたり
a0101905_23112315.jpg

やっぱりのどか。

射点にはこの入り口を通る。
a0101905_231132100.jpg
font size="1">特別危険ゾーン、みたいなことを書いてあるんじゃないかと。

どんなチェックをされるのかドキドキしてたら
ただ通り抜けるだけだった。

通りぬけたらソユーズが立ち上がるのを待っている。
a0101905_23114077.jpg


そしてあの恐竜っぽいギザギザ!
a0101905_231213.jpg


振り返ればソユーズを運んできた貨車。
a0101905_23122954.jpg

あー金属の造形物って素敵。

ソユーズに近づくとジャッキアップ準備中。



a0101905_23123799.jpg
a0101905_23124780.jpg


しかしびっくりするぐらい近くで見せてくれる。
いいのか?
信じられないよ。

そしてソユーズがついに立ち上がる。
a0101905_23125415.jpg
a0101905_2313534.jpg
a0101905_23131678.jpg
a0101905_23132483.jpg




となりでニュース映像を収録していたTBSのレポーターの方の音声が入っております。何度も同じことを言うのは練習中だったから。

a0101905_23133967.jpg
a0101905_23135087.jpg
a0101905_2313592.jpg
a0101905_2314798.jpg


ソユーズ、ガガーリン射点に立つ!
a0101905_23141957.jpg
a0101905_231437100.jpg


しかしまだ、立ち上がっただけ。
作業員さんによる設置作業は続くのだ。
(頭の中でこの歌が回った。パパだけじゃなくて、ママもいたと思うけどね。)
a0101905_23145355.jpg
a0101905_2315759.jpg
a0101905_23152399.jpg
a0101905_23153371.jpg
a0101905_23155122.jpg


移動しまーす、と言われて
a0101905_2316190.jpg


ソユーズとお別れするのが名残惜しいと思ったら
a0101905_23162567.jpg


入れなかった柵の内側へ。
a0101905_23163994.jpg


なんか有りえない風景なんだけど。
a0101905_0181898.jpg


おお、機関車も近い。
a0101905_23165151.jpg
a0101905_231789.jpg


見に来たのは何かの記念碑。
a0101905_2317251.jpg


1957年とあるので、世界初の大陸間弾道ミサイルと
世界初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられた記念碑かと。
a0101905_23173584.jpg
説明を聞いたはずなのに忘れて^^;wikiで調べた。

樹木の間からソユーズが見える。
a0101905_2318060.jpg


足元にはマメ科の可愛い花。
a0101905_2318158.jpg




カラスも鳴いてた(笑)

やっぱりのどか。
牧歌的。

そしてまたソユーズの前を通り抜けて
a0101905_23182921.jpg
a0101905_23184369.jpg
a0101905_2319317.jpg
a0101905_23193612.jpg

本当に今日はお別れ。

a0101905_23195591.jpg
名残惜しそうにいろいろ撮りまくるおっさん。

ソユーズ、またね。
次に会う時は打ち上げだね!
a0101905_2320511.jpg
a0101905_23202243.jpg


最後にトイレをお借りして^^
ガガーリン射点をあとにした。
a0101905_23203081.jpg
ただのトイレかと思ったら作業員さんが使う建物だった。一般人を入れてくれるなんてこれもびっくりだ。
 

ソユーズのロールアウトからジャッキアップまで1本にまとめた動画。
菊地涼子さんにお借りしました。


 
まとめて見ると、改めてすごいものを見た、と
そして働くおじさん(おばさん)はかっこいい、と実感。
 
続く
 
 
その11「エネルギア社」へ。
その9「ロールアウト2」
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
9月24日に今回のバックアップクルーがメインクルーになる打ち上げが予定されていたけれど、延期になっちゃった。問題が無事に解決して無事に打ち上がりますように。
 
by rikiaru | 2016-09-18 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(4)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその9 ロールアウト2

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その9 2016年7月4日>

バスで移動中に、ラクダらしきものを発見。
a0101905_0211426.jpg

バイコヌールには野生のらくだがいるらしいけど、あれは飼いラクダ?

10分ほどバスに乗って目的地に到着。
何もない・・・
a0101905_0212872.jpg


でもよく見ると
a0101905_0214681.jpg


射場が見える!
a0101905_0213846.jpg


記念碑?があったのでみんなで記念撮影。
a0101905_0215429.jpg
「Союз」でソユーズ。

ここがソユーズの見学場所。
a0101905_022347.jpg



この踏切でソユーズが通過するのを待つ。
a0101905_0221185.jpg


たぶん遠くに見えるのがさっきまでいたロケット製造工場辺りかな。
a0101905_0222282.jpg


広くて何もなくて気持ちいいねえ。
こんな景色が撮りたくて魚眼レンズも持ってきたのよ。
a0101905_0223161.jpg
左がロケット製造工場、真ん中が通過待ちする踏切、一番右にかすかに棒が見えるのが射場。

お、ヘリコプターが来た。取材?警備?
a0101905_0223942.jpg


下を見ると乾いた土に植物が張り付いてた。
過酷な環境だろうね。
a0101905_022478.jpg


動物の糞、発見。
そこそこ大きくてころころしている。ラクダ?野良犬?
こんなカサカサなところで生きていけるのね。
a0101905_0225568.jpg
レンズを付け替えるのが面倒だったのでこれも魚眼^^;

景色を堪能したので、そろそろ踏切前でソユーズを待つ。
a0101905_0231117.jpg
a0101905_0233588.jpg


ここに来ると線路の先に射場があるのがよくわかる。
a0101905_0232070.jpg
a0101905_0234519.jpg


警備体制もばっちり。
a0101905_023283.jpg
a0101905_0235313.jpg
a0101905_024494.jpg
a0101905_0241579.jpg

なのかどうか、よくわからない。

のんびりした空気が流れてる。
何にもない小さな踏切に人が集まってて
空が青くて、雲が白くて。
a0101905_0242435.jpg


ぼーと待つ間に踏切の反対側ではバックアップクルーの記者会見。
(反対側にいたので気が付かす。見損ないました(泣))
a0101905_0243487.jpg
大陸トラベルさんより写真をお借りしました。

バックアップクルーはソユーズがきちんと射場まで運ばれるのを見守るためにいるんだそうで
メインクルーは見学しないのがお決まり。
なんでも縁起が悪いんだとか。
(なんで縁起が悪いかは不明。
ソユーズの打ち上げにはこういうジンクスみたいな決まりが多いのだ。)

のんびりぼんやり待っていると線路の向こうから何やら動くものが。
a0101905_0244364.jpg
a0101905_0245570.jpg
a0101905_02552.jpg
a0101905_0251677.jpg
a0101905_0252869.jpg
a0101905_025552.jpg
a0101905_026252.jpg
a0101905_0261190.jpg

警察官と警察犬が危険な物(爆発物かしらん)がないかどうか
線路の端から端まで歩いて確認してるんだそうだ。
働くわんこ、えらい。
そして、なんだかアナログなのね。
人の目とわんこの鼻で確認するのが一番なんだ。

わんこが行ってしまうと、またちょっとのんびり。
a0101905_0261871.jpg


暇なので記念写真。
a0101905_0262771.jpg


気を抜いていたら周りの人たちが一定方向に向き出した。
来た!ソユーズ!
a0101905_0263578.jpg




なんだか水が入る前の春の乾いた田んぼの中を進んでるみたい。
a0101905_0264328.jpg


横になっているロケットを真横から見ることって、ないよね。
a0101905_0265185.jpg


どんどん、近づいてきた!と思ったら向こうに行ってしまったよ・・・。
a0101905_0265891.jpg


そしてここで踏切の遮断機がおろされてしまった(泣)
a0101905_027772.jpg
プレスの人は入ってる・・・。

通り過ぎたと思ったソユーズ、今度はお尻を先頭にやってきた。



a0101905_0271993.jpg

スイッチバックだよ!

そういえば格納庫から出た時もお尻から出たのに
ここでは頭を先頭にしてやってきて
さらにまたまたお尻を先頭にしたのだ。
スイッチバックを2回したわけ。

後ろについていた機関車を切り離して
a0101905_0272994.jpg


ついにソユーズが再び目の前に!
a0101905_027377.jpg


一斉にカメラ!
a0101905_0274556.jpg
大陸トラベルさんより写真をお借りしました。

おお!



a0101905_027532.jpg
a0101905_028169.jpg
a0101905_0281131.jpg
a0101905_0282195.jpg
a0101905_0282942.jpg
a0101905_0283695.jpg




さあ、射場に向かって一直線。
a0101905_0284651.jpg
a0101905_0285222.jpg


お役目の済んだ機関車は帰っていく。
a0101905_0285919.jpg
a0101905_029890.jpg




警笛が泣ける。

射場まであと少し!
a0101905_0291860.jpg


続く。
 
その10「ソユーズ射点に立つ!」へ。
その8「ロールアウト」へ。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

 
by rikiaru | 2016-09-16 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷

<北海道旅行記続き とんでもなく長いのでさらさらっとどうぞ>

網走駅に到着したら
まずは観光地でお約束の顔はめ写真。
a0101905_23181788.jpg


駅の待合室は人で溢れてた。
a0101905_23183750.jpg


もう入線してる!
a0101905_23185894.jpg


流氷ノロッコ号。
a0101905_23201715.jpg

これに乗るために遠路はるばるやってきたのさ網走に。

a0101905_23191441.jpg
a0101905_23193479.jpg


日々安全に列車に乗れるのも保線作業があってこそ。
ありがとうございます。
a0101905_23195632.jpg


どうなったらこんなつららができる?
a0101905_23204140.jpg
a0101905_2321524.jpg
a0101905_23212775.jpg
a0101905_23215381.jpg


そろそろ出発の時間、車両に乗り込むとそこに
a0101905_23222487.jpg

だるまストーブ!
そして車両に充満する干物のにおい・・・

さあ、知床斜里に向かって出発!



流氷ノロッコ号は網走ー知床斜里間を結んでいる。
トロッコ列車で流氷のオホーツク海の眺めを楽しむ観光列車。
人気の列車だけれど、今年で終わり。
最後の最後に乗りに来た。

網走港。
流氷が来ると船が出せないので漁はお休み。
a0101905_23231196.jpg


網走での流氷初日(気象台から流氷が見えた日)は1月10日〜20日
流氷接岸初日は早いと1月10日頃、
ここ15年で一番遅かったのは2月19日
2月21日には絶対流氷が見られると思ってやってきたのに
この時点で未だ網走には流氷接岸せず。
うわあぁぁorz。
いいの、今回はノロッコ号に乗りに来たんだもん。

網走港の岸に少し氷があるけれど
これは北からやってきた流氷ではない。
a0101905_23233797.jpg

いいんだ、これでも。
海の上にある氷じゃん(負け惜しみ)

しかし、ほら見て。
水平線が白い!流氷帯がやってきてる!
a0101905_2324030.jpg

神様は私を見放さなかった。
ちらりとでも流氷が見えたよ。
(前日はちらりとも見えなかったらしい)

なんだか可愛らしい駅(通過したけど)
a0101905_23243482.jpg


だるまストーブ。
a0101905_23245545.jpg


そしてするめ。
a0101905_23251871.jpg


向かって左側の席が海側でベンチシート。
a0101905_23253994.jpg


今回指定席を取ったら、たまたまだるまストーブの前。
あったか。そして美味しいものが焼ける匂いがたまらん。
a0101905_23255130.jpg


もうBGMに八代亜紀の「舟歌」でも流して
飲むしかないよ、これは。
a0101905_23262072.jpg

a0101905_23272427.jpg

a0101905_232837.jpg


途中、海が見えなくなるとそこは雪原。
初夏には花が咲き乱れるお花畑になるんだって。
その頃も来てみたい。
a0101905_23282625.jpg


いかにも、な感じの針葉樹。
オジロワシらしき鳥が樹上に見えたけれど、撮影はできなかった。
a0101905_23284586.jpg
a0101905_23291194.jpg


耐えきれなくなってついにししゃも。
a0101905_23293332.jpg
a0101905_233096.jpg

アルミホイルは備え付けてあるし、
ししゃもやイカなどの炙りものも車内で販売している。
ぬかりはない。

ししゃもをワクワク待っていたら
ついにこれが!



流氷!
a0101905_23303159.jpg
a0101905_23305228.jpg




流氷を眺めながらのししゃも。
なんという贅沢。
a0101905_2331985.jpg


こんなに流氷が見られるのは今シーズン初だって。
あああ、なんてラッキー♪
流氷の神様も猫神様も私を見放さなかったのね。
(ちなみに流氷の初接岸は翌日22日、ここ何十年かで最遅)

荒れる海をこんなに幸せな気持ちで眺めるなんて。
a0101905_23313680.jpg


そうこうしているうちに斜里川を渡って
a0101905_23322183.jpg


知床斜里駅到着。
知床観光への玄関口。
a0101905_23325830.jpg


ホーム向かい側には凍りついた列車が。
a0101905_23332151.jpg


オホーツク海から吹き付ける北風にさらされて走るんだものね。
a0101905_233647100.jpg
a0101905_23371551.jpg


こちらはノロッコ号の車体。
かなりボロボロだ・・・。
a0101905_23373682.jpg


知床斜里駅をちょっと見学してみよう。
a0101905_2337583.jpg
a0101905_23381943.jpg


待合室に本物のゴマフアザラシの赤ちゃんの剥製がある。すごい。
a0101905_23384315.jpg


「ドコココ?シレトコ!」
a0101905_23392165.jpg


そして再びホームへ。
a0101905_23394581.jpg


本当はここまできたら知床観光をしたかったけれど時間に余裕はない。
知床斜里から釧網本線で釧路に下って
釧路たんちょう空港から帰ろうと思ったら
釧網本線の列車がない。
(冬期は午前中に1本あるだけ)
なので結局網走に戻るのだ。
ノロッコ号の乗車時間は1時間ほどなのでまだ物足りないしね。
a0101905_23401194.jpg


知床斜里の駅員さんに見送られて出発。
a0101905_23403958.jpg
a0101905_23411382.jpg
a0101905_2342838.jpg
a0101905_23422819.jpg


北浜駅到着。
ここは映画「網走番外地」で「網走駅」として撮影に使われた駅。
停車時間が10分弱あるので駅舎を見学。
a0101905_23424733.jpg
a0101905_23432324.jpg
a0101905_2343459.jpg


展望台からの眺め。



a0101905_234467.jpg


あああ、さぶかった。
ししゃもとワンカップであったまるのだ。
a0101905_23442672.jpg


網走港が見えてきたそろそろ終着網走駅。
a0101905_234447100.jpg


そして網走到着。
a0101905_2345521.jpg
a0101905_23462991.jpg

昔はね、本当に吹きっさらしのトロッコ列車だったらしい。
寒かったろうねえ。でも乗ってみたかったね、その頃に。

ヘッドマーク凍ってる。
a0101905_23465435.jpg


つららは太ったね。
a0101905_23473020.jpg
a0101905_23475246.jpg


ノロッコ号回送。
最初で最後だったけど楽しかったよ。



a0101905_23481576.jpg


向かいホームには昨日乗ってきた特急オホーツクが。
顔がなんか昔のロボットアニメみたい。
マジンガーZとか。
a0101905_23484799.jpg
a0101905_23491628.jpg
a0101905_23495238.jpg

これからまた札幌に戻るんだ。

アジアの観光客の女の子たちがホームで雪合戦してた。
かわいい。
人がいないから、あんまり迷惑でもないしね。
楽しんで行ってね。
a0101905_23501219.jpg


改札を出たら流氷船オーロラ号の情報が。
午前中は欠航してたけど午後は運航してる。
みんな流氷を楽しんでるんだろうな。
a0101905_23503067.jpg


冬の網走駅にとっては大事な観光資源だと思うのに
なんで終わりなんだろうな、ノロッコ号。
a0101905_23504628.jpg

どうにか続いてくれないかしらん。

続く


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
 
by rikiaru | 2016-05-20 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)



お星様21匹+現役21匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(352)
(216)
(207)
(203)
(202)
(195)
(183)
(163)
(157)
(154)
(130)
(130)
(124)
(120)
(114)
(113)
(111)
(107)
(103)
(102)
検索
ブログジャンル
画像一覧