りきの毎日

タグ:鉄道 ( 29 ) タグの人気記事

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その4 愛国駅

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その4>
 
紫竹ガーデンを見た後は帯広中心部へ。
もう12時過ぎた。
お腹がすいた。
 
空も大地も広いね。
a0101905_00164447.jpg
a0101905_00164936.jpg
a0101905_00165654.jpg
 
逃げ水だ。
久しぶりに見たよ。
a0101905_00170496.jpg
 
途中で見かけた馬。
大きなお尻。
ばんえい競馬の馬なんだろうか?
a0101905_00171046.jpg
 
腹ペコのお腹を抱えて途中立ち寄った。
a0101905_00171996.jpg
 
旧愛国駅。
a0101905_00172541.jpg
 
幸福駅に立ち寄ったらこちらにも寄らないとね。
幸福駅の間に大正駅をはさんで愛国駅。
2つの駅は近かったんだね。
愛があれば幸福は近いということか。
a0101905_00173411.jpg
 
駅舎の代わりに交通記念館があって旧広尾線の写真などが展示されている。
a0101905_00173917.jpg
 
駅の外にはぼろぼろの車両が。
a0101905_00174854.jpg
以前はここが売店だったらしい。
 
中をのぞくとはげた塗装が落ちていた。 
a0101905_00175571.jpg
 
サインも落ちかけている。
a0101905_00180020.jpg
壁には他にもたくさんのサインがあって一時期はかなり賑わっていたのかも。
 
このまま少しずつ朽ちていくのかな。
広い土地があって輸送費があったら欲しいのに。
秘密基地にちょうどいいよ。
a0101905_00182402.jpg
a0101905_00183297.jpg
a0101905_00183618.jpg
a0101905_00184481.jpg
a0101905_00185070.jpg
a0101905_00185556.jpg
a0101905_00190179.jpg
a0101905_00190689.jpg
a0101905_00192151.jpg
a0101905_00192986.jpg
a0101905_00193459.jpg
a0101905_00193991.jpg
a0101905_00194592.jpg
a0101905_00195163.jpg
a0101905_00195880.jpg
a0101905_00200410.jpg
a0101905_00201371.jpg
a0101905_00202244.jpg
朽ちていくのは寂しいけれど、錆びた金属はかっこいい。 
 
調べたらこのヨ3500系というのは
1950年から1958年に製造された国鉄の車掌車で
このヨ4353は1953年に新潟県新津市の国鉄新津工場で製作されたもの。
(新津は鉄道の街で複数の路線が乗り入れていて車両工場もあるし
鉄道博物館もある。かつては鉄道の学校もあったらしい)
a0101905_00202683.jpg
いったいどんな所を走ってきたんだろう。
長いこと働いてきたんだね。
おつかれさま。
 
さてこちらはピカピカの愛国駅から幸福駅までの切符のモニュメント。
でっかい。
愛も幸福もでっかいのが手に入る?
a0101905_00203339.jpg
 
蒸気機関車19671号が展示されている。
a0101905_00204537.jpg
これは後ろ姿。
 
a0101905_00205282.jpg
蒸気機関車はお手入れがされているようでピッカピカだった。
よかったね。
大事にしてもらってね。
 
a0101905_00210052.jpg
a0101905_00221306.jpg
広い芝生と大きな木の愛国駅。
またヨ4353に会いにきたい。
 
      
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
幸福という地名な幸震という場所に福井からの移住者が多かったことから。
愛国は「愛国青年団」という開拓団があったことから。
 
170616
.  
. 
.


by rikiaru | 2017-07-25 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その2 幸福駅

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その2>
 
レンタカーで出発するとそこに広がるのは空からみえた緑の絨毯。
小麦畑かな。 
a0101905_00283386.jpg
 
a0101905_00283858.jpg
 
空広い!道路がまっすぐ!
a0101905_00284401.jpg
 
20分ほど走って最初の目的地に到着。
a0101905_00285197.jpg
 
ここは?
a0101905_00290874.jpg
 
「愛の国から幸福へ」の幸福駅。
a0101905_00291779.jpg
とかち帯広空港から近いということで立ち寄ってみた。
1987年2月広尾線が廃線になった時に幸福駅も廃駅になった。
現在は観光スポットとして整備されている。
 
愛のモニュメントだけじゃなくキハもお出迎え。
a0101905_00292518.jpg
a0101905_00293231.jpg
a0101905_00295344.jpg
 
線路が行き止まりなのが寂しい。
動かないから車止めもないし。
a0101905_00300133.jpg
 
古い駅舎があった。
a0101905_00301164.jpg
と思ったらこれは建て替えられた駅舎だそう。
でも昔の面影は残してくれたんだね。
 
じいや記念撮影。
a0101905_00301951.jpg
 
売店では今でも硬券の「愛国から幸福ゆき」の切符が購入できる。
a0101905_00303460.jpg
思えば私が知った、単純な移動手段としてではない鉄道の話、って
この「愛国から幸福ゆき」の切符の話が初めてだったかも。
列車にも乗らないのに切符を買うなんて、と不思議だった。
さらにひねくれてひねこびた子供だった私は
「愛の国から幸福へ」というのがとてもカッコ悪く思ってたのだ。
それがいそいそと硬券切符を買うなんてね。
人生わからないもんだ。
 
幸福駅の周りは広大なジャガイモ畑。
a0101905_00303998.jpg
 
ここはただのジャガイモ畑じゃなくて種芋畑なのね。
きっとばあやもこの畑出身のジャガイモを食べたことがあるね。
a0101905_00304954.jpg
 
さてキハも見学しよう。
a0101905_00305988.jpg
a0101905_00310849.jpg
a0101905_00311734.jpg
a0101905_00312965.jpg
a0101905_00313723.jpg
a0101905_00314638.jpg
a0101905_00315573.jpg
a0101905_00320227.jpg
a0101905_00321168.jpg
a0101905_00322074.jpg
塗装もきれいだし中もきれいで
大事にされてるみたい。
もう1両のキハ22 238の中はギャラリーだそう。
(その時は気がつかなかった)
見てくればよかった。
 
a0101905_00322628.jpg
a0101905_00323297.jpg
  
もう1両止まってた。
車両の先に松が生えてオブジェ化してる。
a0101905_00324691.jpg
 
広尾線があったころはジャガイモ畑の中を列車が走っていたのだろうか。
a0101905_00330057.jpg
 
コニカカラーのベンチなんていまや貴重品。
a0101905_00331131.jpg
 
いろいろしみじみしつつ食べる北の大地での1食目。
ソフトクリーム。
濃厚うまうま。
a0101905_00332359.jpg
 
キハが見られてうれしかったけど
動いてたらもっとうれしかったなあ、と思いつつ次の目的地へ。
a0101905_00332998.jpg
 
つづく。
 
       
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
幸福駅は桂由美さんほか著名人が認定する「恋人の聖地」なんだそうだ。
 
 
170616
.  
. 
 






by rikiaru | 2017-07-20 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その15 旭川駅

<北海道旅行記 その15 2017年2月26日>

旭川駅はふんだんに木が使われた素敵な駅舎。
そういえば旭川駅沿線に木材をたくさん積んだ工場?をたくさん見かけたけれど
製材所が多いのか?
もしかして旭川って家具の名産地だったっけ?
a0101905_23430989.jpg
冬の間は常に薪を探してるので、木材があると目が吸い寄せられる^^;;
 
駅の案内の方がいたので旭川駅について聞いてみた。
a0101905_23431843.jpg
 
旭川は家具の町。
新しい駅舎を建てる時に旭川らしさをだすことを考えて
木材を多用しているのだそうだ。
a0101905_23432642.jpg
 
壁には細い木材がはめ込まれていて
そこには旭川の新駅舎に寄付してくれた人の名前が刻んである。
その数10000人分(一口2000円)。
a0101905_23433798.jpg
 
旭川駅に来るたびに「僕の駅、私の駅」って感じがするよね。 
a0101905_23434527.jpg
a0101905_23440236.jpg
  
ぱっと見たところ普通のコンクリートの柱に見えるけど
a0101905_23440743.jpg
 
木材で型押しをして、表面を木材に模している。
a0101905_23442015.jpg
木に見えるけどコンクリート。
 
少しだけ旭川の街を散策。
時間がないから旭山動物園には行けない。
a0101905_23442773.jpg
 
駅からタクシーで向かった先はラーメン屋さん!
a0101905_23443630.jpg
 
野菜味噌ラーメン!

a0101905_23444521.jpg
お供は山わさびご飯。
 
すごーく美味しかった。
今回の北海道グルメは完璧だっ。
 
行きはタクシー使ったけれど
帰りは駅まで歩いて戻ろう。
 
旭川の交差点名も札幌となんとなく似てる。
○条通り○丁目という記載。
でも四つ角全部が同じ名前(札幌は四つ角全部違うんだよ)。
a0101905_23445233.jpg
 
雪が多いから旭川の街路樹は雪吊りしてもらうんだね。
a0101905_23450303.jpg
 
歩道に可愛いタイル?がはめ込まれていた。
旭川市民の虫、カンタンだね。
a0101905_23451001.jpg
市民の虫が制定されているなんていいね。
 
信号機の機械についてたつらら。
横向き。
どんだけ寒いんだ。
a0101905_23451864.jpg
 
夕暮れ時。
a0101905_23452680.jpg
a0101905_23453882.jpg
きれいだけど、寒い。
風も吹いてないのに寒い。
歩いてるとしんしんと寒い。
この時の気温は氷点下10度ぐらい。
だけど女子高生は普通のコート1枚だ。
ううう。
28歳女子、それを見ているだけで寒いんですけど。

旭川駅到着。
a0101905_23454481.jpg
回送バスに「すみません。回送車です」と書いてあってなんだか謙虚^^
 
バスに乗って旭川空港へ。
旭川の滞在時間は1時間半(泣)
次はぜひゆっくりと滞在したい。
a0101905_23455320.jpg
 
保安検査場で貴重品なんかを入れる箱が
a0101905_23460294.jpg

木で出来てた。
こんなところでも旭川の木工をアピール。
a0101905_23461186.jpg
これ欲しい。 
 
最後に地ビールの大雪地ビールを飲んで
a0101905_23461877.jpg
a0101905_23462621.jpg
  
北の大地を後にしました。
a0101905_23463332.jpg
これで今回の北海道旅行はおしまい。
今回も長々のお付合いありがとうございました。
  
          
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
3日の旅行なのに旅行記が15回って自分でもあきれる。
 
170226
.
 


by rikiaru | 2017-05-04 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その14 宗谷本線2

<北海道旅行記 その14 2017年2月26日>
 
*今日も駅舎と鉄道ばっかりしかでてきませんm(_ _)m 

引き続き宗谷本線の旅。
  
稚内駅から16駅目、天塩中川駅。
昔の木造校舎のような駅舎。
特急も止まるけれど、無人駅。
a0101905_17205212.jpg
 
17駅目、佐久駅。
駅舎がどれかわからなかったけれど、左端に写っている大きな屋根の建物らしい。
立派だ。
中川町の公共施設も兼ねている。
a0101905_17211342.jpg
 
列車の中。
乗っているのはほとんど鉄ちゃんと思しき人たち。
この日は日曜日だもんね。
a0101905_17212218.jpg
 
a0101905_17213300.jpg
a0101905_17214022.jpg
a0101905_17214736.jpg
 
18駅目、筬島駅。無人駅。
駅舎はあるけどホームがよくわからない。
おじさんの立っている場所はホームなのか。
廃駅の危機らしい。
a0101905_17215264.jpg
a0101905_17220561.jpg

19駅目、音威子府駅。
駅舎はバス待合所も兼ねている。
a0101905_17221530.jpg
 
20駅目、咲来駅。無人駅。
漢字表記も可愛いし、音も可愛い。
なんか乳酸菌飲料っぽい響き(たぶんビックルに感化されてる)。
a0101905_17222291.jpg
 
21駅目、天塩川温泉駅。無人駅。
温泉は駅から1kmほどのところ。
a0101905_17222975.jpg
 
22駅目、豊清水駅。無人駅。
山小屋みたいな駅
a0101905_17223676.jpg
a0101905_17225010.jpg
 
23駅目、恩根内駅。無人駅。
なかなか可愛い駅舎。
a0101905_17225619.jpg
 
24駅目、紋穂内駅。無人駅。
ひび割れたペンキが芸術的ですらある。
明治44年開業。
a0101905_17230398.jpg
a0101905_17231217.jpg
 
25駅目、初野駅。無人駅。
これは物置だよね。
a0101905_17232808.jpg
  
26駅目、美深駅。
往きにみたけど立派な駅舎だった。
1985年に廃止になった日本一のローカル赤字路線美幸線が接続していたそうだ。
a0101905_17233595.jpg
  
27駅目、南美深駅。無人駅。
ここも廃駅の危機。
a0101905_17234292.jpg
 
28駅目、智北駅。無人駅。
a0101905_17235046.jpg
 
29駅目、智恵文駅。無人駅。
ここも明治44年開業。
a0101905_17245361.jpg
  
30駅目、北星駅。無人駅。
この超レトロな毛織物の広告看板のついている小屋が駅舎。
昭和30年頃にタイムスリップしそう。
a0101905_17250079.jpg
a0101905_17250871.jpg
a0101905_17251569.jpg
 
31駅目、日進駅。無人駅。
真ん中の地図記号のようなマークはなんだろう。
田舎の集会所のようだ。
お茶と漬物でゆっくりしたい感じ。
a0101905_17252324.jpg
a0101905_17253212.jpg
a0101905_17253924.jpg
 
そしていよいよ
a0101905_17254658.jpg
 
32駅目、名寄駅。
14時25分着。
稚内から3時間33分、あっという間だった。
a0101905_17255408.jpg
 
名寄でキハ40の快速なよろ号に乗り換え。
a0101905_17260308.jpg
a0101905_17260905.jpg

a0101905_17261645.jpg
このお兄さんは列車の音を録っているいわゆる「録り鉄」さん。
列車が発車した後は、車内放送をずーっと録ってました。 
 
名寄をすぎると沿線に生活の匂い。
a0101905_17262560.jpg
 
快速は東風蓮駅は止まらない。
風蓮駅。
a0101905_17263253.jpg
 
瑞穂駅、多寄駅、下士別駅を通過して士別駅。
明治33年開業。
a0101905_17264436.jpg
 
北剣淵駅を通過して剣淵駅。
a0101905_17265260.jpg
 
東六線駅を通過して和寒駅。
a0101905_17270624.jpg
 
塩狩駅、蘭留駅、北比布駅を通過して比布駅。
明治31年開業。
ピップエレキバンのCMが撮影されたことがある。
a0101905_17271457.jpg
 
南比布駅、北永山駅を通過して永山駅。
a0101905_17272341.jpg
 
新旭川駅を通過して16時に旭川駅に到着。
稚内駅から5時間35分。
a0101905_17273436.jpg
a0101905_17274410.jpg
a0101905_17275201.jpg
 
キハ40は折り返し比布までお仕事。
a0101905_17280264.jpg
a0101905_17281109.jpg
 
宗谷本線往路復路ともに完乗!
(といってもいいのかな)
 
      
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
宗谷本線は明治31年に旭川-永山間が天塩線として開業したのが最初。
歴史ある路線なのに、廃線の危機にあるのは寂しい。
北の大地に豪華列車を走らせれば、マダムたちが喜んで乗ると思うんだけどなあ。
(ばあやは豪華列車よりもレトロ列車が好きだけど)

 
170226
.
 
 

by rikiaru | 2017-05-02 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その13 宗谷本線

<北海道旅行記 その13 2017年2月26日>
  
*今日の記事は鉄道と駅舎しかでてきません。
 ご興味がある方だけどうぞ。
  
楽しかった稚内に鉄道で別れを告げる。
乗るのは
a0101905_22113161.jpg
 
あれ、あの列車。
a0101905_22114938.jpg
 
特急サロベツにのるんじゃないよ。
各駅停車で名寄まで。
キハ54にお世話になります。
(名寄からは快速に乗る)
a0101905_22122897.jpg
a0101905_22124577.jpg
a0101905_22130062.jpg

a0101905_22132132.jpg
  
さよなら日本最北端の町。
a0101905_22130755.jpg
 
車内に乗り込んだ。
    
さよなら日本最北端の車止め。
a0101905_22133401.jpg
 
運転席。  
a0101905_22134137.jpg
 
車内に沿線自治体の広報紙。
(時期的に成人式がメインのニュース)
a0101905_22134942.jpg

国鉄時代のままの扇風機。
a0101905_22140075.jpg
 
細部がレトロで懐かしい。
a0101905_22140755.jpg
a0101905_22141598.jpg
 
1両編成のワンマンカーで名寄まで32駅。
10時52分、出発進行!
a0101905_22142192.jpg
 
窓がやたら曇ると思ったら二重窓なのだった。
さすが寒冷地。
a0101905_22145148.jpg
全駅撮影しようと思っていたのに、いきなり南稚内で撮影しそこねた。
ということで2駅目、抜海駅。
日本最北の木造駅、無人駅。
a0101905_22145983.jpg
3駅目、勇知駅。
ここ勇知いもの産地なんだ。
a0101905_22151321.jpg
 
4駅目、兜沼駅。町内会館みたいだ。
a0101905_22152195.jpg
 
稚内行きのキハとすれちがい。
a0101905_22153058.jpg
5駅目、徳満駅は撮影しそこねた。
 
6駅目、豊富駅。
サロベツ原野への拠点で特急も止まる。
a0101905_22153868.jpg
 
7駅目、下沼駅、無人駅。
これは客車?を利用しているんだね?
駅前に泉が湧いているんだって。
a0101905_22155206.jpg
 
8駅目、幌延駅。
黄緑のアクセントが可愛らしい木造の階段がいい感じ。
かつては留萌駅からこの幌延駅まで羽幌線が通っていた。
(国鉄民営化前々日に廃止)
留萌から日本海側を北上する路線なんて素敵だったろうな。
a0101905_22160373.jpg
a0101905_22161769.jpg
 
ここで特急列車の待ち合わせ。
ということで列車から降りて撮影タイム。
a0101905_22163529.jpg
 
来た。
スーパー宗谷。
a0101905_22164605.jpg
a0101905_22165610.jpg
a0101905_22170933.jpg
a0101905_22171832.jpg
  
9駅目、上幌延駅、無人駅。
車掌車転用の駅舎。
a0101905_22173148.jpg
 
10駅目、南幌延駅、無人駅。
待合室になっている小屋があったけど撮影できなかった。
とにかくどこも停車時間が短いのだ。
a0101905_22174050.jpg
 
11駅目、安牛駅、無人駅。
a0101905_22175309.jpg
 
林と雪原の中を淡々と進む。
a0101905_22180106.jpg
a0101905_22200052.jpg
 
12駅目、雄信内駅
「おのぶない」駅かと思ったら「おのっぷない」駅だった。
a0101905_22200971.jpg
 
かっこよくて立派な駅に見えるけど無人駅だそう。
a0101905_22201544.jpg
 
13駅目、糠南駅。
以前は木造の待合室があったけれど台風で壊れてしまった。
物置にしか見えない待合室、と思ったら本当にヨドコウのヨド物置だった。
a0101905_22202318.jpg
なんと、このヨド物置がぬかにゃんなるゆるキャラになっている!
(名前からわかるようにねこキャラ、なかなか可愛い。)
さらにヨドコウ(淀川製鋼所)の広報紙にも掲載されている。
小さいけれど、なかなかやる物置なのだった。
 
幌延町のサイトに個人の非営利目的なら画像を使っていいとあったので
載せちゃおう。
a0101905_00403454.jpeg
右は下沼駅の駅舎キャラ。
こっちもなかなかいい。 
 
a0101905_22203773.jpg
 
14駅目、問寒別駅、無人駅。
貨車駅舎だけど外側はお化粧直しをしたらしい。
誰か雪かきをしてくれる人がいるんだね。
a0101905_22204541.jpg
 
15駅目、歌内駅、無人駅。
廃駅の危機に瀕しているらしい。
a0101905_22205259.jpg
 
  
名寄まで半分きた。
時刻も12時半すぎ。
そろそろお昼ご飯にしようっと。
 
稚内駅で買った駅弁。
a0101905_22220157.jpg
かに、うに、イクラ!
プリン体!
a0101905_22220853.jpg
実はイクラはプリン体が少ないらしい。
ウニ、カニ、ビールは多い。
 
テーブルがないので
膝に力を入れて内股で食べるじいや。ぷぷっ。
a0101905_22221353.jpg
まだまだ続く。
 
     
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
GWの予定は猫さまの下僕。
 
170226
.
 



by rikiaru | 2017-04-28 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その12 稚内駅

<北海道旅行記 その12 2017年2月26日記事>
 
ホテルの部屋から海を見たらうっすらと影。
a0101905_22304782.jpg
利尻島か礼文島だ(どっちだろう)。
 
ホテルの前の通りは利札通り。
「利尻」「礼文」通りだ。
a0101905_22310785.jpg
いつか礼文島に高山植物を見に行きたい。
  
お世話になったホテルにさよならして出発。
a0101905_22312076.jpg
 
レンタカーには雪が積もっているけれど
パウダースノーなのでブラシで掃くだけで大丈夫。
新潟の雪とは大違いだ。
a0101905_22313422.jpg
 
帰りの列車まで少し時間があるので、稚内公園に行くことにした。
南極観測隊の樺太犬記念碑と供養塔がある。
  
稚内公園の入り口に着いたら
a0101905_22314616.jpg
冬季閉鎖中だった。
残念。
 
じゃあ、もう1回あそこへ行ってみようかな。
a0101905_22320015.jpg
雪嵐で前が見えない。怖。
  
再びのノシャップ岬。
a0101905_22321884.jpg
a0101905_22323308.jpg
a0101905_22324777.jpg
 
ノシャップ岬の隣は漁港。
a0101905_22331963.jpg
 
冬は漁が休み?
a0101905_22335537.jpg
a0101905_22340949.jpg
 
「力丸号」を見つけた。
うちの初代のわんこが「力(りき)」。
なんだかうれしい。
a0101905_22351318.jpg
 
 


ノシャップ岬、寒すぎる。
もう耐えられない。
 
おじさん、もう行くよ。
a0101905_22353480.jpg
 
車に戻ったら窓が凍りついてる。
a0101905_22360860.jpg
 
車内に落ちた雪が溶けてない。
a0101905_22361815.jpg
どんだけ寒いんだ。
 
駅に向う途中で前日お世話になったあきかわ屋さんが。
a0101905_22363196.jpg
こちらこそありがとうございました。
また来ます。
 
海の安全と豊漁を祈願する岬神社。
大綿津見神(おおわたつみのみこと)をお祀りしている。
a0101905_22364653.jpg
 
除雪車が駐車場で休憩中。
a0101905_22365724.jpg

そしてまたまた見かけた宗谷バス。
というか東急バス。
a0101905_22371308.jpg
ネットで調べたら、これは本当に東急バスの車両だったらしい。 
もしかしたらこの車両に乗ったことがあるかもしれないね。
 
交差点の名前が「ノシャップ2丁目」
ここの住所が稚内市ノシャプ2丁目。
かっこいい住所だ。
a0101905_22373037.jpg
 
また、前が見えないよ。怖い。
a0101905_22374253.jpg
 
前が見えにくい中、事故も起こさず稚内駅到着。
a0101905_22375309.jpg
 
駅の前には日本最北端線路のモニュメント。
a0101905_22380465.jpg
黄色い車止めは可愛いけれど、肝心の線路が雪に埋もれちゃってる^^;
 
こちらはモニュメントじゃなくて本物の線路だけど
やっぱり雪に埋もれてる。
a0101905_22381685.jpg
 
駅の売店でお土産や駅弁を購入。
a0101905_22382845.jpg
このお弁当の包み、稚内の名所がたくさん書いてあって稚内気分満載だけど
中身はわからないなあ。何入ってるんだろう。
(このお弁当は買わなかったのよ)

駅の中には映画館がある。
a0101905_22384192.jpg
他にお土産物やさん、昨日昼食をとった食堂、コンビニ、道の駅
地域交流センター、グループホームや高齢者住宅まで揃ってる。
車社会で鉄道から気持ちが離れがちだけど
こんな風に駅にいろいろ揃っていれば
駅が交流の場になるね。
 
犬ぞりポスターの展示があった。
第1回は1984年開催。 
映画「南極物語」に出演したタロとジロが稚内市に贈られたことがきっかけで開催。

最初の頃のポスターはシンプル。
ちょっと南極物語っぽいね。
a0101905_22384964.jpg
第6回(1989年)〜11回(1994年)
ちょっとダイナミックな感じに。
a0101905_22385960.jpg
 
第17回(2000年)〜20回(2003年)
おれはやるぜ感が満載。
a0101905_22390816.jpg
前日に会えた本物のおれはやるぜわんこたちは
短毛(たぶんユーロハウンドという種類)だったけれど
やっぱりポスター映えするのはチョビ(シベリアンハスキー)なんだなあ。
各年代でポスターの雰囲気が違って面白い。
  
「おれはやるぜ」も見たし、美味しいものも食べたし
水族館も凍える岬も体験したし、楽しかったな、稚内。
カネポッポという名のモニュメントに送られて
帰りましょう。
a0101905_22391992.jpg
 
 
.
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

名物わっかない弁当の中身が気になるので調べたら、海老、焼き鮭、ホタテなどが入った幕内弁当だった。
 
170226
.
 

by rikiaru | 2017-04-24 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(4)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その5 スーパー宗谷その3

<北海道旅行記 その5 2017年2月25日>

今回の記事も雪景色と鉄道ばっかりです。m(_ _)m

幌延駅を出発して再び雪の平原。
a0101905_2218401.jpg


雪が風で舞い上がってる。
雪嵐というんでしょうか?
a0101905_22184810.jpg
a0101905_22185772.jpg
a0101905_2219664.jpg
a0101905_22194367.jpg

青空見えてきた。
天候がクルクル変わるね。

12時13分、豊富駅到着。
a0101905_22195455.jpg
a0101905_22202729.jpg


豊富町は下エベコロベツ川で魚がとれ、
石炭や石油、天然ガス、温泉、泥炭など天然資源に恵まれた土地で
転じて、なんでも豊富(ほうふ)にある町、豊富(とよとみ)なんだそうな。
さらに最北の温泉郷でもあるし、
自然が豊かなサロベツ原野もあるし
下車してみたい。

a0101905_22203711.jpg
a0101905_22204752.jpg


スノーモービルで疾走する人たち発見。
a0101905_22205633.jpg


外はそんな凍える冬景色だけれど
じいやは車内で半袖。
a0101905_2221593.jpg

北海道の冬の室内は本当に暑い。

稚内駅到着まであと15分。
a0101905_22211576.jpg


なんとなく海沿いっぽい風景だな、と思っていたら
a0101905_22212334.jpg


海!
a0101905_22213279.jpg


うみ!
a0101905_22214766.jpg

日本海です。

海風吹き付ける小山のてっぺんに撮り鉄さん発見!
a0101905_22221198.jpg

スーパー宗谷の撮り納めかも。
3月4日のダイヤ改正でスーパー宗谷の名前が時刻表から消える。
札幌ー稚内間が1日3往復から1往復になる。
乗りに来るたびに「これでおしまい」ばっかりだ。
なんだかなあ。



可愛いスキー場発見。
a0101905_22221967.jpg

調べたらこれは「こまどりスキー場」というんだって。
なんで「こまどり」かといえば
スキー場の住所が「稚内市こまどり4丁目」
住所が「こまどり」なんて素敵すぎる。
(ちなみにこまどりは5丁目まで。はまなすっていう地名もある)

ラッセル車かっこいい。
a0101905_22223057.jpg

一度ラッセル車が動いているところを見てみたい。

12時8分、南稚内駅到着。
a0101905_22223777.jpg
a0101905_22232690.jpg




12時53分、札幌から396.2km、5時間5分で
「終着」稚内に到着。

ドアに雪が凍りついてるよ。
極寒の中、稚内までありがとう。
a0101905_22233960.jpg


ホームに降りるとそこは日本最北端の駅。
a0101905_22234991.jpg

来てみたかったんだ、はじっこに。

西大山駅はJR最南端の駅。
a0101905_22391183.jpg
今は沖縄にモノレールの駅があるので日本最南端ではない。

a0101905_22392384.jpg
a0101905_22394769.jpg
a0101905_223956100.jpg
a0101905_2240510.jpg


これが日本最北端の車止め。
a0101905_22401321.jpg

はじっこの中のはじっこ。
King of はじっこ^^
ちなみに最南端の西大山駅は最南端だけれど終点ではないので
車止めはない(と思う)

それにしても稚内駅がモダンで驚いた。
まさか最北端の車止めがガラス張りの駅舎をバックにしていようとは。
増毛の車止めも背景が新興住宅街のような家並みで驚いたけど。
ひなびた風景に溶け込む車止め、なんて勝手に思っていたけど
実際に見ないとわからないね。

a0101905_22402146.jpg
a0101905_22402979.jpg
a0101905_22403757.jpg
a0101905_22404527.jpg
a0101905_22405739.jpg




スーパー宗谷、いっちゃった。
a0101905_22411276.jpg

この線路をずーっと3000kmたどっていくと
鹿児島の端っこにたどり着くと思うとグッとくる。

最北端の駅を満喫したところで参りましょうか。
a0101905_22412065.jpg


時刻は13時過ぎ。お腹がすいた。
駅に食堂でお昼ご飯。

注文して食事が出てくるのを待っていたら
店に流れるラジオ?から「宗谷岬」が流れてきた!

わああ、なんてタイミングなんだ。
なんかいきなり旅情がクライマックス!
(ラジオだったのでいつも流れているわけではないと思う)

だけどばあやが慣れ親しんだ「宗谷岬」とちょっと違う。
歌っているのがダ・カーポじゃない。

調べてみたら「宗谷岬」はダ・カーポのオリジナルではないのだった。
なんと作曲は先日亡くなった巨匠「船村徹」先生。
(作詞は吉田弘さん)
オリジナルは黒木真理(まこと)さんという方が歌っている。
You Tubeに千葉紘子さん(!)が歌うバージョンがあるので聞いてみた。
悪くはないけれど、演歌のご当地ソングという感じかな。
アレンジが演歌だし(演歌は嫌いじゃないけど)
やっぱり「宗谷岬」はダ・カーポだよね。

と宗谷岬についていろいろ考えたところで
お昼ご飯登場。
a0101905_22412813.jpg

サッポロクラシックに稚内焼きそばにザンギ定食。
とーってもおいしかった。
普通なんだけど、きちんと丁寧に料理している感じ。
稚内駅内食堂、オススメです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ようやく稚内到着^^;
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-03 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その4 スーパー宗谷その2

<北海道旅行記 その4 2017年2月25日>

今日の旅行記はほぼ雪景色で真っ白です。ご興味がある方だけどうぞ。

旭川駅を出発して、スーパー宗谷はいよいよ宗谷本線へ。

コンテナいっぱい。
貨物専用の北旭川駅かな。
a0101905_22491936.jpg


旭川の市街地を離れると雪の平原、そして時々川。
a0101905_22493113.jpg
a0101905_22493859.jpg



 
三浦綾子さんの小説で有名な「塩狩峠」。
(読んだことはないけれど)
無人駅でとても静かだそう。
少し離れたところには温泉もあるんだって。
降りてみたい。

旭川の次の停車駅は「和寒駅」



9時45分、和寒駅到着。
a0101905_22503060.jpg
a0101905_22504123.jpg

駅のホームのあっちにも「わっさむ」こっちにも「わっさむ」。
「わっさむ」って音が面白くてなんだか楽しい。
そして心の中で「わ、さむ〜」とおやじギャグをつぶやいてしまう。

*駅の由来はアイヌ語の「アッ・サム」(ニレの木のそば)から。

9時56分、士別駅到着。
a0101905_22505163.jpg

羊のまちなんだね。
「羊と雲の丘」なんていうのがあるらしい。
もふもふしたい。
ラム肉ジンギスカンも美味しいらしい。
可愛くて美味しい羊さん・・・。

*「士別」はアイヌ語の「シペッ」(大いなる川)から

10時11分名寄駅到着。
駅員さん交代かな。まだ先は長いもんね。
a0101905_225116.jpg


*名寄の由来はアイヌ語の「ナイオロプト」(渓流に注ぐ口)。
 名寄川が天塩川に注ぐ様子をいったもの。
 2月の平均最低気温が-16.3度で全国の市で一番低い。ひえええ。

歴史のありそうなレンガの倉庫。
a0101905_2251968.jpg


雪が激しくなってきた。
a0101905_22511753.jpg


名寄からしばらくの間、スーパー宗谷は天塩川沿いに北上。



a0101905_2252984.jpg
a0101905_2252174.jpg
a0101905_22522669.jpg


10時32分、美深駅到着。
a0101905_22523558.jpg

ここはとっても立派な駅舎。
駅長さん?らしき方が団体客をお出迎えしてた。
調べたら温泉があるみたい。
それからチョウザメが特産品だとか。
1931年1月27日に-41.5℃を記録しているとか。
ひえええ。

*美深の由来はアイヌ語「ピウカ」(石の多い場所)。
 雪がたくさんふって美しいのかと思った。

ここにも倉庫。
a0101905_22525290.jpg

こんなレトロ倉庫、都会にもっていったら大人気だ、と思うけど
ここではきっと現役だよね。
きっと北の大地のおいしい野菜が入ってるんだろうな。

撮影ミスじゃないです。雪、激しい。
a0101905_2253177.jpg


脇を走る国道40号の標識に「稚内」の文字が見えた♪
a0101905_22531054.jpg


雪原にぽつんと建つ可愛い家。
煙突が4本もあって暖かそう。
a0101905_22531648.jpg
煙突が4つということは各部屋に薪ストーブや暖炉があるの?

a0101905_22563054.jpg
a0101905_2256386.jpg


10時58分、音威子府駅到着。
a0101905_22564624.jpg
a0101905_22565493.jpg

「おといねっぷ」っていう音がいいよね。
北海道感満載。
隣の「さっくる」っていう音も可愛い。
音威子府村は人口が1000人割っているそうで
人口密度が2.9人/km²。
ひろびろ〜。
駅そばが有名らしい。

*音威子府はアイヌ語の「オ・トイネ・プ」(河口・土で汚れている・もの)に由来。
 音威子府川が天塩川に合流する地点が泥で濁っていたことから命名。

a0101905_2257410.jpg
a0101905_22571345.jpg
a0101905_22572247.jpg


11時27分、天塩中川駅到着。
a0101905_22573211.jpg

雰囲気のある駅舎。
健さんがでてきそう。

*旧駅名は誉平(ぽんぴら)駅(アイヌ語の「ポン・ピラ」(子・崖))

a0101905_22574058.jpg
a0101905_2258377.jpg


雪雲と雪原と雪でほぼ真っ白だったのに
いつの間にか青空が。
a0101905_2258134.jpg


窓ガラスの外に氷がこおりついているよ。
a0101905_22582271.jpg
a0101905_22583012.jpg
a0101905_22583936.jpg
a0101905_22585179.jpg
a0101905_2259113.jpg
a0101905_2301224.jpg
a0101905_2302520.jpg


11時59分、幌延駅到着。
a0101905_2303439.jpg

幌延町は北緯45度線が通る町。
そのほかトナカイの飼育(トナカイ牧場がある)やヒマラヤの青いケシの栽培など。
(町のゆるキャラがトナカイのホロベー青いケシのブルピー。なかなか可愛い^^)

*アイヌ語の「ポロ・ヌプ」(大きい・野原=大平原)が「ほろのぶ」と転訛し
 これに「幌延」の漢字が当てられ、さらに「ほろのべ」と転訛。

こうやって地名を見てると川に関する名前が多い。
アイヌの人にとって川がとても大事だったんだろうと想像する。

この先天塩川は西に向かって日本海に注ぐ。
宗谷本線はまだまだ北上して稚内に向かうのだ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
地名の由来、名所特産品等はwiki、各自治体のサイトより。
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-01 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その3 スーパー宗谷その1

<北海道旅行記 その3 2017年2月25日>

今日の旅行記は本当に鉄道しか出てきません。見てやってもいいよ、という方だけどうぞ。

翌朝はホテルを6時半出発、朝ごはん抜き。
a0101905_22434586.jpg
札幌市のマンホールは時計台と鮭。

朝日の中島公園。
a0101905_22435516.jpg


かなり広そう。歩いてみたい。
a0101905_2244555.jpg
向こうの山は藻岩山と思われ。

札幌市営地下鉄に乗って札幌駅到着。
7時ジャスト。
a0101905_2244141.jpg
a0101905_22442345.jpg
デジタルサイネージカッコイイ。

JR札幌駅の改札を通ったら7,8番線ホームへ。
a0101905_22443667.jpg


8番線で去年乗った懐かしの特急オホーツクに再会。
網走に向かって出発していった。
a0101905_2246876.jpg
JR北海道の駅員さんの冬のコート姿はめちゃめちゃかっこいい^^

そして7番線ホームには
a0101905_22461850.jpg




稚内行きスーパー宗谷到着。



これに乗って北の大地のそのまた最北の地、稚内へ向かうのだ。

ヘッドマークは道北の形。
a0101905_22462862.jpg
a0101905_22463799.jpg
a0101905_22464783.jpg
a0101905_22465522.jpg
a0101905_224732.jpg


朝ご飯抜きだったので前回もお世話になった札幌駅のドトールでサンドイッチ。
a0101905_22473332.jpg
お腹が空いてたから出発前に食べちゃった。

7時48分出発、さよなら札幌駅、またね。
a0101905_22475582.jpg
おいしいお寿司をありがとう。

何度聞いてもうっとりしてしまうJR北海道の車内放送。
(声の主は大橋俊夫さんこちらでいろんな大橋俊夫さんの声が聞けます)



札幌近郊は雪が少ないけれど
a0101905_22481283.jpg


内陸に向かうに従ってどんどん積雪の量が増える。
a0101905_22482172.jpg


岩見沢駅到着。
あれ、ラッセル車なんだろうか?
a0101905_22482983.jpg


かっこいい倉庫。
a0101905_22483967.jpg


8時14分、岩見沢出発。
a0101905_22484949.jpg
a0101905_2249954.jpg
動物の足跡が点々と。

8時23分、美唄駅到着。
a0101905_22491856.jpg
駅前のレトロホテル、泊まってみたい。

駅のホームで見かけた。
a0101905_22492882.jpg
石狩の美国といへる停車場の 柵に乾してありし 赤き布片かな 

石川啄木の一握の砂に治められている歌だそうで
この美国というのが実は「美唄」だとされている(諸説あり)

a0101905_22493958.jpg


8時35分、砂川駅到着。
a0101905_22495081.jpg


空知川
a0101905_22503070.jpg




この「停車時間はわずかです。」というのがツボ。
うまく説明できないけれどとてもいい。

8時41分、滝川駅到着。
あれは根室方面へ行く列車だろうか?
a0101905_22504044.jpg

根室、釧路方面はまだ行ったことがない。
釧網線に乗って、タンチョウを見てみたい。

青空だけど雪煙。
線路の上に積もった雪を吹き飛ばして進むスーパー宗谷。
a0101905_22505066.jpg




a0101905_2251050.jpg
a0101905_2251116.jpg
a0101905_22514051.jpg


8時55分、深川駅到着。
ホームが雪に埋もれている。
a0101905_2253491.jpg


あれは留萌本線。
去年乗った留萌ー増毛間は廃線になってしまった・・・。
a0101905_22531692.jpg


9時16分、旭川到着。
a0101905_2253477.jpg


ここまでは去年の網走旅行と一緒。
ここからは未踏の地(←大げさ)
いざ、最北の地へ!
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ラッセル車のラッセルって人の名前なんだって。アメリカのラッセルさんが作った除雪車がラッセル車。
      
                                                                                                                                  
170225
by rikiaru | 2017-03-28 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その1 AIR DOで札幌へ

<北海道旅行記 その1 2017年2月24日>

やっちゃんがばあやのことを察してくれて
カリカリを食べ始めた翌々日の2月24日

しらーっとしたねこ様の視線を浴びつつ
a0101905_2323450.jpg

ばあやは(じいやも)旅へ。

留守の間、冷え込まないといいなあ。
ねこ様心配だ。
a0101905_2325224.jpg
じゃあ、でかけるな、という話ですが。

羽田空港到着。
AIR DOのカウンターでチェックイン。
a0101905_233367.jpg

というわけで、今回の旅先は(も)北海道。
5回目?
でも北海道に行く時に飛行機に乗るのは初めて。
(今までは行きは鉄道で帰りが飛行機だった。
寝台車なくなっちゃったから・・・シクシク)

女満別と稚内は雪がすごそう。
a0101905_2331556.jpg
a0101905_2332453.jpg

だけど、今回の行き先は札幌。

AIR DOの飛行機、札幌までよろしく。
a0101905_2334347.jpg


予定通りに飛行機離陸。

お台場臨海地域
a0101905_233516.jpg


富士山と南アルプス
a0101905_234239.jpg
a0101905_2341061.jpg


中禅寺湖と男体山
a0101905_2342012.jpg


AIR DOのキャラクター、ベア・ドゥ。
a0101905_2344099.jpg


どこかわからないけど雪!
a0101905_2345020.jpg


そして
a0101905_2345996.jpg


北の大地北海道!
a0101905_235967.jpg


天気いいね。
a0101905_2352187.jpg
a0101905_2352960.jpg
広いね。バイコヌールを思い出す。

ROYCEのロゴを見ると北海道感が増す。
a0101905_235418.jpg


ちょうど冬のアジア大会開催時期だった。
アジア大会まで萌えキャラなんだ。
a0101905_23622.jpg


空港のフードコートで北海道最初の食事。
ジンギスカンと北海道でしか飲めない札幌クラシック♪
a0101905_2361591.jpg
a0101905_2364473.jpg


飛行機の離発着を見ながらお食事ができて気持ちいい。
a0101905_2365482.jpg
a0101905_237413.jpg


空港のショッピングエリアに初音ミク。
a0101905_2371496.jpg
冬の北海道を応援する「雪ミク」というのがいるらしい。

新千歳空港発札幌行きの快速エアポート号は
日ハムの大谷選手ラッピング。
a0101905_2373679.jpg
a0101905_2374734.jpg
a0101905_238238.jpg


この日の札幌の最高気温は0度ぐらい。
寒さに備えて着込んできたらなんだか暑い。
着込んできたせいだけじゃなくてあきらかに暑い。
北海道って屋内がめちゃめちゃあったかいもんね。

エアポートの車内も暑くて暑くて
ダウンを脱ごうともたもたしてたら

カメラ落とした。
レンズ床に激突。
旅行これからなのに。

確認したらカメラのレンズフードがレンズにめりこんだ。
フードがはずれなくなっちゃった。
げげげ。
a0101905_084241.jpg

おまけにレンズフードが斜めになって
広角側で撮るとフードが写ってしまう(号泣)

それでも写真は撮れるので不幸中の幸いと思うしかない。

札幌駅到着。
a0101905_2381731.jpg


駅のすぐ近くにヨドバシカメラがあるので
レンズフードがはずせないか聞いてみたけれど
修理にださないと無理らしいorz

北海道に来たのにテンションだだ下がりのままの旅のスタートなのだった。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ねほりんぱほりん(Eテレ)が終わってしまった(寂)
      
                                                                                                                                  
170224
by rikiaru | 2017-03-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(373)
(221)
(207)
(207)
(206)
(198)
(195)
(165)
(163)
(163)
(143)
(131)
(127)
(124)
(116)
(116)
(111)
(110)
(104)
(103)
検索
ブログジャンル
画像一覧