りきの毎日

<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその16 バイコヌール中央市場

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その16 2016年7月5日>

博物館を後にしてバイコヌール市街へと戻る。

再び何もない道をバスは行く。
a0101905_22592112.jpg


機関車がいた^^
a0101905_22591299.jpg
止まってたけど。

宇宙基地の検問所を通り抜けて
a0101905_22593517.jpg


バイコヌール市街へ。
a0101905_22594311.jpg


バイコヌール市の紋章。
ちょっと見えにくいけどモザイクタイル?でできてる。
ものすごくロシアっぽい。
a0101905_1323242.jpg


あちこちで微笑むガガーリンさん。
a0101905_230239.jpg
何もない一本道に人。そして牛。

昔のお風呂屋さんの煙突みたい。
a0101905_23091.jpg


お昼のお食事処に到着。
a0101905_2302567.jpg


お店の前にツバメがたくさん。
a0101905_2303546.jpg
a0101905_2304398.jpg


巣立ったばかりの幼鳥みたい。
まだ親がえさをあげに来てた。
a0101905_2305229.jpg


こんな感じのお店。
a0101905_231686.jpg
a0101905_2311791.jpg
この2枚は大陸トラベルさんより提供。自主規制によりじいやはのっぺらぼう。

メニューはサラダとボルシチ。
a0101905_2312896.jpg


お肉のカツレツ。
a0101905_231371.jpg
中にチーズか何かが入ってた。

紅茶には角砂糖が三つ。
a0101905_2314690.jpg


美味しそうだったのに、本場のボルシチだったのに
ほとんど食べられなかった。
私の胃腸が食べ物が滞在することを拒むのよ。
猛スピードで通り抜けるのよ〜。
(檳榔な話ですみません)
食べると美味しいと感じるのに、その後を考えると怖くて食べられない。
一口ずつだけ食べました。
今なら完食できるのに(悔しい)

外に出たらまだツバメがたくさんいた。
a0101905_2315516.jpg


日本に来るツバメと同じ種類かしらん?
a0101905_232691.jpg


バスに乗って次の目的地へ。
a0101905_2321686.jpg
a0101905_2322537.jpg


水が少ないところなのに、花をきれいに咲かせているところが多い。
a0101905_2323620.jpg
a0101905_2324588.jpg


建物の上に象の像?
a0101905_2331658.jpg


この辺りがバイコヌール中央市場。
a0101905_2333166.jpg
a0101905_233436.jpg


市場の中へ。
右側はロケット打ち上げの写真。
a0101905_2341530.jpg


民族っぽいスリッパ?
このあたりは観光客向け。
a0101905_2342680.jpg


後は地元民のためのお店。
衣料店。
a0101905_2381311.jpg


ここで、トイレを求めて(^^;;)市場の中をうろうろと。

いろいろあせりつつなんだかかっこいい風景は撮る。
a0101905_2382515.jpg
画像をはぎ合わせているのでちょっとずれてますが。

ようやくトイレ発見。
a0101905_2383686.jpg

ここのトイレはチップ制だった。
入り口のおばさんにお金を払うとペーパーをくれる。
(男性は申請しないとペーパーをもらえない:じいや談)

超レトロな手洗い。
a0101905_2384629.jpg


落ち着いた処で市場をぶらぶら。
a0101905_2385372.jpg
a0101905_239582.jpg


インドネシア会得した方式(笑顔でカメラを指差す)
写真を撮らせてもらう。
a0101905_2391384.jpg
このお兄さんはフレンドリーで英語もできたので、少し会話した。どこから来たか、とか名前とか程度ね。

a0101905_2392381.jpg
a0101905_2393515.jpg


こちらは雑貨商店が集まるエリア。
a0101905_2394444.jpg
a0101905_2395657.jpg
手前の不思議な箒、欲しかった。

市場の一角でゲームに興じるお兄さんたち。
a0101905_2310557.jpg
a0101905_23101567.jpg


お惣菜屋さんのきれいなお姉さん。
a0101905_2344096.jpg


飲料店。
a0101905_23102757.jpg


リヤカーも日本のものとは少し形が違うのね。
a0101905_23103593.jpg


ここではカザフスタンチョコレートを買って
a0101905_13405876.jpg
これはカザフスタンの国旗。青い空、太陽、その下には翼を広げて飛ぶ鷲、横の文様は鷲の翼の雄羊。

市場を後にした。
a0101905_23104326.jpg


a0101905_23105265.jpg


次に向かったのはロスコスモスのグッズを売っているお店。
窓が全部レンガで塞がれている不思議な建物の
a0101905_2311136.jpg
この建物はなんなんだろうか。

向こうのマンション。入り口がきれい。
a0101905_2311965.jpg


マンションのあちこちがいちいち可愛い。
a0101905_23111870.jpg
a0101905_23112643.jpg
a0101905_23113448.jpg


こんなところにお店があるの?と不思議だったが
本当にマンションの一室。
ここでみなさんお買い物テンションマックスになり
Tシャツや帽子、時計、旗などのグッズを買いまくる。
ばあやはロスコスモスのロゴ入りリネンの半袖シャツを購入。
これを着れば、ばあやもロスコスモスの美人社員(げげっ)。

マンションの外の東屋。
気持ちよさそう。
a0101905_23114595.jpg


公園に太陽系のオブジェ。
a0101905_23115585.jpg

毎日見てたら水金地下木・・・なんて呪文を唱えなくても
自然に覚えちゃうよね。
さすが宇宙基地の街。
 
 
その17「宇宙飛行士の並木道」へ。
その15「宇宙基地博物館」へ。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
家中が金木犀の香りで幸せ。
 
by rikiaru | 2016-09-30 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

憂いの美少年

けだるい午後。
憂いの美少年がふたり。
a0101905_2157096.jpg
a0101905_228841.jpg
a0101905_2285154.jpg
a0101905_229729.jpg
a0101905_2292483.jpg
a0101905_22101016.jpg
a0101905_22102276.jpg
a0101905_22271078.jpg
a0101905_22111684.jpg
a0101905_22112995.jpg


仲良しすぎ。

やっぱりこれは「トーマの心臓」実写版(ただし猫ver.)をやるしかないっ
と深く頷いたあなたはぽちぽちっとな♪
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ハマの番長に泣けた。
 
by rikiaru | 2016-09-29 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその15 宇宙基地博物館

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その15 2016年7月5日>

コテージ見学が終わりいよいよ宇宙基地博物館の見学へ。
a0101905_2285311.jpg
これは軍帽姿のガガーリンさん?

入り口はいってすぐのコーナーはバイコヌール宇宙基地と
ロシア宇宙開発の歴史。

カザフスタンの民族的な展示。
a0101905_229971.jpg
真ん中にパオの模型。カザフ人はもともと遊牧民。

砂漠の真ん中に宇宙基地を建設。
a0101905_2292021.jpg
1955年に大陸間弾道ミサイルの発射場として建設。本当の地名はチュラタムだった。本来のバイコヌールはチュラタムの500km南西にある。現在は正式地名がバイコヌールである(by wiki)

「земля сыра」って何かと思って調べたら「土地 チーズ」だった。
チーズ色の土地って意味?
よくわからないけど、確かに一面黄色っぽい土地だね、バイコヌールは。
a0101905_2293086.jpg


カザフスタンの宇宙飛行士
左はalgat Musabayev タルガット・ムサバイエフさん(1994年7月1日打ち上げ)
右はToktar Aubakirov  トクタル・アウバキロフさん(1991年10月2日打ち上げ)
a0101905_2294887.jpg

カザフスタンは1991年12月16日独立なので
(ロシア連邦成立は1991年12月25日)
トクタルさんはソ連人として宇宙に飛んでるね。
カザフスタンの宇宙飛行士としては
2015年9月2日にもうひとりAidyn Aimbetovさんが飛んでるらしい。

左の見出し「впереди своего века」は「前 彼の 世紀」だった。
右側のおじさんはツィオルコフスキーさん。
人工衛星や宇宙船の示唆、多段式ロケット、軌道エレベータなどの考案
ロケットで宇宙に行けることを証明した業績から「宇宙旅行の父」と呼ばれている(by wiki)
つまり左側はツィオルコフスキーさんの前に宇宙開発、ロケットなんかを考えてた人の紹介か?
a0101905_22101833.jpg
a0101905_22103043.jpg
вселенная принадлежит человекуは「森羅万象・宇宙 帰属する 人間」宇宙は人間に帰属する?そうなの?

そして、実質的なソ連の宇宙開発のリーダー、コロリョフさん。
a0101905_22114613.jpg


誰から誰への手紙かさっぱりわからないけど。
a0101905_2212891.jpg
a0101905_22121720.jpg


ガガーリン射点の模型。
a0101905_22123164.jpg


これは地球儀ではなく月球儀なのでルナ計画?
a0101905_22143114.jpg
世界で最初に月面に人工物を到達させたのはソ連。月の裏側を初めて観測したのもソ連の探査機なので、月の裏側にはソ連、ロシア関係の名前多し。

なんて書いてあるんだろう。
読めたらいいのに。
a0101905_22155213.jpg


この部屋にはそこらじゅうに貴重なものがあるんだけれど
私はこれに目が釘付け。
a0101905_22162972.jpg


宇宙へ飛んだ犬用のケージ。
a0101905_22164011.jpg


ライカ犬のことを知ったのは「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」という映画。
(1985年、日本公開は1988年)
映画の宣伝用コピーだったかな。
「僕の人生は辛いけれど、宇宙へ行ったあのライカ犬よりはいい。」

ライカ犬というのが宇宙に行ったんだ。
どうなったのかな。
コピーの文句からすると帰ってこれなかったんだろうか。
その頃はネットで検索することもできず(もちろん前世の記憶^^)
気になったまま・・・(映画も見てない)

その後、最初に行ったライカ犬は地球には帰ってこれなかったことを知った。
この写真は最初のわんこだろうか。
名前は「クドリャフカ」(Кудрявка, Kudryavka「巻き毛ちゃん」の意)

犬以外にもうさぎも行ったんだね。
わんこも何匹も宇宙に行っている。帰ってきたわんこも帰ってこれなかったわんこも。
a0101905_22165316.jpg


こんな風にケージを設置してロケットに乗せられる。
a0101905_22172233.jpg
じいやを探せ!

宇宙開発に関わった動物に思いを馳せつつ
周りの貴重なものたちももちろん見学。
a0101905_22175580.jpg


レトロな機械が素敵だ。欲しい。
a0101905_22181236.jpg
арифмометр計算機Феликс フェリックス、とかいてある。

これは打ち上げに実際に使われた装置。
a0101905_22182323.jpg


真ん中に鍵穴があって
a0101905_22194325.jpg


この鍵を差し込むと電源が入って打ち上げ可能となる。
a0101905_22195713.jpg


驚くのが今もこの方式で打ち上げされているということ。
ロシアは成功したら、その方法を踏襲するというのが伝統で
成功したんだから変える必要はない、というスタンスなんだとか。
前日の宇宙学校でもモデルロケットの打ち上げ時に同じ方法を取っていた。

人類初の人工衛星スプートニク関係の展示。
a0101905_2220818.jpg


ガガーリンさんの言葉。
a0101905_22215560.jpg
何か名言なんだろうけど、これは調べきれない。

初めて宇宙に行ったマネキン。
a0101905_22222144.jpg
名前はイワン。

こちらもガガーリンさん。
周りの人は宇宙飛行士候補生だった人かな。
a0101905_22225517.jpg


宇宙へ行った動物たち。
a0101905_2223294.jpg


ソ連、ロシアが開発したロケット。
a0101905_22234460.jpg


奥の方にTBSの「日本人初! 宇宙へ」のプロジェクトの展示があって
秋山豊寛さん、そしてバックアップクルーの菊地涼子さんの写真が。
a0101905_22241018.jpg
菊地さん、今もお変わりありませんね^^

ガイドの女性がこの写真について説明してくれたが
同行の日本人女性が菊地さんだとわかり、大感激!
写真の中の博物館資料として知っていた日本人女性が目の前にいるんだもの。
私も改めて、すごい人に同行していただいてると実感。

規模はそんなに大きくないけれど
何から何までほぼ本物、貴重なものだらけ
知識がない私でも「とんでもないもの」が並んでいるのだけはわかる。
前日の宇宙学校も本物が並んでいたし
ロシアの太っ腹感を感じまくったのであった。
 
続く。

その16「バイコヌール中央市場」へ。
その14「ガガーリンのコテージ」へ。

 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
キンモクセイ豆知識 日本にあるキンモクセイはすべてクローンと言われている。なので同じ条件ならば同時期に咲く。桜前線と同じように金木犀前線が作れるというわけ。桜前線に使われるソメイヨシノもクローン。
 
by rikiaru | 2016-09-28 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

ハートツインズ

いつも仲良しなっちゃんレンちゃん。
a0101905_2210231.jpg


Wアンモニャイト。
a0101905_22102197.jpg


双頭の鷲のような。
a0101905_22102930.jpg


でもやっぱりこれは
a0101905_22103839.jpg


ラブラブハートだね。
a0101905_2210573.jpg
ああ、なっちゃんの手が動いちゃった。
 
打ち合わせをしなくてもシンクロしちゃう
双子って本当に不思議、と神秘を感じたらぽちぽちっとな♪
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
双頭の鷲じゃなくて、金井克子の「他人の関係」だと思ったあなたは28歳。
 
by rikiaru | 2016-09-27 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(8)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその14 ガガーリンのコテージ

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その14 2016年7月5日>

この日は7時半起床。
久しぶりに少しゆっくり。

8時半朝食。
a0101905_223921.jpg
マッシュルーム入りオムレツ。クレープやパンケーキ。

前日ぐらいから胃腸が変。
ようするにお腹こわした。
ホテルの朝ごはんおいしいのに控えめ(泣)

10時半出発。
道の両側には樹木があるけれどその向こうは砂漠。
a0101905_22391326.jpg


ロシア正教会。
a0101905_22392641.jpg


パトカー。
a0101905_22395087.jpg


ロシアの重機。かっこいい。
a0101905_22401436.jpg


街中を離れると、周りは乾いた大地。
お供は線路。
a0101905_2240276.jpg


そして鉄塔。
a0101905_2240526.jpg
鉄塔がにょろにょろ(@ムーミン)みたいだ。

昨日朝焼けの中で見たパラボラだ。
a0101905_2241116.jpg


ここから先がバイコヌール宇宙基地。
a0101905_22413258.jpg


砂漠に生えるブルーの建物。
a0101905_2242165.jpg


警備の車?もブルー。
a0101905_2243832.jpg
バックのピンクの花は何かな?あちこちに咲いていた。

検問といっても何をするわけでなく一旦停止するだけ。
(運転手さんに確認とるんだと思う)
そもそもバイコヌールに入るのに書類を提出して
空港でチェックを受けてるから、ここはのどかなもの。

検問所を超えてひたすら走る。
a0101905_22434747.jpg
a0101905_2244035.jpg
a0101905_22441019.jpg
おもちゃみたいな踏切。

駅?使ってない貨車がある。
a0101905_22442342.jpg


ようやく建物が見えてきた。
a0101905_22443378.jpg
a0101905_22444475.jpg


宇宙基地博物館に到着。
a0101905_22452868.jpg
a0101905_11242633.jpg
バイコヌール宇宙基地博物館とある。

入り口でソユーズロケットがお出迎え。
a0101905_2246951.jpg


空にはツバメが飛んでた。
a0101905_22472074.jpg


ガガーリンさんとコロリョフさん。
a0101905_2248114.jpg

とにかくこの二人が英雄らしい。

博物館横にはソユーズ宇宙船。
a0101905_22473491.jpg


そしてソ連版スペースシャトル「ブラン」。
a0101905_2248122.jpg
これは試験機。

ここにもロケットゴミ箱。
a0101905_22482927.jpg
オレンジ色がキュート。

さあ、博物館の中へ。

博物館に入ってまずはトイレ^^;;
a0101905_2251572.jpg

普通の洋式トイレだけど紙は流せない。
そしてトイレットペーパーが一見わら半紙。
でも使い心地はわら半紙じゃなかったのでほっとした。
(ホテルのペーパーは柄付きダブルのふわふわ)

それからまずはお土産コーナーに。
なんでもバイコヌールの人たちはあまり商売っ気がないらしく
打ち上げで観光客が押し寄せることがわかっていても
品物を増やす、とか売り子さんを増やす、とかないらしい。
品揃えもそこによってまちまちで
「欲しいものを見つけたら即買い!」が鉄則とのこと。
ガガーリン博物館は打ち上げを見に来た観光客が
必ず立ち寄るところなので(実際、後から大勢来てた)
とにかくまずはお土産GET!なのだ。

言葉がわからないし、お土産は見本が展示されているだけなので
菊地さんに通訳をしてもらって一つずつ出してもらうスタイル。
みなさんのお買い物が終わるまで45分ぐらいかかった^^;;
日本だったらイラッとしてしまうかもしれないけれど
「カザフスタンスタイル」と思えば、これもまた楽しい。

お土産を買って、さあ博物館見学かと思いきや外へ。

博物館の脇に前日見かけたムクドリらしき鳥が餌入れから食べてる。
a0101905_22511528.jpg
バライロムクドリではないかと。

でもこれは小鳥用ではないよね?
猫か犬にあげてるのかな。
a0101905_22512965.jpg


見に行ったのはロシアの宇宙開発の中心人物である
セルゲイ・コロリョフが暮らしたコテージ。

庭には花が植えられてた。
a0101905_22514174.jpg


こちらがそのコテージ。
a0101905_22514941.jpg
a0101905_22515843.jpg
a0101905_2252928.jpg
a0101905_22522062.jpg
a0101905_2252463.jpg
a0101905_22525957.jpg
a0101905_22533054.jpg
a0101905_22534669.jpg

とても可愛らしい家で、住み心地も良さそう(冬は寒そうだけど)。
ここでロケットのことをずっと考えていたのかな。

こちらはガガーリンが打ち上げ前に止まったコテージ。
バックアップメンバーのゲルマン・チトフと一緒だった。
a0101905_22542647.jpg
a0101905_22543534.jpg
a0101905_22544451.jpg
a0101905_2255863.jpg
a0101905_22553160.jpg
a0101905_2256348.jpg

こちらも同じく可愛らしくステキな家。

コテージの前にはバラが植えられていた。
a0101905_22561457.jpg
野生種だよね。何かな。

これも可愛いなあ。
こんなきれいな色はだらだら暑い首都圏では出ない。
a0101905_11363392.jpg


でも砂漠で花を育てるためには潅水設備が必要。
a0101905_225718.jpg

やはり厳しい気候なのだった。

続く。
 
 
その15「宇宙基地博物館」へ。
その13「パオ!」へ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
庭の金木犀が香り始めた。
 
by rikiaru | 2016-09-26 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

ドキドキわくわく

ライがドキドキわくわくな瞳で見つめてる。
a0101905_2213919.jpg


久々のやる気な目。
a0101905_2214826.jpg
a0101905_2215930.jpg
やる気があるっていう話をしてるんだから集中してください。

そしてかきっちも。
a0101905_2221117.jpg


見つめる先はもちろんコイツ。
a0101905_2222632.jpg


夏限定のおともだち、もうすぐ会えなくなっちゃうもんね。
a0101905_2224198.jpg


かきっちはものすごく真剣だけど
a0101905_223556.jpg


うざうざ王子はそろそろ集中力が切れたらしいよ。
a0101905_2231628.jpg
a0101905_223444.jpg


もう飽きちゃったの?
a0101905_2235463.jpg
「もう、ぼくはねむいから、」

a0101905_224159.jpg
「おやすみ。」

かきっちは、まだまだ見つめたりないみたいだけどね。
a0101905_2242415.jpg

 
 
若いときはなんでもがむしゃらに集中して取り組んだものよ
と遠い目になった28歳のあなたはぽちぽちっとな♪
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
25歳ぐらいなら集中できるんだけどなあ(嘘)
 
 
by rikiaru | 2016-09-25 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(0)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその13 パオ!

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その13 2016年7月4日>

学校の中を案内していただいた後
モデルロケットの打ち上げデモンストレーションを見せてもらった。
a0101905_2219288.jpg
***

小さくても迫力は満点。
ここから未来の宇宙開発従事者が生まれるんだ。

学校の柵のデザインも宇宙もの。
かっこよくてエレガント。

スプートニク。
a0101905_2211489.jpg


パラボラアンテナ。
a0101905_2213946.jpg


人工衛星。
a0101905_2215955.jpg


こちらも。
a0101905_2221970.jpg


門扉は太陽系。
a0101905_2223494.jpg


学校の隣は公園で子供達が遊んでた。
a0101905_222576.jpg
a0101905_2231378.jpg
a0101905_2232145.jpg
a0101905_2233079.jpg


その子供達は私たちが気になるみたいで周りをうろうろ。
a0101905_223444.jpg

どうもテレビの取材か何かと勘違いしたらしい。
映りたいのかな、かわいいね。

帰りのバスにエールを送ってくれる。
a0101905_2234628.jpg
a0101905_2235562.jpg

エールありがとう。
きっと打ち上げ成功するね。

さあ、ホテルへ戻りましょう。
a0101905_224810.jpg
a0101905_22418100.jpg
a0101905_2242887.jpg
a0101905_2244343.jpg


小一時間ほど休んだら夕食へ。

あ、
a0101905_225121.jpg


にゃんこ発見!
a0101905_2253244.jpg


ころんころんご機嫌。
a0101905_225478.jpg


わんこも発見。
a0101905_2255972.jpg


ついたレストランはここ。
a0101905_226846.jpg

охотничий домик ―狩猟小屋カフェ、という店。
トラの写真なのはワイルド感を出すため?

敷地に入ったらまずはわんこ。
ものすごく吠えてる。
ごめんね、縄張り邪魔して。
a0101905_226209.jpg


お食事はパオの中で。
a0101905_2263467.jpg


ここにもカザフスタン大統領とプーチンロシア大統領の写真が。
a0101905_2210282.jpg
***

プーチンさんに見られながらの食事はちょっと怖いんだけど。

今日の飲み物はクワス。
a0101905_227333.jpg

東欧やロシアで飲まれる微炭酸微アルコール飲料。
少し甘くて飲み易い。

a0101905_2273495.jpg
***

a0101905_228488.jpg
***

a0101905_2282174.jpg
***

a0101905_2284831.jpg
***

a0101905_2292161.jpg

a0101905_22101510.jpg


夕食時に隣に座ったのは、大西宇宙飛行士の見送りにきた元職場の同期の人。
(ANAのパイロット!仲間)
飛行機のパイロットの人なんてお目にかかるのは初めて。
ばあや、好奇心にかられて、いろいろ聞きまくってしまった。
(こういうとき、永遠の28歳はずーずーしい)
そして出身地の話になり、じいやと同じ県とわかり
さらに住んでいたところが隣の市だったことがわかり
最終的に同じ高校の出身とわかったのだ。
びっくり。
年齢はずいぶん違うので、同じ高校出身といってもすれ違ったこともないのに
バイコヌールで知り合うなんてね。
世界って広いんだか狭いんだか。

食事が終わって外に出たら、わんこ寝てた。
a0101905_22103325.jpg


しかし不審者に気がついて再び吠える。
a0101905_221117.jpg

職務に忠実なのね。
 
外はまだ明るいけれど時刻は21時。
4時半起床から始まった長い長い一日が終わった。
後はホテルに帰って寝るだけ。

*のついた写真は大陸トラベルさん提供。ありがとうございます。
 
続く。
 
その14「ガガーリンのコテージ」へ。
その12「国際宇宙学校」へ。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
さすがに疲れて星空を眺める気力はなかった。
 
by rikiaru | 2016-09-24 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(0)

もっと光を

それは9月1日のこと。

キン、日向ぼっこ中でごきげん。
a0101905_23292854.jpg
a0101905_2329365.jpg
a0101905_23294394.jpg
a0101905_23295337.jpg




a0101905_2330419.jpg
a0101905_23301399.jpg
a0101905_23302550.jpg
a0101905_2330331.jpg
a0101905_23304370.jpg
a0101905_23304964.jpg
a0101905_23305750.jpg




キンに日向ぼっこさせてあげたい・・・
太陽はどこへいっちゃったんだよ。

太陽が出てこなくてもキンちゃんだけで発光できそうな気がするあなたはぽちぽちっとな♪

 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
マリー様の視線が冷たすぎる^^;;
 
by rikiaru | 2016-09-23 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)

始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアーその12 国際宇宙学校

<モスクワ・バイコヌール旅行記 その12 2016年7月4日>

昼食からホテルでほんの一休みしたら再び出発。

訪れたのはチェロメイ国際宇宙学校。
将来宇宙開発の道に進みたい10~15歳の子供たちが学ぶ学校。
a0101905_21423086.jpg


入り口ではソユーズの先端部分がお出迎え。
a0101905_214239100.jpg
ロケット打ち上げ時に異常があった場合の緊急ロケットモジュール。

古そうなパラボラ。
a0101905_21425465.jpg

宇宙学校にふさわしいオブジェだわ(飾り物ではなくてたぶん本物)

入り口はなんとなくヨーロピアンな優雅な感じ。
a0101905_2143649.jpg


この人がチェロメイさん。
プロトンロケットを作った人。
a0101905_21432662.jpg


校内に入ってまず驚いたのがこの「カーテン」
a0101905_21434346.jpg

優雅な素敵なレースのカーテン。
ここは宇宙学校だよね?

そして入り口近くにこの掲示。
a0101905_2144786.jpg

カザフスタンとロシアがいかに緊密で協力しあっているかを強調したいんじゃないかと。

教室を借りて宇宙学校の先生にガイドしていただく。
a0101905_21442781.jpg

この部屋はロケットのモデル製作の部屋。

たくさんのロケットモデルが飾られてた。
とてもよくできている。
a0101905_21451576.jpg

ロシアのロケットが多かったけれど、
アメリカのロケットもたくさんあった。
昔なら考えられなかったろうな。
今ではロシアとアメリカが協力しない宇宙開発は考えられないもんね。

日本の機体も。
a0101905_21453899.jpg
桜花なのがちょっと・・・。

校内を歩きながら各部屋を説明していただく。

シートがあったので座ってみた(じいやが)
a0101905_21461558.jpg
久しぶりにパンダにしてみた。

ロシア版スペースシャトル「ブラン」のシートらしい。
a0101905_2146285.jpg

この宇宙学校に置いてあるものは、ほとんど本物で
どれも実際に触ることができる。
すごいね。

でもこの椅子だけは座っては行けなかったらしい。
あわわ、ごめんなさい。

展示してある数々の本物。
(それが何かほぼわからないけど)
a0101905_2146271.jpg
a0101905_21492841.jpg
a0101905_21504330.jpg

開発実験などで使われたものらしく、
爆発などで曲がった金属がリアル。

これはソユーズの第一段ロケット4基のうちの1基。
実際の打ち上げに使われ、カザフスタンに落下したもの。
a0101905_2151284.jpg

こういうのが普通に置いてあるんだよ。すごい。

そういうものが並ぶ部屋にもレースとドレープのカーテン。
a0101905_21511133.jpg

これがロシアンスタイルなんだろうか。

こちらは生物の部屋。
ちょっとキッチュな生命の進化の絵がかわいい。
a0101905_2151213.jpg


こちらは芸術の部屋。
ロシアでは科学とともに芸術を学ぶことが大事とされるのね。
手先も器用な方がいいし。

生徒さん作、マトリョーシカやイースターエッグ。
a0101905_21513291.jpg
a0101905_21515762.jpg


芸術の部屋はもちろんレース&ドレープカーテン。
a0101905_21521415.jpg


各階の廊下の途中にある展示室。
a0101905_21523449.jpg
もちろんここにも素敵カーテン。

宇宙服の説明をするヴィクトル・マゼパ先生。
超熱い。宇宙と教育に対する愛が溢れて話が終わらない(笑)
a0101905_21534737.jpg
ばあやを探せ!

宇宙服の中、こんなんなってます。
a0101905_21591882.jpg


壁にかかっているこのちょっとセクシーな感じの服は
宇宙服の下に着て、体温調節をするもの(だったと思う。)
a0101905_21593262.jpg

デヴィッド・ボウイがこれを着てジギースターダストスペースオディティを歌ったらすごくいいよね?


廊下にもステキカーテン。
a0101905_21594259.jpg


階段の踊り場にも。
a0101905_21595491.jpg


こちらはアルマス有人カプセル。
a0101905_2202719.jpg


中に入れます(入らなかったけど)
a0101905_2203961.jpg


↑のアイアンの柵もステキだ。
子供が通う工学系の学校に美的なものが溢れてるところがすごい。
これがロシアの底力かも、と変な所に感心してしまったのだった。
 
続く。
 
その11「エネルギア社」へ。
その13「パオ!」へ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
お気に入りの銭湯が廃業しちゃった・・・orz
 
by rikiaru | 2016-09-22 23:59 | おでかけ(宇宙) | Trackback | Comments(4)

魚には興味なし

数日前のばあやのお昼ご飯。
a0101905_23303865.jpg


ブリの漬け丼(とインスタントのワカメスープ)
a0101905_23304769.jpg


生のお魚が目の前なのに
a0101905_23305439.jpg


ふたりとも全く興味なし。
a0101905_2331180.jpg
a0101905_2331162.jpg


フランスでは生魚は食べないもんね。
a0101905_23312257.jpg

 
 
ふたりとも、というかだーれも寄ってきてないけどどういうこと?と不思議なあなたはぽちぽちっとな♪
 
 
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
で、猫様の目の前にお昼ご飯をおいて何でパチパチ写真を撮っているのかというと
りきのごはんinstagramを始めたからなのだ。毎日の記録用だけどよかったらのぞいてください。地味な食事が並んでます。
 
160916
 
 
 
 
by rikiaru | 2016-09-21 23:59 | うちのわんにゃん | Trackback | Comments(2)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私も通学で乗っていたのは..
by ぽん吉 at 11:24
Yさんの所からのチビさん..
by うさぎ。 at 01:14
なぬーーーっ たった数..
by ぽん吉 at 09:55
見分けがつかないかと思っ..
by juggu at 09:15
憧れのケルベロス持ち ..
by 板金小僧 at 08:05
増え方がダイナミック過ぎ..
by あや吉 at 00:37
え?ええええ?えええええ..
by MMM at 17:16
ほーら来た(笑)。 ..
by かっちゃん at 11:30
コウメちゃん、随分とハイ..
by かっちゃん at 10:11
なっちゃんのお話が終わっ..
by かっちゃん at 09:48
お気に入り
タグ
(373)
(221)
(207)
(207)
(206)
(198)
(195)
(165)
(163)
(163)
(143)
(131)
(127)
(124)
(116)
(116)
(111)
(110)
(104)
(103)
検索
ブログジャンル
画像一覧