りきの毎日

カテゴリ:おでかけ(鉄道旅)( 40 )

北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

<北海道旅行続き>

ノロッコ号を降りたら、再び網走刑務所へ。
博物館の方ではなくて、現役の刑務所の方ね。
前回は時間切れで買えなかった刑務所作業品を買いに。
私はフクロウの置物、じいやは将棋盤を買いました。

敷地内の除雪作業をする重機。
重機というだけでかっこいいのに「網走刑務所」って入ってると格が上がる気がする。
a0101905_22402092.jpg


そのあとはオーロラ流氷館へ。
楽しみながら流氷のことが学べる施設。

だけど、お腹が空いたので学ぶ前にお昼ご飯。
眺めのいい・・・はずのレストラン。
a0101905_2243058.jpg


鹿肉の丼。
a0101905_22432662.jpg
じいやはカレーを食べた。

そしてデザート。
a0101905_22594036.jpg


お腹が満足したら流氷のお勉強に参りましょう。
a0101905_2259507.jpg
流氷の下のイメージ。

-15度の部屋に入って極寒体験をしたり
a0101905_22595928.jpg
a0101905_2301050.jpg


オホーツクの海にいる生き物を眺めたり
a0101905_2303334.jpg
a0101905_2304911.jpg


でも一番面白かったのは北海道の流氷についての説明コーナー。
網走や紋別ぐらいの緯度の高さで流氷が見られるところは
世界中に他にはないそうだ。
おまけに街中から簡単に見に行けるというのは素晴らしいことらしい。
海や川や島などのいろいろな要因が重ならないと見られない奇跡なんだって。
(↑要するに細かいところは覚えてない^^;)

そして再び網走駅へ。
(流氷館へ行った時のタクシーに迎えに来てもらった。)

出所記念の撮影をする人。
a0101905_2305847.jpg


網走駅は歴史があるな。
今年で開業106年。
a0101905_231695.jpg


残念ながら帰りは鉄道じゃないの。
さようなら網走駅。
また来るよ。
a0101905_2311442.jpg


網走駅の前から出ているバスで空港へ。
a0101905_2312326.jpg

バスの時刻表に飛行機の時刻表も併記してあってわかりやすい。

空港でお土産買って保安検査場へ。
a0101905_2313410.jpg

お土産が手錠って^^;

女満別空港は雪。
a0101905_2314561.jpg


AIR DOに乗って帰ります。
a0101905_2315596.jpg

マスコットのくまちゃんかわいいな。

あーすごい雪だ。
これが羽田なら絶対に飛ばない。
a0101905_232876.jpg


さらば北の大地。
きっとしつこくまた来るよ。

最近は飛行中もデジカメが使えるようになったので
夜景を撮影できて嬉しい。

ここは宇都宮だったかな?
a0101905_2321712.jpg


東京上空。
a0101905_2322436.jpg


東京湾。
a0101905_2323328.jpg


海ほたる。
a0101905_2324362.jpg


東京ゲートブリッジ。
a0101905_2325355.jpg


ああ旅が終わる・・・。
a0101905_233380.jpg


画面中央に小さく東京タワー。
a0101905_2331410.jpg


AIR DOありがとう。
a0101905_2332547.jpg
小さい飛行機会社はタラップ降りてバス、ってことが多いよね。アップダウンクイズを思い出すわ。

<おまけ>
今回の食べ物お土産。
a0101905_2333798.jpg

空港のある大空町も隣の北見市農業が盛ん。
特に北見市は玉ねぎ生産量日本一なので玉ねぎものを買ってみた。

長い長い北海道旅行記はこれでおしまい。
今回も長丁場のおつきあいありがとうございました。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
なんとベイスターズが最下位脱出!やればできる子なのねっ!
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷

<北海道旅行記続き とんでもなく長いのでさらさらっとどうぞ>

網走駅に到着したら
まずは観光地でお約束の顔はめ写真。
a0101905_23181788.jpg


駅の待合室は人で溢れてた。
a0101905_23183750.jpg


もう入線してる!
a0101905_23185894.jpg


流氷ノロッコ号。
a0101905_23201715.jpg

これに乗るために遠路はるばるやってきたのさ網走に。

a0101905_23191441.jpg
a0101905_23193479.jpg


日々安全に列車に乗れるのも保線作業があってこそ。
ありがとうございます。
a0101905_23195632.jpg


どうなったらこんなつららができる?
a0101905_23204140.jpg
a0101905_2321524.jpg
a0101905_23212775.jpg
a0101905_23215381.jpg


そろそろ出発の時間、車両に乗り込むとそこに
a0101905_23222487.jpg

だるまストーブ!
そして車両に充満する干物のにおい・・・

さあ、知床斜里に向かって出発!



流氷ノロッコ号は網走ー知床斜里間を結んでいる。
トロッコ列車で流氷のオホーツク海の眺めを楽しむ観光列車。
人気の列車だけれど、今年で終わり。
最後の最後に乗りに来た。

網走港。
流氷が来ると船が出せないので漁はお休み。
a0101905_23231196.jpg


網走での流氷初日(気象台から流氷が見えた日)は1月10日〜20日
流氷接岸初日は早いと1月10日頃、
ここ15年で一番遅かったのは2月19日
2月21日には絶対流氷が見られると思ってやってきたのに
この時点で未だ網走には流氷接岸せず。
うわあぁぁorz。
いいの、今回はノロッコ号に乗りに来たんだもん。

網走港の岸に少し氷があるけれど
これは北からやってきた流氷ではない。
a0101905_23233797.jpg

いいんだ、これでも。
海の上にある氷じゃん(負け惜しみ)

しかし、ほら見て。
水平線が白い!流氷帯がやってきてる!
a0101905_2324030.jpg

神様は私を見放さなかった。
ちらりとでも流氷が見えたよ。
(前日はちらりとも見えなかったらしい)

なんだか可愛らしい駅(通過したけど)
a0101905_23243482.jpg


だるまストーブ。
a0101905_23245545.jpg


そしてするめ。
a0101905_23251871.jpg


向かって左側の席が海側でベンチシート。
a0101905_23253994.jpg


今回指定席を取ったら、たまたまだるまストーブの前。
あったか。そして美味しいものが焼ける匂いがたまらん。
a0101905_23255130.jpg


もうBGMに八代亜紀の「舟歌」でも流して
飲むしかないよ、これは。
a0101905_23262072.jpg

a0101905_23272427.jpg

a0101905_232837.jpg


途中、海が見えなくなるとそこは雪原。
初夏には花が咲き乱れるお花畑になるんだって。
その頃も来てみたい。
a0101905_23282625.jpg


いかにも、な感じの針葉樹。
オジロワシらしき鳥が樹上に見えたけれど、撮影はできなかった。
a0101905_23284586.jpg
a0101905_23291194.jpg


耐えきれなくなってついにししゃも。
a0101905_23293332.jpg
a0101905_233096.jpg

アルミホイルは備え付けてあるし、
ししゃもやイカなどの炙りものも車内で販売している。
ぬかりはない。

ししゃもをワクワク待っていたら
ついにこれが!



流氷!
a0101905_23303159.jpg
a0101905_23305228.jpg




流氷を眺めながらのししゃも。
なんという贅沢。
a0101905_2331985.jpg


こんなに流氷が見られるのは今シーズン初だって。
あああ、なんてラッキー♪
流氷の神様も猫神様も私を見放さなかったのね。
(ちなみに流氷の初接岸は翌日22日、ここ何十年かで最遅)

荒れる海をこんなに幸せな気持ちで眺めるなんて。
a0101905_23313680.jpg


そうこうしているうちに斜里川を渡って
a0101905_23322183.jpg


知床斜里駅到着。
知床観光への玄関口。
a0101905_23325830.jpg


ホーム向かい側には凍りついた列車が。
a0101905_23332151.jpg


オホーツク海から吹き付ける北風にさらされて走るんだものね。
a0101905_233647100.jpg
a0101905_23371551.jpg


こちらはノロッコ号の車体。
かなりボロボロだ・・・。
a0101905_23373682.jpg


知床斜里駅をちょっと見学してみよう。
a0101905_2337583.jpg
a0101905_23381943.jpg


待合室に本物のゴマフアザラシの赤ちゃんの剥製がある。すごい。
a0101905_23384315.jpg


「ドコココ?シレトコ!」
a0101905_23392165.jpg


そして再びホームへ。
a0101905_23394581.jpg


本当はここまできたら知床観光をしたかったけれど時間に余裕はない。
知床斜里から釧網本線で釧路に下って
釧路たんちょう空港から帰ろうと思ったら
釧網本線の列車がない。
(冬期は午前中に1本あるだけ)
なので結局網走に戻るのだ。
ノロッコ号の乗車時間は1時間ほどなのでまだ物足りないしね。
a0101905_23401194.jpg


知床斜里の駅員さんに見送られて出発。
a0101905_23403958.jpg
a0101905_23411382.jpg
a0101905_2342838.jpg
a0101905_23422819.jpg


北浜駅到着。
ここは映画「網走番外地」で「網走駅」として撮影に使われた駅。
停車時間が10分弱あるので駅舎を見学。
a0101905_23424733.jpg
a0101905_23432324.jpg
a0101905_2343459.jpg


展望台からの眺め。



a0101905_234467.jpg


あああ、さぶかった。
ししゃもとワンカップであったまるのだ。
a0101905_23442672.jpg


網走港が見えてきたそろそろ終着網走駅。
a0101905_234447100.jpg


そして網走到着。
a0101905_2345521.jpg
a0101905_23462991.jpg

昔はね、本当に吹きっさらしのトロッコ列車だったらしい。
寒かったろうねえ。でも乗ってみたかったね、その頃に。

ヘッドマーク凍ってる。
a0101905_23465435.jpg


つららは太ったね。
a0101905_23473020.jpg
a0101905_23475246.jpg


ノロッコ号回送。
最初で最後だったけど楽しかったよ。



a0101905_23481576.jpg


向かいホームには昨日乗ってきた特急オホーツクが。
顔がなんか昔のロボットアニメみたい。
マジンガーZとか。
a0101905_23484799.jpg
a0101905_23491628.jpg
a0101905_23495238.jpg

これからまた札幌に戻るんだ。

アジアの観光客の女の子たちがホームで雪合戦してた。
かわいい。
人がいないから、あんまり迷惑でもないしね。
楽しんで行ってね。
a0101905_23501219.jpg


改札を出たら流氷船オーロラ号の情報が。
午前中は欠航してたけど午後は運航してる。
みんな流氷を楽しんでるんだろうな。
a0101905_23503067.jpg


冬の網走駅にとっては大事な観光資源だと思うのに
なんで終わりなんだろうな、ノロッコ号。
a0101905_23504628.jpg

どうにか続いてくれないかしらん。

続く


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
 
by rikiaru | 2016-05-20 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝

<北海道旅行記続き 2016年2月21日>

朝起きたら外がこんなだった。
a0101905_23193889.jpg


昨日はチェックインが夜だったので全然気がつかなかったけれど
川のそばのホテルだったのね。
川に浮いた氷がとても寒そう。

朝ご飯。
a0101905_23194624.jpg

こちらのホテルにも中国系の観光客の人が多いらしく
朝食にも焼きそばや餃子が出るのよ。

窓の外には除雪車。
a0101905_23195611.jpg

行き交う除雪車を眺めながら朝食を終えて

部屋に戻って遠くを眺めてもやっぱり除雪車。
a0101905_2320698.jpg

昨日は暖かかったのに、今日は冷え込んで雪が積もった。
寒そうだ。これは期待できるかも。

ホテルの部屋。これで一泊朝食付きで2人で9600円。
お風呂は温泉。
a0101905_2320156.jpg

家庭的な雰囲気で気持ちよく過ごせました。

ホテルの玄関を出たら除雪車。
a0101905_23202424.jpg




スタッフの人が当たり前のように除雪。
かっこよすぎ。

ホテルの裏手に回って、部屋の窓から見えた網走川を眺める。
a0101905_23205461.jpg
a0101905_2321397.jpg


お世話になりました、北海ホテル。
また来られるといいな。
a0101905_232111100.jpg


さあ、歩いて出発。
一晩で10cmか15cmぐらい積もったかな。
さらさらパウダースノー。
a0101905_23212368.jpg


ガソリンスタンドには除雪車必須かもね。
a0101905_23235945.jpg


とある生命保険営業所の前。つらら。
a0101905_2324930.jpg
寒そうな松岡修造は初めて見た。

こちらのホテルの前にも除雪車。
a0101905_23243040.jpg
a0101905_23243955.jpg


こんなの見つけた。
クリオネ公衆電話BOX。
a0101905_23244838.jpg


北の動物達の絵柄の観光バス。
a0101905_23245976.jpg
このバスいいな。

網走駅到着。
a0101905_2325969.jpg


さあ、いよいよ今回の旅のメインイベント第2弾だ。
(第1弾ははまなすね)

続く。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

今回の記事のメインはもちろん「寒そうな松岡修造」


北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-17 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!

<北海道旅行記続き 2月20日夜>

博物館網走監獄からタクシーに乗って
ちょっと本物の網走刑務所によってもらった後
本日のお宿北海ホテルにチェックイン。
タクシーには待ってもらって、そのまま夕ご飯を食べに街へ。

しかし、当てにしていた居酒屋さんは満席。
まだ6時前なのに。
流氷シーズン恐るべし。
がっかりしていると、まだ発車前だったタクシーの運転手さんが
声をかけてくれた。
事情を話すと飲食店に連れて行ってくれた。
しかし数軒回ってもみんな満席。
ああああ、やはり予約してくるべきだった・・・。

最後の最後に街中から少し離れた回転寿しへ、
やっと空いてました♪
運転手さん、料金はいらないだって(1店目までの運賃は支払済)。
いやいやまさかそれはないでしょうということで
いくらかはお支払いしました、もちろん。
(賃走になってなかったので正確な運賃はわからず)

ではまずは乾杯!
a0101905_2247072.jpg
青いビール!

a0101905_22471356.jpg


a0101905_22472756.jpg
奥の赤黒いにぎりはクジラ。

a0101905_22473531.jpg
とろとろした軍艦は蛸まんまだったと思う。

a0101905_2247445.jpg
わかりにくいけどこちらは緑のビール。

a0101905_2247548.jpg
蟹味噌♪

a0101905_2248373.jpg
かにとかニシンと数の子とか。北海道だね。

a0101905_22481316.jpg

この網走産シジミ汁が美味しかった。
網走湖のシジミは北海道のシジミ漁獲量の8割を占めるんだって。
量だけじゃなくて質も最高なのね。
本当に美味しかったよ。

帰りはホテルまでチンタラ歩く。

雪だるま。北海道の人も作るんだ。
a0101905_22482224.jpg
観光客が作ったのかもしれないけれど。

小僧寿しの店の前にクリオネ。
a0101905_22454517.jpg


こんな簡単な設備?で飼えるの?
a0101905_22455463.jpg

a0101905_2246224.jpg


こっちのお店もお食事しながらクリオネが見られるのがウリみたいだ。
a0101905_22462672.jpg


さらにこちらはクリオネ通り。
a0101905_22463650.jpg
街灯がクリオネ♪

厚いダウンを着てるとはいえ、風もなく静かな夜。
寒くない。
氷点下20度を覚悟してきたのに拍子抜けだ〜。
明日はどうかな。
ちょっと北風吹いて欲しいんだけどな。

続く。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
火星がものすごく赤く輝いてるよ。5月31日に2年2ヶ月ぶりに地球最接近。
 
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-12 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば

<北海道旅行記続き>

はるばる来たぜ網走♪
網走といえばやはりあそこに行かなければ。

鏡橋。
川面に映る自分を見て(雪で見えないけど)
心の垢を落とし反省しつつ行く先は
a0101905_22405886.jpg


網走監獄。
ここは網走刑務所の旧建造物を移築保存した博物館。
a0101905_22411469.jpg

網走に来るにあたって調べたら
この網走監獄(博物館)はみなさん一押し。
まあ、網走といえばそうなんだろうけど面白いのかなあ、と疑問を持ちつつ入館。

まずは腹ごしらえ。
a0101905_2324361.jpg

なんだか入ったら出てこれなさそうな食堂^^;;;

いやあ、監獄に入ってビールが飲めるのも堅気ならではだね。
a0101905_22415023.jpg

真面目に生きてきてよかった。

これが監獄食。
現在の網走刑務所で実際に提供されているメニュー。
a0101905_2242045.jpg

実際はお味噌汁ではなくて番茶だそうだけど
監獄食ではなくて、ヘルシー健康メニューって感じ。
実際、とっても美味しかった。

こちらは網走刑務所の農場で育てられた牛のメンチカツ。
a0101905_22421097.jpg

こちらも美味しかった。

では監獄巡りへGO!
a0101905_22422034.jpg
a0101905_22424566.jpg
a0101905_22425569.jpg
a0101905_2243361.jpg
a0101905_224315100.jpg

a0101905_22432439.jpg


建造物は有形登録文化財になっているものも多くて
私の目には素敵な建物♪にしか見えない。

けれども休泊所という外作業時の仮小屋での生活の様子は辛そうだった。
丸太小屋で板張りの床に丸太の枕に薄い布団1枚。
これで毎日きつい肉体労働をするんだからどんなに大変か。

こちらは資料館。
現在の刑務所での生活、昔の刑務所での生活などについての展示。
a0101905_22433619.jpg


大部屋。
a0101905_22434836.jpg


独房。
a0101905_22435729.jpg

なんだか暮らしやすそう。
流行りのミニマムな暮らしだし。

説明を読むと、現在は囚人といえどもきちんと人間らしい暮らしをしつつ
自由だけはない、というのがポイントらしい。
確かに自由がないのは辛いよね。
私、無理。

網走刑務所といえば健さん。
a0101905_2244542.jpg

やっぱりこのイメージだわ。
と言っても見たことはないんだけど。
とにかく寒くて暗くて怖い人がいるような。
(網走の人、ごめんなさい)

こちらは昔の受刑者の暮らし。
これは馬具とか農具とか。
a0101905_22441856.jpg


動物をとても可愛がっていたそうで。
a0101905_22442777.jpg

今も受刑者の人が農場で働いたり
保護犬のしつけをして里子にだしたり、ってあるよね。

これは牛乳入れかな。
a0101905_22443573.jpg

こちらも古い道具が素敵で欲しいものがたくさんだった。

でもこの資料館で見るべきなのは
北海道の開拓の歴史に果たした受刑者達の役割。
道路を作るために労働環境も整わないところに囚人が送り込まれ、
命を落とした人たちも(看守も含め)たくさんいたという。
人権も何もなかったんだろうなあ。
囚人とはいえ使い捨ての駒以下だよ。

a0101905_22444554.jpg
a0101905_22445424.jpg
a0101905_2245415.jpg


五翼放射状舎房。
a0101905_22451857.jpg
a0101905_22452691.jpg
a0101905_22455051.jpg
a0101905_2246170.jpg
a0101905_22461028.jpg
a0101905_22462226.jpg
a0101905_2246416.jpg
a0101905_22465058.jpg
a0101905_22465960.jpg
a0101905_22472417.jpg
a0101905_22473295.jpg


ここ、猫の部屋にちょうどいいなあ。
a0101905_22474169.jpg
a0101905_2247524.jpg
a0101905_2248043.jpg
a0101905_2248873.jpg
a0101905_22481711.jpg


こちらはお風呂。
a0101905_2248283.jpg
男湯をのぞいたわけじゃないよ。蝋人形です。

独居房。
a0101905_22484045.jpg


教誨堂。
a0101905_22485054.jpg
a0101905_22485760.jpg


見るところ、見たいところだらけで閉館の音楽が流れるまで長居してしまった。
素敵な建築物を見るだけでも楽しいし、景色もいい。
北海道の開拓の歴史や受刑者の扱いの変遷を考えるのもいい。
網走監獄、本当にオススメだと思う。

で、本当の網走刑務所はどこに?

網走監獄からほど近い所にある。

やはり橋を渡って
a0101905_22495032.jpg


こちらも煉瓦造りが素敵な塀。
a0101905_22495865.jpg
でも木の扉の上には鉄条網が。

こちらが現在の現役網走刑務所。
a0101905_2250789.jpg
a0101905_22502977.jpg


なんだか迎賓館みたいに見えるけど。
a0101905_22503955.jpg

現在こちらに収監されるのは詐欺や覚せい剤の罪を犯した人が多く
そのせいなのか、素敵な建物のせいなのか
再犯で戻ってきてしまう人も多いらしい。あらら。
(↑タクシーの運転手さんの話)

また橋を渡って堅気の世界へ。
a0101905_2250481.jpg

ああ、これって流氷なの?
これは流氷って言わないのかな。
川の氷?
でもとにかく流氷気分♪

続く

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

バラが咲いてるのに毎日風が強い。orz
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-10 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪

<北海道旅行記続き 2月20日>

はまなすを見送って6時半過ぎ。
お腹が空いた。
札幌は思ったよりも寒くないけれど(6時で0.3度)温かいものが飲みたいな。

a0101905_23282354.jpg


時間が早くて駅の中のお店も開店前。
しばらく歩き回ってドトール発見。
でもドトールも開店は7時。
店の前で腕組みして待って
開店と同時に入店してサンドイッチとカフェラテをテイクアウト。

なんで店内で食べないかって?
札幌駅改札を通って向かうは8番線ホーム。
a0101905_0312878.jpg


特急オホーツクに乗るよ!
a0101905_23283455.jpg


札幌滞在1時間強^^;
滞在時間の短さを惜しむよりもまずは朝ごはん。
特急オホーツクは車内販売がないので
食べ物飲み物は持ち込まないといけないのです。
a0101905_23284427.jpg




a0101905_23285533.jpg


この日の札幌の日の出は6時27分。
日の出から1時間、まだ太陽が低い。
a0101905_2329526.jpg
a0101905_23291445.jpg


9時2分。旭川到着。
ずいぶんモダンな駅ね。
a0101905_23292681.jpg
動物園のおかげかも。

旭川を過ぎると再び雪原が続く。
a0101905_23295626.jpg
a0101905_2330533.jpg
a0101905_23301517.jpg
a0101905_23303811.jpg
a0101905_23305126.jpg

天気が今一つだったのに、青空が見えるようになってきた。
実はばあやは最強の晴れ女。

雪原から今度は山の中を走り抜ける。
途中でとても小さな駅を2つ通過。
a0101905_2331067.jpg

後で調べると下白滝駅と上白滝駅。
2016年3月26日で廃止となった。

山と雪原と川だけの風景が続くのに見ていて全然飽きない。
a0101905_2331815.jpg
a0101905_23311777.jpg
a0101905_2331362.jpg


そして、ああっキツネ!
a0101905_23314334.jpg

しかしカメラは間に合わなかった^^;;

留辺蘂
a0101905_23315456.jpg

なんだかひらがなで書かれると
右から読むのか左から読むのかわからない感じがする。
それに隣の駅の「あいのない」って・・・。

足跡たくさん!
a0101905_23323480.jpg


この辺り(北見)に入ると周りにレンガの倉庫がある駅がいくつかあった。
a0101905_23324388.jpg

なかなか素敵な倉庫。何が入ってるんだろう?
ジャガイモや玉ねぎかな?

そしてまた雪原。
a0101905_23325154.jpg
a0101905_2333416.jpg


女満別駅到着。
a0101905_23331574.jpg


線路脇に網走湖が!
あと少し!
a0101905_2334653.jpg
a0101905_23341633.jpg
ワカサギ釣りのテントがたくさん。
a0101905_23342825.jpg
a0101905_2334408.jpg


12時48分、網走駅到着!
a0101905_23345352.jpg


特急オホーツク、お疲れ様。
a0101905_2335614.jpg


前日2月19日13時20分に自宅を出てから23時間半
モノレール、山手線、東北新幹線、青い森鉄道
急行はまなす、特急オホーツクと乗り継いで
ようやく目的地に到着。
a0101905_2335151.jpg


はあ、と一息ついたら向かい側ホームの流氷ノロッコ号を発見。
a0101905_23352881.jpg


ここで会えるとはね。
a0101905_23353795.jpg

明日ちゃんと会いに来るからね。

網走駅ホームには木彫りの熊。
a0101905_23355136.jpg


さすが本家本元。
リアルでかわいいなあ。
家の柱、こんな風にしたい。
a0101905_23361488.jpg


鉄道旅を終えて観光するぞ。
a0101905_23362313.jpg


しかし網走が明るくて綺麗でおまけに暖かくて(この時の気温4度)
寒くて暗くて一般人でも牢獄に入ったような気分になると思い込んでいたばあやは
(↑失礼すぎる)
かなり気が抜けたのでありました。

続く


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-07 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(4)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3

<旅行記続き>

函館を出発して2時間ほどうとうと。
せっかくの夜行列車。
少しはしみじみと味わう時間もないとね。
指定席の皆様も静かにぐっすり。
a0101905_2318936.jpg


この音と揺れが眠りを誘う。



途中、トイレに立って気がついた。
洗面がレトロでキュートだ!
a0101905_23181852.jpg
a0101905_23182779.jpg

オサレレトロなカフェみたい。

静かに眠る乗客も、わちゃわちゃ落ち着かない鉄子も
全部まとめて牽引してくれるDD51機関車。
a0101905_23183845.jpg




はまなすは車内販売がない代わりに自動販売機がある。
よく見るとこの自動販売機もかなりの年代物。
a0101905_23185561.jpg

お札を入れるところに「新千円札使えます」って。
千円札が伊藤博文から夏目漱石になって少しサイズが小さくなったのは1984年。
ちなみにはまなすの運行が始まったのは1988年だから
この自動販売機はその頃からずっとあるわけね。

ちょっと自由席の車両を覗いてみたら
指定席より皆さんぐずぐずになって眠ってた。
お疲れなんだ。
a0101905_2319448.jpg


洗面所でスマホ充電中。
a0101905_23191356.jpg


ああ、もう苫小牧だ。
あと1時間ちょっとで到着。
a0101905_23192131.jpg
a0101905_2319293.jpg


スマホを充電しながらはまなすのいろいろを撮影。
どこもかしこも懐かしくて無骨でキュートな形。
a0101905_23193655.jpg
a0101905_23194497.jpg
a0101905_23195218.jpg
a0101905_2320027.jpg
a0101905_2320716.jpg
a0101905_23201573.jpg
a0101905_23202561.jpg
a0101905_23203499.jpg
a0101905_2320431.jpg
a0101905_23205310.jpg
a0101905_2321331.jpg
a0101905_23211312.jpg
a0101905_23212371.jpg
a0101905_23213324.jpg
a0101905_2322617.jpg


千歳到着。
a0101905_23214248.jpg


外に街明かりも増えてきたし
a0101905_2322175.jpg


明るくなってきた。
a0101905_23222616.jpg


そしてついに



6時7分札幌到着。
a0101905_23223766.jpg

500km近く走ってきたのになんで遅れないんだ。
もうちょっと乗っていたかったよ。

最後の勇姿。
a0101905_23224596.jpg
あ、またテレビカメラが。ちっ。

a0101905_23225696.jpg
a0101905_2323655.jpg




a0101905_23232811.jpg
a0101905_2323382.jpg
a0101905_23234867.jpg


もう会えない。

*北海道新幹線に伴いはまなすの運行は3月21日で運行終了。そしてDD51機関車は貨物に、ED79とはまなすの車両は廃車となりすでに解体されてしまったらしい。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


東北新幹線 東京-八戸間(632.1km) 青い森鉄道 八戸-青森間(96.0km) 寝台急行はまなす 青森-札幌間(479.1km) = 1207.2km

<おまけ>
札幌到着からはまなす回送列車が発車するまで
はまなすに熱い視線を送り、写真を撮りまくっていたら
北海道のテレビ局に取材された。
HTBだったかな?
その日のローカルニュースに使うかもしれないと言われたけれど
どうだったのかしらん?
赤い帽子でモコモコダウンを着て
でかい一眼レフを抱えた28歳女子がいたらばあやだったんだけど。

北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-04 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2

<北海道旅行記続き>

22時18分に青森駅を出発して
はまなすは一路北の大地を目指す。

最初のイベントは何と言っても青函トンネル。
車掌さんに聞いたら
23時5分頃に青函トンネルに入るそうな。
あら、割とすぐに青函トンネルだわ。

慌てて一番後ろの車両のさらに最後尾の窓に張り付く。
ここからの眺めが好き。
a0101905_002526.jpg


新幹線からは眺められない景色だものね。
a0101905_003322.jpg


そしていよいよ青函トンネル突入。



トンネルの中は湿度が高いので、窓が曇る。
a0101905_004128.jpg


しばらく行くと明かりが増えた。
ここは旧竜飛海底駅(現竜飛定点)かも。
a0101905_004897.jpg




a0101905_01812.jpg


あ、貨物列車通過。
a0101905_011611.jpg


また駅?旧吉岡海底駅(現吉岡定点)だね。
a0101905_012384.jpg

竜飛定点は青森県だけどここはもう北海道。
また来たよ、北の大地へ。

あ、また貨物。
a0101905_013318.jpg


そしてまた。



青函トンネルを抜ける間に4本の貨物とすれ違った。
どれもコンテナをたくさん牽引してた。
夜の間走り続けて日本の物流を支えてるんだ。
たった一人で(いや二人かもしれないけど)夜を疾走するのってどんな感じだろう。

a0101905_014117.jpg


23時46分、青函トンネルを走り抜け出た。
a0101905_015113.jpg

結局1時間近く最後尾の窓に張り付いて立ちっぱなし。
(3名ほどお仲間がいました^^;)

席に戻ったら、静かに皆様お休み中。
a0101905_023280.jpg

当たり前だ、夜行列車ってそういうものよ。

木古内駅到着。
a0101905_024360.jpg

後ろに見えるのは北海道新幹線の木古内駅。
こちらの江差線は3月26日から第三セクターの道南いさりび鉄道になる。

そしていよいよ函館駅へ。
a0101905_035618.jpg




0時43分函館駅到着。
函館駅でのイベントはもちろんDD51機関車の連結作業。
ベストポジションを狙ったけれど、一番いい場所はテレビカメラに取られた。
a0101905_03774.jpg
ちっ。

機関車がやってきたよ。
a0101905_04142.jpg




がっしり連結。
a0101905_042388.jpg


かっこいいです!
a0101905_04323.jpg
a0101905_044095.jpg
a0101905_044976.jpg
a0101905_045774.jpg


こんなにかっこいいのにじいやはぐっすり。
a0101905_0569.jpg
だから当たり前だって。

連結されるDD51だけじゃなく、切り離されるED79にご挨拶。
北海道まで運んでくれてありがとう。
a0101905_05171.jpg
a0101905_052783.jpg
a0101905_053529.jpg

北海道新幹線開業に伴ってED79は役目を終える。
もう会えない。

ホームでふと見上げたら乗車位置案内板。
a0101905_054580.jpg

みんないなくなっちゃう列車ばっかり・・・。

一度も乗れなかったのびのびカーペットの4号車。
a0101905_065038.jpg


反対側の窓の配置はこんな風だったのか。
a0101905_061930.jpg


さすがにこの時間、カーテンを閉めてみんな寝てる。
a0101905_062943.jpg


と、思ったら撮影している人もいた^^;
a0101905_06406.jpg


深夜1時。
a0101905_07467.jpg


うろうろしている人も結構いる。
a0101905_071875.jpg
もったいなくて寝られないよね。

はまなすが止まっているホーム以外は静か。
a0101905_072883.jpg
だって夜中の1時だから。

相変わらずの熟睡。
a0101905_074080.jpg


私もそろそろドリームカーにのって夢を見よう。
a0101905_074873.jpg


1時23分函館駅発車。



続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
 
by rikiaru | 2016-05-02 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1

<北海道の旅続き>

青森駅前の「おさない」でお腹がいっぱいになった後
今夜のお宿のある青森駅へ。
a0101905_1438591.jpg


お宿は21時36分にやってくる。
a0101905_14374638.jpg


北海道新幹線開業に伴い3月21に営業を終える
a0101905_14381215.jpg


22時18分発の急行はまなす。
a0101905_14382233.jpg


すでにホームにははまなすの自由席を待つ人たち。
a0101905_14382940.jpg


お隣のホームには、こちらも北海道新幹線開業で運行が終わるスーパー白鳥。
a0101905_14383844.jpg
今日会えてよかったな。

みんないなくなっちゃうよ。
a0101905_21155845.jpg


21時34分そろそろやってくる。
a0101905_14384740.jpg
a0101905_1439231.jpg


21時36分、入線。



ちょっと待ってる位置を間違った^^;

ちゃんと先頭からの勇姿を。
a0101905_14391897.jpg


ヘッドマーク♪
a0101905_1439289.jpg


テールマーク♪
a0101905_1439361.jpg


ED79系電気機関車と客車ががっちり連結。
a0101905_14394682.jpg
a0101905_1439545.jpg


こういう方向幕の列車ももうなくなってしまう。
a0101905_14401873.jpg


エンブレムが素敵。
a0101905_1440264.jpg


雑魚寝タイプの「のびのびカーペット」
乗ってみたかったけれど、チケット取れなかった。
a0101905_14403458.jpg


今日乗るのは指定席のドリームカー。
グリーン車の座席を転用しているので座り心地がいい(はず)。
a0101905_14405524.jpg

a0101905_14413277.jpg

a0101905_14404432.jpg


端っこにはミニラウンジ。
a0101905_1445012.jpg


こちらは自由席。
もう塗装がボロボロだ。
a0101905_14414226.jpg
頑張ってきたんだね。

長い長い青森駅ホーム。
a0101905_14421119.jpg
a0101905_144235100.jpg
a0101905_1443735.jpg
a0101905_14431637.jpg


はまなす、スーパー白鳥、白鳥、カシオペアが停車しなくなったら
このホームも寂しがるだろうな。
a0101905_14432679.jpg


でも今は最後の時を惜しむ人たちで賑やか。
a0101905_14433726.jpg
a0101905_14435086.jpg

a0101905_1444054.jpg


津軽海峡線、この路線も役目を終える。
青函連絡船から津軽海峡線、そして北海道新幹線へ。
a0101905_14441214.jpg
a0101905_16393821.jpg


出発の時間が近づいてきた。
a0101905_1444423.jpg
a0101905_14442293.jpg
a0101905_14443293.jpg


22時16分に到着の特急つがるが到着。
a0101905_14445222.jpg
リンゴみたいで可愛いデザイン。

a0101905_1445012.jpg




さあ、最後の夜行列車の旅の始まり。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

この記事も季節外れだけれど、北海道では季節外れの雪らしいね。
 
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
by rikiaru | 2016-04-29 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道

今日から旅行記。いつもながらの季節外れです。そしてやっぱり鉄子の旅です。すまぬ。m(_ _)m

ボンがハイサイドライトに登っていっちょまえになって
スミレが拗ねた2月19日。
快晴の青空のもと、13時30分、家を出発。
a0101905_02388.jpg


東京駅から東北新幹線はやぶさに乗って
a0101905_024847.jpg


途中ウトウト。
しかし盛岡駅での「はやぶさ」「こまち」の連結切り離しはしっかり見学。



そして到着したのは青森県の八戸駅。
a0101905_025732.jpg


ここでJRから青い森鉄道に乗り換え。
a0101905_03548.jpg
片道2280円。

駅に貼られていた鉄道むすめのポスター。
制服が昭和レトロな感じでなかなか可愛い。
全国各地の鉄道のキャラクターがいるらしい。
地方の鉄道はどこも経営が苦しいと思う。
これで少しても乗客が増えたり、存在を知ってもらったらいいよね。
a0101905_031321.jpg
左から十和田観光電鉄、弘南鉄道、青い森鉄道、津軽鉄道、南部縦貫鉄道の各キャラクター。

最近、大きな路線以外はどんどんJRから切り離されてる。
a0101905_032226.jpg
iGRはいわて銀河鉄道。

青い森鉄道、そこはかとなく雰囲気が可愛らしい。ほのぼの系。
a0101905_033058.jpg
名前はモーリー。針葉樹だね。

駅売店も手作りPOPで。
a0101905_033836.jpg


これはJR八戸線。キハ40系。
a0101905_035024.jpg
古い車両はいいね。

あまちゃんで有名になった久慈まで行く列車。
a0101905_035842.jpg
横の差し込み式の行先票がたまらないな。

全員モーリーかと思えば左の青い子は青森県のゆるキャラ「いくべぇ」。
a0101905_04668.jpg


こちらが青い森鉄道の車両。
a0101905_04147.jpg

青森駅に向かって出発!

BOXシートに座って車窓から写真を撮っていたら
向かい側に座る、着物姿が素敵なおばさまに声をかけられた。
一眼レフでパシャパシャやっていたからね。
写真をどうするのか、と聞かれたので
ブログに載せてみてもらうこと
会ったこともないけれど、ネット上で親しくしている人がいて
それがとても楽しいことを話したら
「いいわねえ。」としみじみ言われた。
はい、私もそう思います。
いつも見てくださる皆さん、ありがとう。

素敵なおばさまは三沢で下車。
三沢は下車する人が多い。

その後は乗降する人も少なく外は町あかりもなく。

雪の量が増えてきた。
a0101905_114442.jpg




このガタンゴトンがいいなあ。
どこまでも乗っていたい。

ワンマン車両なのでこんな感じ。バスみたい。
a0101905_042586.jpg


ああ、行先に線路がない!
a0101905_04503.jpg


1時間半乗って終点青森駅に到着。
a0101905_045921.jpg
この橋(青森ベイブリッジ)を見ると青森駅に来た、って感じがする。

青森駅はカシオペアや北斗星で何度も来るんだけど
停車はしても、客室のドアは開かないので、外を眺めるだけだった。

お疲れ様の青い森鉄道。
a0101905_05889.jpg
a0101905_051749.jpg
a0101905_052623.jpg
a0101905_05351.jpg

また乗りに来るよ。

見下ろしたら「リゾートしらかみ」がいた。
a0101905_054424.jpg

秋田犬「わさお」くんのいる鯵ヶ沢を通る五能線を走るリゾート列車。
海を見ながらのんびりと、五能線でまたわさおくんに会いたいなあ。

2011年にわさおに会いに行った時の記事はこちら

震災から5年経つのにな。
a0101905_055250.jpg


なんとなくしみじみといろいろ思ったところで青森駅にさよなら。
a0101905_06129.jpg


バイバイ青森駅。また後で。
a0101905_061212.jpg
ひらがなで「あおもり」なのね。

青森駅前アーケードを歩いて数分。
a0101905_062255.jpg


今日の夕ご飯はここで。
鉄ちゃんには有名なお食事処らしい。
a0101905_065021.jpg


じゃっぱ汁、ホタテフライ、ホタテバター焼き、ヒラメ刺身、りんご餃子
a0101905_07754.jpg
ヒラメの刺身がうちの分で売り切れ。隣のサラリーマンが恨めしげに見てた。ごめんね。

それからラーメン。
青森はラーメンも美味しいのよ。
a0101905_071991.jpg


それから田酒という銘柄の日本酒。
なかなか手に入らないそうで。
a0101905_073374.jpg

さらっとしているのにコクがある感じ?
とにかく美味しかった(←酒好きだけどあまりわかってない人)

さあ、お腹もいっぱいになったし
今晩の宿へ行きましょう!

続く

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

東北新幹線 東京-八戸間(632.1km) 青い森鉄道 八戸-青森間(96.0km)=728.1km
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-04-26 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(373)
(221)
(207)
(207)
(206)
(198)
(195)
(165)
(163)
(163)
(143)
(131)
(127)
(124)
(116)
(116)
(111)
(110)
(104)
(103)
検索
ブログジャンル
画像一覧