りきの毎日

カテゴリ:おでかけ(鉄道旅)( 47 )

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その7 ノシャップ寒流水族館

<北海道旅行記 その7 2017年2月25日>

では日本最北端、ノシャップ寒流水族館へ。
1968年開館。
a0101905_10374977.jpg

入り口横のプールでゴマフアザラシがお出迎え。
ひやぁ、プールの水がシャーベット状だよ。
a0101905_10380141.jpg
人懐くてこっちに寄ってきてくれる。
でも寒くて写真を撮っていられない。
可愛い顔してくれてるのに、残念。

館内入り口。
こちらの水族館はゴマフアザラシとペンギンのショーと(冬期は休み)
フウセンウオが見所。
a0101905_10381239.jpg
a0101905_10383539.jpg
そして忘れちゃいけないクリオネ。
北海道の海のお約束。
a0101905_10382523.jpg

水族館の中は手作り感いっぱいでほのぼの。
a0101905_10390551.jpg
a0101905_10392250.jpg

と、突然壁に犬ぞり大会のポスターが!
a0101905_10393446.jpg
さすが北の大地。
犬ぞり大会があるんだ。
いつか見てみたい、とポスターをよく読むと
今年の開催日は2月25日、26日。
今日明日だ。
えー、今この瞬間に生「おれはやるぜ」なんだ。
見たかった。

「おれはやるぜ」は「動物のお医者さん」という漫画の中のせりふ。
わからない方は検索してみてね。

ノシャップ寒流水族館はその名の通り
寒い北の海に住む生き物を展示。
a0101905_10395587.jpg

毛ガニ。これはまだ稚ガニ。
a0101905_10400507.jpg

ムラサキウニ。
a0101905_10514281.jpg
食べたい。

のんびりした雰囲気の螺旋階段を降りたら
a0101905_10515537.jpg
a0101905_10520612.jpg
a0101905_10521885.jpg

水量90トンの回遊水槽。
a0101905_10524039.jpg
a0101905_10524954.jpg
巨大な魚はイトウ。
a0101905_10530814.jpg
以前は青森、岩手にもいたけれど
現在は北海道のみに生息。
日本最大の淡水魚で体長は1〜1.5m。
2mを超えるものが捕獲されたこともある。
漫画「釣りキチ三平」で
幻の巨大イトウを釣る話があったっけ。
イトウは淡水魚だけど
ここのイトウは海水で生きている。
一緒に泳いでるお友達はヒラメやホッケ^^

他にもこんな魚が。
a0101905_10531778.jpg
美味しそうだ。

別の水槽にウマヅラハギ。
a0101905_10533434.jpg

ニシン
a0101905_10534437.jpg
泳いでるのを初めてみたかも。

ミズダコ
a0101905_13114698.jpg

エゾメバル
a0101905_13115534.jpg

ケムシカジカ
a0101905_13120646.jpg
美味しそうだ。こればっかり。

こちらは可愛いフウセンウオ。
やたらとくっついてる。
a0101905_13121773.jpg
a0101905_13122936.jpg
a0101905_13124259.jpg
a0101905_13125360.jpg

可愛いけど、裏から見ると結構エグい(^^;
a0101905_13130206.jpg

ひと通り見終わって外にでると
再びゴマフアザラシさん。
a0101905_13131582.jpg
ゴマフアザラシの餌やり体験は
ダイナミックで楽しいらしい。
(アザラシがジャンプするんだって)
次はぜひ水が凍ってない時期に来たい。

さて、水族館に来て初めて気が付いたんだけど
お隣が稚内市青少年科学館だった。
a0101905_13132403.jpg

JAXAロケットがお出迎え。
a0101905_13291656.jpg

レトロなプラネタリウムがあったので
星空鑑賞。
a0101905_13293775.jpg

投影機は1974年の開館時から活躍する
道内最古のお宝投影機。
a0101905_13292902.jpg
これからも現役で頑張ってね。

館内に貼ってあったポスター。
a0101905_13295114.jpg
星空綺麗なんだろうね。

横を見ると各種ポスター。
a0101905_13295964.jpg
大西宇宙飛行士と犬ぞり大会のポスターが並ぶなんて
稚内市青少年科学館ならではだね(笑)

ここまでで残念ながら閉館時間。
a0101905_13300885.jpg
南極や、タロジロについての展示もあったらしい。
見られなくて残念。

外に出るてまたまたゴマフアザラシちゃん。
a0101905_13301788.jpg
また来るよ。

動物園や植物園、水族館はこういう出口多いよね。
a0101905_13302699.jpg

水族館の横を抜けると
a0101905_13304537.jpg
a0101905_13305427.jpg

そこはノシャップ岬。
a0101905_13353653.jpg
a0101905_13354845.jpg
a0101905_13355750.jpg
寒い。
口を閉じてるのに歯が凍りそう。

そんな寒さの中カモメ(セグロカモメ?)が
イカをつついてた。
a0101905_13360587.jpg
どこから取ってきたんだ?




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
スマホから旅行記アップ。どうにか出来たけどひどく面倒くさい。動画が貼れないし(泣)
2017.4.16追記、動画が貼れるようになった!やった!
 
170225
 

by rikiaru | 2017-04-12 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その6 最大の危機!

<北海道旅行記 その6 2017年2月25日>

今日は鉄道さえ出てきません。ただただ雪景色のみ。

お腹をいっぱいにしたら稚内駅を出発!
a0101905_21494496.jpg
これが日本最北駅。モダン。

駅前でレンタカーを借りてまずはノシャップ岬へ。

じいや、初めてのつるつる雪道。
いつもは割とスパイシーな運転なんだが
ありえないほど遅い。
かたつむり並み。
すべったら怖いけれど
これでは目的地につかないよ。

目の前に雪いっぱいのトラック。
一日中除雪してるんだね。
a0101905_21495153.jpg


ここを右折して道道254号線に入ればノシャップ岬。
a0101905_21495942.jpg
道路標識がロシア語併記。ロシアは目の前だもんね。

のはずだけど何故かレンタカーのナビは
もう1本海沿いの道を走らせたがる。
ここはナビに従って海沿いの道を行くことに。

おお、海だ。
a0101905_2150640.jpg


遠くに見える標識にもノシャップ岬3kmとある。
こっちの道でも大丈夫だ(←ちょっと不安だった)
a0101905_21501549.jpg


この辺りになるとだんだん普通の速度で運転できるようになってきた。

ふと見ると横に船。この雪山の向こうは海だ。
a0101905_21502624.jpg


道沿いに魚が干してあったり
a0101905_21503328.jpg
ホッケかな?

昆布?が干してあったり。
a0101905_21571296.jpg


北の漁師町な雰囲気がいっぱい^^

雪は降っていないけど風で雪が舞い上がり、目の前が白い。
a0101905_21573610.jpg


凍りそうな海を見ながら最北の地を走るのは楽しいけれど
道路と海の境にガードレールがない。
a0101905_21574741.jpg


怖い。
a0101905_21575631.jpg


気がつくとまわりに車が走ってない。
何かあったら凍え死ぬよ。

あの赤と白のシマシマは灯台?
そろそろノシャップ岬らしい。

なんとなく道路の横の吹き溜まりが高くなってきたような。
雪で道も車1台分しかない。

シマシマが近づいてきた。
もうすぐ着くねとちょっと安心していたら
a0101905_21581196.jpg


目の前の道路の雪が少し増えたような気がした。
じいやが「雪がすごい、進めるか?」と言った。
どうも道路幅全部が吹き溜まりらしい。
これは戻るしかないよ、Uターンできるかな、と思った途端
じいやアクセル全開。

吹き溜まりに突っ込んだ。
もちろんタイヤは空回り。前にも後ろにも進めない。
あああああ。
さっきまで超遅のろのろ運転だったのに。
これだから雪を知らない人間は。

その後も何度もアクセルを踏むもどうにもならず。
無理だってば。

路面はつるつる、雪はパウダースノー
どうやってもタイヤが噛むところがないんだから。

ばあやの頭の中は車を動かそうとして
運転を誤り、冷たい海に落下するシーンが浮かぶばかり。
道路のすぐ脇が海だからね。
冷たい海に沈んでいく28歳美女。
こんな最北の地で海に落ちて死んだら
にゃんこ様とお世話係に申し訳がたたん。
(↑妄想大暴走中)

いくらアクセルを踏んでもどうにもならないとわかったじいやは
レンタカーに積んであった小さいブラシ?でタイヤの下を掘り始めた。
でも道具は小さいし、雪はさらさらだしまったく効果なし。

タイヤの下に板を噛ませたら脱出できる、と思ったけど
周りは雪景色。
板なんて見つからない。

これは助けを呼ばないとだめだ。
JAFを呼ぼうかと思ったけれど時間がかかるかも。
これは地元の人にお願いしよう。
この道の一本向こうは大きな通り。
誰か見つかるはず。

相変わらず雪を掘っているじいやをおいて
人を探しにいった。

最初の小さな路地を曲がったところに会社らしきものが。
入り口から中を覗くと人が二人いた!
引き戸をあけて「すみません、車が雪にはまってしまって・・・」と言ってみたが
反応なし。
観光客が雪道も知らずに無理して困っても知らんよね。
うーん、どうしよう、と思ったら
のそのそと二人が動き出した。
横にあった長靴を持ってこちらにやってきた。
た、助けてくれるのか。
作業着姿で長靴を履いて外に出てきてくれたけれど
それでも何も言ってくれない。
怒ってるのかなあ。

しばらくするとようやく
「ロープある?」と聞いてきた。
「レンタカーなので持ってないです」と言ったら
「今、ロープ持ってくるから」と言った。
おお、助けてくれること確定。
じいやに知らせに行かねば。

じいや、未だむなしく雪を掘っている最中。
a0101905_21584684.jpg
動揺してスマホのレンズに指がかかっちゃった。

おーい、助かったよ。
a0101905_2159196.jpg


結局、この会社の人たちが4人も来てくれた。
トラックで牽引したら、3秒で吹き溜まりから脱出。

助けてくれた後、去っていくヒーローたち。
a0101905_2251350.jpg
牽引しているところはさすがに撮影できなかった。ブロガーの血が騒いだけど。

脱出した後も怒るでもなく、気をつけてね、でもなく
どこまでも寡黙でぶっきらぼうだった。
そういえば稚内駅の食堂のおばちゃんも
駅の売店のおばさんもわりと寡黙だった。
稚内の人は「男は黙って(女も黙って)サッポロビール」タイプなんだな。
無口で、でも優しい。

お世話になった会社は水産加工販売会社だった。
a0101905_226433.jpg
a0101905_2261844.jpg

お礼にリンクを貼っておこう。
秋川水産
たらこ、明太子、かに、一夜干しとかいろいろ美味しそう。
帰宅してからこちらの会社にお礼状とビール券をお送りしました。
本当にありがとうございました。

脱出してから2分後。
目的地に到着。
a0101905_2262919.jpg
本当にあと少しで雪にはまった。

a0101905_2264215.jpg
食堂はやってなかった。海の幸の美味しそうなメニュー^^

日本最北の水族館、ノシャップ寒流水族館。
a0101905_2265031.jpg
あ、青少年科学館も併設してる。

次回は水族館の話。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
じいやのために言い訳すると、うちの車は4WDなのでたぶんあの吹き溜まりでも立ち往生はしなかったとは思う。でもね、借りてたのはマツダのデミオだから。
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-05 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その5 スーパー宗谷その3

<北海道旅行記 その5 2017年2月25日>

今回の記事も雪景色と鉄道ばっかりです。m(_ _)m

幌延駅を出発して再び雪の平原。
a0101905_2218401.jpg


雪が風で舞い上がってる。
雪嵐というんでしょうか?
a0101905_22184810.jpg
a0101905_22185772.jpg
a0101905_2219664.jpg
a0101905_22194367.jpg

青空見えてきた。
天候がクルクル変わるね。

12時13分、豊富駅到着。
a0101905_22195455.jpg
a0101905_22202729.jpg


豊富町は下エベコロベツ川で魚がとれ、
石炭や石油、天然ガス、温泉、泥炭など天然資源に恵まれた土地で
転じて、なんでも豊富(ほうふ)にある町、豊富(とよとみ)なんだそうな。
さらに最北の温泉郷でもあるし、
自然が豊かなサロベツ原野もあるし
下車してみたい。

a0101905_22203711.jpg
a0101905_22204752.jpg


スノーモービルで疾走する人たち発見。
a0101905_22205633.jpg


外はそんな凍える冬景色だけれど
じいやは車内で半袖。
a0101905_2221593.jpg

北海道の冬の室内は本当に暑い。

稚内駅到着まであと15分。
a0101905_22211576.jpg


なんとなく海沿いっぽい風景だな、と思っていたら
a0101905_22212334.jpg


海!
a0101905_22213279.jpg


うみ!
a0101905_22214766.jpg

日本海です。

海風吹き付ける小山のてっぺんに撮り鉄さん発見!
a0101905_22221198.jpg

スーパー宗谷の撮り納めかも。
3月4日のダイヤ改正でスーパー宗谷の名前が時刻表から消える。
札幌ー稚内間が1日3往復から1往復になる。
乗りに来るたびに「これでおしまい」ばっかりだ。
なんだかなあ。



可愛いスキー場発見。
a0101905_22221967.jpg

調べたらこれは「こまどりスキー場」というんだって。
なんで「こまどり」かといえば
スキー場の住所が「稚内市こまどり4丁目」
住所が「こまどり」なんて素敵すぎる。
(ちなみにこまどりは5丁目まで。はまなすっていう地名もある)

ラッセル車かっこいい。
a0101905_22223057.jpg

一度ラッセル車が動いているところを見てみたい。

12時8分、南稚内駅到着。
a0101905_22223777.jpg
a0101905_22232690.jpg




12時53分、札幌から396.2km、5時間5分で
「終着」稚内に到着。

ドアに雪が凍りついてるよ。
極寒の中、稚内までありがとう。
a0101905_22233960.jpg


ホームに降りるとそこは日本最北端の駅。
a0101905_22234991.jpg

来てみたかったんだ、はじっこに。

西大山駅はJR最南端の駅。
a0101905_22391183.jpg
今は沖縄にモノレールの駅があるので日本最南端ではない。

a0101905_22392384.jpg
a0101905_22394769.jpg
a0101905_223956100.jpg
a0101905_2240510.jpg


これが日本最北端の車止め。
a0101905_22401321.jpg

はじっこの中のはじっこ。
King of はじっこ^^
ちなみに最南端の西大山駅は最南端だけれど終点ではないので
車止めはない(と思う)

それにしても稚内駅がモダンで驚いた。
まさか最北端の車止めがガラス張りの駅舎をバックにしていようとは。
増毛の車止めも背景が新興住宅街のような家並みで驚いたけど。
ひなびた風景に溶け込む車止め、なんて勝手に思っていたけど
実際に見ないとわからないね。

a0101905_22402146.jpg
a0101905_22402979.jpg
a0101905_22403757.jpg
a0101905_22404527.jpg
a0101905_22405739.jpg




スーパー宗谷、いっちゃった。
a0101905_22411276.jpg

この線路をずーっと3000kmたどっていくと
鹿児島の端っこにたどり着くと思うとグッとくる。

最北端の駅を満喫したところで参りましょうか。
a0101905_22412065.jpg


時刻は13時過ぎ。お腹がすいた。
駅に食堂でお昼ご飯。

注文して食事が出てくるのを待っていたら
店に流れるラジオ?から「宗谷岬」が流れてきた!

わああ、なんてタイミングなんだ。
なんかいきなり旅情がクライマックス!
(ラジオだったのでいつも流れているわけではないと思う)

だけどばあやが慣れ親しんだ「宗谷岬」とちょっと違う。
歌っているのがダ・カーポじゃない。

調べてみたら「宗谷岬」はダ・カーポのオリジナルではないのだった。
なんと作曲は先日亡くなった巨匠「船村徹」先生。
(作詞は吉田弘さん)
オリジナルは黒木真理(まこと)さんという方が歌っている。
You Tubeに千葉紘子さん(!)が歌うバージョンがあるので聞いてみた。
悪くはないけれど、演歌のご当地ソングという感じかな。
アレンジが演歌だし(演歌は嫌いじゃないけど)
やっぱり「宗谷岬」はダ・カーポだよね。

と宗谷岬についていろいろ考えたところで
お昼ご飯登場。
a0101905_22412813.jpg

サッポロクラシックに稚内焼きそばにザンギ定食。
とーってもおいしかった。
普通なんだけど、きちんと丁寧に料理している感じ。
稚内駅内食堂、オススメです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ようやく稚内到着^^;
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-03 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その4 スーパー宗谷その2

<北海道旅行記 その4 2017年2月25日>

今日の旅行記はほぼ雪景色で真っ白です。ご興味がある方だけどうぞ。

旭川駅を出発して、スーパー宗谷はいよいよ宗谷本線へ。

コンテナいっぱい。
貨物専用の北旭川駅かな。
a0101905_22491936.jpg


旭川の市街地を離れると雪の平原、そして時々川。
a0101905_22493113.jpg
a0101905_22493859.jpg



 
三浦綾子さんの小説で有名な「塩狩峠」。
(読んだことはないけれど)
無人駅でとても静かだそう。
少し離れたところには温泉もあるんだって。
降りてみたい。

旭川の次の停車駅は「和寒駅」



9時45分、和寒駅到着。
a0101905_22503060.jpg
a0101905_22504123.jpg

駅のホームのあっちにも「わっさむ」こっちにも「わっさむ」。
「わっさむ」って音が面白くてなんだか楽しい。
そして心の中で「わ、さむ〜」とおやじギャグをつぶやいてしまう。

*駅の由来はアイヌ語の「アッ・サム」(ニレの木のそば)から。

9時56分、士別駅到着。
a0101905_22505163.jpg

羊のまちなんだね。
「羊と雲の丘」なんていうのがあるらしい。
もふもふしたい。
ラム肉ジンギスカンも美味しいらしい。
可愛くて美味しい羊さん・・・。

*「士別」はアイヌ語の「シペッ」(大いなる川)から

10時11分名寄駅到着。
駅員さん交代かな。まだ先は長いもんね。
a0101905_225116.jpg


*名寄の由来はアイヌ語の「ナイオロプト」(渓流に注ぐ口)。
 名寄川が天塩川に注ぐ様子をいったもの。
 2月の平均最低気温が-16.3度で全国の市で一番低い。ひえええ。

歴史のありそうなレンガの倉庫。
a0101905_2251968.jpg


雪が激しくなってきた。
a0101905_22511753.jpg


名寄からしばらくの間、スーパー宗谷は天塩川沿いに北上。



a0101905_2252984.jpg
a0101905_2252174.jpg
a0101905_22522669.jpg


10時32分、美深駅到着。
a0101905_22523558.jpg

ここはとっても立派な駅舎。
駅長さん?らしき方が団体客をお出迎えしてた。
調べたら温泉があるみたい。
それからチョウザメが特産品だとか。
1931年1月27日に-41.5℃を記録しているとか。
ひえええ。

*美深の由来はアイヌ語「ピウカ」(石の多い場所)。
 雪がたくさんふって美しいのかと思った。

ここにも倉庫。
a0101905_22525290.jpg

こんなレトロ倉庫、都会にもっていったら大人気だ、と思うけど
ここではきっと現役だよね。
きっと北の大地のおいしい野菜が入ってるんだろうな。

撮影ミスじゃないです。雪、激しい。
a0101905_2253177.jpg


脇を走る国道40号の標識に「稚内」の文字が見えた♪
a0101905_22531054.jpg


雪原にぽつんと建つ可愛い家。
煙突が4本もあって暖かそう。
a0101905_22531648.jpg
煙突が4つということは各部屋に薪ストーブや暖炉があるの?

a0101905_22563054.jpg
a0101905_2256386.jpg


10時58分、音威子府駅到着。
a0101905_22564624.jpg
a0101905_22565493.jpg

「おといねっぷ」っていう音がいいよね。
北海道感満載。
隣の「さっくる」っていう音も可愛い。
音威子府村は人口が1000人割っているそうで
人口密度が2.9人/km²。
ひろびろ〜。
駅そばが有名らしい。

*音威子府はアイヌ語の「オ・トイネ・プ」(河口・土で汚れている・もの)に由来。
 音威子府川が天塩川に合流する地点が泥で濁っていたことから命名。

a0101905_2257410.jpg
a0101905_22571345.jpg
a0101905_22572247.jpg


11時27分、天塩中川駅到着。
a0101905_22573211.jpg

雰囲気のある駅舎。
健さんがでてきそう。

*旧駅名は誉平(ぽんぴら)駅(アイヌ語の「ポン・ピラ」(子・崖))

a0101905_22574058.jpg
a0101905_2258377.jpg


雪雲と雪原と雪でほぼ真っ白だったのに
いつの間にか青空が。
a0101905_2258134.jpg


窓ガラスの外に氷がこおりついているよ。
a0101905_22582271.jpg
a0101905_22583012.jpg
a0101905_22583936.jpg
a0101905_22585179.jpg
a0101905_2259113.jpg
a0101905_2301224.jpg
a0101905_2302520.jpg


11時59分、幌延駅到着。
a0101905_2303439.jpg

幌延町は北緯45度線が通る町。
そのほかトナカイの飼育(トナカイ牧場がある)やヒマラヤの青いケシの栽培など。
(町のゆるキャラがトナカイのホロベー青いケシのブルピー。なかなか可愛い^^)

*アイヌ語の「ポロ・ヌプ」(大きい・野原=大平原)が「ほろのぶ」と転訛し
 これに「幌延」の漢字が当てられ、さらに「ほろのべ」と転訛。

こうやって地名を見てると川に関する名前が多い。
アイヌの人にとって川がとても大事だったんだろうと想像する。

この先天塩川は西に向かって日本海に注ぐ。
宗谷本線はまだまだ北上して稚内に向かうのだ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
地名の由来、名所特産品等はwiki、各自治体のサイトより。
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-01 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その3 スーパー宗谷その1

<北海道旅行記 その3 2017年2月25日>

今日の旅行記は本当に鉄道しか出てきません。見てやってもいいよ、という方だけどうぞ。

翌朝はホテルを6時半出発、朝ごはん抜き。
a0101905_22434586.jpg
札幌市のマンホールは時計台と鮭。

朝日の中島公園。
a0101905_22435516.jpg


かなり広そう。歩いてみたい。
a0101905_2244555.jpg
向こうの山は藻岩山と思われ。

札幌市営地下鉄に乗って札幌駅到着。
7時ジャスト。
a0101905_2244141.jpg
a0101905_22442345.jpg
デジタルサイネージカッコイイ。

JR札幌駅の改札を通ったら7,8番線ホームへ。
a0101905_22443667.jpg


8番線で去年乗った懐かしの特急オホーツクに再会。
網走に向かって出発していった。
a0101905_2246876.jpg
JR北海道の駅員さんの冬のコート姿はめちゃめちゃかっこいい^^

そして7番線ホームには
a0101905_22461850.jpg




稚内行きスーパー宗谷到着。



これに乗って北の大地のそのまた最北の地、稚内へ向かうのだ。

ヘッドマークは道北の形。
a0101905_22462862.jpg
a0101905_22463799.jpg
a0101905_22464783.jpg
a0101905_22465522.jpg
a0101905_224732.jpg


朝ご飯抜きだったので前回もお世話になった札幌駅のドトールでサンドイッチ。
a0101905_22473332.jpg
お腹が空いてたから出発前に食べちゃった。

7時48分出発、さよなら札幌駅、またね。
a0101905_22475582.jpg
おいしいお寿司をありがとう。

何度聞いてもうっとりしてしまうJR北海道の車内放送。
(声の主は大橋俊夫さんこちらでいろんな大橋俊夫さんの声が聞けます)



札幌近郊は雪が少ないけれど
a0101905_22481283.jpg


内陸に向かうに従ってどんどん積雪の量が増える。
a0101905_22482172.jpg


岩見沢駅到着。
あれ、ラッセル車なんだろうか?
a0101905_22482983.jpg


かっこいい倉庫。
a0101905_22483967.jpg


8時14分、岩見沢出発。
a0101905_22484949.jpg
a0101905_2249954.jpg
動物の足跡が点々と。

8時23分、美唄駅到着。
a0101905_22491856.jpg
駅前のレトロホテル、泊まってみたい。

駅のホームで見かけた。
a0101905_22492882.jpg
石狩の美国といへる停車場の 柵に乾してありし 赤き布片かな 

石川啄木の一握の砂に治められている歌だそうで
この美国というのが実は「美唄」だとされている(諸説あり)

a0101905_22493958.jpg


8時35分、砂川駅到着。
a0101905_22495081.jpg


空知川
a0101905_22503070.jpg




この「停車時間はわずかです。」というのがツボ。
うまく説明できないけれどとてもいい。

8時41分、滝川駅到着。
あれは根室方面へ行く列車だろうか?
a0101905_22504044.jpg

根室、釧路方面はまだ行ったことがない。
釧網線に乗って、タンチョウを見てみたい。

青空だけど雪煙。
線路の上に積もった雪を吹き飛ばして進むスーパー宗谷。
a0101905_22505066.jpg




a0101905_2251050.jpg
a0101905_2251116.jpg
a0101905_22514051.jpg


8時55分、深川駅到着。
ホームが雪に埋もれている。
a0101905_2253491.jpg


あれは留萌本線。
去年乗った留萌ー増毛間は廃線になってしまった・・・。
a0101905_22531692.jpg


9時16分、旭川到着。
a0101905_2253477.jpg


ここまでは去年の網走旅行と一緒。
ここからは未踏の地(←大げさ)
いざ、最北の地へ!
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ラッセル車のラッセルって人の名前なんだって。アメリカのラッセルさんが作った除雪車がラッセル車。
      
                                                                                                                                  
170225
by rikiaru | 2017-03-28 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その2 北大総合博物館

<北海道旅行記 その2 2017年2月24日>

カメラの不具合が治らないとわかった後は
すっぱりあきらめて札幌最初の目的地へ。
a0101905_23131100.jpg
写真の右隅の黒い影がレンズフード(泣)
また来たよ、北大。
そしてまたもや国立大二次試験の前日なのだった。
今回の旅行の日程は雪祭りを避けて
なおかつ雪がまだたくさんありそうな2月中ということで決めたのだか
北大二次試験のことをすっかり忘れていた。
電話をかけてもネットを見ても
札幌の宿はどこも満室。
空いているのは5万円10万円のスイートルーム。
いくら宿がなくてもそれは高すぎる。
これはもうネットカフェとか漫画喫茶とかで夜明かしか?
それでも諦めきれずにネット予約サイトをうろうろしているうちに
キャンセルが出たらしいホテルの1室がようやくとれたのだった。
ちょっと高かったけれど仕方ない。
28歳女子にネカフェや漫喫はちょっときつい。

北大周りを歩いていると受験生の親と思われるらしく
一人暮らし賃貸部屋のカタログを配られそうになる。
娘、息子が北大だったらうれしいけどね(遠い目)

札幌駅周辺は歩道にも車道にもほとんど雪がなかったけれど
北大の中はけっこう雪がある。
んふふ、うれしい。
a0101905_2321220.jpg


大学構内を歩いているとやたら「すべって」ころんでいる人がいた。
北国以外から来た受験生だろうか。
試験前にすべるなんて縁起でもないような気もするけど
そこですべっておけば本番は平気だったかも。
今頃「桜が咲いた」だろうか。

さて今回の目的地は(も)北大総合博物館。
a0101905_2321952.jpg

2015年の北海道旅行でも訪れた。
その後リニューアルしたので再訪。

a0101905_2322844.jpg


博物館では「北大古生物学の巨人たち」の企画展を開催中。
これは貴重な「ニッポノサウルス」の化石。本物。
a0101905_2323718.jpg


北大の歴史ではボーイズビーアンビシャスのクラーク先生はじめ諸先生方
ノーベル化学賞を受賞した鈴木章名誉教授の紹介など。
a0101905_233177.jpg
a0101905_2332662.jpg


毛利衛さんも北大出身なのでこんな展示も。
a0101905_2333549.jpg



a0101905_2334818.jpg
a0101905_2335771.jpg


前回も見たけれど、再びのアインシュタインドーム。
a0101905_234629.jpg


もうひとつの企画展「中谷宇吉郎展」。
世界初の人工雪結晶誕生から80年なんだそうだ。
a0101905_2341691.jpg
a0101905_2342581.jpg


こちらは常設展示の古生物室。
a0101905_2343442.jpg

ここに半水棲動物のデスモスチルスの仲間の「アショロア」という生き物の化石の展示があった。
「アショロア」という名前は足寄で見つかったから。
思わず部屋の受付にいるボランティアさんに
「足寄といえば千春と思ってましたが化石も出たんですね」と言ったら
「?」という顔をされてしまった。
28歳女子には「足寄」と言えば「松山千春」なんだけど。

昆虫の部屋。
a0101905_2344414.jpg
標本の作りからなんかもあって面白い。

オホーツク文化の展示室。
同じ大きさの箱とか引き出しが並んでるこういう部屋、大好き。
a0101905_2345819.jpg
a0101905_235734.jpg
a0101905_2351683.jpg


駆け足でぐるぐる回って最後は博物館のカフェでソフトクリーム^^
a0101905_2352529.jpg
壁のレリーフが心臓^^;

時刻は17時。名残惜しいけどそろそろお暇しなければ。
a0101905_2353368.jpg
a0101905_2363762.jpg


地下鉄に乗ってホテルに向かう。
a0101905_2364648.jpg

「真駒内」ってなんだか懐かしい。
昔、フィギュアスケートのNHK杯って真駒内スケートリンクでやってたよね?
(今もやってる?)

さて今回宿泊するホテルは「ホテルマイステイズ札幌中島公園」
札幌から地下鉄南北線で3駅目が「中島公園」駅。
(地下鉄の札幌駅はひらがなの「さっぽろ」駅)
さて「中島公園」駅について駅周りを見てもそれらしいものは見つからない。
駅のすぐ近くのはずなんだけど。

考えてもなんだかわからないのでホテルに電話した。
ホテルの名前から最寄り駅は「中島公園」駅だと思っていたら
「幌平橋」駅だって。
中島公園というのが大きな公園で
公園の端と反対の端にあるのが「中島公園」と「幌平橋」の駅ということらしい。
まぎらわしいことに同じグループのホテルで
「ホテルカイコー札幌中島公園」もあってこちらは「中島公園」駅が最寄り。

中島公園を通りぬけて幌平橋駅へ向かうというてもあったけど
つるつる雪道を歩き通すのは無理なので
中島公園駅から一駅地下鉄に乗って幌平橋駅へ。
地下鉄駅から地上に出たらそこは中島公園。
a0101905_2365610.jpg
これは広そうな公園。

ホテルへ向う途中に小さな神社があった。
a0101905_237461.jpg

伊夜日子神社。
いやひこ→やひこ弥彦神社ということで
なんと新潟の弥彦神社が本社。
元々新潟から札幌に入植した人々が建立したもので
さらに太宰府天満宮から菅原道真公の御分霊を拝戴という
福岡県人のじいやと新潟県人のばあやのどちらにもありがたい神社なのだった。

せっかくだからお参りしましょう。
a0101905_2371527.jpg
神社の境内にもあたりまえに除雪機がある。

カメラを落としたり、ホテルが見つからなかったりといろいろあるけれど
いい旅でありますように。
a0101905_2373281.jpg


ホテルにチエックインして荷物を置いたら
再び地下鉄に乗ってすすきのへ。
a0101905_2374347.jpg


今日の夕食は「すすきの」で「お寿司」\(^〇^)/
a0101905_2375221.jpg

すすきのにある「すし屋のさい藤」さんへ。

おいしかったー。お店の雰囲気もご主人も気取ってないし。
おまかせで季節のものを握っていただいて大満足。
お酒もそこそこ飲んだのに円山公園より安かったし
ネタもよかったし。
円山公園の寿司の仇をすすきのでとった。
ははは、サマアミロ、でございます。

せっかくすすきのに来たので、腹ごなし&酔い覚ましにちょっとお散歩。

近くにあるすすきのラーメン横丁へ。
a0101905_238148.jpg
a0101905_2381864.jpg
a0101905_2382763.jpg

なかなかいい感じ。
次はここで札幌ラーメンだな。

新横浜ラーメン博物館で食べたことのある「すみれ」も近くにあるので
ちょっとお店の前まで。
a0101905_2383659.jpg


すみれといえばこの写真を思い出しちゃう。
a0101905_1816226.jpg
この写真は2009年1月14日に掲載済み

帰りがけ札幌市電を発見。
いつか乗ってみたい。
a0101905_23135826.jpg


すすきのから地下鉄に乗って幌平橋へ。

これが幌平橋にあるホテルマイステイズ札幌中島公園。
a0101905_239162.jpg
a0101905_2391224.jpg


いろいろあったけど食事が美味しかったので満足。
さあ、明日からが旅の本番。
しっかり寝て早起きだ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
次回からは本格鉄道旅。
      
                                                                                                                                  
170224
by rikiaru | 2017-03-23 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その1 AIR DOで札幌へ

<北海道旅行記 その1 2017年2月24日>

やっちゃんがばあやのことを察してくれて
カリカリを食べ始めた翌々日の2月24日

しらーっとしたねこ様の視線を浴びつつ
a0101905_2323450.jpg

ばあやは(じいやも)旅へ。

留守の間、冷え込まないといいなあ。
ねこ様心配だ。
a0101905_2325224.jpg
じゃあ、でかけるな、という話ですが。

羽田空港到着。
AIR DOのカウンターでチェックイン。
a0101905_233367.jpg

というわけで、今回の旅先は(も)北海道。
5回目?
でも北海道に行く時に飛行機に乗るのは初めて。
(今までは行きは鉄道で帰りが飛行機だった。
寝台車なくなっちゃったから・・・シクシク)

女満別と稚内は雪がすごそう。
a0101905_2331556.jpg
a0101905_2332453.jpg

だけど、今回の行き先は札幌。

AIR DOの飛行機、札幌までよろしく。
a0101905_2334347.jpg


予定通りに飛行機離陸。

お台場臨海地域
a0101905_233516.jpg


富士山と南アルプス
a0101905_234239.jpg
a0101905_2341061.jpg


中禅寺湖と男体山
a0101905_2342012.jpg


AIR DOのキャラクター、ベア・ドゥ。
a0101905_2344099.jpg


どこかわからないけど雪!
a0101905_2345020.jpg


そして
a0101905_2345996.jpg


北の大地北海道!
a0101905_235967.jpg


天気いいね。
a0101905_2352187.jpg
a0101905_2352960.jpg
広いね。バイコヌールを思い出す。

ROYCEのロゴを見ると北海道感が増す。
a0101905_235418.jpg


ちょうど冬のアジア大会開催時期だった。
アジア大会まで萌えキャラなんだ。
a0101905_23622.jpg


空港のフードコートで北海道最初の食事。
ジンギスカンと北海道でしか飲めない札幌クラシック♪
a0101905_2361591.jpg
a0101905_2364473.jpg


飛行機の離発着を見ながらお食事ができて気持ちいい。
a0101905_2365482.jpg
a0101905_237413.jpg


空港のショッピングエリアに初音ミク。
a0101905_2371496.jpg
冬の北海道を応援する「雪ミク」というのがいるらしい。

新千歳空港発札幌行きの快速エアポート号は
日ハムの大谷選手ラッピング。
a0101905_2373679.jpg
a0101905_2374734.jpg
a0101905_238238.jpg


この日の札幌の最高気温は0度ぐらい。
寒さに備えて着込んできたらなんだか暑い。
着込んできたせいだけじゃなくてあきらかに暑い。
北海道って屋内がめちゃめちゃあったかいもんね。

エアポートの車内も暑くて暑くて
ダウンを脱ごうともたもたしてたら

カメラ落とした。
レンズ床に激突。
旅行これからなのに。

確認したらカメラのレンズフードがレンズにめりこんだ。
フードがはずれなくなっちゃった。
げげげ。
a0101905_084241.jpg

おまけにレンズフードが斜めになって
広角側で撮るとフードが写ってしまう(号泣)

それでも写真は撮れるので不幸中の幸いと思うしかない。

札幌駅到着。
a0101905_2381731.jpg


駅のすぐ近くにヨドバシカメラがあるので
レンズフードがはずせないか聞いてみたけれど
修理にださないと無理らしいorz

北海道に来たのにテンションだだ下がりのままの旅のスタートなのだった。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
ねほりんぱほりん(Eテレ)が終わってしまった(寂)
      
                                                                                                                                  
170224
by rikiaru | 2017-03-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

<北海道旅行続き>

ノロッコ号を降りたら、再び網走刑務所へ。
博物館の方ではなくて、現役の刑務所の方ね。
前回は時間切れで買えなかった刑務所作業品を買いに。
私はフクロウの置物、じいやは将棋盤を買いました。

敷地内の除雪作業をする重機。
重機というだけでかっこいいのに「網走刑務所」って入ってると格が上がる気がする。
a0101905_22402092.jpg


そのあとはオーロラ流氷館へ。
楽しみながら流氷のことが学べる施設。

だけど、お腹が空いたので学ぶ前にお昼ご飯。
眺めのいい・・・はずのレストラン。
a0101905_2243058.jpg


鹿肉の丼。
a0101905_22432662.jpg
じいやはカレーを食べた。

そしてデザート。
a0101905_22594036.jpg


お腹が満足したら流氷のお勉強に参りましょう。
a0101905_2259507.jpg
流氷の下のイメージ。

-15度の部屋に入って極寒体験をしたり
a0101905_22595928.jpg
a0101905_2301050.jpg


オホーツクの海にいる生き物を眺めたり
a0101905_2303334.jpg
a0101905_2304911.jpg


でも一番面白かったのは北海道の流氷についての説明コーナー。
網走や紋別ぐらいの緯度の高さで流氷が見られるところは
世界中に他にはないそうだ。
おまけに街中から簡単に見に行けるというのは素晴らしいことらしい。
海や川や島などのいろいろな要因が重ならないと見られない奇跡なんだって。
(↑要するに細かいところは覚えてない^^;)

そして再び網走駅へ。
(流氷館へ行った時のタクシーに迎えに来てもらった。)

出所記念の撮影をする人。
a0101905_2305847.jpg


網走駅は歴史があるな。
今年で開業106年。
a0101905_231695.jpg


残念ながら帰りは鉄道じゃないの。
さようなら網走駅。
また来るよ。
a0101905_2311442.jpg


網走駅の前から出ているバスで空港へ。
a0101905_2312326.jpg

バスの時刻表に飛行機の時刻表も併記してあってわかりやすい。

空港でお土産買って保安検査場へ。
a0101905_2313410.jpg

お土産が手錠って^^;

女満別空港は雪。
a0101905_2314561.jpg


AIR DOに乗って帰ります。
a0101905_2315596.jpg

マスコットのくまちゃんかわいいな。

あーすごい雪だ。
これが羽田なら絶対に飛ばない。
a0101905_232876.jpg


さらば北の大地。
きっとしつこくまた来るよ。

最近は飛行中もデジカメが使えるようになったので
夜景を撮影できて嬉しい。

ここは宇都宮だったかな?
a0101905_2321712.jpg


東京上空。
a0101905_2322436.jpg


東京湾。
a0101905_2323328.jpg


海ほたる。
a0101905_2324362.jpg


東京ゲートブリッジ。
a0101905_2325355.jpg


ああ旅が終わる・・・。
a0101905_233380.jpg


画面中央に小さく東京タワー。
a0101905_2331410.jpg


AIR DOありがとう。
a0101905_2332547.jpg
小さい飛行機会社はタラップ降りてバス、ってことが多いよね。アップダウンクイズを思い出すわ。

<おまけ>
今回の食べ物お土産。
a0101905_2333798.jpg

空港のある大空町も隣の北見市農業が盛ん。
特に北見市は玉ねぎ生産量日本一なので玉ねぎものを買ってみた。

長い長い北海道旅行記はこれでおしまい。
今回も長丁場のおつきあいありがとうございました。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
なんとベイスターズが最下位脱出!やればできる子なのねっ!
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷

<北海道旅行記続き とんでもなく長いのでさらさらっとどうぞ>

網走駅に到着したら
まずは観光地でお約束の顔はめ写真。
a0101905_23181788.jpg


駅の待合室は人で溢れてた。
a0101905_23183750.jpg


もう入線してる!
a0101905_23185894.jpg


流氷ノロッコ号。
a0101905_23201715.jpg

これに乗るために遠路はるばるやってきたのさ網走に。

a0101905_23191441.jpg
a0101905_23193479.jpg


日々安全に列車に乗れるのも保線作業があってこそ。
ありがとうございます。
a0101905_23195632.jpg


どうなったらこんなつららができる?
a0101905_23204140.jpg
a0101905_2321524.jpg
a0101905_23212775.jpg
a0101905_23215381.jpg


そろそろ出発の時間、車両に乗り込むとそこに
a0101905_23222487.jpg

だるまストーブ!
そして車両に充満する干物のにおい・・・

さあ、知床斜里に向かって出発!



流氷ノロッコ号は網走ー知床斜里間を結んでいる。
トロッコ列車で流氷のオホーツク海の眺めを楽しむ観光列車。
人気の列車だけれど、今年で終わり。
最後の最後に乗りに来た。

網走港。
流氷が来ると船が出せないので漁はお休み。
a0101905_23231196.jpg


網走での流氷初日(気象台から流氷が見えた日)は1月10日〜20日
流氷接岸初日は早いと1月10日頃、
ここ15年で一番遅かったのは2月19日
2月21日には絶対流氷が見られると思ってやってきたのに
この時点で未だ網走には流氷接岸せず。
うわあぁぁorz。
いいの、今回はノロッコ号に乗りに来たんだもん。

網走港の岸に少し氷があるけれど
これは北からやってきた流氷ではない。
a0101905_23233797.jpg

いいんだ、これでも。
海の上にある氷じゃん(負け惜しみ)

しかし、ほら見て。
水平線が白い!流氷帯がやってきてる!
a0101905_2324030.jpg

神様は私を見放さなかった。
ちらりとでも流氷が見えたよ。
(前日はちらりとも見えなかったらしい)

なんだか可愛らしい駅(通過したけど)
a0101905_23243482.jpg


だるまストーブ。
a0101905_23245545.jpg


そしてするめ。
a0101905_23251871.jpg


向かって左側の席が海側でベンチシート。
a0101905_23253994.jpg


今回指定席を取ったら、たまたまだるまストーブの前。
あったか。そして美味しいものが焼ける匂いがたまらん。
a0101905_23255130.jpg


もうBGMに八代亜紀の「舟歌」でも流して
飲むしかないよ、これは。
a0101905_23262072.jpg

a0101905_23272427.jpg

a0101905_232837.jpg


途中、海が見えなくなるとそこは雪原。
初夏には花が咲き乱れるお花畑になるんだって。
その頃も来てみたい。
a0101905_23282625.jpg


いかにも、な感じの針葉樹。
オジロワシらしき鳥が樹上に見えたけれど、撮影はできなかった。
a0101905_23284586.jpg
a0101905_23291194.jpg


耐えきれなくなってついにししゃも。
a0101905_23293332.jpg
a0101905_233096.jpg

アルミホイルは備え付けてあるし、
ししゃもやイカなどの炙りものも車内で販売している。
ぬかりはない。

ししゃもをワクワク待っていたら
ついにこれが!



流氷!
a0101905_23303159.jpg
a0101905_23305228.jpg




流氷を眺めながらのししゃも。
なんという贅沢。
a0101905_2331985.jpg


こんなに流氷が見られるのは今シーズン初だって。
あああ、なんてラッキー♪
流氷の神様も猫神様も私を見放さなかったのね。
(ちなみに流氷の初接岸は翌日22日、ここ何十年かで最遅)

荒れる海をこんなに幸せな気持ちで眺めるなんて。
a0101905_23313680.jpg


そうこうしているうちに斜里川を渡って
a0101905_23322183.jpg


知床斜里駅到着。
知床観光への玄関口。
a0101905_23325830.jpg


ホーム向かい側には凍りついた列車が。
a0101905_23332151.jpg


オホーツク海から吹き付ける北風にさらされて走るんだものね。
a0101905_233647100.jpg
a0101905_23371551.jpg


こちらはノロッコ号の車体。
かなりボロボロだ・・・。
a0101905_23373682.jpg


知床斜里駅をちょっと見学してみよう。
a0101905_2337583.jpg
a0101905_23381943.jpg


待合室に本物のゴマフアザラシの赤ちゃんの剥製がある。すごい。
a0101905_23384315.jpg


「ドコココ?シレトコ!」
a0101905_23392165.jpg


そして再びホームへ。
a0101905_23394581.jpg


本当はここまできたら知床観光をしたかったけれど時間に余裕はない。
知床斜里から釧網本線で釧路に下って
釧路たんちょう空港から帰ろうと思ったら
釧網本線の列車がない。
(冬期は午前中に1本あるだけ)
なので結局網走に戻るのだ。
ノロッコ号の乗車時間は1時間ほどなのでまだ物足りないしね。
a0101905_23401194.jpg


知床斜里の駅員さんに見送られて出発。
a0101905_23403958.jpg
a0101905_23411382.jpg
a0101905_2342838.jpg
a0101905_23422819.jpg


北浜駅到着。
ここは映画「網走番外地」で「網走駅」として撮影に使われた駅。
停車時間が10分弱あるので駅舎を見学。
a0101905_23424733.jpg
a0101905_23432324.jpg
a0101905_2343459.jpg


展望台からの眺め。



a0101905_234467.jpg


あああ、さぶかった。
ししゃもとワンカップであったまるのだ。
a0101905_23442672.jpg


網走港が見えてきたそろそろ終着網走駅。
a0101905_234447100.jpg


そして網走到着。
a0101905_2345521.jpg
a0101905_23462991.jpg

昔はね、本当に吹きっさらしのトロッコ列車だったらしい。
寒かったろうねえ。でも乗ってみたかったね、その頃に。

ヘッドマーク凍ってる。
a0101905_23465435.jpg


つららは太ったね。
a0101905_23473020.jpg
a0101905_23475246.jpg


ノロッコ号回送。
最初で最後だったけど楽しかったよ。



a0101905_23481576.jpg


向かいホームには昨日乗ってきた特急オホーツクが。
顔がなんか昔のロボットアニメみたい。
マジンガーZとか。
a0101905_23484799.jpg
a0101905_23491628.jpg
a0101905_23495238.jpg

これからまた札幌に戻るんだ。

アジアの観光客の女の子たちがホームで雪合戦してた。
かわいい。
人がいないから、あんまり迷惑でもないしね。
楽しんで行ってね。
a0101905_23501219.jpg


改札を出たら流氷船オーロラ号の情報が。
午前中は欠航してたけど午後は運航してる。
みんな流氷を楽しんでるんだろうな。
a0101905_23503067.jpg


冬の網走駅にとっては大事な観光資源だと思うのに
なんで終わりなんだろうな、ノロッコ号。
a0101905_23504628.jpg

どうにか続いてくれないかしらん。

続く


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
 
北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
 
by rikiaru | 2016-05-20 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝

<北海道旅行記続き 2016年2月21日>

朝起きたら外がこんなだった。
a0101905_23193889.jpg


昨日はチェックインが夜だったので全然気がつかなかったけれど
川のそばのホテルだったのね。
川に浮いた氷がとても寒そう。

朝ご飯。
a0101905_23194624.jpg

こちらのホテルにも中国系の観光客の人が多いらしく
朝食にも焼きそばや餃子が出るのよ。

窓の外には除雪車。
a0101905_23195611.jpg

行き交う除雪車を眺めながら朝食を終えて

部屋に戻って遠くを眺めてもやっぱり除雪車。
a0101905_2320698.jpg

昨日は暖かかったのに、今日は冷え込んで雪が積もった。
寒そうだ。これは期待できるかも。

ホテルの部屋。これで一泊朝食付きで2人で9600円。
お風呂は温泉。
a0101905_2320156.jpg

家庭的な雰囲気で気持ちよく過ごせました。

ホテルの玄関を出たら除雪車。
a0101905_23202424.jpg




スタッフの人が当たり前のように除雪。
かっこよすぎ。

ホテルの裏手に回って、部屋の窓から見えた網走川を眺める。
a0101905_23205461.jpg
a0101905_2321397.jpg


お世話になりました、北海ホテル。
また来られるといいな。
a0101905_232111100.jpg


さあ、歩いて出発。
一晩で10cmか15cmぐらい積もったかな。
さらさらパウダースノー。
a0101905_23212368.jpg


ガソリンスタンドには除雪車必須かもね。
a0101905_23235945.jpg


とある生命保険営業所の前。つらら。
a0101905_2324930.jpg
寒そうな松岡修造は初めて見た。

こちらのホテルの前にも除雪車。
a0101905_23243040.jpg
a0101905_23243955.jpg


こんなの見つけた。
クリオネ公衆電話BOX。
a0101905_23244838.jpg


北の動物達の絵柄の観光バス。
a0101905_23245976.jpg
このバスいいな。

網走駅到着。
a0101905_2325969.jpg


さあ、いよいよ今回の旅のメインイベント第2弾だ。
(第1弾ははまなすね)

続く。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

今回の記事のメインはもちろん「寒そうな松岡修造」


北の旅はゆっくり鉄道旅 その1 青い森鉄道
北の旅はゆっくり鉄道旅 その2 夜行列車の夜1
北の旅はゆっくり鉄道旅 その3 夜行列車の夜2
北の旅はゆっくり鉄道旅 その4 夜行列車の夜3
北の旅はゆっくり鉄道旅 その5 石北線♪
北の旅はゆっくり鉄道旅 その6 網走といえば
北の旅はゆっくり鉄道旅 その7 オホーツクの味!
北の旅はゆっくり鉄道旅 その8 北国の朝
北の旅はゆっくり鉄道旅 その9 流氷
北の旅はゆっくり鉄道旅 その10 凍るタオル

 
 
by rikiaru | 2016-05-17 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(387)
(227)
(213)
(211)
(207)
(201)
(199)
(172)
(167)
(163)
(143)
(133)
(131)
(124)
(119)
(118)
(115)
(111)
(106)
(106)
検索
ブログジャンル
画像一覧