りきの毎日

カテゴリ:おでかけ(鉄道旅)( 40 )

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その5 豚丼!サクサクロール!

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その5> 
 
さあようやく着いた、帯広駅。
ここまでずいぶん時間がかかった^^;
実際は25km、約40分(by NAVITIME調べ)
a0101905_14451417.jpg
なかなかモダンな駅だ。
 
駅の駐車場に車をおいて向かった先は駅前の
「豚丼のぱんちょう」
十勝帯広といったらやっぱり豚丼。
a0101905_14453160.jpg
「ばんちょう」だと思っていたら「ぱんちょう」だった。

ここのメニューはいさぎよくて豚丼とお味噌汁(なめことワカメ)
あとは飲み物。
瓶ビールしかなくてビールはあきらめた。
(ひとりで瓶ビールはちょっと量が多い)
豚丼は肉の枚数で華松竹梅の4種類。
じいやは松で私は竹に。
a0101905_14454979.jpg
これは竹だったか松だったか忘れた。

野菜はグリンピースがのっているだけであとは全部肉!
ばあやは野菜が好きなので、こんなに肉だけの丼はどうなんだろうと思ったけど。
 
これがとっても美味しい。
たれも濃すぎず甘すぎず。
豚肉も柔らかくて厚切りだけど食べやすい。
あっという間の完食だった。
私も松にすればよかったと思ったぐらい。
持ち帰りもやってるそうで、こんな店が近くにあったら毎週利用するかも。
 
北海道だけどお米は佐渡産。
新潟県民の私には嬉しい張り紙。
a0101905_14455756.jpg
 
豚丼でお腹いっぱいになったところで
少し帯広の街を歩く。
a0101905_14461422.jpg
 
駅前のモニュメント。
a0101905_14462055.jpg
帯広駅前はずいぶん都会的で
小綺麗な大手のビジネスホテルがたくさんある。
なんでだろう?
ちょっと意外。
空港からも近いし仕事で帯広に来る人が多いのか。
 
路地を歩いていたらワンコ。
a0101905_14462613.jpg
a0101905_14463867.jpg
a0101905_14464632.jpg
歯医者さんのワンコで人懐こかった。
でも歯医者さんが休診日で敷地の前に鎖がはってあったので中には入れず。
ちょっとなでたかったな。 
 
おしゃれでナチュラルな感じの飲食店。
開店は夜だけみたい。
ワインレストランのようだった。
そういえば帯広の近くの池田町は十勝ワインの産地。
昔、新宿伊勢丹に「十勝ワインBAR」という
池田町のワインのお店があった。
国産ワインを始めて飲んだのがこのお店だった。
食べ物も美味しかったし
何よりウェイターのおじさんたちがプロで気持ちのいいお店だった。
もうずいぶん前に閉店したらしいけど。
a0101905_14465240.jpg
 
なんて思い出に浸りつつ次の目的地に到着。
a0101905_14465917.jpg
 
大きな木に鹿?
そこだけちょっと異空間。
a0101905_14470940.jpg
 
マルセイバターサンドやストロベリーチョコ
何よりあの素敵な包装紙で有名な六花亭本店!
a0101905_14472129.jpg
今回の旅行で調べるまで帯広が本店とはしらなかった。
(札幌本店もあるけれど帯広が本拠地だと思う)
新千歳だって旭川だって札幌駅だって
北海道ならどこでも売っているもんね。
 
今回の目的はお土産のお菓子ではなく 
階段を上って2階へ。
a0101905_14472947.jpg
踊り場にいたフクロウ。
 
六花亭喫茶室に到着。 
a0101905_14475175.jpg
a0101905_14480113.jpg
あの包装紙がクッションカバーだ。
テンションあがる。
 
外には緑。
a0101905_14481616.jpg
お店の中は帯広マダムでいっぱい。
なんだかとても優雅な気分。
 
今回はこちらをいただきました。
a0101905_14482102.jpg
アイスティーとここでしかいただけない
「イチゴジュース、サクサクパイ、マルセイバターサンドアイス」
もちろん甘いものは別腹、でございます。
 
優雅なティータイムはあっという間。
a0101905_14483287.jpg
また来たいなあ。
六花亭は文化事業にも熱心で
コンサートホールや美術館、包装紙に描かれた植物がある庭なんかも持ってる。
成功した実業家はこうであってほしい。
 
帯広駅駐車場へレンタカーを取りに。
 
途中見つけたレトロビル。
a0101905_14483924.jpg
a0101905_14484755.jpg
a0101905_14485993.jpg
a0101905_14490455.jpg
a0101905_14491256.jpg
a0101905_14492665.jpg
a0101905_14493735.jpg
古いだけじゃなくてちゃんとメンテナンスされてる。
 
こちらはかわいいプチホテル。
a0101905_14495266.jpg
 
街路樹の足元の植え込み。
ゲラニウム、アルケミラモリス、ヒューケラ、ホスタなど。
歩道の植え込みにアルケミラモリスなんて。うらやましい。
(憧れてるけど暑さに弱くて何度も枯らして諦めた)
a0101905_14494670.jpg
 
そして街路樹はたぶんピンオーク。
たぶん本州ではあまり見かけない。
葉っぱの切れ込みが深くて可愛いんだよ。
おまけにどんぐりはしましまストライプ。
a0101905_14500384.jpg
 
帯広駅到着。
30度近い。けっこう暑い。
a0101905_14501288.jpg
 
鉄道で帯広に来ようと思ったら
a0101905_14501979.jpg
a0101905_14502609.jpg
札幌から釧路行きの「スーパーおおぞら」に乗る。
いつか鉄道でも来るぞ。

JR北海道で大活躍の日ハム大谷選手。
a0101905_14503501.jpg
顔ハメ看板があるとはめずにおれないじいや。
 
六花亭前だけじゃなくて駅前にも鹿。
a0101905_14504630.jpg
広々気持ちのいい駅だった。
  
ではレンタカーにのり今夜のお宿へ。
a0101905_14505314.jpg
a0101905_14505915.jpg
PC斜張橋として幅員、面積などが日本国内最大級の規模だそうで。
土木学会田中賞を受賞している。
 
足寄だ!
a0101905_14510599.jpg
千春〜!(一度だけライブに行ったことあり。最前列でまだ長髪だった^^;)
  
右に行けば十勝ワインの池田町。
左の芽室はゲートボール発祥の地。
さらにスイートコーン作付け面積、収穫量日本一だそうです。
a0101905_14511601.jpg
小さい頃の夢はアオハタのスイートコーンの缶詰を好きなだけ食べることだった。
(誕生日とかクリスマスにしか食べられなかったの。)
 
地方に見ると見かける動物さんの安全策。
地域性はまったくないキリン。
a0101905_14512158.jpg
黄色いから目立つけどね。
 
続く。  
 
      
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
昨日今日は涼しくて楽だった。
 
161229
.  
. 
.

by rikiaru | 2017-07-27 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その4 愛国駅

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その4>
 
紫竹ガーデンを見た後は帯広中心部へ。
もう12時過ぎた。
お腹がすいた。
 
空も大地も広いね。
a0101905_00164447.jpg
a0101905_00164936.jpg
a0101905_00165654.jpg
 
逃げ水だ。
久しぶりに見たよ。
a0101905_00170496.jpg
 
途中で見かけた馬。
大きなお尻。
ばんえい競馬の馬なんだろうか?
a0101905_00171046.jpg
 
腹ペコのお腹を抱えて途中立ち寄った。
a0101905_00171996.jpg
 
旧愛国駅。
a0101905_00172541.jpg
 
幸福駅に立ち寄ったらこちらにも寄らないとね。
幸福駅の間に大正駅をはさんで愛国駅。
2つの駅は近かったんだね。
愛があれば幸福は近いということか。
a0101905_00173411.jpg
 
駅舎の代わりに交通記念館があって旧広尾線の写真などが展示されている。
a0101905_00173917.jpg
 
駅の外にはぼろぼろの車両が。
a0101905_00174854.jpg
以前はここが売店だったらしい。
 
中をのぞくとはげた塗装が落ちていた。 
a0101905_00175571.jpg
 
サインも落ちかけている。
a0101905_00180020.jpg
壁には他にもたくさんのサインがあって一時期はかなり賑わっていたのかも。
 
このまま少しずつ朽ちていくのかな。
広い土地があって輸送費があったら欲しいのに。
秘密基地にちょうどいいよ。
a0101905_00182402.jpg
a0101905_00183297.jpg
a0101905_00183618.jpg
a0101905_00184481.jpg
a0101905_00185070.jpg
a0101905_00185556.jpg
a0101905_00190179.jpg
a0101905_00190689.jpg
a0101905_00192151.jpg
a0101905_00192986.jpg
a0101905_00193459.jpg
a0101905_00193991.jpg
a0101905_00194592.jpg
a0101905_00195163.jpg
a0101905_00195880.jpg
a0101905_00200410.jpg
a0101905_00201371.jpg
a0101905_00202244.jpg
朽ちていくのは寂しいけれど、錆びた金属はかっこいい。 
 
調べたらこのヨ3500系というのは
1950年から1958年に製造された国鉄の車掌車で
このヨ4353は1953年に新潟県新津市の国鉄新津工場で製作されたもの。
(新津は鉄道の街で複数の路線が乗り入れていて車両工場もあるし
鉄道博物館もある。かつては鉄道の学校もあったらしい)
a0101905_00202683.jpg
いったいどんな所を走ってきたんだろう。
長いこと働いてきたんだね。
おつかれさま。
 
さてこちらはピカピカの愛国駅から幸福駅までの切符のモニュメント。
でっかい。
愛も幸福もでっかいのが手に入る?
a0101905_00203339.jpg
 
蒸気機関車19671号が展示されている。
a0101905_00204537.jpg
これは後ろ姿。
 
a0101905_00205282.jpg
蒸気機関車はお手入れがされているようでピッカピカだった。
よかったね。
大事にしてもらってね。
 
a0101905_00210052.jpg
a0101905_00221306.jpg
広い芝生と大きな木の愛国駅。
またヨ4353に会いにきたい。
 
      
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
幸福という地名な幸震という場所に福井からの移住者が多かったことから。
愛国は「愛国青年団」という開拓団があったことから。
 
170616
.  
. 
.


by rikiaru | 2017-07-25 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その3 紫竹ガーデン

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その3>
 
北海道には園芸家が憧れる北海道ガーデン街道というものがある。
8つの庭園が北海道の真ん中辺りに集中していて
ぐるっと回ると個性豊かな庭が楽しめるというもの。
一番有名?な上野ファームが旭川にあるので全て旭川にあるんだと思い込んでた。
 
幸福駅から次の目的地へ行くのに地図を見ていたら
その8つのガーデンのうちの一つ「紫竹ガーデン」のそばを通る事に気がついた。
ここのところ鉄道だの宇宙だの優雅さからは程遠い旅行ばかりだけれど
本来のばあやは優雅な薔薇マダム。
ここはちょっと立ち寄らなければ。
 
ということで「紫竹ガーデン」到着。
a0101905_18434294.jpg
 
チケット(800円)を購入して中へ。
a0101905_18435452.jpg
 
手作り感満載の園内地図。
a0101905_18440412.jpg
 
さあ、中へ進みましょう。
 
ここからはキャプションなしで植物の写真をお楽しみください。
大量なので適当にスクロールどうぞ。
a0101905_18441462.jpg
a0101905_18443245.jpg
a0101905_18444894.jpg
a0101905_18450154.jpg
a0101905_18451450.jpg
a0101905_18453281.jpg
a0101905_18454336.jpg
a0101905_18455244.jpg
a0101905_18460578.jpg
a0101905_18462776.jpg
a0101905_18464383.jpg
a0101905_18465359.jpg
a0101905_18470592.jpg
a0101905_18471988.jpg
a0101905_18473119.jpg
a0101905_18474202.jpg
a0101905_18480090.jpg
a0101905_18480887.jpg
a0101905_18483729.jpg
a0101905_18485295.jpg
a0101905_18490332.jpg
a0101905_18491851.jpg
a0101905_18492894.jpg
a0101905_18494300.jpg
a0101905_18495457.jpg
a0101905_18500506.jpg
a0101905_18501334.jpg
a0101905_18502306.jpg
a0101905_18503415.jpg
a0101905_18504410.jpg
a0101905_18505819.jpg
a0101905_18512531.jpg
a0101905_18513450.jpg
a0101905_18514514.jpg
a0101905_18515483.jpg
a0101905_18520340.jpg
a0101905_18521424.jpg
a0101905_18522636.jpg
a0101905_18523576.jpg
a0101905_18524865.jpg
a0101905_18530150.jpg
a0101905_18532295.jpg
a0101905_18534414.jpg
a0101905_18540039.jpg
a0101905_18541062.jpg
a0101905_18541989.jpg
a0101905_18542895.jpg
a0101905_18544306.jpg
a0101905_18545235.jpg
a0101905_18550159.jpg
a0101905_18551047.jpg
a0101905_18551994.jpg
 
写真が上手くなったんじゃないかと勘違いするほど
花や緑がきれい。
花の色が本当にきれいでため息だった。
園内も植物がのびのびしていてうらやましい。
季節的には春の花が終わって薔薇が咲く直前、という感じで端境期だったけど
緑が多くて落ち着いていい感じ。
1時間しかいられなくて駆け足での見学だったけど満足。
 
       
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
気温は低めだったけれど湿気が多くて結局暑い。
 
 
170616
.  
. 
 





by rikiaru | 2017-07-23 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その2 幸福駅

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その2>
 
レンタカーで出発するとそこに広がるのは空からみえた緑の絨毯。
小麦畑かな。 
a0101905_00283386.jpg
 
a0101905_00283858.jpg
 
空広い!道路がまっすぐ!
a0101905_00284401.jpg
 
20分ほど走って最初の目的地に到着。
a0101905_00285197.jpg
 
ここは?
a0101905_00290874.jpg
 
「愛の国から幸福へ」の幸福駅。
a0101905_00291779.jpg
とかち帯広空港から近いということで立ち寄ってみた。
1987年2月広尾線が廃線になった時に幸福駅も廃駅になった。
現在は観光スポットとして整備されている。
 
愛のモニュメントだけじゃなくキハもお出迎え。
a0101905_00292518.jpg
a0101905_00293231.jpg
a0101905_00295344.jpg
 
線路が行き止まりなのが寂しい。
動かないから車止めもないし。
a0101905_00300133.jpg
 
古い駅舎があった。
a0101905_00301164.jpg
と思ったらこれは建て替えられた駅舎だそう。
でも昔の面影は残してくれたんだね。
 
じいや記念撮影。
a0101905_00301951.jpg
 
売店では今でも硬券の「愛国から幸福ゆき」の切符が購入できる。
a0101905_00303460.jpg
思えば私が知った、単純な移動手段としてではない鉄道の話、って
この「愛国から幸福ゆき」の切符の話が初めてだったかも。
列車にも乗らないのに切符を買うなんて、と不思議だった。
さらにひねくれてひねこびた子供だった私は
「愛の国から幸福へ」というのがとてもカッコ悪く思ってたのだ。
それがいそいそと硬券切符を買うなんてね。
人生わからないもんだ。
 
幸福駅の周りは広大なジャガイモ畑。
a0101905_00303998.jpg
 
ここはただのジャガイモ畑じゃなくて種芋畑なのね。
きっとばあやもこの畑出身のジャガイモを食べたことがあるね。
a0101905_00304954.jpg
 
さてキハも見学しよう。
a0101905_00305988.jpg
a0101905_00310849.jpg
a0101905_00311734.jpg
a0101905_00312965.jpg
a0101905_00313723.jpg
a0101905_00314638.jpg
a0101905_00315573.jpg
a0101905_00320227.jpg
a0101905_00321168.jpg
a0101905_00322074.jpg
塗装もきれいだし中もきれいで
大事にされてるみたい。
もう1両のキハ22 238の中はギャラリーだそう。
(その時は気がつかなかった)
見てくればよかった。
 
a0101905_00322628.jpg
a0101905_00323297.jpg
  
もう1両止まってた。
車両の先に松が生えてオブジェ化してる。
a0101905_00324691.jpg
 
広尾線があったころはジャガイモ畑の中を列車が走っていたのだろうか。
a0101905_00330057.jpg
 
コニカカラーのベンチなんていまや貴重品。
a0101905_00331131.jpg
 
いろいろしみじみしつつ食べる北の大地での1食目。
ソフトクリーム。
濃厚うまうま。
a0101905_00332359.jpg
 
キハが見られてうれしかったけど
動いてたらもっとうれしかったなあ、と思いつつ次の目的地へ。
a0101905_00332998.jpg
 
つづく。
 
       
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
幸福駅は桂由美さんほか著名人が認定する「恋人の聖地」なんだそうだ。
 
 
170616
.  
. 
 






by rikiaru | 2017-07-20 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その1 帯広へ

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その1>
 
6月16日、朝6時半。
夏休みでもないのに羽田空港は混んでいた。
a0101905_22320743.jpg
 
またまた北海道へ。
なんと2年半で7回目。
実家に行くより多い^^;
今回は帯広へ。
乗るのは北海道の翼AIR DO。
a0101905_22341227.jpg
a0101905_22342017.jpg
a0101905_22343965.jpg
キャラクターのBEAR DOが可愛い。 
 
東京湾の上を飛んで
a0101905_22344983.jpg
 
雲からのぞくスカイツリーを見下ろして
a0101905_22345666.jpg
 
遠くに見える富士山に別れを告げて
a0101905_22350252.jpg
 
一路北の大地へ。
a0101905_22350782.jpg
 
AIR DOの機内はあちこちにBEAR DOちゃん。
a0101905_22353937.jpg
a0101905_22355006.jpg
飛行機が飛び立つ前の安全のためのご案内もBEAR DOがしてくれる。
 
雲の毛布に包まれてすやすや眠る翼のBEAR DO。
a0101905_22355764.jpg
 
頭上のモニターに大好きなフライトインフォメーションが投影。
うれしい。
これによると羽田からとかち帯広空港までは約900km。

a0101905_22360414.jpg
 
津軽海峡を渡って
a0101905_22361596.jpg
 
襟裳岬を横に見て
a0101905_22361986.jpg
これが、あの襟裳岬!
 
北の大地へ。
緑のモザイク模様だ。きれい。
a0101905_22362555.jpg
a0101905_22363178.jpg
 
森や林とは違う、一面の田んぼとも違う。
普段見る畑とも違う。
こんな風景は初めてかも。
a0101905_22363850.jpg
 
感激している間にとかち帯広空港に到着。
天気良さそう。
今回も晴れ女。
a0101905_22364499.jpg
 
到着ロビーに向かうまでに最初に迎えてくれたのはジャガイモ。
a0101905_22365519.jpg
去年の台風でこの地域が被害を受けたのを思い出した。
 
帯広といえば「ばんえい競馬」なんだ。
荷物受け取り場のベルトコンベアにも流れてきた。
a0101905_22370164.jpg
a0101905_22370990.jpg
 
ピンクの矢印部分は牛の形の棚でそこにいろいろな食べ物が展示されてる。
a0101905_22371633.jpg
 
到着ロビーには実物大の馬が。
a0101905_22372459.jpg
まだ空港の敷地から出てないのに
とかち帯広の押しは「食べ物とばんえい競馬」だとよくわかった。
空港カウンターでいろいろな場所の観光用パンフレットをもらう。
 
この地図を見ていて気がついたんだけど・・・。
十勝がピンポイントで指す場所は存在しないのね。
十勝は「十勝地方」なんだ。
帯広は十勝の中の「帯広」だ。
a0101905_22373138.jpg
 
そしてパンフレットや空港の看板を見て思ったけれど
「十勝地方」としての市町村の結束がとっても固そう。
自治体別、観光資源別だけじゃない十勝全体のパンフレットや地図があったし
コピーもまず「十勝」を全面に押し出している。
「ばんえい競馬」と「美味しい食材」そして「豊かな自然」が売りなんだな。
空港でちょっと過ごしただけで私にもしっかり十勝がインプットされたよ。
 
空港からはレンタカーで移動。
(少し離れているので迎えに来てくれる)

レンタカーの店内の注意書き。
a0101905_22374218.jpg
a0101905_22374738.jpg
a0101905_22375696.jpg
ものすごく分かりやすい。
北海道は広くて気持ちいいから
道外から来ると勝手が違って事故るんだろうね。
気をつけないと。
 
今回の相棒はトヨタヴィッツ。
なぜか札幌ナンバー。
a0101905_22380483.jpg
 
鹿笛だって。
特別な操作をしなくてもある一定の速度以上になると
動物にしか聞こえない音?が出るらしい。
a0101905_22381320.jpg
 
いざ目的地へ出発!
 
ということでまたまた旅行記です。
しばらくおつきあいのほどを。
   
     
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
エキサイト復活。よかったよかった。
 
170616
.  
.  







by rikiaru | 2017-07-17 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(1)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その15 旭川駅

<北海道旅行記 その15 2017年2月26日>

旭川駅はふんだんに木が使われた素敵な駅舎。
そういえば旭川駅沿線に木材をたくさん積んだ工場?をたくさん見かけたけれど
製材所が多いのか?
もしかして旭川って家具の名産地だったっけ?
a0101905_23430989.jpg
冬の間は常に薪を探してるので、木材があると目が吸い寄せられる^^;;
 
駅の案内の方がいたので旭川駅について聞いてみた。
a0101905_23431843.jpg
 
旭川は家具の町。
新しい駅舎を建てる時に旭川らしさをだすことを考えて
木材を多用しているのだそうだ。
a0101905_23432642.jpg
 
壁には細い木材がはめ込まれていて
そこには旭川の新駅舎に寄付してくれた人の名前が刻んである。
その数10000人分(一口2000円)。
a0101905_23433798.jpg
 
旭川駅に来るたびに「僕の駅、私の駅」って感じがするよね。 
a0101905_23434527.jpg
a0101905_23440236.jpg
  
ぱっと見たところ普通のコンクリートの柱に見えるけど
a0101905_23440743.jpg
 
木材で型押しをして、表面を木材に模している。
a0101905_23442015.jpg
木に見えるけどコンクリート。
 
少しだけ旭川の街を散策。
時間がないから旭山動物園には行けない。
a0101905_23442773.jpg
 
駅からタクシーで向かった先はラーメン屋さん!
a0101905_23443630.jpg
 
野菜味噌ラーメン!

a0101905_23444521.jpg
お供は山わさびご飯。
 
すごーく美味しかった。
今回の北海道グルメは完璧だっ。
 
行きはタクシー使ったけれど
帰りは駅まで歩いて戻ろう。
 
旭川の交差点名も札幌となんとなく似てる。
○条通り○丁目という記載。
でも四つ角全部が同じ名前(札幌は四つ角全部違うんだよ)。
a0101905_23445233.jpg
 
雪が多いから旭川の街路樹は雪吊りしてもらうんだね。
a0101905_23450303.jpg
 
歩道に可愛いタイル?がはめ込まれていた。
旭川市民の虫、カンタンだね。
a0101905_23451001.jpg
市民の虫が制定されているなんていいね。
 
信号機の機械についてたつらら。
横向き。
どんだけ寒いんだ。
a0101905_23451864.jpg
 
夕暮れ時。
a0101905_23452680.jpg
a0101905_23453882.jpg
きれいだけど、寒い。
風も吹いてないのに寒い。
歩いてるとしんしんと寒い。
この時の気温は氷点下10度ぐらい。
だけど女子高生は普通のコート1枚だ。
ううう。
28歳女子、それを見ているだけで寒いんですけど。

旭川駅到着。
a0101905_23454481.jpg
回送バスに「すみません。回送車です」と書いてあってなんだか謙虚^^
 
バスに乗って旭川空港へ。
旭川の滞在時間は1時間半(泣)
次はぜひゆっくりと滞在したい。
a0101905_23455320.jpg
 
保安検査場で貴重品なんかを入れる箱が
a0101905_23460294.jpg

木で出来てた。
こんなところでも旭川の木工をアピール。
a0101905_23461186.jpg
これ欲しい。 
 
最後に地ビールの大雪地ビールを飲んで
a0101905_23461877.jpg
a0101905_23462621.jpg
  
北の大地を後にしました。
a0101905_23463332.jpg
これで今回の北海道旅行はおしまい。
今回も長々のお付合いありがとうございました。
  
          
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
3日の旅行なのに旅行記が15回って自分でもあきれる。
 
170226
.
 


by rikiaru | 2017-05-04 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その14 宗谷本線2

<北海道旅行記 その14 2017年2月26日>
 
*今日も駅舎と鉄道ばっかりしかでてきませんm(_ _)m 

引き続き宗谷本線の旅。
  
稚内駅から16駅目、天塩中川駅。
昔の木造校舎のような駅舎。
特急も止まるけれど、無人駅。
a0101905_17205212.jpg
 
17駅目、佐久駅。
駅舎がどれかわからなかったけれど、左端に写っている大きな屋根の建物らしい。
立派だ。
中川町の公共施設も兼ねている。
a0101905_17211342.jpg
 
列車の中。
乗っているのはほとんど鉄ちゃんと思しき人たち。
この日は日曜日だもんね。
a0101905_17212218.jpg
 
a0101905_17213300.jpg
a0101905_17214022.jpg
a0101905_17214736.jpg
 
18駅目、筬島駅。無人駅。
駅舎はあるけどホームがよくわからない。
おじさんの立っている場所はホームなのか。
廃駅の危機らしい。
a0101905_17215264.jpg
a0101905_17220561.jpg

19駅目、音威子府駅。
駅舎はバス待合所も兼ねている。
a0101905_17221530.jpg
 
20駅目、咲来駅。無人駅。
漢字表記も可愛いし、音も可愛い。
なんか乳酸菌飲料っぽい響き(たぶんビックルに感化されてる)。
a0101905_17222291.jpg
 
21駅目、天塩川温泉駅。無人駅。
温泉は駅から1kmほどのところ。
a0101905_17222975.jpg
 
22駅目、豊清水駅。無人駅。
山小屋みたいな駅
a0101905_17223676.jpg
a0101905_17225010.jpg
 
23駅目、恩根内駅。無人駅。
なかなか可愛い駅舎。
a0101905_17225619.jpg
 
24駅目、紋穂内駅。無人駅。
ひび割れたペンキが芸術的ですらある。
明治44年開業。
a0101905_17230398.jpg
a0101905_17231217.jpg
 
25駅目、初野駅。無人駅。
これは物置だよね。
a0101905_17232808.jpg
  
26駅目、美深駅。
往きにみたけど立派な駅舎だった。
1985年に廃止になった日本一のローカル赤字路線美幸線が接続していたそうだ。
a0101905_17233595.jpg
  
27駅目、南美深駅。無人駅。
ここも廃駅の危機。
a0101905_17234292.jpg
 
28駅目、智北駅。無人駅。
a0101905_17235046.jpg
 
29駅目、智恵文駅。無人駅。
ここも明治44年開業。
a0101905_17245361.jpg
  
30駅目、北星駅。無人駅。
この超レトロな毛織物の広告看板のついている小屋が駅舎。
昭和30年頃にタイムスリップしそう。
a0101905_17250079.jpg
a0101905_17250871.jpg
a0101905_17251569.jpg
 
31駅目、日進駅。無人駅。
真ん中の地図記号のようなマークはなんだろう。
田舎の集会所のようだ。
お茶と漬物でゆっくりしたい感じ。
a0101905_17252324.jpg
a0101905_17253212.jpg
a0101905_17253924.jpg
 
そしていよいよ
a0101905_17254658.jpg
 
32駅目、名寄駅。
14時25分着。
稚内から3時間33分、あっという間だった。
a0101905_17255408.jpg
 
名寄でキハ40の快速なよろ号に乗り換え。
a0101905_17260308.jpg
a0101905_17260905.jpg

a0101905_17261645.jpg
このお兄さんは列車の音を録っているいわゆる「録り鉄」さん。
列車が発車した後は、車内放送をずーっと録ってました。 
 
名寄をすぎると沿線に生活の匂い。
a0101905_17262560.jpg
 
快速は東風蓮駅は止まらない。
風蓮駅。
a0101905_17263253.jpg
 
瑞穂駅、多寄駅、下士別駅を通過して士別駅。
明治33年開業。
a0101905_17264436.jpg
 
北剣淵駅を通過して剣淵駅。
a0101905_17265260.jpg
 
東六線駅を通過して和寒駅。
a0101905_17270624.jpg
 
塩狩駅、蘭留駅、北比布駅を通過して比布駅。
明治31年開業。
ピップエレキバンのCMが撮影されたことがある。
a0101905_17271457.jpg
 
南比布駅、北永山駅を通過して永山駅。
a0101905_17272341.jpg
 
新旭川駅を通過して16時に旭川駅に到着。
稚内駅から5時間35分。
a0101905_17273436.jpg
a0101905_17274410.jpg
a0101905_17275201.jpg
 
キハ40は折り返し比布までお仕事。
a0101905_17280264.jpg
a0101905_17281109.jpg
 
宗谷本線往路復路ともに完乗!
(といってもいいのかな)
 
      
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
宗谷本線は明治31年に旭川-永山間が天塩線として開業したのが最初。
歴史ある路線なのに、廃線の危機にあるのは寂しい。
北の大地に豪華列車を走らせれば、マダムたちが喜んで乗ると思うんだけどなあ。
(ばあやは豪華列車よりもレトロ列車が好きだけど)

 
170226
.
 
 

by rikiaru | 2017-05-02 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その13 宗谷本線

<北海道旅行記 その13 2017年2月26日>
  
*今日の記事は鉄道と駅舎しかでてきません。
 ご興味がある方だけどうぞ。
  
楽しかった稚内に鉄道で別れを告げる。
乗るのは
a0101905_22113161.jpg
 
あれ、あの列車。
a0101905_22114938.jpg
 
特急サロベツにのるんじゃないよ。
各駅停車で名寄まで。
キハ54にお世話になります。
(名寄からは快速に乗る)
a0101905_22122897.jpg
a0101905_22124577.jpg
a0101905_22130062.jpg

a0101905_22132132.jpg
  
さよなら日本最北端の町。
a0101905_22130755.jpg
 
車内に乗り込んだ。
    
さよなら日本最北端の車止め。
a0101905_22133401.jpg
 
運転席。  
a0101905_22134137.jpg
 
車内に沿線自治体の広報紙。
(時期的に成人式がメインのニュース)
a0101905_22134942.jpg

国鉄時代のままの扇風機。
a0101905_22140075.jpg
 
細部がレトロで懐かしい。
a0101905_22140755.jpg
a0101905_22141598.jpg
 
1両編成のワンマンカーで名寄まで32駅。
10時52分、出発進行!
a0101905_22142192.jpg
 
窓がやたら曇ると思ったら二重窓なのだった。
さすが寒冷地。
a0101905_22145148.jpg
全駅撮影しようと思っていたのに、いきなり南稚内で撮影しそこねた。
ということで2駅目、抜海駅。
日本最北の木造駅、無人駅。
a0101905_22145983.jpg
3駅目、勇知駅。
ここ勇知いもの産地なんだ。
a0101905_22151321.jpg
 
4駅目、兜沼駅。町内会館みたいだ。
a0101905_22152195.jpg
 
稚内行きのキハとすれちがい。
a0101905_22153058.jpg
5駅目、徳満駅は撮影しそこねた。
 
6駅目、豊富駅。
サロベツ原野への拠点で特急も止まる。
a0101905_22153868.jpg
 
7駅目、下沼駅、無人駅。
これは客車?を利用しているんだね?
駅前に泉が湧いているんだって。
a0101905_22155206.jpg
 
8駅目、幌延駅。
黄緑のアクセントが可愛らしい木造の階段がいい感じ。
かつては留萌駅からこの幌延駅まで羽幌線が通っていた。
(国鉄民営化前々日に廃止)
留萌から日本海側を北上する路線なんて素敵だったろうな。
a0101905_22160373.jpg
a0101905_22161769.jpg
 
ここで特急列車の待ち合わせ。
ということで列車から降りて撮影タイム。
a0101905_22163529.jpg
 
来た。
スーパー宗谷。
a0101905_22164605.jpg
a0101905_22165610.jpg
a0101905_22170933.jpg
a0101905_22171832.jpg
  
9駅目、上幌延駅、無人駅。
車掌車転用の駅舎。
a0101905_22173148.jpg
 
10駅目、南幌延駅、無人駅。
待合室になっている小屋があったけど撮影できなかった。
とにかくどこも停車時間が短いのだ。
a0101905_22174050.jpg
 
11駅目、安牛駅、無人駅。
a0101905_22175309.jpg
 
林と雪原の中を淡々と進む。
a0101905_22180106.jpg
a0101905_22200052.jpg
 
12駅目、雄信内駅
「おのぶない」駅かと思ったら「おのっぷない」駅だった。
a0101905_22200971.jpg
 
かっこよくて立派な駅に見えるけど無人駅だそう。
a0101905_22201544.jpg
 
13駅目、糠南駅。
以前は木造の待合室があったけれど台風で壊れてしまった。
物置にしか見えない待合室、と思ったら本当にヨドコウのヨド物置だった。
a0101905_22202318.jpg
なんと、このヨド物置がぬかにゃんなるゆるキャラになっている!
(名前からわかるようにねこキャラ、なかなか可愛い。)
さらにヨドコウ(淀川製鋼所)の広報紙にも掲載されている。
小さいけれど、なかなかやる物置なのだった。
 
幌延町のサイトに個人の非営利目的なら画像を使っていいとあったので
載せちゃおう。
a0101905_00403454.jpeg
右は下沼駅の駅舎キャラ。
こっちもなかなかいい。 
 
a0101905_22203773.jpg
 
14駅目、問寒別駅、無人駅。
貨車駅舎だけど外側はお化粧直しをしたらしい。
誰か雪かきをしてくれる人がいるんだね。
a0101905_22204541.jpg
 
15駅目、歌内駅、無人駅。
廃駅の危機に瀕しているらしい。
a0101905_22205259.jpg
 
  
名寄まで半分きた。
時刻も12時半すぎ。
そろそろお昼ご飯にしようっと。
 
稚内駅で買った駅弁。
a0101905_22220157.jpg
かに、うに、イクラ!
プリン体!
a0101905_22220853.jpg
実はイクラはプリン体が少ないらしい。
ウニ、カニ、ビールは多い。
 
テーブルがないので
膝に力を入れて内股で食べるじいや。ぷぷっ。
a0101905_22221353.jpg
まだまだ続く。
 
     
.
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
 
 
GWの予定は猫さまの下僕。
 
170226
.
 



by rikiaru | 2017-04-28 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その12 稚内駅

<北海道旅行記 その12 2017年2月26日記事>
 
ホテルの部屋から海を見たらうっすらと影。
a0101905_22304782.jpg
利尻島か礼文島だ(どっちだろう)。
 
ホテルの前の通りは利札通り。
「利尻」「礼文」通りだ。
a0101905_22310785.jpg
いつか礼文島に高山植物を見に行きたい。
  
お世話になったホテルにさよならして出発。
a0101905_22312076.jpg
 
レンタカーには雪が積もっているけれど
パウダースノーなのでブラシで掃くだけで大丈夫。
新潟の雪とは大違いだ。
a0101905_22313422.jpg
 
帰りの列車まで少し時間があるので、稚内公園に行くことにした。
南極観測隊の樺太犬記念碑と供養塔がある。
  
稚内公園の入り口に着いたら
a0101905_22314616.jpg
冬季閉鎖中だった。
残念。
 
じゃあ、もう1回あそこへ行ってみようかな。
a0101905_22320015.jpg
雪嵐で前が見えない。怖。
  
再びのノシャップ岬。
a0101905_22321884.jpg
a0101905_22323308.jpg
a0101905_22324777.jpg
 
ノシャップ岬の隣は漁港。
a0101905_22331963.jpg
 
冬は漁が休み?
a0101905_22335537.jpg
a0101905_22340949.jpg
 
「力丸号」を見つけた。
うちの初代のわんこが「力(りき)」。
なんだかうれしい。
a0101905_22351318.jpg
 
 


ノシャップ岬、寒すぎる。
もう耐えられない。
 
おじさん、もう行くよ。
a0101905_22353480.jpg
 
車に戻ったら窓が凍りついてる。
a0101905_22360860.jpg
 
車内に落ちた雪が溶けてない。
a0101905_22361815.jpg
どんだけ寒いんだ。
 
駅に向う途中で前日お世話になったあきかわ屋さんが。
a0101905_22363196.jpg
こちらこそありがとうございました。
また来ます。
 
海の安全と豊漁を祈願する岬神社。
大綿津見神(おおわたつみのみこと)をお祀りしている。
a0101905_22364653.jpg
 
除雪車が駐車場で休憩中。
a0101905_22365724.jpg

そしてまたまた見かけた宗谷バス。
というか東急バス。
a0101905_22371308.jpg
ネットで調べたら、これは本当に東急バスの車両だったらしい。 
もしかしたらこの車両に乗ったことがあるかもしれないね。
 
交差点の名前が「ノシャップ2丁目」
ここの住所が稚内市ノシャプ2丁目。
かっこいい住所だ。
a0101905_22373037.jpg
 
また、前が見えないよ。怖い。
a0101905_22374253.jpg
 
前が見えにくい中、事故も起こさず稚内駅到着。
a0101905_22375309.jpg
 
駅の前には日本最北端線路のモニュメント。
a0101905_22380465.jpg
黄色い車止めは可愛いけれど、肝心の線路が雪に埋もれちゃってる^^;
 
こちらはモニュメントじゃなくて本物の線路だけど
やっぱり雪に埋もれてる。
a0101905_22381685.jpg
 
駅の売店でお土産や駅弁を購入。
a0101905_22382845.jpg
このお弁当の包み、稚内の名所がたくさん書いてあって稚内気分満載だけど
中身はわからないなあ。何入ってるんだろう。
(このお弁当は買わなかったのよ)

駅の中には映画館がある。
a0101905_22384192.jpg
他にお土産物やさん、昨日昼食をとった食堂、コンビニ、道の駅
地域交流センター、グループホームや高齢者住宅まで揃ってる。
車社会で鉄道から気持ちが離れがちだけど
こんな風に駅にいろいろ揃っていれば
駅が交流の場になるね。
 
犬ぞりポスターの展示があった。
第1回は1984年開催。 
映画「南極物語」に出演したタロとジロが稚内市に贈られたことがきっかけで開催。

最初の頃のポスターはシンプル。
ちょっと南極物語っぽいね。
a0101905_22384964.jpg
第6回(1989年)〜11回(1994年)
ちょっとダイナミックな感じに。
a0101905_22385960.jpg
 
第17回(2000年)〜20回(2003年)
おれはやるぜ感が満載。
a0101905_22390816.jpg
前日に会えた本物のおれはやるぜわんこたちは
短毛(たぶんユーロハウンドという種類)だったけれど
やっぱりポスター映えするのはチョビ(シベリアンハスキー)なんだなあ。
各年代でポスターの雰囲気が違って面白い。
  
「おれはやるぜ」も見たし、美味しいものも食べたし
水族館も凍える岬も体験したし、楽しかったな、稚内。
カネポッポという名のモニュメントに送られて
帰りましょう。
a0101905_22391992.jpg
 
 
.
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

名物わっかない弁当の中身が気になるので調べたら、海老、焼き鮭、ホタテなどが入った幕内弁当だった。
 
170226
.
 

by rikiaru | 2017-04-24 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(4)

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その11 北防波堤ドーム

<北海道旅行記 その11 2017年2月26日>

朝食をいただいた後、今度はじいやと一緒に朝の散歩。
雪、すごい。
a0101905_23144435.jpg
 
遭難しないように手をつないでいるみたい。
a0101905_23145920.jpg
 
ホテルから5分ほど歩いて着いたのは
a0101905_23152553.jpg
a0101905_23155395.jpg
 
土木遺産、稚内港北防波堤ドーム。
a0101905_23160814.jpg
 
かっこいい。
a0101905_23162540.jpg
a0101905_23163783.jpg
a0101905_23170628.jpg
a0101905_23172631.jpg
a0101905_23181116.jpg
 
ドームから海の方を見てみる。
さっき朝日を見たのはあの海岸。
a0101905_23182529.jpg
 
極寒の海にもカモ。
a0101905_23185107.jpg
シノリガモというカモみたい。
 
ドームの中を歩いてみる。
a0101905_23191219.jpg
a0101905_23192749.jpg
a0101905_23194195.jpg
 
ギリシャの神殿のような壮麗荘厳なドームだけど
ドームの中は稚内市民の運動の場。
わんこの散歩だったり、ウォーキングだったり。
雪も風もよけられるものね。
a0101905_23200239.jpg
a0101905_23201990.jpg
 
外は駐車場。
a0101905_23203517.jpg
 
目の前は稚内港。
a0101905_23205051.jpg
a0101905_23211020.jpg
a0101905_23212478.jpg
a0101905_23213698.jpg
a0101905_23215659.jpg
 
これは稚泊航路記念碑。
1923年から1945年まで連絡船が稚内から樺太の大泊の間で運航されていた。
a0101905_23221390.jpg
a0101905_23223120.jpg
 
日本では普段はそんな風に感じることがないけれど
ここは国境の町。
a0101905_23224435.jpg
a0101905_23225452.jpg
a0101905_23230690.jpg
a0101905_23232233.jpg
a0101905_23233374.jpg
a0101905_23240974.jpg
a0101905_23242575.jpg
 
直線と曲線の重なりがかっこよくて長居してしまった。
北防波堤ドーム、ぜひ実物を見て欲しい。

.
.
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 

旅行記その9に「おれはやるぜ」の動画を追加したのでよろしければご覧ください。
 
170226
.






by rikiaru | 2017-04-22 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(4)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(373)
(221)
(207)
(207)
(206)
(198)
(195)
(165)
(163)
(163)
(143)
(131)
(127)
(124)
(116)
(116)
(111)
(110)
(104)
(103)
検索
ブログジャンル
画像一覧