りきの毎日

2017年 08月 12日 ( 1 )

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その11 旧国鉄士幌線コンクリート橋梁群

<2017年6月17日 十勝帯広旅行記 その11>
 
三股山荘を後にして273号を南下してぬかびら源泉郷へ戻りながら
士幌線廃線跡をたどる。
a0101905_22151972.jpg
 
まずは第五音更橋梁。
国道273号からよく見える。
a0101905_22155252.jpg
a0101905_22162226.jpg
a0101905_22165244.jpg
 
国道から橋へ向かう道があったので入ってみた。
橋の手前までは入れるけれど、橋は渡れず。
a0101905_22172273.jpg
a0101905_22175208.jpg
a0101905_22185335.jpg
 
橋の反対側を見ると白樺が並ぶ細い道が。
ここがたぶん線路跡。
a0101905_22192296.jpg
この近くに第六音更橋梁があるはずなのに見つからない。
下調べをして地図もあるけれどわからない。
スマホで確認と思ったら圏外だった^^;
もっとちゃんと調べないとダメだね。
 
第六音更橋梁はあきらめて次は
a0101905_22195201.jpg
幌加駅跡。
 
ここは線路が残されている。
a0101905_22202216.jpg
 
線路跡はきれいだけれど線路脇もホームも蕗だらけ。
a0101905_22214399.jpg
a0101905_22221433.jpg
a0101905_22573118.jpg
a0101905_22580176.jpg
a0101905_22583169.jpg
a0101905_22590161.jpg
a0101905_22594686.jpg
a0101905_22595401.jpg
 
線路沿いの蕗や雑草を刈り取るお手入れをする人が。
a0101905_23000242.jpg
挨拶をしたら、タウシュベツ川橋梁のガイドをしてくれたNPOの方だった。
こういう人たちがいるから、気持ち良く観光できるんだ。
 
幌加駅から小道(廃線跡)が出ていたので歩いていってみたら
a0101905_23001096.jpg
さっきみた第五音更橋梁にたどり着いた。
線路(跡)はちゃんとつながってるんだね。
 
a0101905_23001966.jpg
a0101905_23002705.jpg
 
また273号船沿いに南下。
次は五の沢橋梁。
ここは道路沿いの小道を入っていくと近づいて渡ることができる。
a0101905_23004504.jpg
a0101905_23005362.jpg
a0101905_23010504.jpg
 
橋の横の斜面を降りれば(すべるけど)下から見ることも。
a0101905_23011340.jpg
a0101905_23012006.jpg
a0101905_23012959.jpg
a0101905_23013950.jpg
a0101905_23014756.jpg
a0101905_23015423.jpg
 
道(線路跡)の脇に針葉樹の子供が生えていた。
白樺で少し暗くなったから育ちやすくなったのかも。
a0101905_23020144.jpg
 
また少しだけ南下して次は三の沢橋梁。
ここは道路からよく見える。
橋までもすぐ。
a0101905_23021015.jpg
a0101905_23021777.jpg
a0101905_23022443.jpg
 
橋の上から見た糠平湖。
a0101905_23022932.jpg
急な階段を降りると橋を下から見上げられるらしいんだけど
かなりな高さ。
それにどうも急勾配。
残念だったけれど(あっさり)あきらめた。
 
橋を渡って帰る。
(このあとヘビ画像注意。)
a0101905_23023784.jpg
 
橋から下をのぞくと橋の脇?にヘビが。
a0101905_23024607.jpg
a0101905_23025409.jpg
a0101905_23030280.jpg
逃げちゃったけれどもう1匹いた。
交通事故のヘビもいれたら5匹も見ちゃった。
動物園やペットショップ以外でこんなにたくさんヘビ見たのは初めてた。
 
橋はしっかりしているけれど橋の付属物は朽ちる寸前。
a0101905_23031325.jpg
a0101905_23031943.jpg
a0101905_23032426.jpg
a0101905_23033042.jpg
 
道路からの三の沢橋梁。
a0101905_23033690.jpg
いい眺めだね。
 
これ以外にトロッコ列車や鉄道資料館なんかもあったんだけど時間切れ。
残念。
それでも駆け足だったけれど士幌線の足跡をたどることができて満足。
士幌線は廃止後も放置されて施設等がそのまま残った。
それが時を経て美しい景観とコンクリート橋梁群で
廃線めぐりを楽しむ人を呼ぶようになったのだ。
NPOや地元の人々が廃線跡を大事にしているのも大きいね。
箱モノだけじゃ人は呼べないもの。
 
今回の旅でとてもお世話になった上士幌観光情報のサイト
今までいくつも見た自治体の観光情報サイトの中で
ダントツによくできている、と思う。
 
さあ、名残惜しいけれど帯広空港へ。
      
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
あと1回で終わり。
 
170717
.  
.  





by rikiaru | 2017-08-12 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(384)
(222)
(210)
(209)
(207)
(201)
(199)
(172)
(167)
(163)
(143)
(131)
(129)
(124)
(118)
(118)
(112)
(111)
(106)
(105)
検索
ブログジャンル
画像一覧