りきの毎日

2017年 08月 01日 ( 1 )

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その7 タウシュベツ川橋梁ツアー その1

<2017年6月17日 十勝帯広旅行記 その7>

ビールも飲んだし温泉にも入ったのに
なんだか早く目が覚めちゃった。
起床予定は4時半。外が明るくなってきてるから4時ぐらい?
a0101905_22293558.jpg
時計を見たら3時だった。
北国は朝が早いのだ。
(この季節、東京と比べて30分ぐらい早い)
 
それでもぐずぐずごろごろしていたらいつの間にかすっかり夜が明けていた。
山には雲海の名残。
a0101905_22300089.jpg
  
5時、宿を出発。
抜けるような青空とはこのことか。
昨晩は小雨が降っていたのに。
a0101905_22301193.jpg
今日はひがし大雪自然ガイドセンター
タウシュベツ川橋梁早朝ガイドツアーに参加するのだ。
いくつか残る旧国鉄士幌線のアーチ橋梁群の中でも
タウシュベツ川橋梁はその美しさで人気の橋。
糠平湖の中に立つ。
糠平湖は糠平ダムによる人造湖なので
水量の季節変動が大きい。
橋全体が見えるときもあれば
橋が完全に水没してしまうこともある。
長年風雨にさらされて
冬に凍結して春にまた溶けてということを繰り返して
経年劣化が進んでいていつ崩れてもおかしくない状態。
その前にぜひ一度、と見に来た次第。
タウシュベツ川橋梁に近づくための林道は立ち入り禁止、
許可された人が林道へ入る門の鍵を預かって入ることができる。
  
数分で集合場所の糠平温泉文化センターに到着。
遠くに雲海。
a0101905_22303449.jpg
 
朝つゆキラキラ。
a0101905_22301901.jpg
  
ギンラン?
a0101905_22302756.jpg
  
ウツボグサかな。
a0101905_22304391.jpg
  
ドイツトウヒ?の松ぼっくり。
a0101905_22305280.jpg
  
続々とツアー参加者が集まってくる。
今回のツアーは満席。
 
ぬかるんだところを歩くので長靴を借りる。
a0101905_22311635.jpg
 
今回のツアーは満員御礼。
最近頻繁にテレビや雑誌、ネットなどで紹介されているらしい。
この日の朝は総勢15人ほどだったかな?
車3台に分乗して出発。
a0101905_22312779.jpg
 
途中道の脇にけものみちのように木の生えてないところが。
a0101905_22313577.jpg
ここが士幌線の線路跡。
道の両脇は白樺が生えていてその奥には針葉樹が広がっている。
白樺はフロンティアプランツとも言われていて
草原などに最初に生える樹木。
明るい場所があると生えてくるのだ。
 
林道について門を開けてさらに林の奥へ。 
  
駐車場に到着。
a0101905_22315556.jpg
 
ここからは徒歩で。
a0101905_22320402.jpg
 
道に流木がすごい。
去年十勝地方に大きな被害をもたらした台風10号の爪痕。
a0101905_22321477.jpg
 
a0101905_22322330.jpg
 
さあ、いよいよタウシュベツ川橋梁にご対面。
 
続く。
         
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
まったく8月らしくない雨。湿気がすごい。
北海道に行きたいなあ。
 
170617
.  
. 


by rikiaru | 2017-08-01 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(0)



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(384)
(222)
(210)
(209)
(207)
(201)
(199)
(172)
(167)
(163)
(143)
(131)
(129)
(124)
(118)
(118)
(112)
(111)
(106)
(105)
検索
ブログジャンル
画像一覧