りきの毎日

はじっこと真ん中と 北海道真冬の鉄道旅 その4 スーパー宗谷その2

<北海道旅行記 その4 2017年2月25日>

今日の旅行記はほぼ雪景色で真っ白です。ご興味がある方だけどうぞ。

旭川駅を出発して、スーパー宗谷はいよいよ宗谷本線へ。

コンテナいっぱい。
貨物専用の北旭川駅かな。
a0101905_22491936.jpg


旭川の市街地を離れると雪の平原、そして時々川。
a0101905_22493113.jpg
a0101905_22493859.jpg



 
三浦綾子さんの小説で有名な「塩狩峠」。
(読んだことはないけれど)
無人駅でとても静かだそう。
少し離れたところには温泉もあるんだって。
降りてみたい。

旭川の次の停車駅は「和寒駅」



9時45分、和寒駅到着。
a0101905_22503060.jpg
a0101905_22504123.jpg

駅のホームのあっちにも「わっさむ」こっちにも「わっさむ」。
「わっさむ」って音が面白くてなんだか楽しい。
そして心の中で「わ、さむ〜」とおやじギャグをつぶやいてしまう。

*駅の由来はアイヌ語の「アッ・サム」(ニレの木のそば)から。

9時56分、士別駅到着。
a0101905_22505163.jpg

羊のまちなんだね。
「羊と雲の丘」なんていうのがあるらしい。
もふもふしたい。
ラム肉ジンギスカンも美味しいらしい。
可愛くて美味しい羊さん・・・。

*「士別」はアイヌ語の「シペッ」(大いなる川)から

10時11分名寄駅到着。
駅員さん交代かな。まだ先は長いもんね。
a0101905_225116.jpg


*名寄の由来はアイヌ語の「ナイオロプト」(渓流に注ぐ口)。
 名寄川が天塩川に注ぐ様子をいったもの。
 2月の平均最低気温が-16.3度で全国の市で一番低い。ひえええ。

歴史のありそうなレンガの倉庫。
a0101905_2251968.jpg


雪が激しくなってきた。
a0101905_22511753.jpg


名寄からしばらくの間、スーパー宗谷は天塩川沿いに北上。



a0101905_2252984.jpg
a0101905_2252174.jpg
a0101905_22522669.jpg


10時32分、美深駅到着。
a0101905_22523558.jpg

ここはとっても立派な駅舎。
駅長さん?らしき方が団体客をお出迎えしてた。
調べたら温泉があるみたい。
それからチョウザメが特産品だとか。
1931年1月27日に-41.5℃を記録しているとか。
ひえええ。

*美深の由来はアイヌ語「ピウカ」(石の多い場所)。
 雪がたくさんふって美しいのかと思った。

ここにも倉庫。
a0101905_22525290.jpg

こんなレトロ倉庫、都会にもっていったら大人気だ、と思うけど
ここではきっと現役だよね。
きっと北の大地のおいしい野菜が入ってるんだろうな。

撮影ミスじゃないです。雪、激しい。
a0101905_2253177.jpg


脇を走る国道40号の標識に「稚内」の文字が見えた♪
a0101905_22531054.jpg


雪原にぽつんと建つ可愛い家。
煙突が4本もあって暖かそう。
a0101905_22531648.jpg
煙突が4つということは各部屋に薪ストーブや暖炉があるの?

a0101905_22563054.jpg
a0101905_2256386.jpg


10時58分、音威子府駅到着。
a0101905_22564624.jpg
a0101905_22565493.jpg

「おといねっぷ」っていう音がいいよね。
北海道感満載。
隣の「さっくる」っていう音も可愛い。
音威子府村は人口が1000人割っているそうで
人口密度が2.9人/km²。
ひろびろ〜。
駅そばが有名らしい。

*音威子府はアイヌ語の「オ・トイネ・プ」(河口・土で汚れている・もの)に由来。
 音威子府川が天塩川に合流する地点が泥で濁っていたことから命名。

a0101905_2257410.jpg
a0101905_22571345.jpg
a0101905_22572247.jpg


11時27分、天塩中川駅到着。
a0101905_22573211.jpg

雰囲気のある駅舎。
健さんがでてきそう。

*旧駅名は誉平(ぽんぴら)駅(アイヌ語の「ポン・ピラ」(子・崖))

a0101905_22574058.jpg
a0101905_2258377.jpg


雪雲と雪原と雪でほぼ真っ白だったのに
いつの間にか青空が。
a0101905_2258134.jpg


窓ガラスの外に氷がこおりついているよ。
a0101905_22582271.jpg
a0101905_22583012.jpg
a0101905_22583936.jpg
a0101905_22585179.jpg
a0101905_2259113.jpg
a0101905_2301224.jpg
a0101905_2302520.jpg


11時59分、幌延駅到着。
a0101905_2303439.jpg

幌延町は北緯45度線が通る町。
そのほかトナカイの飼育(トナカイ牧場がある)やヒマラヤの青いケシの栽培など。
(町のゆるキャラがトナカイのホロベー青いケシのブルピー。なかなか可愛い^^)

*アイヌ語の「ポロ・ヌプ」(大きい・野原=大平原)が「ほろのぶ」と転訛し
 これに「幌延」の漢字が当てられ、さらに「ほろのべ」と転訛。

こうやって地名を見てると川に関する名前が多い。
アイヌの人にとって川がとても大事だったんだろうと想像する。

この先天塩川は西に向かって日本海に注ぐ。
宗谷本線はまだまだ北上して稚内に向かうのだ。
 
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
 
地名の由来、名所特産品等はwiki、各自治体のサイトより。
   
  
170225
 
by rikiaru | 2017-04-01 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rikiaru.exblog.jp/tb/23763085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぽん吉 at 2017-04-05 17:32 x
旭川より上は未踏地であります。
冬の北海道らしい白と薄墨のような風景が続きますね。
これが春になると一気に緑があふれるなんて信じられませんが(^^;)
名寄も士別も地図上ではよく知ってる名前、音威子府で丸瀬布(まるせっぷ)を思い出しググってみたら合併で遠軽になってました。
なんだか地名がなくなるってのも寂しいですね。

・・・-41℃・・・体験した事ありません(汗汗)
Commented by rikiaru at 2017-04-25 18:26
ぽん吉さん、新潟も冬は水墨画のような風景なので、色的には懐かしいのですが、やはり北海道は広大さが違います。日本でこの広さが体験できるのはやはり北海道ですよね。
遠軽、去年の網走行きで通りました。特急オホーツクが遠軽駅でスイッチバックしたので覚えてます^^;
<< 見てると眠くなる 三色団子 >>



お星様21匹+現役21匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
あまりにびっくりして、直..
by yuma at 09:20
そういえば、レン君はなっ..
by yuma at 09:13
なっちゃん、びっくりです..
by はるはるる at 23:26
あぁなっちゃん・・・。悲..
by ジグザグ at 05:55
…なっちゃん。
by MMM at 20:30
私も初めてお邪魔したとき..
by あや吉 at 15:31
え!なっちゃんがですか?..
by May at 10:27
暑くなってきても猫団子記..
by ぽん吉 at 08:29
がーん。 初めてお邪魔..
by すみごん at 05:43
はぁ?
by かっちゃん at 00:04
お気に入り
タグ
(367)
(219)
(207)
(205)
(205)
(198)
(194)
(163)
(162)
(161)
(134)
(131)
(126)
(124)
(116)
(116)
(111)
(110)
(103)
(103)
検索
ブログジャンル
画像一覧