りきの毎日

結局は鉄子 北海道十勝帯広の旅 その4 愛国駅

<2017年6月16日 十勝帯広旅行記 その4>
 
紫竹ガーデンを見た後は帯広中心部へ。
もう12時過ぎた。
お腹がすいた。
 
空も大地も広いね。
a0101905_00164447.jpg
a0101905_00164936.jpg
a0101905_00165654.jpg
 
逃げ水だ。
久しぶりに見たよ。
a0101905_00170496.jpg
 
途中で見かけた馬。
大きなお尻。
ばんえい競馬の馬なんだろうか?
a0101905_00171046.jpg
 
腹ペコのお腹を抱えて途中立ち寄った。
a0101905_00171996.jpg
 
旧愛国駅。
a0101905_00172541.jpg
 
幸福駅に立ち寄ったらこちらにも寄らないとね。
幸福駅の間に大正駅をはさんで愛国駅。
2つの駅は近かったんだね。
愛があれば幸福は近いということか。
a0101905_00173411.jpg
 
駅舎の代わりに交通記念館があって旧広尾線の写真などが展示されている。
a0101905_00173917.jpg
 
駅の外にはぼろぼろの車両が。
a0101905_00174854.jpg
以前はここが売店だったらしい。
 
中をのぞくとはげた塗装が落ちていた。 
a0101905_00175571.jpg
 
サインも落ちかけている。
a0101905_00180020.jpg
壁には他にもたくさんのサインがあって一時期はかなり賑わっていたのかも。
 
このまま少しずつ朽ちていくのかな。
広い土地があって輸送費があったら欲しいのに。
秘密基地にちょうどいいよ。
a0101905_00182402.jpg
a0101905_00183297.jpg
a0101905_00183618.jpg
a0101905_00184481.jpg
a0101905_00185070.jpg
a0101905_00185556.jpg
a0101905_00190179.jpg
a0101905_00190689.jpg
a0101905_00192151.jpg
a0101905_00192986.jpg
a0101905_00193459.jpg
a0101905_00193991.jpg
a0101905_00194592.jpg
a0101905_00195163.jpg
a0101905_00195880.jpg
a0101905_00200410.jpg
a0101905_00201371.jpg
a0101905_00202244.jpg
朽ちていくのは寂しいけれど、錆びた金属はかっこいい。 
 
調べたらこのヨ3500系というのは
1950年から1958年に製造された国鉄の車掌車で
このヨ4353は1953年に新潟県新津市の国鉄新津工場で製作されたもの。
(新津は鉄道の街で複数の路線が乗り入れていて車両工場もあるし
鉄道博物館もある。かつては鉄道の学校もあったらしい)
a0101905_00202683.jpg
いったいどんな所を走ってきたんだろう。
長いこと働いてきたんだね。
おつかれさま。
 
さてこちらはピカピカの愛国駅から幸福駅までの切符のモニュメント。
でっかい。
愛も幸福もでっかいのが手に入る?
a0101905_00203339.jpg
 
蒸気機関車19671号が展示されている。
a0101905_00204537.jpg
これは後ろ姿。
 
a0101905_00205282.jpg
蒸気機関車はお手入れがされているようでピッカピカだった。
よかったね。
大事にしてもらってね。
 
a0101905_00210052.jpg
a0101905_00221306.jpg
広い芝生と大きな木の愛国駅。
またヨ4353に会いにきたい。
 
      
.
人気ブログランキングへ
   
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
     
  
幸福という地名な幸震という場所に福井からの移住者が多かったことから。
愛国は「愛国青年団」という開拓団があったことから。
 
170616
.  
. 
.


by rikiaru | 2017-07-25 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rikiaru.exblog.jp/tb/237307070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 板金小僧 at 2017-07-26 14:48 x
♪はてーしーない、おおぞらと、ひろいだいちの、そのなかで

その光景を目の当たりにしながら歌ってみたいです
Commented by rikiaru at 2017-08-13 13:14
板金小僧さん、歌いましたよ「大空と大地の中で」。この風景を見たら自然と口をつきました。この空と大地をみてあの歌が生まれたんだなあ、としみじみしました。
<< めざせ黒猫マスターへの道 その3 めざせ黒猫マスターへの道 その2 >>



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(384)
(222)
(210)
(209)
(207)
(201)
(199)
(172)
(167)
(163)
(143)
(131)
(129)
(124)
(118)
(118)
(112)
(111)
(106)
(105)
検索
ブログジャンル
画像一覧