りきの毎日

さよならは言わない 真冬の北海道旅 馬!編

<2016 北海道の旅 その5>

1月31日
ホテルビュッフェの朝食を食べたら、出発。
最高気温が-4度。
a0101905_184572.jpg

私には十分寒いはずなんだけれど、なんか物足りない気も。

札幌駅前。雪が少ない。
a0101905_1835992.jpg

今回は札幌は宿泊しただけだった。
すすきのも時計台も大倉山シャンツェも行ったことがないのに。

札幌駅からエアポートに乗車。
新千歳空港駅に向かう。

列車から見える雪原に穴ぼこ点々。
何かの足跡っぽいな。
a0101905_185513.jpg


美しい雪山。
a0101905_1852353.jpg
札幌岳と恵庭岳じゃないかと。どうかな。

新千歳空港駅に到着。
a0101905_185322.jpg
a0101905_1854044.jpg

もうすぐ北海道新幹線の開業だけど
北海道はあまり盛り上がってない感じ。
ちょっとポスターが貼ってあるぐらい。
新函館北斗までだから、札幌はあまり関係ない感じなのかな。

空港前からタクシーに乗車。
これはそこにあった排水溝のふた。
a0101905_1854955.jpg

札幌の名所いろいろ。
ああ、クラーク像も見てないし、豊平館も見てないわ。
私、札幌で何してるんだろう?

北海道のタクシーの運転手さん、みんな個性的で楽しいんだけど
今回の運転手さんは「ブラタモリ」的な解説付き。
なんでも開拓民の子孫だそうで
地質の話なんかをしてくれる。
面白い。
帰りも迎えに来てくれるようにお願いする。

20分ほど走った目的地は「ノーザンホークパーク」
競走馬の生産で有名な社台グループが経営している馬のテーマパーク。
今回はそこでお馬さんたちと戯れることに。

敷地内のあちらこちらに馬の姿が見える。
でもそちらに行きたい気持ちを抑えて、まずはひき馬。
a0101905_1855690.jpg
お尻が大きいわあ、馬の。

グスタフ君が乗せてくれました。
a0101905_186489.jpg


じいやを乗せてくれたのはジョン。
a0101905_1861381.jpg
じいやもタテガミヘアにしてジョンとお揃いにしてみた。

小さな馬場をぐるりと一周するだけなので
数分で終わってしまう。
もっとぐるぐると乗っていたかった。

お次は馬そり。
a0101905_186214.jpg


このそりを引いている馬はばんえい競馬で使われる馬。
名前は水宝くん。
体重は900kgを超えるそう。



立派なお尻から目が離せない。
a0101905_1863033.jpg
私はお尻フェチだったのか?

とにかく最高の天気。
a0101905_1865050.jpg


気温は氷点下1度。全然寒くない。気持ちいい。
a0101905_187099.jpg


引き馬、馬そり、ときて、次はポニーショー。
今回の出演者?はチョコくん。
a0101905_1872420.jpg


お客様にごあいさつ。
a0101905_1873235.jpg


小さい台に乗ってドヤ顔。
a0101905_1874272.jpg


輪投げもできる。
a0101905_188432.jpg
投げる方じゃないけど。



チョコくん、のんびりマイペースみたいで
少しぼーっとしてたり失敗したりするんだけど
顔はドヤ顔。
ものすごく可愛い。

お昼ご飯はガーデンレストランで。
と言ってもこの季節は一面の雪景色、ガーデンは休業中。

お肉となぜか手打ち蕎麦が売りらしいので
こんな取り合わせに。
a0101905_188204.jpg

美味しくいただきました。

さあ、次は厩舎を見学。
引退した競走馬がたくさんいるらしい。楽しみ。
a0101905_1895029.jpg


おお、早速。
a0101905_181056.jpg

この馬はマックロウ。GⅡの京都記念優勝。

ブランディス、中山大障害優勝。
a0101905_18101842.jpg


馬具の紹介。
a0101905_18102836.jpg


あ、さっき馬そりに乗せてくれた水宝君。
a0101905_18103687.jpg

午前中で勤務終了なんだ。お疲れ様。
午後はゆっくりしてね。

そして
a0101905_18112778.jpg

猫!
牧場や厩舎には猫がいるという話を聞くけれど、本当にいるんだ。

黒猫の後ろに回り込もうと外に出たら、こっちはキジトラ。
a0101905_18113657.jpg


寒くてかわいそうだなあ、と思ったけれど
立派な脂肪の肉布団を着ていて一安心。
a0101905_18114656.jpg
それでももちろん寒いと思うけど。

そして黒猫もずんずんこちらにやってきた。
a0101905_18115573.jpg
a0101905_18134732.jpg


にゃんこと戯れていたら、事務所からスタッフの女性が出てきた。
パーク内にはかなりの数の猫たちがいるそうで
ご飯をもらっているそう。
夜は厩舎で暖を取っているらしい。
そのお礼にネズミを捕ってくれるとか。

黒猫のすずくんは事務所に入れる。
a0101905_18135548.jpg


相手をしてくれたスタッフの女性。
関東出身で北海道に来て1年目。
出身地を聞いたら、私の住んでいるところから7つ目の駅だった。
自然に憧れてやってきたんだって。
私もそういう職業に就けばよかったなあ・・・
(体力ないから役立たないんだけど)

にゃんこと戯れてしまって忘れてたけど
厩舎巡りの続き。
a0101905_1814463.jpg


ここから先は超有名馬がいるらしい。

春の天皇賞馬、アドマイヤジュピタ
a0101905_18142565.jpg


ダービー2着のインティライミ。お父さんはスペシャルウィーク。
a0101905_18145259.jpg
a0101905_1815116.jpg


他の馬を撮っていたら「おれをさつえいしろよ。ブヒヒヒヒーン。」
といなないたトウカイポイント。お父さんはトウカイテイオー。
a0101905_18151074.jpg
目力でアピールがすごい。

a0101905_18152096.jpg


一番手前がアドマイヤジュピタ。
a0101905_18153045.jpg


手前からウインドインハーヘア、トウカイポイント、フォゲッタブル。
a0101905_18154039.jpg
ウインドインハーヘアはディープインパクトのお母さんで、北島サブちゃんの持ち馬である菊花賞馬キタサンブラックのお祖母ちゃん。
フォゲッタブルのお父さんはダンスインザダーク、お母さんはエアグルーブ、超エリート!

またまたトウカイポイント。
a0101905_18154969.jpg


手前から菊花賞馬デルタブルース、お父さんはフサイチコンコルドのバランスオブゲーム、
ジャパンカップ優勝アロンダイト
a0101905_18155789.jpg


普通、動物はカメラ向けると嫌がるのに
ここにいるサラブレッドはどの馬も撮影してくれ、と言わんばかり。
大観衆の中でいい成績を出して、写真もたくさん撮られて
注目されて当たり前の馬たちだもんね。
オーラに圧倒された。

もっと見ていたかったけれど、そろそろ移動しなくては。

午後になって引き馬の馬も交代。
a0101905_1816686.jpg
杏(黒)
とティモテ(茶)


この馬は何の種類なんだろう。童話に出てきそうな馬たち。
a0101905_18161924.jpg




ポニーも放牧されてる。
a0101905_18163078.jpg
くるみちゃん16才と金太郎くん5才

連れて帰りたい!
a0101905_18164148.jpg
サラブレットやばん馬に比べたら全然小さいんだから飼えるはず。

旅行前にパークに問い合わせたら見学時間は1時間もあれば、って言われた。
馬見てるだけで1日終わっちゃいます。
時間足りないよ。

タクシーの中で今度はお金の話。
ノーザンホースパークは馬と触れ合いたい人と
競馬ファンと、馬主さんが来るらしい。
そして馬主さんにはなんとなくお金の匂いがするとか。
そういえばレストランにそれっぽいグループがいたなあ。
お金の匂い(あんまり嗅いだことがないけど)した。
運転手さんも何回もそういう人を乗せてるそうで
色々面白くてちょっと怖い話が聞けるんだって。
へええええ。
聞いてみたい。

いよいよ次は今回の旅の最後の目的地へ。

続く。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

寒かったねえ。

北海道旅行記 その1 カシオペア前編
北海道旅行記 その2 カシオペア後編
北海道旅行記 その3 増毛編
北海道旅行記 その4 はまなす編
北海道旅行記 その5 ノーザンホースパーク編
北海道旅行記 その6 ウトナイ湖編
北海道旅行記 その7 またね編
by rikiaru | 2016-03-14 23:59 | おでかけ(鉄道旅) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rikiaru.exblog.jp/tb/22599468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あや吉 at 2016-03-15 02:01 x
ポニーってサラブレッドより気が強いので、扱いが難しいとどうにもなりませんよ(笑)
嫌だと決めたらムチで100回打たれても我慢するそうです( ̄∀ ̄)汗

引退場が種馬以外で生きていられる貴重な場所でもありますね。
適度に使役されている方が長生きするんだそうです。
Commented by rikiaru at 2016-03-15 18:21
あや吉さん、ポニーってそんなに気が強いのですか!?ムチ打ち100回でも我慢して我を通すとは。
馬を見ているのは楽しいし、競馬もG1などはテレビで見て楽しむのですが、引退したらどうなるのか、勝てない馬はどうなるのか、などと考えると、ちょっと・・・となります。こんなに穏やかな余生を送れるのはごく一部の馬なのでしょうね。
Commented by ito at 2016-03-15 19:44 x
写真の雪山、左が樽前山で右が風不死岳です。
恵庭岳は支笏湖を挟んでこれらの北側になります。
樽前・風不死あたりはヒグマが沢山います。
ノーザンホースパークあたりも行動範囲らしいです
(上手い具合に人目にはつかないようですが)。
Commented by ぽん吉 at 2016-03-15 19:46 x
競馬馬が余生を送れる場所があるなんて感動です。
それにしてもじいや様、りりしいですよ♡
馬にに乗るとあまりの高さに怖かった事思い出しました。
(道産子に1回だけですけど・・・^^;)

雪原の足跡は一直線のはたぶんキタキツネ、ちょっと乱れた足跡はウサギかも・・・
家の実家でもウサギの後にキタキツネの足跡をよく見かけます。
Commented by rikiaru at 2016-03-18 12:40
itoさん、山の名前、教えていただいてありがとうございます。エアポートに乗っていて右側に見えたので、地図を見てあたりをつけたのですが、全然違いましたね。樽前山はプリンのような姿しか知りませんでした。ヒグマ!知床に行かなくてもいるんですね。見たいけれど会いたくはないですね^^;
Commented by rikiaru at 2016-03-18 12:43
ぽん吉さん、昨日、往年の名馬メジロライアンが29歳で大往生しましたね。強かった馬はゆったりと余生を送れて、ファンもいつまでも会いに来てくれて・・・。
ウサギの後にキタキツネの足跡、そうですか。あの足跡はお散歩しているわけではないですもんね。自然は厳しいな。
<< 春のお弁当新発売! 輝く羽二重餅 >>



お星様22匹+現役23匹のわんにゃんと暮らす楽しい毎日
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お気に入り
タグ
(384)
(222)
(210)
(209)
(207)
(201)
(199)
(172)
(167)
(163)
(143)
(131)
(129)
(124)
(118)
(118)
(112)
(111)
(106)
(105)
検索
ブログジャンル
画像一覧